5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

さわやかな朝の挨拶のガイドライン 第二章

421 :水先案名無い人:03/11/03 06:48 ID:bcijucWv
【即ち】「玄関わきで草をむしっていたのが即ち西郷隆盛であった」
【ねばねば】「ねばねばした暑熱と、たえまない靴音と、汗ばむ倦怠にひたって、
     すれちがうイタリア娘の腰と足を鑑賞していると」
強烈な言葉の用例が、疲れきった脳髄にこだまする。
山田忠雄主幹の原稿に集う言の葉たちが、今日も一癖も二癖もある語釈で、
謹厳な辞書の装いをくぐり抜けていく。
過剰な語釈を包むのは、山田主幹の主張。
【恋愛】は出来るなら肉体的な一体感も得たい気持ちと喝破するように、
【実社会】は虚偽と欺瞞が充満していると見なすように、
生き生きとした解釈がこの辞書のたのしみ。
もちろん、
【陰茎】「男子の生殖器の一部でさおのように伸びたりする部分」といった、
はしたない語釈なども存在していたりする。

新明解国語辞典。
1972年発行のこの辞書は、無味乾燥・人畜無害な辞書のイメージを覆す、
独創性あふれるユニークな国語辞典である。
三省堂。辞書出版のイメージを未だに残しているこの出版社で、主幹に見守られ、
【性交】は【合体】に一貫してえんきょく表現される言葉の楽園。
時代が移り変わり、版が初版から5回も改まった平成の今日でさえ、
十八年使い続ければ赤瀬川原平のような新明解マニアが箱入りで出荷される、
という仕組みが未だに残っている貴重な国語辞典である。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)