5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【×1の税】×1税理士へ聞いて!!!!

1 :×1税理士:04/01/08 01:15
×1税理士が×に関する税金に答えるスレです。
でも、すぐに答えられないこともあるのでそのときは許してね。
(×に関係ない質問は税金経理関係スレへ行ってね)

2 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 01:33
2ゲッツ

3 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 01:33
何気に3

4 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 02:42
ココが損スレからきました126,128です。
レスありがとございます。

現金は少しずつ贈与を繰り返し、自宅も(婚姻期間20年をすぎたら
2000万円まで非課税で贈与できるんでしたっけ。)贈与で
名義変更すれば、夫から全財産をもらえるわけですね。

でも、遺留分てあるじゃないですか。例えば、生前贈与をしていて、
死んだときに財産がのこってなかった場合、前妻との間の子に請求されたら
どうなるんですか?なしでよいのですか?

5 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 06:59
×1税理士さん、私は>>4さんではありませんが
>>4さんの内容に便乗してお尋ねしてもよろしいでしょうか。

再婚してから二人で貯めたお金は毎年少しずつ贈与すれば
良いとの事ですが・・・

結婚前の各自の貯金は各自のものですが
「結婚後の財産は夫婦二人の財産として考える」とよく聞きます。
たとえ今から妻の口座にのみ貯金をしていっても
半分は夫のものですよね・・・?

夫が死亡時、金銭はすべて後妻名義の口座にあったとしても
「半分は死んだ夫の金だからその半分から前妻の子に
財産を支払わなければならない」
という事にはならないのですか?

こう考えると自宅などの不動産も100%後妻名義に変更しても
同じように決められた割合を金額に換算して請求されるのでは?
と疑問が出てきたのですがどうなのでしょうか?

とても馬鹿な質問ならすみません・・・



6 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 11:46
質問なのですが、もし夫が先に死んでしまった場合は
相続の件で前妻と子供には必ず連絡しなければいけないのでしょうか?
持ち家があった場合、前妻の子供に相続放棄してもらわなければ
住み続けることは難しいのでしょうか・・・?
また、もし連絡しなかった場合は、どうなりますか?

質問ばかりですみません、
よろしくお願いします。

7 :×1税理士:04/01/08 12:42
>>4
生前贈与された財産は、たとえ相続人から返還請求された場合でも、
返す必要はありません。
なぜなら、既に贈与を受けたあなたの財産なのですから。
遺留分は、あくまで被相続人が死亡時点で残した財産の一部です。


8 :×1税理士:04/01/08 12:47
>>5
>>4と同じ理由で、贈与されたものであれば、あなたの財産です。
返還請求されません。
夫婦共有という言葉は、贈与されていない場合に使われます。
そのため、贈与の事実を証明することが必要です。
不動産の場合は登記すればいいのですが、
預金の場合は、口座に入金するだけでなく、年間111万円を贈与し、
1万円にかかる贈与税1000円を税務署に納税し、贈与税申告書の
控えを取っておくことをお勧めします。

9 :×1税理士:04/01/08 13:00
>>6
不動産が夫の名義が含まれている場合、その名義を後妻であるあなたに
変更しようと思えば、相続人たる前妻の子供の実印押印と印鑑証明が
必要です。(遺産分割協議書)
これをしないためには夫に遺言書を書いてもらうことが必要です。
この場合、前妻の子供の印鑑は要りません。
ただ、遺言書を開封するとき、相続人は立会いすることになります。
では、どうすれば夫の死亡を子供に知らせないでかつ、不動産の
名義を後妻のあなたに変更できるのか。
これは、公正証書遺言しかありません。
公証人役場で遺言書を作成してもらう方法です。
遺言書を自宅で内緒で作成し、保管した場合は相続人に
遺言書存在の連絡が行きますが、公正証書遺言は内緒で出来ます。
なお、遺言をしてもらうのが難しい場合、
相続登記をしない方法もあります。
要するに名義変更を諦めて、放っておく方法です。
この場合も他の相続人に連絡が行きません。
そのままあなたが住み続けても構いません。
ただ、この家を売却したり、抵当に入れて借入する場合は
ほかの相続人の印鑑が必要です。ご注意ください。


10 :5:04/01/08 16:27
×1税理士さん、>>5の質問したものです。
詳しく教えてくださってどうもありがとうございます。

何度も申し訳ありませんが×1税理士さんが>>9
書かれている内容でもうひとつお尋ねして良いでしょうか。

>では、どうすれば夫の死亡を子供に知らせないでかつ、不動産の
>名義を後妻のあなたに変更できるのか。
> これは、公正証書遺言しかありません。
>公証人役場で遺言書を作成してもらう方法です

↑は
・婚姻期間が20年過ぎていれば贈与税の発生なく後妻に100%
 名義変更できるとか
・毎年少しずつ名義を後妻に変更していくとか
・多額の相続税を支払ってでもすぐに後妻の名義に変更するとか

上記の方法を何もとっていなくても夫の突然の死亡時に
公正役場で作成した公正遺言書に「後妻に自宅を譲る」とあれば
100%夫名義の自宅を100%後妻名義に変更できるということでしょうか?
その場合であれば贈与税ではなく「相続税」になると言う訳ですか?


11 :5:04/01/08 16:28
ちなみに私は×1子蟻男性(子は元妻のもと)と再婚したものです。
私たちには子供はなく、今後も事情があり一生子供は持てません。
私と夫が再婚時、私にはそれまでの貯蓄が多少あり、結婚時にその
貯蓄のかなりの部分を使ったこと(家具家電類・家の頭金・諸費用など
すべて出せるものは私だけが出した)

夫は貯蓄どころかマイナスであったこと(事情があり前妻から貰うべき
慰謝料がなくそれどころか前妻の作った個人的借金返済の肩代わり
をしていたため)
再婚してからもまだ返済が残っていたが私も働いていたし協力して
返済し終わった

二人でゼロどころかマイナスからのスタートであり、後妻である
私と頑張り協力して今現在マンションを購入したり、コツコツ貯金が
できるようになったこと
こんな理由でなおかつ私との子供はいないのに将来、前妻の
子供に半分財産や家を持っていかれてしまっては
仕方ないとはいえ、心情的に正直納得いかない・・・と思うことがあります。

私たち夫婦のように前妻の借金肩代わり部分は無いとしても
財産ゼロ夫が後妻と再婚してから二人で頑張り財産を増やしたのに
それを将来前妻の子に分けなければならないのは
正直なんだかなぁ・・・と思う後妻の立場の人は他にもいるんじゃないでしょうか
そんな立場の後妻にとっては×1税理士さんのアドバイスにより
全部とまでは行かなくても少しでも多く自分や自分との新たな子供に
残してやりたいと思うのは仕方ないかもしれません。身勝手といわれようとも・・

12 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 18:45
バツイチ男性(前妻に息子アリ)と結婚した後妻です。
給料が出たら旦那の小遣いだけ残して私名義の口座に生活費として入金しています。
その口座にはかなりの金額が貯まっています。
旦那は将来のことを考えて預金はほとんどを私名義にしたいと考えています。
この生活費の口座に関しては私名義の口座と認識して貰えますか?
やはり贈与税の対象となるのでしょうか。タンス預金が一番ですか?

13 :6:04/01/08 19:59
>>9
どうもありがとうございます。
では、公正証書遺言書を作成してもらえば、前妻とその子供に
連絡する事なく、相続できるんですね。
すごく勉強になりました。
一番気にかかっていた事の答えを知る事ができて、
とても助かりました。
このスレを永久保存して、今後の参考にさせて頂きたいと思います。
どうもありがとうございました。


14 :離婚さんいらっしゃい:04/01/08 21:40
税理士様。私は今子蟻バツイチと婚約中の身です。籍は夏頃いれたいと、まだ個人的見解ですが、
旦那との老後などの見解の差は追い追いでてくると思います。
ぜひぜひお体ご自愛のほど、末永くこのスレたてていてくださいませ。

15 :×1税理士:04/01/09 00:06
>>10
公正証書遺言であなたが相続した自宅は、贈与税の対象ではなく、
相続税の対象です。ただ、自宅だけしか財産がない場合、
大抵の場合は相続税は非課税となります。
詳しい計算の仕方はここでは省略します。

16 :×1税理士:04/01/09 00:10
>>11
そのお気持ちよくわかります。
結婚した時、すでに財産がない夫と頑張って家を持つまで
なられたとすれば、すごいことです。
この財産は、公正証書遺言によって100%あなたの
ものにすることに何の問題もないでしょうね。

17 :×1税理士:04/01/09 00:18
>>12
あなたの口座に入金された金額は、どの程度の金額でしょうか?
専業主婦であれば、へそくり程度のお金でもない限り、
税務上は夫の財産とみなされる場合があります。
この点は注意が必要です。 
やはり、年間111万の贈与をし、毎年1000円の贈与税を
納付することをお勧めします。
これも、あなた名義の定期預金等で残すのがいいでしょう。
普通預金でかつ生活費の口座なら、あなたの財産でなく、
夫婦共有の口座とみなされる恐れがあります。


18 :×1税理士:04/01/09 00:28
>>13
公正証書遺言は確かに、前妻やその子供に内緒に、
不動産の名義をあなたに相続登記できる方法ですが、
まだ注意点があります。
この場合、生前に贈与していないのですから、
もし前妻の子供に、夫の死亡がばれた場合(かなりの確率で
後々ばれると思いますが・・)は、子供に遺留分が
発生することです。
あなたの場合、子供の遺留分は、相続財産の4分の1です。
これはもし請求されたら、支払わなければいけません。
たとえ公正証書遺言をしても、婚姻後20年経過した時点で、
配偶者への2000万円までの非課税贈与を使うことも
考えたほうがいいでしょう。
遺言書に記載された自宅が既にあなたに贈与されたとしても、
その遺言書は、その部分を除いて適用されるので
いちいち書き換える必要はありません。

19 :離婚さんいらっしゃい:04/01/09 01:14
×1税理士さま、>>10-11を書いたものです。
何度も質問してしまい、丁寧にお答えいただきまして
本当にありがとうございました。

このような内容の質問を他所でするとたいていは
「身勝手」とか「前妻の子がかわいそう」とか
「×1男と結婚したあんたが我慢するべき」などと誹謗される
可能性のほうが高く、なかなか聞きづらいものなので
知りたい情報のみ的確にお答えいただき本当に感謝します。

ありがとうございました。

20 :6:04/01/09 16:52
>>18
重ね重ねありがとうございます。
やはり遺留分を請求された場合の事を考えると、
婚姻20年経過時点で生前贈与してもらっておいた方が
良さそうですね。
とても参考になりました。
かなり先の話になりますし、先に私が死んでしまうかも
わかりませんが、きちんとした準備と心構えを
しておきたかったので、とても助かりました。
どうもありがとうございました。

21 :離婚さんいらっしゃい:04/01/09 18:03
ついに見つけましたね!最強情報!
私はこの情報を元に、今では1日に3〜5万円ほど稼いでいます。毎日です。
ちなみに私は始めて3週間ですが、732,400円稼ぎました。ビックリしてます。
しかも、誰にも会わず一人で、家族にも誰にもばれず、インターネットとメールだけで。
私は普通のサラリーマンですが、主婦の方はもちろん学生の方だって誰でも稼げるのです。
考えてみてください。年収数千万〜数億稼いでいる人が世の中にいますが
彼らは私たち庶民の数倍〜数十倍働いていると思いますか?答えはNO!です。
意外とこの情報購入者は女性が多いんですよーー。
落札が初めての方でも安心してくださいね♪親切・丁寧・迅速にお答えします!

初心者から上級者の方まで楽しめる情報が網羅されています。
新しい情報も追加しました!是非ご覧下さい!

http://takayo55.k-server.org/

22 :離婚さんいらっしゃい:04/01/10 15:54
>>11
>財産ゼロ夫が後妻と再婚してから二人で頑張り財産を増やしたのに
>それを将来前妻の子に分けなければならないのは
>正直なんだかなぁ・・・と思う後妻の立場の人は他にもいるんじゃないでしょうか

気持ちがわからんでも無いんですが、「再婚して後妻が1人で頑張り財産を増やした」
なら、そうだろうなとも思うんですが、「二人で頑張り財産を増やした」のなら、
自分(夫)が頑張って増やした分の財産を、自分の(前妻との)子供に一部でも残したいと
夫が思わないんでしょうか?

もし、夫が引き取って、自分が育てていたなら、残してもいいんですか?
逆に、前妻が引き取っていたからこそ、養育費を払っていても、子供に対する
世話や面倒を見なくて済んでいたとも考えられるのでは?

法定相続財産の半分である、遺留分さえ、なんとか無くそう、夫の前の子供には
夫が稼いだ分の遺留分さえ無くしたい!と頑張るのは、ちょっと酷い気がします。
もちろん、夫(父親)自身が「前の子供にはやるもんか、全部お前との子供にだけやるよう
画策する!」と決めてるのなら、財産をどう処分するかは、持ち主の自由なので
(感情はどうあれ)勝手だとは思いますが。


23 :離婚さんいらっしゃい:04/01/10 16:47
>>22
ま、本音なんだからしょーがないんじゃないの。
奇麗事で気持ちが割り切れるなら世の中遺産相続で揉め事なんて皆無だろ。
血の繋がらない子供どころか実の親兄弟間ですら金が絡むと揉めるっての
数え切れないほどあるじゃん。


24 :離婚さんいらっしゃい:04/01/10 18:59
>>22
後妻さんが亡くなった後で財産分与するならともかく
旦那さんが亡くなり、財産分与するとなると今後の生活にも
大きく影響すると思いますよ。老後の蓄えとかね。
実際、旦那さんが亡くなったからといって、財産分与する家庭は(
一部のお金持ちを除いて)ほとんどないと思います。

あげたくないわけじゃないけど、自分の生活だってあるという
ところでしょう。遺産で家を売らなければならないとなったら
突然旦那さんと済むところを失ってしまう訳だし。その辺法律
でなんとかなるんだったら手をうっておいても悪いとは思いませんね。

25 : :04/01/10 19:01
プリペイド携帯電話 身分証明書不要!
写メール、Eメール可能のプリペもあります
待ち受け専用なら維持費が月1000円のみ
匿名配送、局留め、ヤマト営業所留め可能
都内なら手渡しもOK
番号から身元がバレることがありません
オフ会、出会い系、ストーカー対策に最適
V401SH,V301D,V301T,T010,T09,SH010,SA06,D08等
J-PHONE最新機種の在庫も豊富
DoCoMo、au、TU-KAも販売しております
業界随一の格安販売!
まずはHPをご覧ください
店舗販売も開始しました
http://prekei.hp.infoseek.co.jp
携帯電話からのアクセスにも対応致しております!!


26 :離婚さんいらっしゃい:04/01/10 19:02
>>22はもしかして、前妻の立場??
私は>>11の気持ちは痛いほどわかりますが。
こうあるべきって形があったとしても、その通りに
気持ちは割り切れる訳じゃないからね。

27 :離婚さんいらっしゃい:04/01/10 23:18
うーむ・・難しいなぁ。
一般家庭なら自分らの子供も成長して結婚し別所帯持っていて
父親が母親より先に死んでも
「お袋、親父が死んだんだからオレらにも遺産分けろよ」なんて
金銭が無ければ家処分までして現金化させ老いた母親追い出してまで
金取ろうとはまずしないもんなぁ・・・。
(する奴もいるかもしれないがやっぱ少数だろうな)
母親も死んだ時点で子供らで財産分けってのが一般的だし。

その点、再婚家庭で同じような事があれば
会ったことも無い前菜との間の子供はやっぱ赤の他人だから
「関係ないです。決められた分はキッチリ貰います。」なんて
言われるかもしれない。
そうすると後妻は住むところも無いし、とたんに路頭に迷うとか?

資産ウン億とかの金持ちならどうって事なさそうだけど
一般庶民が残せる財産なんてたかがしれてるし
今の時代なら老後子供に頼らず自分たちで食べていくだけで
精一杯なんじゃないか??



28 :×1税理士:04/01/11 01:37
相続について・・・
私が手がけてきた相続事案は、大半がすんなりと
遺産分割協議がまとまるものばかりです。
でも、それは事前に争族にならないよう、
準備した案件も多いです。
弁護士は、遺産分割協議がまとまらないとき、
それをまとめる仕事をします。
税理士は、まとまらない相続をまとめる権限はありません。
そのため、事前に贈与、公正証書遺言、自筆遺言など、
色んな方法で争いを避けるようにします。
もめないと信じてたのにもめる相続事案もありました。
ましてや、もめることがわかっている事案は極力、
事前にもめない方策をとるのが当然だと思います。
争族については、早めに対策を練り、
知り合いの税理士に相談されることをお勧めします。


29 :離婚さんいらっしゃい:04/01/11 12:06
>×1税理士様
「当事者双方が遺留分権利者に 損害を加えることを知って
贈与をしたときは遺留分算定の基礎となる相続 財産に含まれます
(民法1030条後段)。 」
というのを別のスレッドで読んだのですが、
毎年行う111万の定期への贈与や
家の贈与も上記に当てはまる可能性があるのではないでしょうか。
それを避けるための対策など何かありますか。

30 :×1税理士:04/01/11 13:21
>>29
 民法1030条(算入せられる贈与の範囲)
 贈与は、相続開始前の1年間にしたものに限り、
 前条の規定によってその価額を算入する。
 当事者双方が遺留分権利者に損害を加えることを
 知って贈与をしたときは、
 1年前にしたものでも、同様である。

という規定は確かにあります.
相続開始の直前に贈与をしたような場合、
遺留分を減らすことを目的としたことは明らかですので、
遺留分に含めることは理解できます.
しかし、このスレで出てくる事由は、後妻の生活の為の贈与であり、
悪意を持って、夫の多額の財産を隠すという人は
含まれていないと考えています.
配偶者に対する2000万円贈与は配偶者が
20年連れ添った功労の意味を持った
自宅に限った贈与の非課税規定であり、
これを遺留分を減らすことを目的とする
贈与と同じと考えるのには無理があると思います.
毎年の111万円の贈与についても、後妻の老後の生活の為に必要で、
私は遺留分に影響を与えることは無いと考えます.
生活の為という部分は遺留分に優先すると考えます.
なお、遺留分の請求を避けるためには、確かに
遺留分を減らす為の贈与であると、前妻の子供に
決して言ってはならないことは当然のことでしょう.




31 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 00:31
>>26
はい、私は前妻の立場です。
ただ現実的には、普通遺産相続が起こる頃には、父親(夫)自体が老人であり、
ひょっとして、同じような歳の私の方はすでに死んでるかも知れない。
(実際、私の両親、元旦那の両親ともに70代でまだみんな生きてます)

その頃には子供たちも中年で、結婚して生活を確立してるような歳でしょうし、
未成年と違い、親の財産が無いと生きていけないような事は無いと思ってるので、
遺留分は普通に貰えるなら貰うかもしれませんが、生きてる内に名義変更して
遺留分を減らす工作した元の財産まで、くれと言うこと無いと思ってます。そんなことはわからないし。

別れた子に遺産を残すか残さないかは、その持ち主である父親の意志次第と思ってますので、
残そうと思えばそれも良し、全部今の妻と一緒にいる子供にのみ残すならそれも良しです。
残す気がある父親(夫)を、後妻が説得して残さない事になったら、それも有りだと思います。

問題は、最後まで父親に残す気があって、現実残した場合ですが。
それは、父親の子供への愛情表現の一つとして、後妻さんにも尊重して欲しいと思うところです。


32 :×1税理士:04/01/12 00:36
>>29
対策を一つ。
夫を被保険者として、受取人を後妻として生命保険契約を
結んでおくことです。
現行裁判例では、あまりにも多額の保険金でもない限り、
後妻の老後の生活のために必要だという理由で、
相続税法上は「みなし相続財産」になっても、
民法上は、受取人である後妻の固有の財産となり、
遺留分を請求される財産に含まないことになります。
たとえば、一時払い終身保険などはいいと思いますよ。
わりと高齢になっても入れる種類の保険です。
預金のまま放っておかずに、保険料2000万円を支払って
一時払い終身保険に加入した場合、保険金2500万程度と仮定して、
民法上の相続財産にならずに、かつ2500万円受け取れます。
(相続税の対象になるけど、後妻受け取りは大抵は非課税になるかな?)
つまり預金2000万円を2500万に替えて、かつ遺留分の対象にならない
良い方法がこれです。


33 :×1税理士:04/01/12 00:45
>>31
私は、前妻の方の立場からの質問にもお答えしますが、
今のところ、後妻の方を中心とした質問の内容になっていますので、
後妻の方の立場からの回答となっています。


34 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 01:13
>>33
>>26さんは×1税理士さんだったんですか?
スイマセン、つい質問スレなのに他の方にレス入れてしまいました。

ところで質問ですが、私は子供たちの学費の為に、どの子にいくら掛かるか分かり易くするために
子供名義の通帳を作って、それぞれ同額入れてます。
これは大学費用として使うつもりで、下宿したら無くなると思いますが、余れば結婚式や
家の頭金援助等でその子に使い切ってしまうつもりです。
今はまだ中学高校なので、それは家計から出してます。

子供に贈与したつもりはないのですが、贈与には本人への通知、通帳印鑑の名義者本人の管理が必要で、
それが為されてなければ、ある意味名義隠し?で親の財産と見なされると聞きましたが、
万が一、その貯金を使い切らない内に私が死んだ場合、贈与と見なされ贈与税の対象になるのでしょうか?
それとも本来は親の財産だからと、相続財産の一部に戻され、相続税になるのでしょうか?





35 :×1税理士:04/01/12 01:28
>>26は私ではありません。

>>34
貯金を使い終わらないうちに死亡した場合、
建前は贈与税の納税漏れとなります。
しかし、実務上、相続財産に加算される
事が多いです。

36 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 01:33
>>26
私はあなたに良い印象を持たれていないであろう>>11です。

私がここで×1税理士さんに質問した内容は私の夫もすべて
承知の内容です。
ちなみにこのような内容は夫のほうから、私の将来のことを
心配してくれて提案されたものでもあります。

あなたの言っている

>もちろん、夫(父親)自身が「前の子供にはやるもんか、全部お前との子供にだけやるよう
>画策する!」と決めてるのなら、財産をどう処分するかは、持ち主の自由なので
>(感情はどうあれ)勝手だとは思いますが

まさに↑のとおりなのでご心配なきよう。
夫はここまで鼻息荒く画策するような言い方ではありませんが。
前のレス内容で私のことを「遺産を独り占めしようとしている後妻」と
いうイメージで私に非難の気持ちがあったことでしょう。
ですが、このように私の夫の提案だと聞けばあなたは今度は
「ひどい父親!」とでも思うのでしょうね。

要は前妻との子供をまず何よりも第一に優先しろという感情が根底にあるのでは
ないでしょうか。前妻の立場とのことですのでそれは無理も無いかと思います。
ですが、私たち夫婦もそうですが、誰を優先するか、それに至るまでの気持ち、
そうせざるを得ない事情、人それぞれだと思いますよ。

>問題は、最後まで父親に残す気があって、現実残した場合ですが。
>それは、父親の子供への愛情表現の一つとして、後妻さんにも尊重して欲しいと思うところです。

↑のような前提であれば、いくら私が一人で財産を隠そうとしても無理ですし
やはり、夫の気持ちを尊重しますよ。
私の本心はどうであれ、尊重するしか仕方ないと思います。

とにかく、「すべての後妻=勝手に一人で財産隠蔽を画策している」では無いということを
言いたいのです。

それから、これらの事は「感情論」というか「法律」とはまた別の問題になると思いますし
長々と話がそれれば全くスレ違いですし、他の皆さんの迷惑になるので
「感情論」の話はもうやめましょう。
私が>11に書いた内容が発端ですので、それで気を悪くされたのならすみませんでした。
今後私も、「感情論」は避けます。
×1税理士さん、他の皆さん、長々どうもすみませんでした。





37 :36:04/01/12 01:37
すみません、間違えました。
>>36のレスは>>22>>31さんに向けてのレスです。

>>26さん、すみません。

38 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 03:32
>>31

>その頃には子供たちも中年で、結婚して生活を確立してるような歳でしょうし

父親が老人になったときには、子供たちは住宅ローンや学費等で
お金が必要になっていると思います。やはりもらえるものならもらいたい
と思うでしょうね。

>生きてる内に名義変更して 遺留分を減らす工作した元の財産まで、
>くれと言うこと無いと思ってます。

それはわかりません。あなたのお子さんはいわないかもしれませんが、
世の中いろいろな考えの人がいますから。

>別れた子に遺産を残すか残さないかは、その持ち主である父親の
>意志次第と思ってますので、 残そうと思えばそれも良し、全部
>今の妻と一緒にいる子供にのみ残すならそれも良しです。
>残す気がある父親(夫)を、後妻が説得して残さない事になったら、
>それも有りだと思います。

しかし、権利がある以上、父親の意思を無視して法に訴えてくる
ことだって考えられます。

>問題は、最後まで父親に残す気があって、現実残した場合ですが。
>それは、父親の子供への愛情表現の一つとして、後妻さんにも尊重して
> 欲しいと思うところです。

特に問題はないと思います。ただ、金額を決めて残した場合でも
やはり遺留分を請求する権利を持っている以上、後妻が父親の意思を
尊重したとしても無駄ですね。

ようは、前妻の子次第だと思いますよ。不安だから、少しでも
リスクを減らそうとしてるだけです。前妻さん、もしあなたに旦那さんが
いるとして、年老いたとき旦那さんがなくなり、子供たちに財産分与を請求
されたらどうしますか?応じますか?今後の生活が不安になりませんか?
それだけです。別に一円もやりたくないわけじゃない。
しかし、生活があるんです。それくらいわかってくれてもいいと思います。

長文失礼しました。

39 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 13:00
>>31です。
前妻の立場で色々もの申してしまったので、後妻さんの感情を害してしまいすみませんでした。

私個人の基本姿勢は、「財産はその名義人が自由に采配する権利がある」と思っている事です。
これは、私も多少財産がありその運営に、他人に口を出されたくないという思いです。

夫(父親)が、今の妻子のみに財産を残す、その為に日々一生懸命仕事して、二人で頑張ってるんだ。
一緒に住んでる子にこそ、日々の疲れを癒され、楽しい思いをさせてもらい、
今の妻子にこそ、愛情と感謝を感じる。だからこそ、この妻子の為だけに俺の汗の結晶を残したい!
と思うのなら、それはそれで当然だとおもうのですが、

万が一「残してきた子供たちも、こういう愛情をかけられずに可哀相だったな〜。
今の妻子ほどには無理だが、少しだけでも残そうか。」
と思った時には、その気持ちも汲んで貰えると有り難いなと言う事です。

父親が亡くなった時、自分たちには全くないと言うことがわかった残された実子にとって、
結構辛い物があるのではと、思います。
子供たちが、お金に困ってる困ってないではなく、父親が子供へ対しての気持ちです。

でも、別れた後の付き合いの有無で変わるんでしょうね。
まったく父子の付き合いの無い場合と、たまにはお互いに会う父子と。


40 :38:04/01/12 13:51
>>39さん
>>38です

おっしゃりたいことはよくわかります。

しかし、法律で財産を受け取る権利があるとされている以上
相続人に請求されたら遺産を分けなければならない。このとき
遺言状もなく、ほとんどの財産が父親(旦那)名義になっていたら
のこされた後妻とまだ小さいかもしれない子供の今後は
どうなってしまうのでしょう。

たとえばですが、前妻の子が二人いてそれぞれに100万ずつ
残したいのなら、父親名義の財産を200万円は残す、というふうに
しておくだけでいいと思います。それ以上要求されても父親の意思ではない
かつ法律上もそれ以上請求できないとなればよけいなもめ事もおこさないで
済むのではないでしょうか(この辺くわしくはわかりませんが)。

>>39さんは父親の子供に対する気持ちや愛情を理解して、とおっしゃられて
いますがそういったものを無視するわけではないんです。
父親の意思を尊重してくれる子供なら問題はなにもありません。
しかし、前レスにも書きましたが法によって権利が認められている以上
認められている分もらいたいと思ってもおかしいことではありません。
だから生前贈与という手を打っておくのです。1円たりともやりたくない
なんてことでは決してありません。


41 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 14:28
>>40
あー、なるほど。
「前妻の子へ200万残す。」と遺言にあっても、遺留分を計算すると実は400万あった。
とかの場合ですね。

その場合は、遺留分が200万になるよう、生前贈与なり、名義変更なりしていた方が、
前妻の子も惑わなくて済むと思います。

私が思ってたのは、「前妻の子へ200万残す」と父親が思っていても、
「その財産は、後妻である私との共同稼ぎだから、前妻の子へは残したくない」と言うことと
勘違いしていました。

遺留分、または相続分(遺留分の倍ですね)が、元々の渡したい希望額になるよう、
うまく名義をやっていけば良いのかなと思います。

まあ前妻としての希望を言えば、後妻の子と前妻の子が同額になるようにして欲しいと思います。
前妻の子が3人いて、後妻の子が2人いると仮定して、遺産を前妻の子1人に100万渡したいのなら、
子供5人で500万。それが相続分なら、配偶者(後妻)は500万。
子供の分が遺留分と考えるなら、配偶者(後妻)は1500万。
そしてそれ以上あるのなら、生前に思う存分、現妻子の名義に変えていてもらうとか。

すいません、都合が良いですが、これがある1人の前妻である私の思いです。

42 :×1税理士:04/01/12 16:33
>>41
相続時まで何の対策も立てずに、死後残された遺族の間で
もめるケースが多いのは悲しい事実です。
遺留分相当額の遺産を、前妻の子供に残しておくというのは
最も望ましいといえます。
ただ、請求には時効があり、遺留分があることを知ってから
死後1年以内に請求すること、または遺留分があることを
知らない場合には死後10年以内に請求することが必要です。
この時期が過ぎれば、もう前妻の子に支払う義務は消滅します。

43 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 19:46
このスレをロムっていて自分も質問したいなーと思うけど、
なんだか反対の立場の人から、いちいち横槍入れられてるのを見ると
同じようにやられそうで質問し辛いんですけど、、、
(例)後妻の税金対策に対し前妻からの「それはないんじゃないの」みたいな指摘
またはその反対とか(今のところ後妻から前妻への指摘はないようだけど)

×1税理士さん、あなたの質問に対するアドバイスは違法でもなく
法的にれっきとして認められている手段なんですよね?
でもその正当な手段に対して、第三者が「そんなのヒドイ!」とか
「できればこうしてあげて!」みたいな法律とは別の「美徳」(?)みたいなのを
望んでいるようなんですけど、正直、本職の税理士さんから見たらどうですか?
例えば、ここで出ている人(後妻)って、そんなにひどい人間なんですかね?
法律で認められている手段を取るよりも、美徳精神?のほうを優先するべき
なんでしょうかね?

自分的には仮にちょっとかわいそうかも、とか思ってもよその家庭の事だから
口挟むつもりもないんですけど・・・
税理士さんや弁護士さんは、相談に来た人に対し、法律の手段を教える前に
人としてはまずこうあるべきです!とか美徳を教えるものなんですかね?

なんか法の意味がわからなくなってきた、、、。

44 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 20:16
>43
自分もそう思います。
41さんは後妻の子と前妻の子が同額にして欲しいとかなんとか、
そういうことは自分の元ダンに言えば?と思う。
このスレッドは疑問に対して税理士さんが答えてくれる場であって、
美徳云々を語りたいなら他のスレッドがいくらでもあるでしょうに。

45 :離婚さんいらっしゃい:04/01/12 20:49
ハゲドウ!プロがそれで良いって言ってるのになんで口出しするんだろう?
スレの意味ないんじゃない?もしかしてスレを終了させたいのかな??

自分の家庭は自分の家庭。他所の家庭は他所の家庭。
自分と自分の子供を、他人の家庭に重ねるのはやめて欲しいです。
自分がそうされたように重ねるから過剰反応するのでしょう。
なんで他人の遺産を分ける割合まで指図されないといけないの?
>>39では
>私個人の基本姿勢は、「財産はその名義人が自由に采配する権利がある」と思っている事です。
>これは、私も多少財産がありその運営に、他人に口を出されたくないという思いです。

なんて書いてるのに矛盾してない??
自分が望む方法は自分で好きにしたらいいけど他人に押し付けないでほしい。




46 :×1税理士:04/01/12 20:52
>>43
税理士は、弁護士と同じく、依頼をしたクライアントの
利益のために仕事をします。
もちろん、法律に触れる、脱税の相談をするクライアントには
キツイお灸をすえてあげますけど。
ただ、普段税理士は、喧嘩相手は人間ではありません。
国家(税務署)を相手に税務調査の立会い等をしますので、
このスレに出てくるような事由はほとんど業務範囲外です。
本来、このスレでは税務に関する質問を予想していたのですが、
弁護士の領域(感情論)に近づいたことは、反省するところです。
よって、感情論には賛否を述べることはしません。
なんか、冷たい感じがするかもしれませんが、お許しください。

47 :43です:04/01/12 22:27
×1税理士さん、こちらこそ申し訳ないです。
×1税理士さんは、本当に適切に税法上の事を教えてくださってると
思っていますし、読んでいる自分の参考にもさせてもらっています。
×1税理士さんが感情論に近づいているとは思えません。

なんか、ここに書き込みしてる人の中には、税法上の事由を無視して、
感情的な部分ばかり、声高に主張しているように見える人がいたもので、、、
どなたかが言ってるみたいに、自分の希望を他人に押し付けてるというか、
はっきり言って、法律より何より美徳精神!みたいなのを無理強いされてるようで
読み手のほうからしても、かなり疑問だったのであのようなレスを
書いてしまいました。すいません、、、。

ここは、あくまでも、正しい税務上の法律を知りたい人ばかりだと思うので、
個人の考えを、他人に押し付けるような勘違いスレになるのが見てていやでした。

ですけど、×1税理士さんはあくまでも客観的に税法上に基づいたアドバイスを
してくださるようなので、安心しました。
失礼なことを書いて、どうもすいませんでした。






48 :×1税理士:04/01/12 22:49
>>47
別に失礼なことなんて全く思ってませんよ。
先にも書きましたが、本来遺産分割の取りまとめや、遺留分請求は
税理士の業務ではありません。
税理士は、遺産分割がもめないように準備するのが主な業務です。
配偶者間の贈与だけでなく、平成15年の税法改正で、
親子間の贈与に関しても非課税規定が新設されたりしてます。
またご相談ください。




49 :38:04/01/13 02:17
ここらへんで本来の質問スレに戻りましょうか。
私もちょっと過剰反応してしまいました。

遺産相続は、先妻に子がいる場合、必ず迎える局面であると思います。
特にお金のことはきちんとしておかないと、残された者同士が
悲惨な争いをおこさないとも限りません。本来であれば、後妻じゃなくて
再婚した旦那がしっかりしておかないといけないと思いますがw

いい、悪いを言い合うのは主旨に反しますので軽く受け流(または
無視)しましょう。誰にどれだけ財産を残そうと、それは財産をもつ
人が決めればよいだけですからね。先妻が自分の子にも平等に財産を!
という気持ちは理解できますが、すべて父親が決めることです。

ここは ×1税理士さんが×に関する税金に答えるスレです。

質問したい方はお気軽にどうぞ(って私がいうことじゃないかw)。
同じような境遇になってる人がたくさんロムってるはずなので
少しでも疑問が解決できれば幸いですね。

では、×1税理士さん今後もどうぞよろしくお願いします。

50 :離婚さんいらっしゃい:04/01/13 15:30
私は後妻の立場ですが養育費や前妻に支払った財産分与などで
私との子供よりも前妻との子の方が一千万以上多く受け取っているんです。
主人はこれからの財産は私とその子に残してくれると言っているけれど
遺留分を請求されたらただでさえ少ない私との子のお金がさらに少なくなってしまう。
前妻の立場の方はこういう場合でも前妻の子の遺留分は認められるべきと鼻息荒く言われるのでしょうか。
法律では遺留分は絶対に認められるものですがうちのケースの場合は逆に不公平になる制度です。

51 :離婚さんいらっしゃい:04/01/13 18:55
>>50
以前別スレで、後妻の子が大学を卒業するまで遺産相続を
まてないのかという質問に対し、前妻が大声をあげて
(実際は聞こえませんが)非難してましたよ。
遺産を自分の子の養育費(教育費)にまわそうなんて、
すごいずるいこと考えてるね、と。

ソースはあとでさがしときます。こういう考えの前妻も
いるんですね。どちらも同じ父親の子供だというのに・・・。
やはり自分の子が一番大事なんですね。でも後妻には
前妻の子のことも考えろというし・・・。

52 :51:04/01/13 20:18
>>51
非難もしてないし、ずるいともいってなかったです。
ちょっと脳内で脚色しちゃったみたい。スマソ。
随分な言い方だなぁと思ったレスだったんでw
やたら偉そうな口ぶりです。前妻でしょうか。

http://that.2ch.net/test/read.cgi/x1/1066377372/
>>268(一部です)
> あなたは後から生まれた自分の子供(未成年)の養育費としてかかるお金が
> 数年分でも前妻子よりも少ないのが不公平だと思ってるんだよね?

私個人の感想ですが、
このレスをみると、前妻からみれば、養育費、離婚時の財産分与は、
遺産とはまるで関係ないといってるように聞こえます。
生前にたくさんもらった(使った)ほうが勝ち組とでもいうんでしょうか。
「財産が欲しかったら旦那に尽くしなさい」だそうですw。
やはり、生前贈与をしとかないといけないみたいですね。

>>50のいってることに多少関連があるように思えたので書いときます。

53 :×1税理士:04/01/13 22:25
>>50
感情論は置いておいて・・・・・
養育費の問題ですね。後妻としては、養育費をもらってる上に
遺留分請求もする、ということが許せないということだと
思いますが、養育費は生活のために必要であり、遺留分には
影響しないと私は考えます。財産分与も、前妻のこれからの
生活のために必要なものなので、これも遺留分に影響しません。
(相続人でないので遺留分に影響しないのは当然ですが・・)

よって、後妻としては、今の生活やこれからの生活のために
必要な夫の財産を自分達のために有効に使うことが大切でしょう。
なお、夫の生命保険金や、退職金は後妻であるあなたが
ほとんど受け取れるはずです。(生命保険の受取人は
後妻であるあなたに変更されているか、確認してね)
1000万も前妻が多いというなら、保険か何かで、その分
埋め合わせてみたらどうでしょうか?
今、夫が死ねば、保険で埋め合わせ、長生きしてくれたら、
結果として、今のあなた達が幸せに暮らす生活費を、前妻より
多くもらったことになるんじゃないでしょうか。





54 :離婚さんいらっしゃい:04/01/13 23:57
>>53
×1税理士、大岡越前みたい・・・

55 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 01:41
>>54

w

56 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 10:33
>>31は遺産が家だけだった場合、前妻の子供に遺留分を請求されたら
その家を売って遺留分の金額を作らなきゃならないかもしれない
そうなると夫を亡くした上に住む所までなくすことになるかも、
とかいうレスを読んでないんだろうか・・・

57 :54:04/01/14 12:37
>>55
いい意味で言ってるんだから、笑わないでね。

58 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 12:57
>>56
それは×1税理士に聞いてるんじゃないでしょ?それ以外の感情的な話は、スレ違い。

59 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 14:07

自治厨ウザー

60 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 17:51
>>59
おまいは、さらばじゃ。

ついでに、このスレも早くも終わりそうじゃ。

61 :離婚さんいらっしゃい:04/01/14 19:34
離婚したのに、他人になった男にたかりたいだけたかりたい前菜さんにとっては
税理士さんが目の上のたんこぶ。
でもどこでも調べられる事柄ではあります。だから叩きやあおりはやめましょう。
ここの利点は、会話ができること。
本やホームページと違って、多少学がない人でも、自分の置かれた状況を話し、それに対して税理士さんが答えてくれると言う点です。

62 :離婚さんいらっしゃい:04/01/16 01:13
バツイチ税理士様
もうすぐ再婚する♂です。
前妻との間に二人子供(小学生)が居ます。
前妻は既に再婚しており、現旦那と子供は養子縁組をしています。
今のところ養育費は請求されてませんが
もし請求された場合、払いたくありません。
家のローンを多少きつめに組んでいると払わなくてよいと
聞いたこともありますが、本当ですか。
他にも有効な方法などありましたら教えていただきたい。

離婚原因は前妻の浮気だし、もう3年以上会ってないので
子供に対する愛情もすでになく、新しい家族のために
自分のお金を使いたいと思っています。

63 :×1税理士:04/01/16 02:02
>>61
すいません。税務に関することではないので、
この件は、詳しくお伝えできません。
ただ、離婚後の請求時効は、
慰謝料 ・・・ 浮気した妻からの請求は認められない・・・3年で時効
財産分与・・・浮気した妻からの請求が認められる・・・2年で時効
養育費・・・浮気した妻からの請求は認められる・・・ 時効なし
となっていますので、養育費の支払義務はずっと残ることになります。
ただし、収入に基づいて養育費は家庭裁判所が決めますので、
この決定に従わない場合、給与を差し押さえられたりしますので、
注意してください。(ローンが多いと減る可能性はありますが・・・)
離婚時に、養育費を今後一切支払わない旨の
念書を取っておく必要がありましたね。
心配なら、今からでも取れるなら取ったほうがいいでしょう。


64 :離婚さんいらっしゃい:04/01/16 23:54
別れることになった妻に、自宅の共有持分を財産分与しました。
離婚に伴う財産分与は非課税と聞いたのですが、本当ですか?


65 :×1税理士:04/01/17 00:23
>>64
非課税とは、相手が財産分与で受け取った不動産について、
「贈与税」が非課税だということです。
更に、それが自宅で、かつ婚姻後に購入したものであれば、
「不動産取得税」も非課税になる場合があります。
ただ、これらはあくまで受け取った側の非課税規定です。
財産分与した側には、(譲渡)所得税がかかります。
平成15年中に財産分与した方は恐らく、そろそろ税務署から
申告書が届くはずです。
なぜ?と思わないで下さい。不動産を財産分与した場合、
税務上はまず、その不動産を相手に売却して、その売却代金を
その相手に贈与(返金)したと考えるからです。
売却代金は、その不動産の実勢価格となります。
近隣の同規模の売却実績価格を参考にします。
知り合いの不動産業者か、税理士にお尋ねください。
ただ、自宅を財産分与した場合、たとえ時価が購入価格を
上回っていても、3000万円以内ならば、譲渡所得税は非課税と
なる場合がありますが、自宅以外の不動産を財産分与した場合は
時価が購入価格を下回らない限り、譲渡所得税がかかる
可能性があります。


66 :離婚さんいらっしゃい:04/01/17 01:24
財産分与してあげてるのに税金かかるのは納得いかないな。漏れの場合もし申告書が来ても無視すると思う。

67 :離婚さんいらっしゃい:04/01/17 05:28
>>63
養育費を今後一切支払わない旨の念書があっても、父(または母)としての
養育費支払い義務は消えません。
念のため。

68 :離婚さんいらっしゃい:04/01/17 10:21
普通、念書があれば相手もなかなか請求しないんじゃないの。

69 :離婚さんいらっしゃい:04/01/17 12:44
>>67
税金以外のことで、×1税理士さんには聞けないので、
>>67様にお尋ねします。
妻から夫への養育費支払はあるのでしょうか?
夫が子を引き取ったのですが、夫から請求があれば、
元妻に支払う義務はあるのでしょうか?


70 :67:04/01/17 14:07
>>68
ご指摘のように請求しないことは多いでしょうね。
ただ、それでも請求された場合、念書があるから払わないという言い分は
法律上まったく通用しないということです。

>>69
子供には生活レベル(って変な言葉ですが)が高い方の親と同じレベルの
生活を求める権利があるとされています。
ですから、父が子を引き取っているが母の方が収入が高い場合などには
当然母に養育費支払い義務が発生します。
具体的な額などは裁判所によっていろいろな計算方式を採用しています
ので、「養育費+計算」などで検索してみてください。

スレズレすみませんでした。

71 :離婚さんいらっしゃい:04/01/20 15:32
>>70に関連して

子供だけ生活レベル(言葉お借りします)が高い方の親と
同じレベルの生活を送るのは無理かとおもいます。
子供だけ生活レベルをあげることは実質無理です。
すると、引き取った親の生活レベルも同時にあげなければ
ならなくなり、養育費で他人の生活レベルもあげなければならないという
変な状況が生まれます。

養育費が子供に払われる費用であるなら、引き取り親が自分の生活費の一部
としてつかったら横領になるような気がしてしまいました。子供分の住居費や
光熱費、食費等を養育費でまかなっているというのであれば問題ないのですか?

養育費関連スレで、養育費が引き取った母親のブランドもののバックに
化けている!なんてレスをみかけたものですから気になりました。

法律上は養育費はどういう解釈がなされるのですか?

ところで子供を育てている親(引き取り側)にはらわれる費用って聞いたこと
ないんですけどないんですか?食事や洗濯等、子供の世話は大変だと思いますが。

「?」マークばかりでわかりにくいですけど、わかる箇所があったら
教えてください。お願いします。

72 :70:04/01/20 16:41
>>71
養育費は、子供のお金 ではなくて 子供のためのお金 です。
子供の環境のために使われることもあって当たり前です。
養育費で他人の生活レベルをあげることになるのは、子供のために
そうすべき状況ならそうすべきだからです。
もちろんブランド品のバックに化けるなんていうのは論外です。
監護権の不適切な行使といえるでしょうね。

>ところで子供を育てている親(引き取り側)にはらわれる費用って聞いたこと
>ないんですけど
養育費の多くはそうした費用のためにそうした親に支払われていると思いますが?

×1税理士さん、たびたびのスレズレごめんなさい。
以後、税金以外に関するご質問は適切なスレまたは板にお願いします。

73 :離婚さんいらっしゃい:04/01/20 18:47
相手が請求すれば男女問わず、養育費は取れるにきまってる
生活レベル云々言ってるが、よっぽど高レベル杉と低レベル杉じゃないと
考慮なんてされないのに
だから年収に応じて一律一人○万円って決まるのに

この人はそんなに払いたくないのか?w


74 :×1税理士:04/01/20 22:32
>>72 
私は税務に関すること以外は、得意ではありませんので、
もし今後も税金以外の質問が出た場合は、答えていただけると幸いです。

75 :離婚さんいらっしゃい:04/01/22 20:15
>>73
払いたくないから質問してるのでは?
知りたい情報を的確に教えてくれる良スレなんだから
そんなスレ違いの横ヤリはやめましょう。

76 :離婚さんいらっしゃい:04/01/23 00:33
すいません。教えてください。
所得税の確定申告書が届きました。
私が引き取った子供は私の扶養親族にするつもりですが、
元夫から養育費をもらっているということは、夫の扶養親族にもなっているのでしょうか?
それとも、どちらか一方からしか扶養控除できないのでしょうか?
この場合、どちらから控除できるのですか?


77 :×1税理士:04/01/23 00:50
>>76
あなたが引き取られた子供を、あなたが扶養親族とすることには
問題ありません。でも、受け取っている養育費が生活費の大部分を
占めているような場合、元夫の扶養親族にもできます。
ただ、両方から扶養控除できるものではなく、
どちらか片方からしか扶養控除できません。
もし、あなたが扶養控除の申告をするなら、元夫の扶養控除は
否認されることになります。
でも、実際これは非常に難しい問題で、両方が扶養控除の
申告をした場合、税務上、夫を否認するのか、妻を否認するのか、
税務署は判断を避けるかもしれません。
つまり、「元夫と元妻の双方で話し合いをして、控除する一方を
そちらで決めてください。とにかく両方からは控除できません」
と言う可能性があります。


78 :離婚さんいらっしゃい:04/01/23 18:37
>>75
馬鹿発見!w


79 :離婚さんいらっしゃい:04/01/23 19:35
このスレ荒らされたくないのであおりはやめてね。

80 :離婚さんいらっしゃい:04/01/28 00:18
バツイチ、子供2人の女です。年間医療費が10万円を超えたら、税金が返ってくると聞いたのですが、
どれくらい返るのでしょうか。ちなみに私の給与は去年200万で、医療費は15万円です。



81 :×1税理士:04/01/28 00:36
>>80
医療費控除は、年間所得が200万を超える人は、医療費は10万円超えないと
控除額はありません。あなたの場合は、給与が200万ですので、所得は
122万円です。所得が200万円以下の人は、医療費が所得の5%を超えれば、
医療費控除できます。つまり、122万円×5%=61,000円を超える分、
89,000円部分が控除されます。
税率10%の人なら、89,000円×10%×0.8=7,120円の所得税が
還付されます。また、住民税も減ります。
でもあなたの場合、もしかしたら源泉所得税が0円ではありませんか?
扶養控除・寡婦控除・基礎控除の合計で149万円になり、給与の所得
122万円を超えています。源泉徴収票に記載された「源泉徴収税額」欄が
0円の場合、たとえ医療費控除の申告をしても所得税が
還付されることはありません。(記載の源泉徴収税額が還付限度額です)
(あと、住宅借入金控除があるときなど、場合によっては
医療費申告すると住民税が減ることはありますが・・・)
申告前にもう一度源泉徴収票を見直してくださいね。


82 :離婚さんいらっしゃい:04/02/05 11:29
何年も前の事、何の財産もない元夫(←税理士)の不倫と借金が原因で
夏に離婚が決まり別居。11月に離婚届けを提出しようとしたら
税金が増えるから年が明けてからにしてくれとお願いされました。
その間、養育費や生活費は一切なし。ちなみに同じ年に子供出産。

せめて国からの母子手当だけでも欲しかったので、届けを出したら
本気でキレてました。
その当時からの借金も原因なのか、現在も彼は借金まみれのようです。

そして私はその後がむしゃらに働き、先日小さな中古マンション買いました。
子供と二人きりで色々大変でしたが、今はほのぼのと幸せです。

ここの×1税理士さんはいい方ですが、元夫はとんでもない税理士でした。

83 :×1税理士:04/02/05 21:15
>>82
配偶者控除や扶養控除が無くなることによる
税金負担増を恐れたのでしょうね。
また、税理士である間は多額の借金があっても、
自己破産できません。
税理士といっても、色んな方がおられます。
職業で人を判断せず、その人となりを見て
次こそ幸せな再婚をして下さいね。




84 :82:04/02/05 23:12
>>×税理士様
>次こそ幸せな再婚をして下さいね。
ありがとうございます〜。
再婚は子供が成人する迄は考えていませんが、その時は頑張ります!!

元夫は学生時代からの付合いだったので、決して職業で判断した訳では
ないのですが、だからこそ自分の見る目のなさを実感してます。

×1税理士様にも幸せが訪れますように・・・


85 :×1税理士:04/02/06 00:02
>>84
そろそろ×1歴1年ですが、早く再婚できるよう頑張ります。
といっても、今は確定申告時期で見合いやデートが全くできません。
季節が春になったら、私にも春が来るでしょうか・・・

86 :離婚さんいらっしゃい:04/02/09 16:58
私も >>11さんと同じような状態で結婚しました。
まだまだ貯蓄ゼロ、賃貸住いの結婚4年目で、子供はあきらめました。
ウチは前の奥さん関係だけじゃなく、DQN義親の借金も肩代わりしていて
結婚して3年間、夫の収入からは1円も家計に入らない状態でした。

まあ、愚痴はおいといて×1税理士さんに相談です。
昨年、私の父親が亡くなり1500万ほどの相続を受け取ってくれと
母に言われています。
親の財産を間接的に(私が突然逝った場合)、旦那一家や知らない子に
渡したくないので、「いらない」といっているのですが
私が拒否すると妹もムキになって(?)受け取らないので母が困っている現状です。

今、夫の通勤時間が往復5時間なので引越しを検討しているのですが
ふと「1500万なら小さな中古住宅が買えるなぁ・・・」という考えが
浮かんできました。
子供をあきらめた私たちに「犬が飼える」というのは、すごく魅力です。
ただ、私に何かあったときの相続が心配です。(続きます)

87 :86:04/02/09 17:28
そこで、思いついたのですが
母に中古住宅を購入してもらう。
夫名義で賃貸契約を結び、毎月家賃を母に払う。
万が一母が亡くなったときは、妹に相続してもらう・・・

現在の家賃+交通費が月に16万ぐらいなので、地域の相場に
ふさわしい家賃は払えます。
犬が飼える・釘を打ったり穴をあけても文句を言われない等の
恩恵=相続分と考えています。

ただ、母にかかる税金等がよくわかりません・・・
母は60代後半で、遺族年金が年間210万ぐらい。
住宅購入や家賃収入で、いろいろ出費が増えると思います。
また、私はSOHO(白色…引越しが早くできれば今年は青にしたい)を
やっているのですが、母から借りた家の家賃の一部を経費計上できるのかも
知りたいです。

どこから調べたらいいのか、わからないのですが
この思いつきってどうなんでしょう??

今、お忙しい時期だと思いますが宜しくお願いします。

88 :×1税理士:04/02/09 19:48
>>86
前提として、SOHO利益が年間300万円以下、
支払うとした場合の家賃を年間120万円とします。
結論として、3通りの方法があります。
1.母親が住宅を購入して、86さん夫婦が母に家賃を支払う。
2.母親が住宅を購入するが、家賃を支払うのではなく、
  母に生活費の補助をする。
3.86さん自身が住宅を購入する。

このうち、1.は家賃の一部が86さんのSOHOの必要経費に
なりますが、母は家賃全額が不動産所得の収入となります。
1.を選ぶ場合は、86さんの収入がもっと多い場合でしょう。
母に所得税がかかっても、まだ有利になる可能性があります。

2.は86さんの必要経費になりませんが、母の不動産所得
にもなりません。前提条件の場合では、生活費の補助の
ほうがいいと思います。

3.は本来の方法と考えます。詳細は次に・・・

89 :×1税理士:04/02/09 19:59
続き・・
3.は、やり方によっては一番良い方法が取れると思います。
不動産が夫の親族に行くことを恐れておられるようですが、
もし、あなたが夫より先に亡くなった場合、残された夫
自身のことを考えておられますか?
86さん夫婦が住んでいる住宅の名義があなたの母名義であれば、
あなたが亡くなった後、夫は着の身着のまま
放り出される可能性があります。
夫のためには住む家を残してあげたほうがいいでしょう。
では、どうしたら夫の住む家を残し、かつ、
その後夫が死亡した後、
夫の親族にその住宅が渡らないようにできるか・・・
それは、土地と家屋の名義を分けることで解決できます。
土地はあなたの母が買い、家屋はあなたが買えばいいのです。
あなたが亡くなった後、あなたの家屋の持分の半分を
夫が相続すれば、夫はその家に住み続けられる。
また、夫がその後死亡するころにはもうその中古住宅は
古くなって取り壊しされる状態でしょう。
取り壊されたら、土地はあなたの親族の名義のままですから、
夫の親族へ渡る恐れはありません。


90 :離婚さんいらっしゃい:04/02/10 22:21
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆
    お金を借りたい人・ビックチャンス

当社は、小さい会社ですので借入れ件数の多い方や
他社事故暦のある方・失業中の方にも、出来るだけ
希望額、ご融資出来るよう心掛けております。
受付・お支払い担当は全員、女性スタッフです。
全国振込み対応・法定金利内融資。
http://s3030.edisc.jp/
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


91 :86:04/02/11 02:24
×1税理士さん
丁寧なレス、ありがとうございます。
第3の方法は目からウロコでした!でも家が私名義の場合
経費計上できないですよね。
昨年度は、ほとんど経費がなくて売上500に所得480ぐらいです。
実質、夫の所得より夫個人の支出の方が多いので、そこから税金や
国保を引かれると生活が苦しくなってしまいます・・・
でも将来のことを考えたら、3の方法が一番なんでしょうね。

結婚当初は、夫が×1であることが全然気になりませんでしたが
父が亡くなり相続関係の手続きを経験してみて、いろいろ考えさせられました。
最後の入院費用を妻が払っても、医療保険の入院給付金は「相続」なんですよね。
全相続人の印鑑証明がないと、支払った本人が受け取ることはできない。
なんだか理不尽な気がします・・・

92 :×1税理士:04/02/11 13:27
>>91
母が土地を買った場合、地代を支払うことで経費計上は
可能です。でも、全額ではなく、事業の用に供していると
みなされる部分に限られます。
年間地代は土地の購入価額の6%が良いでしょう。
1500万の住宅の半分が土地と仮定すると、750万×6%で、
年45万まで支払うことができます。このうち、事業使用割合
30%とすれば、135000円が経費にできます。
更に、あなたは家の減価償却費も経費計上できます。
750万の建物を中古耐用年数15年と仮定すると、
1年あたり償却費45万円、うち事業使用割合30%とすれば、
償却費のうち135000円が経費計上できます。
つまり合計27万円を経費にできます。
なおこれはあくまで一例ですので、詳細は専門家にご相談下さい。

医療保険の入院給付金は受取人は被保険者本人であることが
多いです。そのため、入院給付金受取人が死亡した場合、
おっしゃる通り、相続財産となり、相続人全員の遺産分割協議書
(印鑑証明)が必要となります。これを防止するためには、
入院給付金を生前のうちに請求しておくことです。
入院中でも、保険会社に請求すれば受け取れますので。

93 :×1税理士:04/02/11 13:35
追加・・・
あと、もっと確実に全てを履行したいなら、
あなたと母との間で定期借地権契約を結ぶといいでしょう。



94 :離婚さんいらっしゃい:04/02/11 17:11
age

95 :86:04/02/13 03:53
×1税理士さん!
丁寧なレスありがとうございます。
家の償却費も経費にできるなんて知りませんでした
>>92で教えていただいた案には夫も大乗り気です
そのセンで物件を探したいと思います。

父の相続や自分の確定申告のこともあって、税務板や法律板を
ROMしているのですが、時々×1の人と結婚した人の切実な相談が
ありますよね。
そういうのと結婚したオマエが悪いんだ!みたいな冷たい反応が多いので
このスレは本当に親切でホッとします。
ほんとうにありがとうござました、

96 :離婚さんいらっしゃい:04/02/17 14:02
600万円程の年収ある親と同居している母子家庭がその扶養家族に入っているのに
その出もどりも自分の子を扶養家族にしているのは二重に控除を受けて脱税じゃないですか
?それで児童手当をもらっているのは人々の血税垂れ流しじゃあないでしょうか?
そこらへんはどうなるのですか?

97 :×1税理士:04/02/17 21:04
>>96
文章の初めの「扶養親族」と次の「扶養親族」の意味が
異なると思われます。

 600万円程の年収ある親と同居している
 母子家庭がその扶養家族(注1)に入っているのに
 その出もどりも自分の子を扶養家族(注2)にしているのは
 二重に控除を受けて脱税じゃないですか

 注1・・・税法上の扶養親族のことでしょう。
 注2・・・社会保険上の扶養親族でしょう。

そのため、二重の控除に当らない場合もあります。

なお、類似の相談が>>76にあります。
>>77の回答となります。
税法上の扶養控除の二重の控除は認められません


98 :離婚さんいらっしゃい:04/02/17 21:31
私の夫には前妻に引き取られた子がいます。
前妻は離婚後は実家暮らしで仕事はしていないようです。
夫は養育費として月に20万を子供名義の口座に振り込んでいます。
私達の家計に養育費が占める割合は20%ほどです。

以上から現在は前妻の引き取った子の扶養控除もこちらで受けているのですが
養育費の金額が今のままで前妻が仕事を始め、控除を自分の方で受けると言い出した場合
もしくは何も言わずに前妻及び前妻父が扶養控除の手続きを取った場合
私達は扶養控除を受けられないのでしょうか。
父と母の両方から扶養控除の申し出があった場合はどのように決着つけるのでしょうか。

99 :×1税理士:04/02/17 22:11
>>98
実質的にどちらの費用負担が多いか、で決まると思います。
20万という養育費は、前妻が仕事をしていない場合と
考えられますが、もし仕事を始めたり、再婚したら、
状況が変わることになり、養育費負担額は変わるかもしれません。
(もっとも支払義務は消滅しないと思われます)
この場合、扶養控除は前妻が優先されるでしょうね。
でも、20万円のままなら、(私見ですが)あなたの夫の扶養親族
が優先されると思います。
税務署は有無を言わせず一方的・強制的に扶養控除を
否認することはしないと思いますよ。
税務署には、どちらの費用負担が多いかを明示すれば
いいのではないでしょうか・・・

100 :離婚さんいらっしゃい:04/02/20 22:31
age

101 :離婚さんいらっしゃい:04/02/24 12:21
>98
その前菜さん病気なの?
働けないくらい具合悪い女性を捨てて旦那はあなたと結婚したの?
それとも前菜さんはただのナマケモノ?
ナマケモノに20万も渡すなら働きたくても働けない人に寄付したほうがいいと思われ

102 :離婚さんいらっしゃい:04/02/27 17:15
×1税理士さんへ

現在、私の夫には前妻との子供が3人います(前妻が引取っている)。
私と夫がこれからつくる財産(ゼロスタート)を、
あちらの子供に取られない為には、
とりあえず夫に遺言書を書いてもらえばいいのでしょうか?
あと、貯金は夫名義ではなく私名義の口座へするつもりですが、
これで大丈夫でしょうか?
もちろん夫も同意してくれています。
税理士さん、アドバイスよろしくお願いします。

103 :×1税理士:04/02/27 18:08
>>102
あなた(妻)が専業主婦なら、あなたの口座へ一度に多額の
入金をすることは税務上贈与とみなされる恐れがあります。
毎月へそくり程度(月10万円位まで)を入金するのが
良いでしょう。

共通の口座は夫の口座とし、家事関連費や光熱費は
夫の口座から引き落とすのがいいと思います。
 (こまめに毎月の引き落とし額相当額を入金してください。
 残高を多く残す必要はありません。)
あなたの口座から生活費を引き落とすと、あなたの口座が
夫婦共通の口座とみなされ、夫に半分の権利があると
言われる恐れがあるからです。

不動産を持つ場合は慎重に。
あなたが働いている場合はあなたの名義で購入できますが、
専業主婦なら、あなたの名義にすることには
税務上無理があります。

夫名義の不動産があると、遺言書を公証人役場で作成
する必要があります。(夫の財産を他の相続人の
印鑑なしで相続登記することができます)
ただ、預金は、夫が亡くなる直前
(または亡くなったことが銀行にバレルまでに)
夫名義ものは全て引き出しておいてください。
葬式費用などに使うためです。

なお、前妻の子供に遺留分を請求されないか?と
いうことについては、絶対大丈夫とは言い切れませんが、
生活費のために貯めてきたあなたの口座のへそくりを
(父の遺留分として)「返せ」と言われる
筋合いはないと私は思います。





104 :離婚さんいらっしゃい:04/02/27 18:52
×1税理士さんへ

102です。早速のお返事ありがとうございます。
とても勉強になりました。
また何かありましたら相談したいと思いますので、
よろしくお願いします。ありがとうございました。


105 :98:04/02/28 09:13
>>101
ただのナマケモノのようです。
このナマケモノの前妻と離婚できる条件が
多額の慰謝料と財産分与、それにこの養育費20万だったそうです。
親権は争ったけれど親権を渡すなら離婚には応じないと言われたそうです。
ようするに「離婚したけりゃ子供渡して金払え」ということだったようです。
(夫と義両親、義兄弟からの伝聞ばかりですが・・・)
養育費は子のために払うお金ですので前妻がナマケモノでも払わないわけにはいかないのです。
公正証書も残ってしまっているようですしね。

106 :離婚さんいらっしゃい:04/02/28 14:43
>>105
前妻はかなりのやり手ですね。これくらい徹底的に前夫から搾取できればもう思い残すことなく、幸せな再婚ができるでしょう。

107 :離婚さんいらっしゃい:04/03/04 01:30
>>106
再婚すると養育費を減らされること知ってたら、
再婚せずに男遊びを楽しむんじゃない?

108 :離婚さんいらっしゃい:04/03/04 16:31
>>98 なにげに年収1200マソ以上か…すごいなあ。

109 :離婚さんいらっしゃい:04/03/09 00:16
年収と年商は違うと思うのですが、自営業の場合は養育費はどう計算される
のでしょうね?

110 :離婚さんいらっしゃい:04/03/09 19:56
>>109
確定申告の事業所得金額を基本とした計算方法でしょう。

111 :離婚さんいらっしゃい:04/03/17 16:35
age


112 :離婚さんいらっしゃい:04/03/22 14:28
>>103 ×1せんせ へ
以前贈与税の話の中で、毎年111万円の贈与を行い、
1000円の贈与税を払うとおっしゃってましたが、
みなし連年贈与の包括課税の問題をクリアーするために
1000円の贈与税を支払うという解釈でよろしいのでしょうか?
そこのところ実務上はどうなさってますか、
教えて君でスマソ

113 :×1税理士:04/03/22 16:11
>>112
税法は実質課税をベースとして解釈されます。
毎年111万円を贈与し、1000円の贈与税を支払うことで、
贈与があったという必要条件は満たすことになります。
ただ、これでは十分ではなく、受贈者本人に111万円が
必ず渡っていること。更にその111万円が贈与者の管理下にないこと。
これらを満たさないと贈与の事実に該当しないと思います。

114 :離婚さんいらっしゃい:04/03/22 17:41
112です。×1センセ 早速の回答ありがとうございます。
よく贈与税相談のサイトであるように、
毎年の贈与額を変えたり、贈与契約書を毎年作成しなくても
(もちろん毎年変えたり、作ったりした方が完璧なんだけど)
贈与税の納付実績があるので、後から税務署に連年贈与として
突っ込まれないと言うことですね(もちろん十分条件を満たすのが前提ですが)
どうもありがとうございます。

67 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)