5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さわやかな朝の挨拶のガイドライン 第二章

502 :水先案名無い人:03/11/07 14:33 ID:JDr81LPq
「わわっ…何これ…こんなの初めて?」
「おいしいお汁が「ピュピュ」ってでてくる!!すごいすごい!!」

さわやかなょぅι゛ょの歓声が、澄みきった青空にこだまする。
つぶれかけた精肉店に集う珍走たちが、今日も犯罪者のような
必死な笑顔で、コロッケを売っていく。
汚れしか知らない心身を包むのは、おそろしげばエプロン。モブは自己主張しないように 、
クニミツに似てるなどといわれないように、ひっそりと売り子をするのががここでのたしなみ。
もちろん、作者の内情を暴露するなどといった、はしたないアシスタントなど存在していようはずもない。

『天才料理少年味の助』。
週刊少年マガジン47号連載のこの漫画は、もとは料理漫画補完のためにつくられたという、
伝統ある味っ子系漫画である。
肉汁コロッケ。エロ漫画の手法を未だに残している擬音の多いこの漫画の中で、
三種類の油をつめこまれ、一口噛んだだけで肉汁をほとばしらせる卑猥なコロッケ。
時代が移り変わり、児ポ法の危機が叫ばれる今日でさえ、
ょぅι゛ょへ顔射してしまえばあらゆる掲示板、サイトで取り上げられてしまう、
という仕組みが未だに残っているネタ漫画である。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)