5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さわやかな朝の挨拶のガイドライン 第二章

67 :水先案名無い人:03/10/16 17:39 ID:GX2MhFp+
「小とん」
「ご飯中、豚汁」
さわやかな朝の注文が、殺伐った店内にこだまする。
青葉城のお庭に集う仙台人たちが、今日も天使のような無垢な
笑顔で、狭い入り口をくぐり抜けていく。
汚れを知らない心身で頼むのは、めしと豚汁。貸借で友を失わないように、
生まれた時からどんぶりめしのように、ゆっくり食べないのがここでのたしなみ。
もちろん、めし中を食べ残すなどといった、はしたない仙台人など存在していようはずもない。

めしのはんだや。
昭和三十八年創業のこの食堂は、もとは宮城県でしか食べられなかったという、
伝統あるおふくろの味系大衆食堂である。
名掛丁店。平仮名はんだやの面影を未だに残しているこの路地裏で、正宗公に見守られ、
学生から社会人まで、お安く満腹感が得られるゲーテの園。
時代が移り変わり、全国展開している漢字の半田屋でさえ、
百六十円もあればどんぶり盛りのご飯と豚汁でお腹一杯になれる、
という仕組みが未だに残っている貴重な食堂である。


はんだやHP
ttp://www.handaya.jp/

B級グルメ板
【豚汁】めしのはんだや&半田屋 7杯目【中飯】
http://food3.2ch.net/test/read.cgi/jfoods/1064229300/

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)