5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「私はメーテル…」のガイドライン(第2部)

1 :水先案名無い人:03/08/28 01:45 ID:FzHUSxyX
車掌「え〜、まもなく、新スレ、新スレに移ります」
鉄郎「えっ、新スレ??」
メーテル「私の名はメーテル…遂にガイドラインメーテルスレも第2部に突入ね…応援、
書き込んでくれたメーテルズや鉄郎他の皆さんに感謝するわ…まだまだ旅は続くわよ…」

前スレ
「私はメーテル…」のガイドライン
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1041655253/l50

メーテル「他板の私達のスレへの乗り換えはこちらから行くといいわ…」
惑星メーテルズ
ttp://maetels.hp.infoseek.co.jp/

      }                     }
     }                    /  o ゚.私はメーテル…
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴ 私の謎について質問
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,,     に答えるわ…
     l {{ ハ` `゚'~`  ,‐-,ニ二ヾ,,_ヽ   /   i'(_,.l\
      〉、`ハ    }  ` `゚'゙゙” }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ
.     / ハヽハ  ノ       //    {      ゙ヾヽ}  
    / /ハヽヘ  `、_   (Cノ/  /  ハ      ノラ  
   / // } Y゙\ `   Cノイ  /    \    〆' 
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \      
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \


2 :水先案名無い人:03/08/28 01:46 ID:FzHUSxyX
Q1 メーテルって誰ですか?
A1 松本零士先生の描かれた作品「銀河鉄道999」の登場人物で、主人公・鉄郎を
導く謎の女です。長い髪と睫をし、いつでも黒ずくめの服装をしています。詳しくは
下記リンクをご覧下さい。(惑星メーテルズより引用したわ…一部補足しているわよ)

よそのサイトへ行くときはリンク先の頭にhをつけてね…
松本零士オフィシャルホームページ: ttp://www.leiji-matsumoto.ne.jp/
「銀河鉄道999」: ttp://www.shogakukan.co.jp/ginga999/999toppage.html
「東映のホームページ」: ttp://www.toei-anim.co.jp/999/
(月600円のストリーミング999。ブロードバンドじゃないと見られないけど私や鉄郎の
活躍が毎週金曜に更新されるのよ)

またメーテルスレとは言わないけど、2ちゃんねる内でも関連スレがあるのよ…
(懐かし漫画板)★★銀河鉄道999-2★★
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/rcomic/1049491602/
(映画作品・映画人板)銀河鉄道999を語ろう! 2〜Adieu
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1040794509/
(懐かしアニメ板)★★★青春の幻影 銀河鉄道999(9)★★★
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1059999589/
(懐かしアニメ板)メーテルでオナっちゃった!!(このスレはもうすぐ落ちそうよ…)
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1035357694/

漏れがあるかもしれないけれど、もし有ったら教えてくれると助かるわ…


3 :水先案名無い人:03/08/28 01:51 ID:FzHUSxyX
Q2 メーテルスレって何ですか?
A2 2chで長らく愛されているネタスレです。キャラネタなので、レスを書き込む時
はお約束を守るのが礼儀とされています。基本的にスレ住人達はまったりした空気を楽し
んでいますので、守らなくても追い出されることはありませんが、以下のようなことに注
意するとよりメーテル道を極めることができるでしょう。(惑星メーテルズの内容を基に
しているけど、一部補足させてもらうわ…)

レスの頭は「私(の名)はメーテル……」という形式で始めると、ぐっとメーテルスレ
らしさが増します。「俺」などと言うと、メーテルなのにはしたないと突っ込まれるかも
しれません。(鉄郎:板にもよるけど、男性が書き込むときは、僕やハーロック、その他
松本零士先生の作品のキャラクターを名乗って呟くことが多いよ)

「……」を多用したアンニュイな話し方をすると、メーテルらしさはより高まりそうです。
自嘲する時も、ヽ(`Д´)ノ ウワァァン と言いたいところをぐっと押さえて「フフ……」と微
笑むのがメーテルの道かもしれません。
レスを終えて去る時は鉄郎を伴うことも多いようですが、ここで間違えて哲朗を連れて
いくと「出川付きメーテル」と呼ばれてしまうかもしれません。
スレによってお約束は少しずつ違いますが、少しレスを読めば大体の流れは掴めるで
しょう。大切なのは、「いつも心にメーテルを」。これです。そうそう。メーテルスレは、
基本的にsage進行のところがほとんどです。新人メーテルは、書き込む時にメール欄に
半角でsageと入れるのを忘れないで下さいね。(他板メーテルスレは、一般に板カラー
が反映されているわ…詳しくは惑星メーテルズへ行って見てね…)


4 :水先案名無い人:03/08/28 01:56 ID:PpENGy0p
車掌「ガイドライン板は、元々雑談をするための板では無いので、スレが立ってから暫く
して、書き込みが停滞した時期がありました。車メ板のテンプレートが示されてから、
物語形式主体の書き込みが増え、レスの多くを占めて現在に至っています」
(私は男性ですが、メーテル口調の言葉の美しさに感動しました。最初は見ていただけ
だったのですが、この板で物語形式でレスを書き込むことが多かったです。松本先生も
男性ですし、物語形式ならネカマを気にせずにメーテル口調を書けますから)

8 :水先案名無い人 :03/01/04 17:12
なんかメーテルとは「男おいどん」一生書いとけばいいはずの松本が大衆に媚びるように
なって書いた漫画のうちのキャラだろ。水木しげる見てみろ。いつまでたっても鬼太郎だ
ろが。梅図・松本は死刑だな

9 :水先案名無い人 :03/01/05 10:47
私はメーテル…正月気分の抜けないボウヤに絡まれる女…
8メーテルは可哀相…とても可哀相な人…大衆に媚びるの意味をとり違えてる人…
こういう人は「こち亀」「ゴルゴ」を読んでいれば幸せなのでしょうね…
鉄郎、あなたは誰彼かまわず当り散らすような人になってはダメよ…

車掌「煽りに対する前スレ9メーテルのレスは美しい、感動しました。このレスは他板
メーテルズにも見てもらいたいです。この板も長く保持される事を祈ります。他板メーテ
ルズの皆さん、スレが更新されたときは当スレへご連絡お願いします」


5 :水先案名無い人:03/08/28 01:58 ID:PpENGy0p
ちなみに物語形式とは、以下のような形式です(前スレ参照)。

車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星吉牛 吉牛です」
鉄郎「ヨシギュウ??」
メーテル「惑星吉牛・・・吉野家という牛丼屋の看板がが輝く星・・・」
鉄郎「牛丼かあ。久しく食べて無いから、おなかいっぱい食べてみたいなあ」
メーテル「もっとも通ぶっている人が多く住むと言われる星よ・・・
   変わったメニューを頼んでいる人がいたら、吉野家でつゆだくや特盛は
   頼んではいけないわ・・・
   小一時間問い詰められて、他の惑星では通用しない最新流行を
  『これ最強』と教えられてしまうのよ」
車掌「神がいるとも言われています。でも神なんて本当にいるんでしょうか?」
メーテル「Not Found・・・見つからないわ・・・」
鉄郎「神って、簡単に見つからないもんだね」


6 :車掌@保全あげ:03/08/29 18:31 ID:CzTEwfPt
ガイドラインよりコピペです。

車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星吉牛 吉牛です」
鉄郎「ヨシギュウ??」
メーテル「惑星吉牛・・・吉野家という牛丼屋の看板がが輝く星・・・」
鉄郎「牛丼かあ。久しく食べて無いから、おなかいっぱい食べてみたいなあ」
メーテル「もっとも通ぶっている人が多く住むと言われる星よ・・・
   変わったメニューを頼んでいる人がいたら、吉野家でつゆだくや特盛は
   頼んではいけないわ・・・
   小一時間問い詰められて、他の惑星では通用しない最新流行を
  『これ最強』と教えられてしまうのよ」
車掌「神がいるとも言われています。でも神なんて本当にいるんでしょうか?」
メーテル「Not Found・・・見つからないわ・・・」
鉄郎「神って、簡単に見つからないもんだね」


7 :車掌@保全あげ:03/08/29 18:33 ID:CzTEwfPt
誤爆です、スマソ

8 :水先案名無い人:03/08/31 10:28 ID:N5AERHK/
車掌「いやあ〜、新スレを立てて、他板メーテルスレと交信して一段落です」
鉄郎「車掌さん、お疲れさま」
メーテル「まだまだ、いろいろな惑星へ行きたいものね…車掌さん、ガイドライン星系以外
  にも行ってみないかしら?」
車掌「そうですね。アンドロメダまでの道のりは長いですからね。余裕が有れば
  他の星系にも行きましょう」
鉄郎「どんな惑星があるのか、楽しみだなあ」
クレア 「私も楽しみにしています。どんな惑星があるのか楽しみですね」


9 :水先案名無い人:03/08/31 19:24 ID:WTxy7dI2
■■■
ノノノ・_・)<私の名はメーテル…
801板在住の女…

ちなみに現在進行中のスレはここよ…↓
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1059524838/l50


10 :水先案名無い人:03/09/01 13:38 ID:j0Isazgd
私の名はメーテル@懐かしアニメ板……。

現在進行中のスレのお知らせをするわ……。
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1035252353/l50

11 :水先案名無い人:03/09/01 22:20 ID:gmG+ApIj
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 はりきってアメリカ はりきってアメリカ です」
鉄郎「はりきってアメリカ??」
メーテル「惑星 はりきってアメリカ…侮辱する人達が集う星…
  鉄郎、ここの人達のように僻みあってはダメよ…神経が疲れるし、真似をしても
  ろくなことが無いわ」
鉄郎「ここの惑星って、どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「この惑星の人達は、メーテルさんのおっしゃるとおり僻みあってます。私も
  メーテルさんと同様に、僻むこと自体、何も生み出すものは無いと思ってます」
鉄郎「そうなんだ。それじゃあ、黙ってみていようっと」
メーテル「それが無難ね…惑星に着いたらそっと見ていましょう」

(惑星 はりきってアメリカ に到着した)
鉄郎「あっ、叫んでる人を見つけたよ」メーテル「鉄郎…とりあえず黙って見ていましょう」
住人1「ハッキリ言ってアメリカなどの多民族国家では黒人の方がアジア人よりもずっと
  立場は上だよ。貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人の
  ストレス解消のいい的。黒人は有名スポーツ選手、ミュージシャンを多数輩出してる
  し、アジア人はかなり彼らに見下されている。(黒人は白人には頭があがらないため
  日系料理店などの日本人店員相手に威張り散らしてストレス解消する。また、日本女
  はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。「○ドルでどうだ?(俺を買え)」
  と逆売春を持ちかける黒人男性も多い)彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか
  叩けない日本人は滑稽」

鉄郎「何かムカツク言葉だなあ。この住人は許せない。文句を言わずにいられないよ」
メーテル「鉄郎、気持ちは分かるけど、グッと我慢よ…私が話してみるわ…鉄郎、私と一緒に
  ついてて…お兄さん、そんなことを言ってて楽しいかしら?」
住人1「ハッキリ言って、貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いアジア人は黒人
   のストレス解消のいい的」 メーテル「さあ、それは本当かしら?」
鉄郎「それは僕たちにも当てはまるのかなあ?」


12 :水先案名無い人:03/09/01 22:21 ID:gmG+ApIj
(惑星 はりきってアメリカ の続き)
住人1「貴女達の様に話しかけられると…す、すみません。言い過ぎました」
住人1は、去っていった。
メーテル「ここの人達って本当は小心者ね…空威張りって感じがするわ」
鉄郎「実際に話しかけてみるもんだね。メーテルのいうとおりだね」
メーテル「また、人を見つけたわよ…ちょっと聞いてみましょう」
住人2「ハッキリ言ってリルガミンなどの多民族国家ではドワーフの方が人間よりも
  ずっと立場は上だよ。貧弱で弱弱しく、信仰心に欠け、醜い人間はドワーフの
  ストレス解消のいい的。ドワーフは有名ファイター、サムライを多数輩出してるし、
  人間はかなり彼らに見下されている。(ドワーフはエルフには頭があがらないため
  ギルガメッシュの酒場の人間相手に威張り散らしてストレス解消する。また、人間女
  はすぐヤラせてくれる肉便器としてとおっている。「○ドルでどうだ?(俺を買え)」
  と逆売春を持ちかけるドワーフ男性も多い)彼らの見ていないところでこそこそ陰口
  しか叩けない人間は滑稽。
 ハッキリ言ってMMのような荒廃した世界ではグラップラーの方がハンターよりも
  ずっと立場が上だよ。孤独なくせに戦車に乗っているだけで粋がっているハンターは、
  グラップラーのストレス解消のいい的。グラップラーは賞金首を多数輩出してるし
 ハンター達はかなり彼らに見下されている。(グラップラーは四天王には頭が上がら
  ないため支配下街などの店員相手に威張り散らしてストレス解消する)
 また、トレーダーはすぐ貢ぐカモとして通っている。「銃弾が欲しいか?(撃って
  やる)」と持ちかけるグラップラーも多い。彼らの見ていないところでこそこそ陰口
  しか叩けないハンターは滑稽」


13 :水先案名無い人:03/09/01 22:21 ID:gmG+ApIj
(惑星 はりきってアメリカ の続き)
住人2「ハッキリ言ってモタビアなどの多民族惑星ではモタビアンの方がパルマ人よりも
  ずっと立場は上だよ。貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜いパルマ人は
  モタビアンのストレス解消のいい的。モタビアンは砂漠で必死に生きているし、
  お腹がすいたらなんでも食べるし、パルマ人はかなり彼らに見下されている。
(モタビアンはラ・シークには頭があがらないため砂漠の洞窟のエスパー相手に威張り
  散らしてストレス解消する。また、ランディール一族の女はすぐヤラせてくれる
  肉便器としてとおっている。「○ドルでどうだ?(俺を買え)」と逆売春を持ちかける
  モタビアン男性も多い)彼らの見ていないところでこそこそ陰口しか叩けない女の
  兄貴は滑稽」

鉄郎「この人はどこの惑星のことを言ってるんだろう? まだ、僕たちが行ってない所
  についていっているようだね」
メーテル「惑星モタビアねえ…まだ見てない惑星ね…でもこの言い方はきつい表現ね…
  どんな事情があっても人を見下す態度は気に入らないわ…パルマ人に言い寄られて
  も、こんな風に言っていられるのかしら? ここの惑星の人達は、空威張りが好きな
  様ね」 鉄郎「僻む相手がいないところでしか言えないなら、小心者だね」
メーテル「ここで住人達の僻みを聞いててもつまらないわね…そろそろ駅へ戻りましょう」
鉄郎「分かったよ。メーテル」 メーテルと鉄郎は駅へ戻った。
車掌「どうでしたか?ここの惑星の人達は?」
鉄郎「侮辱することは言うけど、どうやら小心者みたいだったよ」
メーテル「鉄郎の言う通りよ…ここの人達は侮辱する人に面と向かって言えない人達の様ね」
車掌「そうでしたか? そういう人達に、本当は銀河鉄道を利用していろいろな惑星に
  行ってもらいたいのですが。さて、そろそろ出発しますか」


14 :水先案名無い人:03/09/02 23:28 ID:BmrJlWZl
車掌「医者板の車掌さん、801板、懐かしアニメ板のメーテルズの皆さん、ご挨拶
  有難うございました。これからも宜しくお願いします。
  え〜、次の停車駅は〜 惑星 MMR MMR です」 鉄郎「MMR??」
メーテル「惑星 MMR…MMRはマガジンミステリーリポートの略よ…あらゆる謎について
  リポートする人達の星…ここのキバヤシさんは日常生活のほんのささいな出来事から
  人類滅亡のシナリオを描くことが出来るIQ170の天才よ…名探偵の様な雰囲気が
  あるわ」 鉄郎「キバヤシさんってどんな人なんだろう。一度見てみたいなあ」
車掌「キバヤシさんは、メーテルさんのおっしゃるとおり賢いです。探偵としての実力も
  確かにあると思います。私も一度見てみたいと思ってます」
鉄郎「そうと決まれば、惑星に到着次第キバヤシさんに会いに行こう」
メーテル「そうね…キバヤシさんに会いに行きましょう」

(惑星 MMR に到着した)
   |丶   \   ̄ ̄~Y〜 、
  |  \ __    /    \
  |ゝ、ヽ  ─     /    ヽ |
 │ ヾ ゝ_         \  |
 │  ヽ_ _ / /| |\   \|
  \ヽ   _ // / |  \   |
   ヽ\二_二// ∠二二二| ヘ|
    | | | ヽゝソゝ|TT|<ゝソ フ |/b}
    ヾ| ヽ___ ノ/|| .ミ__ ノ | ノ
      |       凵@     /フ
      | u .F二二ヽ   /|/ キバヤシ「999号の皆さん、惑星MMRへようこそ!!」
      \.   |/⌒⌒|   イヽ メーテル「キバヤシさん、初めまして…私はメーテル
      /. \  ==′/ |.| | 宜しくお願いします」
      ̄||  ヽ__/  / / ̄ 鉄郎「キバヤシさん、よろしくおねがいします」
      \ヽ_____ノ ノ  車掌「キバヤシさん、私も宜しくお願いします」


15 :水先案名無い人:03/09/02 23:29 ID:BmrJlWZl
(惑星 MMR の続き)
キバヤシ「メーテルさん、貴女の出身地はどちらですか?」
メーテル「私はアンドロメダ出身よ…またの名をラー・メタルとも言うわ」
キバヤシ「そうですか。それなら貴女、メーテルさんの謎について解明しよう!!」
鉄郎「キバヤシさん、本当に解明できるの? 分かったら教えてくれないかな?」
車掌「キバヤシさんの推理がどんなものか期待しています。私にも教えて下さい」

  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

 俺達はとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見てみろ。
まず「ラー・メタル」を英字で表記する。『Ra-Metal』更に作者の「松本零士」の
名前を抜き出すと『Leiji』となる。これらを合わせると『Ra-Metal leiji』となる。
そしてこれはアナグラムと考えられるので並び替えると『Maetel-Rail ij』
できあがる言葉は・・・・『メーテル、レール、IJ』。IJはInfinite Journeyの略だ。
 つまり!!『メーテルさんは鉄道で無限の旅を続ける』人ということなのだ!!


16 :水先案名無い人:03/09/02 23:32 ID:BmrJlWZl
(惑星 MMR の続き)
      _人人人人人人人人人人人人人人_
        >   な・・・・なんだってー!!   <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃    \二-‐' //

メーテル「キ、キバヤシさん…あなたの推理力は素晴らしいとしか言いようが無い…
  ずば抜けた推理力ね…まさに、私のことを言い当てている…これだけの推理力を
  持った人にはなかなか出会わないわ…」
鉄郎「キバヤシさんの話を聞いてて驚いたよ。メーテルが認めるなんて、凄い人なんだね」
車掌「これは驚きました。キバヤシさんが伊達に推理してないということが、よく分かり
  ましたよ」 キバヤシ「これ位のことは、いつもやっていることですよ」
メーテル「キバヤシさん、あなたの推理力の凄さを鮮やかに魅せられたわ…あなたのことは
  他の惑星にも伝えていくつもりです…」
キバヤシ「999号の皆さん、何か謎が有ったら私に教えて下さい」
車掌「この惑星のことは、他の惑星にも広めていきますよ」
鉄郎「キバヤシさんのことは忘れないよ。また、どこかで会えるといいね」
メーテル「キバヤシさん、私達に分からない謎があったときは交信します…
  今後も宜しくお願いします」


17 :水先案名無い人:03/09/03 23:00 ID:o4K4IdC+
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 かろやかなフッワーク かろやかな(略 です」
鉄郎「かろやかなフッワーク??」
メーテル「惑星 かろやかなフッワーク…元々はテレビ東京のエンディングの歌よ…この惑星
  の住人達は、この歌を歌いながら、いろいろな人達がお祭りをしているわ」
鉄郎「ここの惑星の雰囲気ってどうなんだろう」
車掌「鉄郎さん、この惑星はとても賑やかですよ。見てみれば様子が分かります」
鉄郎「早く、ここの惑星の様子を見てみたいなあ」
メーテル「そうね…惑星に到着したら見に行きましょう」

(惑星 かろやかなフッワーク に到着した)
            /⌒ヽ
            | U\ \
            ∪  \ \  ∧_∧
     ___       \ \(´Д` )
    (_(__ \      \⌒   ⌒ヽ
      \_    \       \     | \  へ
       \    |\_____\    |\ V /
        )     )        ̄ ̄ ̄ ̄\\__'っ
        |    /⌒\__ノ        |\__
        \_ノ        ̄ ̄―___ノ___ ̄―⌒\
                                 ̄ ̄\_⊃
          軽やかなフゥットワ〜クトォ〜

鉄郎「確かに賑やかだね」メーテル「まだまだ、住人達が現れるわよ…」


18 :水先案名無い人:03/09/03 23:01 ID:o4K4IdC+
(惑星 かろやかなフッワーク の続き)
____
    ,.-'"   `'''-、
  /          ヽ
  /             l
  | ヽ         / |
 rl  〉 __    ___ 〈 /-,
 |゙i| <.(・)` i '´(・)>  .!/il
 ヽl     ..:|     |_ノ
   l   /ヽ___ハ    l   
   ヽ ヽ ー==‐ ' / /  「闇が矛盾を押し付ける」
  _/| ヾ、     /|ヽ、
 ::::::::l   ` --- '  l:::::::::ヽ

     ☆            月
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☆
   ☆            ( ゚∀゚ )< 街は 夜も 瞬きの間に
                 \_/   \_________☆
       ☆        
             ☆      ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄☆
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< 大地 踏みしめる脚とぉぉぉぉ〜
軽やかな鬱ワークと > ( ゚∀゚ )/ |    / \________☆
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

鉄郎「ここの人達ってものすごく明るいね」
メーテル「こんなにユニークな人達が現れるなんて思ってもいなかったわ…」


19 :水先案名無い人:03/09/03 23:02 ID:o4K4IdC+
(惑星 かろやかなフッワーク の続き)
    ∧∧        鉄郎「あっ、しぃちゃんも飛んでるよ」
    (゚ー゚*)<フッワーク!  メーテル「ここのしぃちゃんって元気ね…」
    /   ヽ
    |  |〜
    し`J
     |||
     |||
   _______
  /     /\
/| ̄ ̄ ̄ ̄|\/
  |____|/

♪     \\ ♪  ゆーら〜めく ままにー ♪//
     ♪    ∧ ∧     ∧ ∧   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧     ∧∧  ♪
 ♪    ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*) ♪
      (゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧
    ♪ ∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)∧ ∧(゚0 ゚*)♪
─♪──(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*)|  ∪(゚0 ゚*) |  ∪
       |  ∪  | |  ∪|   | | ∪. |   | |  ∪|  | .|  ∪|   | | ∪ |  |〜♪
  ♪   |  | U U .|  | U U  |  | U U. |  | U U .|  | U U  |   | U U ♪
       U U     U U     U U     U U     U U     U

鉄郎「うわあ。しぃちゃん達が大合唱してるよ」
メーテル「ここのしぃちゃん達って、他と違って明るいのね…」


20 :水先案名無い人:03/09/03 23:03 ID:o4K4IdC+
(惑星 かろやかなフッワーク の続き)
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、

おれたちはとんでもない思い違いをしていたようだ。これを見てみろ。
まず「秋」を英字で表記する『AUTUMU』 これを逆にすると、『UMUTUA』
そしてこれを更に日本語に直すと『うむつあ』母音だけを取り出しローマ字で表記する
『UUTUA』WBSのことを考えれば末尾に『フッワーク 龍田かよ!』を加えるのが
当然だ。すると導き出される解は『UUTUAフッワーク 龍田かよ!』そして最後の
仕上げに意味不明な文字『龍田かよ!』これはノイズと考えられるので削除し残りの文字
を取り出す。するとできあがる言葉は・・・・・・『UTUUTA(うつうた)』。
つまり!『秋』とは『まさに鬱歌フッワーク』を表す言葉だったのだ!!

メーテル「キバヤシさんも出張してたんですね…ここでも会えて光栄です」
キバヤシ「先日、会ったばかりなのに、こちらこそ光栄です。謎解きのためにいろいろ出か
  けるんですよ」 鉄郎「キバヤシさんも忙しそうですね」
キバヤシ「それが、俺達の仕事だから深く気にしないで下さい。この惑星が明るいと言うこ  とがよく分かりましたよ」
鉄郎「また、機会があったら会おうね」メーテル「キバヤシさん、またの機会に会いましょう」


21 :水先案名無い人:03/09/06 01:09 ID:/7Ui+y+Z
私はメーテル…前スレからのコピペよ…

名前 :私の名はメーテル…
年齢 :年齢不詳の
性別 :女…
職業 :時の旅人と呼ばれ…
趣味 :年下の少年をたぶらかすのが好きな女…
恋人の有無 :決まった相手は特にいないけど…
好きな異性のタイプ :精神的に強い人が好きだわ…
好きな食べ物 :ビフテキ・ラーメンが好きで…
趣味 :派手に脱ぐのも好きな女…
最近気になること :999がいつまで続くのか気になるけど…
一番苦手なもの :最終回はイヤな女…
得意な技 :電子ムチ・サーベル・銃・爆薬の扱いなど多種多様の才能を持ち…
一番の決めゼリフ :私は…あなたの思い出の中にだけいる女…と呟き…
将来の夢 :生身の身体に戻る為に冥王星に行きたい女…
ここの住人として一言 :私の名はメーテル…
ここの仲間たちに一言 :数多の仲間相手がいて嬉しい女…
ここの名無しに一言 :貴方も私なのかもしれないわね…鉄郎…


22 :水先案名無い人:03/09/06 01:09 ID:/7Ui+y+Z
もしインタビューを私が受けたらこうなるかしら…

Q1「あなたの名前はなんですか?」A1「私の名はメーテル…」
Q2「職業はなんですか?」A2「時の旅人と呼ばれ…」
Q3「なんのために地球に?」A3「鉄郎に永遠の命を与えると見せかけて実は地球で
 最強の男になってもらうため…」
Q4「その目的を常に覚えてますか?」A4「正直、日常の7割位は忘れてるわ…」
Q5「貴女と鉄郎さんとは本当につりあうと思いますか」A5「まあ、いいんじゃないかしら…」
Q6「なぜ鉄郎さんを手助けしているのですか?」A6「鉄郎に機械化人による地球の
  支配を防いでもらうためよ…」
Q7「目的のためならばなんでもしますか?」A7「まぁ、だいたいやるわね…」
Q8「正直、これはちょっとやりすぎたと思ったことは?」
A8「私とプロメシュームお母様と融合した姿を晒してしまったことかしら…」
Q9「あれは本物でしたか?」A9「あれはイリュージョン(幻影)よ…」
Q10「エメラルダスさんをどう思いますか?」A10「私と血の繋がりがある姉妹…
  そして永遠のライバルよ…」
Q11「でも、映画では共演していますが?」A11「零士先生の意向かしら…」
Q12「好物はビフテキ、ラーメンのようですが嫌いなものはありますか?」A12「最終回はイヤだわ…」
Q13「食べ物で嫌いなものはありますか?」A13「機械化人の食べるものかしら…」
Q14「漫画とアニメのギャップをどう思いますか?」A14「漫画とアニメのスタッフの
  違いのせいかしら…」
Q15「車掌さんに対して一言」A15「999号の運行、お疲れさまです…」
Q16「貴女の持っている中で一番気に入っている道具は?」A16「サーベルかしら…」
Q17「本当に気に入っている道具は?」A17「999号のパスもお気に入りよ…」
Q18「その理由は何ですか?」A18「正直、これのおかげでストーリーが続いているからよ…」
Q19「一番やってしまったと思う事件は?」A19「惑星アンドロメダを破壊してしまった事…」
Q20「最後に、あなたにとって人生とは?」A20「永遠に時の輪を歩き続ける女…」


23 :水先案名無い人:03/09/07 22:48 ID:zGE/9NYG
昨日、メーテル伝説見たんです。メーテル伝説(レンタルビデオで)。
そしたらなんか千年女王(=プロメシューム)が機械化人になるって言ってたんです。
で、よく見たらなんか、機械化人になる過程が蓮画コラージュみたいでもう見てらんない。
千年女王がプロメシュームになったことは、否定しないけど、あの過程は、蓮画
コラージュを見られない素人にはお勧めできない。
松本零士先生、他スタッフの皆様、千年女王がプロメシュームになるというシナリオ自体
は否定しないけど、演出は、まだ改善の余地があるんじゃないですかと、小1時間問い
詰めたい。他の部分は、千年女王、プチメーテル、プチエメラルダスは少女漫画的で、
とても可愛い。あと、完全に機械化した(というより、むしろ人工生命体と表現したい)
プロメシュームもハードギアも999のシナリオの必然性を持たせる上では、否定しない
です。だから、ここで(アニメは描けないけど)蓮画コラージュ抜きのシナリオの一部
アレンジを(私の主観ですが、出来るだけ美しく)つくってみました(メーテル伝説を見て
ない人には、何がなんだか分からなくてゴメンなさい)。

(惑星ラー・メタルで:千年女王は機械化手術を受けてないと仮定)
千年女王「メーテル、エメラルダス、この惑星もこのままでは生身の人間は生きていけないわ…
 ここから、早く脱出するのよ…999号を呼び出したわ…2日程でやってくるわ」
メーテル、エメラルダス「お母様は、どうなさるのですか?」
千年女王「私は、人間のまま生きる人ことを望む人達を999号で避難させるために
 尽力を尽くすつもりよ」メーテル、エメラルダス「お母様…」
(一方、ハードギアは)
ハードギア「(民衆に向かって)機械の体となって永遠の命を持ちたい者は、手術を受けな
 さい。機械化兵よ、逃げる人間達を捕獲するのだ。そしてラー・メタルの中心核に放り
 込め」民衆達は驚いて逃げ惑う。


24 :水先案名無い人:03/09/07 22:49 ID:zGE/9NYG
(中略:ハードギアと機械化兵が地下基地でメーテル達を追いつめる)
ハードギア「女王様、貴女は機械化手術を受けられるのですか?」
千年女王「メーテル他、惑星脱出を望む人間達をここ、ラー・メタルから逃すことが、
 私の使命です。ハードギア様、ここはお引き取り願います」
ハードギア「それでは、仕方がありませんな。皆(機械化兵)、女王達を撃ち殺せ」
メーテル、エメラルダスと機械化兵達との間で、銃撃戦の応酬が始まる。千年女王が
流れ弾を喰らう。千年女王「うわぁぁぁ。メーテル、エメラルダス、こ、これを持って
逃げるのよ…(といって形見の鞄を指さし息を引き取る)」銃撃戦は更に続く。
そして999号の汽笛が聞こえてくる。
エメラルダス「ここは、逃げましょう…メーテル」メーテル「ええ、999号に乗りましょう…」
メーテルとエメラルダスは鞄を持ち脱出し、何とか銃撃戦をかわし、999号に乗り込む。
メーテル、エメラルダス「お母様…(と呟き、すすり泣く)」
エメラルダス「また再びここへ戻る日がやってくるわ」メーテル「ええ、きっと来るわね…」

ハードギア「これで女王の命は頂いた。エネルギーの基にさせてもらうぞ」
ハードギアは、機械化兵達と一緒にラー・メタルのエネルギー中心核へ行き、千年女王の
遺体を放り込む。その時…中心核から閃光が走る。千年女王がプロメシュームとなって
現れる。プロメシューム「ハードギア、貴方と私とは、歩んできた人生の重みが違うのよ…」
ハードギア「女王様、貴女のエネルギーを頂きます」
(触手を伸ばしてエネルギーを吸い取ろうとする。が、しかし逆に吸い取られる。
この場面は、原作でも出てくる) ハードギア「馬、馬鹿な」
プロメシューム「この惑星は私が支配します。機械化人よ私に着いてきなさい」

(一方、999号に乗ったメーテルとエメラルダスは宇宙空間で)
エメラルダス「ラー・メタルから閃光が走ったようね…お母様の姿は再び見ることは出来る
 かしら?」 メーテル「お母様の姿は、私達の心の中に生きているのよ…」


25 :水先案名無い人:03/09/07 22:56 ID:38oSTz5W
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 スープかけ過ぎ スープかけ過ぎ です」
鉄郎「スープかけ過ぎ??」
メーテル「惑星 スープかけ過ぎ…冷やし中華のスープをかけ過ぎて泣く人達の星…」
鉄郎「へえ〜そんな人がいるんだ。僕なら全部平らげちゃうけど」
車掌「鉄郎さんなら、多分、そうされるでしょうね。ここの人達はスープをかけすぎて
  泣くんですから、ちょっと可哀相な気がします」
クレア 「ここの人達を助けてあげたい。私なら、冷やし中華の味付けの仕方を教えてあげら
  れるから」 メーテル「クレアさん、一緒に行きましょう」
鉄郎「僕も、ここで冷やし中華を食べたいなあ」

(惑星 スープかけ過ぎ に到着した)
住人1「あれだけ注意したのに…あいつはまたやった。隣でヒイヒイ泣き声をあげている
 …ショッパイよ〜、ショッパイよ〜、と。アホか。また冷やし中華にスープかけ過ぎた
 のか。そういう事何度も繰り返すって事は、どこか心が満たされないんだろうな。
寂しいから、心の隙間を埋めるために、袋のスープを全部かけてしまう。
あな哀れ。俺にはどうしてやる事もできない。スープは彼の涙」
メーテル「お兄さん…気の毒なお友達をお持ちですね」
住人1「確かに、あいつは哀れだよ」 鉄郎「その友達を見てみたいなあ」
住人1「あいつをここに連れてくるのは恥ずかしいぜ」
メーテル「それなら、お兄さん…そのお友達のうちに連れてってくれないかしら?」
住人1「そうだなあ。あいつがどうしているか心配だから行ってみるか」
クレア 「スープが彼の涙、なんて…私まで悲しくなってしまいます」
(一同、お友達のうちに向かう)
住人1「ここが、友達の家だよ(トントン)。おーい、俺だ。入ってもいいか」
住人2「あっ。来てくれたんだ。どうぞ」
メーテル「ごめん下さい…おじゃまします」鉄郎「おじゃましまーす」クレア「おじゃまします」


26 :水先案名無い人:03/09/07 22:56 ID:38oSTz5W
(惑星 スープかけ過ぎ の続き)
住人1「お客さんも一緒に連れてきたんだ。おい、大丈夫か」
住人2「大丈夫…だけど寂しいよー」
クレア「初めまして。冷やし中華をよく食べるんですか?」住人2「はい。よく食べます」
鉄郎「スープをかけすぎるって聞いたんだけど、そんなに気になるのかなあ」
住人2「食べるものがワンパターンで、つまんないよー」
メーテル「クレアさん、ここで何か作れないかしら?」
クレア 「お兄さん、何か食材はおいているんですか」住人2「冷蔵庫の中を覗いて下さい」
クレア 「あまり、材料の種類が多くなさそうね。でもこれでつくってみるわ。2人とも
  ちょっと待っててね」住人1,住人2「クレアさん、どうもありがとうございます」
鉄郎「クレアさん、僕の分も作れるかなあ」クレア「余裕があったら作ってみるわ」
メーテル「クレアさん、頑張ってね…」

(そして)
クレア 「さあ、出来たわよ」住人1,住人2「あっ、これは具が多い中華麺だなあ」
鉄郎「僕も食べられるかなあ」 メーテル「先にお兄さん達に食べてもらうのよ…」
鉄郎「はーい」 住人1,住人2「つるっ、つるっ、クレアさん、とても美味しいよ」
クレア 「誉めてくれて、ありがとうございます」 鉄郎「良かったね。お兄さん」
住人1,住人2「こんなに旨い食事にありついたのは久しぶりです。普段は食事がワン
  パターンでしたから」メーテル「お兄さん達、良かったわね…良かったら銀河鉄道に乗る
  ことをお勧めするわ…他の惑星に行けばいろいろな物を食べられるのよ…」
住人1,住人2「(つるっ、つるっ)ある程度、お金が貯まったら考えてみます」
鉄郎「僕の分は無さそうだね」 クレア「鉄郎さん、999号に戻れば食べられますよ」
鉄郎「そうだね。999号でいつもお世話になってるもんね」
メーテル「鉄郎、クレアさん、そろそろ駅に戻りましょう…」
住人1,住人2「有難うございました」


27 :水先案名無い人:03/09/10 00:45 ID:weRS6g2p
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 読めないdat落ちスレのミラー作ります 読めない
 dat落ちスレのミラー作ります です」
鉄郎「読めないdat落ちスレのミラー作ります??」
メーテル「惑星 読めないdat落ちスレのミラー作ります…無くした記録を求めていろいろな
 惑星から集う人達の星…」
鉄郎「へえ〜、そんな惑星があるんだ」
車掌「この惑星はルクダルさんが支配しています。ルクダルさんは、2ちゃんねる星雲の
 速報星系以外の全ての惑星の情報を掌握しているそうです。それを基に記録の復元を
 しているそうです。ルクダルさんは、神と言っても過言ではありませんね」
鉄郎「ルクダルさんってそんな凄い人なんだ。是非会ってみたいなあ」
メーテル「私もルクダルさんと会って話をしてみたいわ…このような惑星に出向くのはとって
 も楽しみよ…期待もしているわ」
車掌「ルクダルさんはとても親切な人ですよ。鉄郎さん、様子を見てみれば、雰囲気が
 分かりますよ」 鉄郎「それじゃあ、惑星に着いたらルクダルさんを探そう」

(惑星 読めないdat落ちスレのミラー作ります に到着した)
鉄郎「うわあ、何か行列が出来てるよ。行列の先頭は大きな建物みたいだね」
メーテル「どうやらその様ね…私達は記録の復元を取り急ぐ用が無いから、並ばずに建物に
 入ってみましょう…」 車掌「メーテルさんの言うとおり中に入れてもらいましょう」
(一同建物の中に入った)
旅人1「この記録の復元お願いします」旅人2「この記録の復元まとめてお願いします」
旅人3「この記録の復元お願いします」旅人4「多くて申し訳ありませんが記録の復元
 お願いします」
ルクダル「皆さん、復元が終わりました。どうぞ」

鉄郎「ルクダルさんって、とても『マメ』だって見ててよく分かるよ」
メーテル「鉄郎の言うとおりね…ルクダルさんの様子がよく分かるわ」
車掌「記録の復元の様子は神業を見ているようですね」


28 :水先案名無い人:03/09/10 00:45 ID:weRS6g2p
(惑星 読めないdat落ちスレのミラー作ります の続き)
鉄郎「ねえ、メーテル。ルクダルさんと話して見たいよ」
メーテル「ルクダルさんは忙しそうにしているけど大丈夫かしら…ルクダルさん、忙しい所
 失礼します…私はメーテル…少しの間、私達とお話ししてくれないでしょうか」
ルクダル「999号の皆さん、私の惑星 へようこそ」
車掌「ルクダルさん、よく私達のことを良く知ってましたね。今の挨拶を聞いて驚きま
 したよ」 ルクダル「それは、皆さんの情報も掌握していましたから。そうでなければ、
 記録の復元の仕事は勤まりませんよ」
メーテル「ルクダルさん、私達のことを知っていてくれて光栄です…」
鉄郎「ルクダルさん、僕たちのことを知っててくれてたんだ。宜しくお願いしまーす」
ルクダル「皆さん、申し訳有りませんが、仕事を続けなければならないので、良かったら
 記録博物館をご覧下さい。私は案内できませんが、ご了承下さい」
鉄郎「はーい。それじゃあ失礼します」車掌「それでは、見させてもらいます」
メーテル「ルクダルさんのお言葉に甘えて見させてもらいます…」
(一同 記録博物館に入る)
鉄郎「おじゃましまーす。うわあ、こりゃ広いや。全部見きれるかなあ?」
車掌「これだけ記録を残しているなんて、ルクダルさんも相当努力されたと思いますよ。
  私も全ては見切れませんね」
メーテル「これだけ立派な施設を築き上げるまで、どれだけの年数が、かかったのかしら?
  聖域と言ってもいいわね…」
鉄郎「僕には、とても全ては見切れないよ。車掌さん、ここを離れてもルクダルさんと
  999号で交信できるようにしようよ」
車掌「私もそうしたいと思ってました。用があったら交信したいと思います」
メーテル「これだけ立派な惑星はそうは見られないわ…この惑星の将来の発展を祈って戻り
  ましょう…ルクダルさんとは交信出来るようにしましょう、車掌さん…」


29 :水先案名無い人:03/09/10 23:08 ID:GJewlCFd
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ○○が〜ゲット! ○○が〜ゲット! です」
鉄郎「○○が〜ゲット!??」
メーテル「惑星 ○○が〜ゲット!…いろいろな人達が、○○が〜ゲット! と呟く星…」
鉄郎「へえ〜、どんな人達が居るんだろう?」
車掌「ここの惑星の住民達はとてもユニークで面白い人達ばかりですよ。鉄郎さんも
  見てみれば様子が分かるはずです」
鉄郎「それじゃあ、到着したらこの惑星の人達を見て見ようよ」
メーテル「そうね、そうしましょう…私も楽しみにしているわ」

(惑星 ○○が〜ゲット! に到着した)
            __
     ,, - ー''' ̄ ̄    ヽ
   /             ヽ
  /        ゝノノ    _丿 | Oh! Cool!! Mr.tom が 2get デース
  |   , ー--,,_,,,--'' l/  .|
 .|   ヽ          |  | >3 夢から覚めなさい
 |   / ,,‐-     -‐   | >4 大人になりなさい
 |   i    ,-、     _, |  |>5 もうひとがんばりです
,‐-、  l _   oヽ` ヽ' o`   |>6 油断は禁物です
| 、` l    `ー     ヽ´`i   |>7 そんなの微妙すぎ
.|  )             ヽ|   |>8 勇気をモテクダサーイ
ヽ `     _   ゙ー-、_ ) .| >9 レスすりゃイイ!ってモンじゃない事を
  ̄i    |   、―ー  | <    肝に命じておいてクダサーイ!!
 /.|         `ヽ/   |   \________________
/  |       -   ノ
丶   `ヽ __  , , -' ' |ー、
 ヾ   \     /   |  \
鉄郎「Tomさんって面白い人だね。でも言われて心にひびくよ」
メーテル「Tomさんの言ってることは鉄郎への忠告よ…」


30 :水先案名無い人:03/09/10 23:09 ID:c1WxIfvd
(惑星 ○○が〜ゲット! の続き)
 やりました!
青い地球を守るため、胸の鼓動が天を衝く!
エスカレイヤー、悪の駄スレに2GETで参上!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
             _
          ア´,ヘ ゙ヘ +
         ノ〈(r'ノハ))〉 +    ,,,,,==''''''==,,        ,,,,,=='''
        〃 リ゚ ヮ゚ノ(   ,,,,,=='''''     ='''     ,,,,,=='''''
     +  (((⊂iフ采i⊃╋''''''         '''==,,,,,,==''''
 +      )' )く/Yノ  +
   +     (/(ノ +
+       
鉄郎「エスカレイヤーさんもメーテルと雰囲気が似ているね」
メーテル「確かに似ているわ…でも私より若くて可愛いわね」
            ,_
             / _ヽ   私、オメガが2をゲットさせてもらう
             ヽ__ソ             
            iヾ_,,| |-,_,-- ,__/\
     _,、  __/ー-+-+、ヽ__\ノ|i K、
    ./λノ\,人-,、/^ヾ,,ヽ,ヽ,.,---`' ヾ,/`,
   / / ̄\フ、> 'i |\/ヾ,)) |===i  ("iソ
  <`レ’   i'V ノ | ,,|>-"' ヽーソ  | il`i
   i",|-,   ヽニヽ_.|/^il"~`》_,-" <`ー"ヽ、
   `i"-P   _/ ̄,]|`=,)ー+ー'     `-, ,Y )
   ヾイゝ_ '"┴-<|iヾソ          レレ
  ∠ニO)ー`    />i |L
          <)_ヘ_(^ヽ  鉄郎「この惑星には動物も居るんだ」
              ヽ| ~`  メーテル「動物も喋るのね…」


31 :水先案名無い人:03/09/10 23:10 ID:c1WxIfvd
(惑星 ○○が〜ゲット! の続き)
                . : .:.::::::;;;,、‐'~ ̄、~−`‐、/
               . : .:.:::::::::,、-""  ,、‐"',、‐-、 `ヽ
           . : .:.:::::::::,、‐"/    / / / 人=‐-、、ヽ、
\        . : .:.:::::::::/ /    / //  //;、-‐-、、 ;i,
  \    . : . :.:.:.:::;:イ /  ,/ ;/ / /   ///;>ー、ヾ ; i
  ゞ\  . : .:.::::::.//  //   / /  //;;r'"´  'ヾ; ;:i,
 ,;彡  \. : :.::,-"//  /    ,/ /   ;:/,/      リ, i
 'リ 人 ;;`ー;"/   /    ノ/; ;/ ; ,:,:  ;/       ,;'i| |
 从' ノ,      ii_       / /; ;  ,/      ,、'",ノ;i, i
  ノ ''リi ,、从ヾ〈i!ヽ,  ノ ,、‐イi / ; ://;'`"'`'‐  ∠テ、|;. i
  ノ' i! | 人, ミj 'i! .:;;ゞ,、,_彡";リ / // /;'。;テ'ゝ   :.``゛i'; ノ
   ノ! リi、‐从ゞ ノ;、 ;" ;!;  ;;i /  / //'```゛    ::. iリ从
  ,、‐' ii!'' jノリイ !O‐c-ヘ; ノ!;; ///'             yリ!
-'`   ',、‐' ;i i!'`  ヽヽ,..::ヽ. リノ /'"         -、 _/
       ノ; ;、  `; ヽ,.:::ヽ、i!リ         _,、ラ 雑魚が小ざかしい
          `;、   ヽ::::::`‐、        ‐=二:シ あたしが元・新宿系自作自演屋の
          / '!,     ヽ; . :.:..>‐、_     /  椎名林檎が2getですが何か?
          /.:::.ヽ、   ヽ/;;;1   ゛' ‐-‐'"
鉄郎「椎名林檎さんってどんな人なんだろう? 偉そうな人だね」
メーテル「椎名林檎さんはシンガーソングライターよ…でもこの台詞は、惑星『ですが、何か?』
  を思い出させるわね…本当は普通の人だと思うわ」


32 :水先案名無い人:03/09/10 23:11 ID:c1WxIfvd
(そして)
       /ソi 、
     /ノ_ノノヾ!  あたらしき かみ アポロンが2ゲットだ
      /ソ _.!`ソ
    ,...'/-`‐ '!(_ 鉄郎「ねえ、メーテル。アポロンさんって本当に神なの?」
  /::::ヾノ''ヽ!:::ヽ メーテル「そうね…でもアポロンさんは威張らないのよ」
  {:::::;;:::::丶, ,〉::; 鉄郎「そうなんだ。アポロンさんが僕達を守ってくれると
   !:::::';m;::::ヾ::!::::l いいね」
   ヾ;;;;;;;;;;;;:::'';;:::;i'゛メーテル「アポロンさん…これからも999号を見守ってくださいね」
.   l ノ::::::::・!::::::i アポロン「わかりました」
   l i;;::::::::・ii:::::::l 鉄郎「アポロンさんって素直だね」
   l '|':'::::::;i;:::::|~  メーテル「素直で良かったわね…」
   l .|;:::::::::|::::::|
   l .|;:::::::::|::::::|
.   l___l;;:::::::;l;::::;l
      |;:::::::::|::::::|
      |;:::::::::|::::::|
      |;:::::::::|::::::|
      |;:::;;;;;:|:::;;;|
..      !  /\ ヽ
.      ` -'  ` -'


33 :水先案名無い人:03/09/12 22:08 ID:UXIGhoVo
車掌「暫く忘れていましたが、シーテル、ギコ朗さんは元気にしているのでしょうか?」
鉄郎「言われてみれば…元気にしているかなあ?」
メーテル「どうやら元気にしているみたいよ…でもギコ朗、シーテルさんはトレーダー分岐点
  まで行ったらしいわ…ギコイカ伯爵と対決することになりそうよ…私達のシリアス
  AAも出てきたわ…無事切り抜けられるか心配だわ」
鉄郎「ギコ朗さんの旅も佳境に入ったみたいだね。無事切り抜けられるといいんだけど」
(AA職人さん、頑張って下さい。こちらは文字ネタで頑張りますよ)
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      |   トレーダー分岐点・・・・。
      \_________  __________
                     ∨
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|   ギコ朗・・・。
|   ギコイカ伯爵のところへ行くの?
\_  __________________
   ∨
;;;;;;;;;::::  |___________|
;;;;;;;   ┌─────────┐
__    │               .|
| | .   │               .|
| |  .  │               .|     | |
| |  ,,,,,,,,,,|                 |     | |
| | ミ,,,,,,,,,ミ ────────_/二ヽ_| |
| | (*゚ -゚)ノ            .(゚Д゚,,) ::::| |
| | ルリルリ              .ノリハル  | |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)       ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|        .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
AA関連スレ ギコ猫しーのはめつ日記♪
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1016048522


34 :水先案名無い人:03/09/14 21:54 ID:Lye5U7O5
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ 荒らし(略 です」
鉄郎「荒らしの付け入る隙もない良スレ??」
メーテル「惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ…この惑星はhajato◆Q21・・(破邪人?) 君
  が支配しているわ…hajato◆Q21・・君は荒らしのない良スレを人に探してもらって
  いるそうよ…」 鉄郎「へえ〜、hajato◆Q21・・君はどんな人なんだろう?」
車掌「どうもhajato◆Q21・・君は、神業とも思える煽り技術を持っているそうです。
  私はこういう人は好きになれませんね」
鉄郎「そうなんだ、それじゃあとりあえず、hajato◆Q21・・君とこの惑星に来る人達を
  見て見よう」 メーテル「そうね、とりあえず静観してみましょう…」

(惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ に到着した)
hajato ◆Q21「このスレッドは『荒らしが付け入る隙もない良スレ』を挙げていく
  スレッドです。糞スレを立てる事しか能のないこの俺に荒らされる事のない良スレの
  立て方をどうかみなさん、教えてくんなまし♪
  注意1:このスレにおいては、「1chで削除される書き込み」を全て荒らしと
  見なします。注意2:このスレにおいては、煽りや広告貼り付けなども荒らしの一種
  であると見なします。注意3:荒らしの判定が主観的である事に文句のある人は、
  ここには書き込まないでください」
鉄郎「hajato ◆Q21君って難しいことを言ってるね」
メーテル「鉄郎のいうとおりね…確かに『荒らしが付け入る隙もない良スレ』を見つけること
  は難しいことだわ…あと、車掌さんが言っていた『神業とも思える煽り』ってどう
  いうものかしら? 私も気になるわ…」
旅人1「なんか違和感を感じた。良スレは「立てる」モノじゃなくて「作る」モノだと
  思うぞ」 鉄郎「僕もそう感じるよ。良スレって結果としてそうなるものだと思う」
メーテル「鉄郎の言うとおりね…私も『荒らしが付け入る隙もない良スレ』は結果としてそう
  なるものだと思うわ…あと、そういうスレは簡単に見つからないものね…」
hajato ◆Q21「定期警告。このスレッドへの参加は決して強制ではない。このスレッドへ
  の参加は決して強制ではない。以上」


35 :水先案名無い人:03/09/14 21:56 ID:Lye5U7O5
(惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ の続き)
マジ旅人「『hajato ◆Q21:この俺に限ってそれが許されないなんて事があるのかい?』
  初めて、あなたの正直な気持ちを見た気がします。あなたは2chのことを、色々と
  誤解されているようですが、中でも致命的なのは、あなたが2chに過度の期待をして
  いることだと思います。確かに2chでは、しばしば、いわゆる現実世界で不可能な
  ことが実現します。田代祭りなどがそうです。しかし、だからと言って2chが、
  いわゆる現実世界と、かけ離れた世界であるわけではありません。いわゆる現実世界
  で起こることは当然、しばしば2chでも起こります。少し前に、スカラー波が
  どうしたこうしたという妄言を吐き、問題行動を繰り返した集団がいて、いわゆる
  現実世界で叩かれていました。あなたがここで叩かれているのも、同じことです。
  すなわちあなたは、DIだの、荒らしと電磁気学だの、排中立原理論だのと妄言を
  吐き、問題行動(見境無く煽る)を繰り返しました。叩かれるのは当然です。
  そういう言動を受け入れ、かつあなたを満足させてくれる板は、たぶん2chにはあり
  ません。それから、矛盾したことを書くようですが、2chは化け物です。のめりこみ
  すぎて、人生棒に振る人もいます。確か2chの管理人は、「たかが掲示板」と言って
  いました。2chにのめりこみすぎないためにも、この「たかが掲示板」という気持ち
  を、心の隅に置いておくことも、大切だと思います。自戒を込めて。これは、自分の
  願いを叶えられる場所が2chにある、とあなたは思っているようだが、それは過度の
  期待というものだ、ということです。そして2chにも、それなりの良識はあります。
  ですから糞野郎は、まあ、良くて叩かれっぱなし、悪くてシカトされる傾向にある、
  と私は理解しています。最後のくだりは、掲示板ごときに熱くなって通常の判断能力
  を失うのは、つまらない、ということです。自戒を込めて、というのは、気取りでは
  ありません。あなたは冷静な様に見えて、何か大きなことを2chでやろうとする、
  不毛な執念に取り付かれているように見えます。これも、あなたは否定されるので
  しょう。もう慣れました」


36 :水先案名無い人:03/09/14 21:57 ID:Lye5U7O5
(惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ の続き)
鉄郎「ねえ、メーテル。上のお兄さん(マジ旅人)のいうことが本当なら、この惑星って
  ちょっと怖い気がするよ。hajato ◆Q21君はまともなのかなあ?」
メーテル「お兄さんの発言を聞いて、私もhajato ◆Q21君がまともか心配になってきたわ…」
旅人51「1人で1000レスつけたスレは広告も荒らし煽りも入ることなく完璧なスレかと。
  こいつらだな(2chギネスブックより)
●一人で1000レスした人がいるスレ
  戦 闘 千 博
  http://mentai.2ch.net/mukashi/kako/1029/10292/1029213617.html
  (・∀・)ギャオ
  http://human.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1047135631/
  園芸板:.
  http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/engei/1050225713/
  http://dempa.2ch.net/dat/2003/04/engei-1050225713.html (HTML補完)
  園芸板:.
  http://hobby.2ch.net/test/read.cgi/engei/1050324259/
  http://dempa.2ch.net/dat/2003/04/engei-1050324259.html (HTML補完)」
鉄郎「51さんて凄いスレを紹介しているね。僕も記録を見てびっくりしたよ」
メーテル「これは確かに凄いわね…hajato ◆Q21君がどんな評価をするか、私はとても心配
  だわ…」
hajato ◆Q21「旅人51さん、勘違いしないでください。ここは『荒らしの付け入る隙も
  ない“良”スレ』を紹介するスレです。荒らしがいなけりゃそれでいいってもんじゃ
  ありません」
鉄郎「今のhajato ◆Q21の言葉は許せない。せっかく紹介したのにケチをつけるなんて」
メーテル「これが車掌さんが言ってた『神業とも思える煽り』かしら? 私も鉄郎と同感よ…
  hajato ◆Q21君は何とかする必要があるわね…煽り以前の問題ね…」
鉄郎「hajato ◆Q21の言うことは礼儀知らずだよ」


37 :水先案名無い人:03/09/14 21:58 ID:Lye5U7O5
(惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ の続き)
hajato ◆Q21「なんか、このスレの趣旨と大きくかけ離れた内容の書き込みをしている
  人達が大勢いるようですね(w あんまりスレ違いの内容の書き込みを続けていると、
  アクセス規制をかけられる危険があるので気を付けてください。引き続き、このスレ
  の趣旨に沿った書き込みをお待ちしております。
  「荒らしの付け入る隙もない良スレ」
  4 7 8 11 20 21 22 23 25 26 27 29 35 36 37 39 40 47 48 49 61 62 67 75 84 93 103 104 106
  107 112 118、俺も初めて自分の惑星を見てみたけど、11レスしか付いてない時点で
  既にもうこの有様…最高だね!!w)」

鉄郎「hajato ◆Q21君って、頭大丈夫なの?」メーテル「もう少し、様子を見てみましょう…」hajato ◆Q21「俺の発言は煽りじゃないから(一般的妥当性に基づいた断定形)。自分が
  必死である事に意義を感じられるか否かという点こそが君らと俺との間で最もかけ離
  れている点だと言えるだろう。やっと気付いたか(w このスレッド上には、1ch
  の規則や倫理を評価して、それに基づいた書き込みをしている人間なんて一人もいや
  しない。ここは無秩序な狂獣同士の共喰いの場でしかないんだ・・・・・・
  それみたことか(w おまえらは結局、紛れもない真の狂獣だったってわけだ。
  本当の所、おまえらには他人の事を批評したり中傷したりするのに足るような脳味噌
  なんてこれっぽっちも持っちゃいない。おまえらがああやって他人を中傷したり
  からかったりするのは、そういった中傷を受ける側の人間に落ち度があるからでは
  なくおまえら自身が単なる狂獣だからからこそ行われてるんだ。おまえらが真の狂獣
  であると判明した以上、俺がおまえらに対して執る対応にも変更が生じることになる。
  今までは俺も、ある程度は、おまえらの事を情緒のある人間であると認めた上での
  応対をしてきたわけだが、これからは違う。これからはあくまでも、情念を挿む余地
  もない単なる狂獣であるという事を前提に、君らに対する応対を行っていくことになる」


38 :水先案名無い人:03/09/14 21:59 ID:Lye5U7O5
(惑星 荒らしの付け入る隙もない良スレ の続き)
hajato ◆Q21「とりあえず、このスレッドの役目はもう終わった。また別の対応を俺は
  君らに対して執る事になるだろう。その時を楽しみに待っていてくれ。それじゃあな」
メーテル「hajato ◆Q21君は、物の怪に取り憑かれているようね…鉄郎、目をつぶってて」
鉄郎「うん」 メーテルはコートの裾を少し開いた。(ピカーン)
メーテル「hajato ◆Q21君は、気を失ったようね…正気に戻るといいんだけど」
旅人2「この惑星に初めて来る人たちへ
  はじゃとは煽りつつ俺らにレスを付けさせ続けることが自体が目的みたいなんで、
  これからは放置お願いします。普通の人なら無視するような一行煽りでさえ律儀に
  ageつつレスするので、いつまでたってもこのスレが倉庫落ちしないという仕組みに
  なります。善意でスレを持ってくるような人でもほのかに煽りつつレスを返して
  きます。嫌な気分になるだけですので、スレの持ち込みも控えることをお勧めします。
  この後もこのレスへの煽りの為はじゃとが一回ageてくるかもしれませんが、どうぞ
  皆さんも、放置よろしくお願いします」
鉄郎「本当にお兄さんの言うとおりだよ。メーテル、そろそろ駅に戻ろう」
メーテル「hajato ◆Q21君は、本当は可哀相な人と言う感じがしたわ…このエネルギーをいい
  ことに注いでくれるといいんだけど…さあ、駅へ戻りましょう」


39 :水先案名無い人:03/09/15 15:10 ID:ti9y0yGm
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 コンビニでルパンの一人芝居 コンビニ(略 です」
鉄郎「コンビニでルパンの一人芝居??」
メーテル「鉄郎、ルパン3世は知っているかしら?」 鉄郎「うーん。良く知らないよ」
メーテル「ルパン3世は、モンキーパンチ先生の作品よ…ルパンの他に次元、石川五右衛門
  峰不二子、銭形さん達が出てくるのよ…銭形さんがルパン達をいつも追っているわ」
鉄郎「そうなんだ。ねえ、メーテル、その惑星の雰囲気ってどんな感じなの?」
メーテル「惑星 コンビニでルパンの一人芝居…ルパン3世のキャラクターに成りきって
  コンビニに現れる人達が集う星…真似をすることはお勧めできないわ」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、ここの人達の真似はお勧めできませんね。
  ここの人達をじっと見ているのが無難ですよ」
鉄郎「それなら、とりあえず、この惑星の人達をじっと見て見よう」
メーテル「そうね、とりあえず静観してみましょう…」

(惑星 コンビニでルパンの一人芝居 に到着した)
鉄郎「何か建物が建っているけど、あれがコンビニかなあ?」
メーテル「どうやらその様ね…あっ、お客さんが入っていくわよ…ちょっと見てみましょう」
(暫くして) 鉄郎「そのお客さんが出てきたね」
メーテル「お客さんはモゾモゾしているわよ…あっ、また店に入っていったわ」
(コンビニ内にて)客1「お、おい!さっきこんな顔をした奴がこなかったか!」
店員「あなたがさっき買い物していったんですよ?」
客1「ば、ばかもぉ〜ん!それがルパンだ!追えぇ〜!」
鉄郎「お客さんが出てきたね。一生懸命走ってるよ」メーテル「ちょっとカッコ悪いわね…」
鉄郎「あのお客さんは何がしたかったんだろう?」
メーテル「これが『コンビニでルパンの一人芝居』っていうことね…私には恥ずかしくて
  真似できないわ」 鉄郎「お客さんはこんな事をして面白いのかなあ?」
メーテル「さあ、それは分からないわ…でも私達はあんなことをやらないのが無難ね」
鉄郎「そうだね。店員に怪しまれるし、次回からはマークされそうだからね」


40 :水先案名無い人:03/09/15 15:11 ID:ti9y0yGm
(惑星 コンビニでルパンの一人芝居 の続き)
メーテル「あっ、別のお客さんが入っていったわ…これも見てみましょう」
(暫くして) 鉄郎「そのお客さんが出てきたね」
メーテル「さっきの人と同じ様にまた店に入っていったわね…どうなるのかしら?」
(コンビニ内にて)客2「お、おい!さっきこんな顔をした奴がこなかったか!」
店員(ガンをつけて)「はぁ?」客2「(´・ω・`)ショボーン!」店を出てきた。
鉄郎「この人は一人芝居どころじゃなかったみたいだね」
メーテル「流石に店員さんもマークするわね…」鉄郎「また、別のお客さんが店に入ったよ」
(コンビニ内にて)客3「お、おい!さっきこんな顔をした奴がこなかったか!」
店員「あなたがさっき買い物していったんですよ?」
客3「ば、ばかもぉ〜ん!それが寿限無寿限無五劫の擦り切れ、海砂利水魚の水行末
  風来末空来末食う寝るところに住むところ、やぶら柑子ぶら柑子パイポパイポパイポ
  のシューリンガンシューリンガンのグーリンダイのポンポコピーのポンポコナー
 の長久命の長助だ!追えぇ〜!」
鉄郎「お客さんが出てきたね。これは面白かったよ」
メーテル「受けを狙うためにコンビニで買い物をしたのかしら? でも面白いわね…」
鉄郎「メーテル、そろそろ他の所へ行こうよ」メーテル「そうね、そうしましょう…」
(メーテル達は住宅地へ向かった)
鉄郎「ここで、家族達が話をしているようだよ。ちょっと見てみよう」
メーテル「鉄郎、見るのはちょっとだけにしましょう…どうやら食事をとっているようね」
(家の中にて)息子「お母さん、お、おい!さっきこんな顔をした奴がこなかったか!」
お母さん「どうしたの?ご飯はさっき食べたわよね?」
息子「ば、ばかもぉ〜ん!それがルパンだ!追えぇ〜!」
お母さん「○○ちゃん(息子の名前)どうかしちゃったのかしら? 病院に連れて行こうか
  しら? ○○ちゃん、行くわよ」 息子「ウワァァァン!!」
鉄郎「自宅で家族に対して、一人芝居をやるのは虚しいね」
メーテル「そうね…鉄郎は真似をしちゃダメよ」


41 :水先案名無い人:03/09/15 15:15 ID:ti9y0yGm
(惑星 コンビニでルパンの一人芝居 の続き)
鉄郎「あっ、外で走っている人がいるよ。何か呟いているよ」
メーテル「ちょっと見てみましょう…」
住人「ル、ル、ル、。パァン!!パァヤァ!!囲みを破ってオゥイェルバァン!!闇夜を疾走る
 ソォルゥーッ!!ルパン、ルパンルパンッッアーッ!!」
鉄郎「この人、見てて面白いよ」メーテル「確かに面白いわね…」
鉄郎「あっ、あそこに倒れている人がいるよ」メーテル「大丈夫かしら?」
                     _,. -‐''"´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄``''''''''─--- 、
                  _, -''"               、_ _,.. -‐''
     (二二二二二二'';:-''"                   \______
            , ‐'"                                , ‐'"
            ,∠,                                , ‐'"
         /'i,.r‐>、  :、‐┐                      , ‐'"
      /   `'く.,,_l .   ヽi                     , ‐'"
    /        r‐-、                    , ‐'"
.  /            ヽr'",>、                , ‐'"
. /    _,,.._          ヾ、__i             , ‐'"
  ̄ ̄ ̄  ,>                   _,. -''" 
      /              _/ /゙
.      /         _,,.. -‐''''"/ /
    ∠__,,,,,. -─''''''""      / /
                      / /
                    / /
                 / /
                `''"
鉄郎「どうやら。酔っぱらって倒れているようだね」メーテル「その様ね…そろそろ駅へ戻りましょう」


42 :水先案名無い人:03/09/17 01:02 ID:nJO81Fm+
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 よくあるクイズ よくあるクイズ です」
鉄郎「よくあるクイズ??」
メーテル「惑星 よくあるクイズ…クイズやなぞなぞの記録が残されている星…
  この惑星の謎を解くには頭を使うのよ…」
車掌「ここの惑星の謎を解くには非常に頭を使います。また、解が無い謎も含まれている  そうです。私もこの惑星は興味がありますよ」
鉄郎「こんな惑星に、僕が馴染めるかなあ? ちょっと心配だよ」
メーテル「鉄郎、なぞなぞが解けなくても深刻にならないで…みんなで一緒に考えましょう…
  答えがない謎については深刻に考える必要はないと思うわ」

(惑星 よくあるクイズ に到着した)
鉄郎「あっ、問題を見つけたよ。早速読んでみよう」メーテル「そうね…読んでみましょう」
車掌「どんな問題でしょうか? 楽しみですね」

(問題)1泊1000円のホテルに3人の学生が泊まりました。3人は合計3000円を支払い
ましたが、ホテルのオーナーは「学生さんだからオマケしてあげよう。これを部屋に届け
てあげなさい」と500円を従業員に渡しました。しかしその従業員、部屋に運ぶ途中で
ちゃっかりと200円をネコババし、300円を学生らに渡しました。学生らが払ったのは2700
円で従業員のネコババした200円と合わせると2900円。さて残りの100円はどこへ消え
たのでしょう?

鉄郎「うーん。残り100円はどこにいったんだろう?」
メーテル「お金のやりとりの書き方に問題があるようね…」
車掌「これは、問題の書き方が適切ではないですね。学生さんが払ったのは3000円です。
  2700円ではありません。学生さんが支払った後の3000円の持ち分の内訳は、2500円
  がホテル(オーナー)、200円が従業員、そして残り300円が学生さんです。こういう
  ことで宜しいんじゃないでしょうか? 支払う前と後のお金の扱いを混同している様
  ですね」 メーテル「車掌さんに言われてみれば…そのとおりね」
鉄郎「言われてみれば…そういうことかなあ」


43 :水先案名無い人:03/09/17 01:03 ID:nJO81Fm+
(惑星 よくあるクイズ の続き)
(問題) ここにコインが12枚あって、そのうち1枚はニセモノです。ニセモノは本物と
重さが違います。(重いのは軽いのかはわからない)さて、天秤を三回だけ使って、
ニセモノを見つけ出してください。

鉄郎「これも、よく分からないなあ」
メーテル「私もちょっと考えただけでは、よく分からないわ…車掌さん、分からないかしら?」
車掌「この問題の答えは正直言って、偽物が重いか軽いかどうか分からないと3回の計測
  では分かりません。もしそれが分かれば、答えは出てくるのですが」
鉄郎「車掌さんでも分からない問題があるんだね」メーテル「それは仕方がないことだわ…」

(問題)とある旅人がY字路にやってきました。一方の道は正直村、もう片方は嘘つき村に
通じています。その分かれ道の間には案内役の男が1人立っています。彼は、正直村か
嘘つき村のどちらかの住人なのですが、どちらかはわかりません。正直村の住人はいつも
本当のことを、嘘つき村の住人はいつも嘘を言います。彼には一つだけ質問ができます。
さて、正直村へ行くにはどんな質問をすればいいでしょう?

メーテル「これは分かったわ…分かれ道のどちらかを指さしながら『嘘つき村は無いん
  ですか?』て尋ねればいいのよ…仮に正直村の住民なら『いえ、嘘つき村はこちら
  です』と指さすだろうし、嘘つき村の住民なら『はい、嘘つき村はありません』と
  言って、正直村があるかの様に嘘つき村を指さすでしょうから…いずれにしても逆の
  道を行けば正直村にたどり着けるでしょう」
鉄郎「なるほど。そうすればいいんだ」
車掌「どうやら、メーテルさんの聞き方で良さそうですね。でも他にも答えがありそう
  ですよ」
メーテル「それが、この惑星の謎というものかしら? 解明するには時間がかかりそうね…
  全ての謎を解くには時間が足りないわ…謎の記録をして駅に戻りましょう」


44 :水先案名無い人:03/09/17 23:39 ID:z5qz/Mmd
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 お前○○好きだよな お前○○好きだよな です」
鉄郎「お前○○好きだよな??」
メーテル「惑星 お前○○好きだよな…『お前○○好きだよな』と呟く人がいる星…
  この惑星で住人達と話しかけると『お前○○好きだよな』と言われてしまうのよ…」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、この惑星の人達は相手の嗜好に興味を持って
  いるようです。私もこの惑星は興味がありますね」
クレア 「私もこの惑星がどんな雰囲気か知ってみたいです」
鉄郎「それなら、みんなでこの惑星の人たちと話しかけてみよう」
メーテル「そうね、そうしましょう…一緒にここの住人達と話しかけてみましょう…」

(惑星 お前○○好きだよな に到着した)
鉄郎「あっ、呟いてる人を見つけたよ。ちょっと見てみよう」
メーテル「そうね…見てみましょう」 車掌「どんな人なのでしょうか?」

住人1「おまえオカルト好きだよな? 俺よりオカルト好きだよな? スレたてる
  くらいだもんな? テレビジョンって雑誌知ってるよな? コンビ二においてある
  よな? 少しくらい立ち読みする度胸あるよな? 文字読めるよな?
 で、オカルト好きなんだよな? スレ立てるくらい好きなんだよな?
 自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」

鉄郎「この惑星の人達は、お説教が好きなのかなあ?」
メーテル「この口調からすると、そんな感じね…でも聞いててもそんなに気にならないわ」
車掌「まあ、言ってることはお説教みたいですが、深刻に考えるほどのことではないと思
  いますよ」クレア「私もメーテルさんと同感です。自分の力で何とかしたいと思います」
鉄郎「それじゃあ、早速出発だ」メーテル「鉄郎、慌てなくても大丈夫よ…」


45 :水先案名無い人:03/09/17 23:39 ID:z5qz/Mmd
(惑星 お前○○好きだよな の続き)
鉄郎「よーし、ここの人たちと話しかけてみよう」
住人2「おまえメーテル好きだよな?」鉄郎「うん。好きだよ」
住人2「俺よりメーテル好きだよな?」鉄郎「そうだね。でもスレは立ててないよ」
住人2「銀河鉄道999知ってるよな?」鉄郎「っていうか、僕は主人公なんだけど」
住人2「で、メーテル好きなんだよな?」鉄郎「そうだね」
住人2「自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」
鉄郎「実は、僕もメーテルの謎の全ては知らないんだ。これからも調べてみるよ」

メーテル「私も話しかけてみようかしら?」
住人3「お姉さん、鉄郎好きだよな?」メーテル「良く知ってるわね…」
住人3「俺より鉄郎好きだよな?」メーテル「まあ、そういうことになるかしら?」
住人3「銀河鉄道999知ってるよな?」メーテル「知っててくれて光栄です…」
住人3「で、鉄郎好きなんだよな?」メーテル「お兄さんよりは熱が入っているかしら?」
住人3「自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」
メーテル「まあ、そこまで調べなくてもいいと思うわ…お兄さん、これからも宜しくね」
住人3「分かりました。こちらこそ宜しくお願いします」

車掌「私も話しかけてみましょう」
住人4「おじさん、999号好きだよな」車掌「ええ、愛着を持ってますよ」
住人4「俺より、999号好きだよな」車掌「当然ですとも。そうでなければ車掌は勤まり
  ません」 住人4「スレ立てるくらいだもんな」 車掌「そうですね」
住人4「銀河鉄道の運行規則知ってるよな?」 車掌「それは当然です」
住人4「で、999号好きなんだよな」 車掌「言うまでもありませんよ」
住人4「自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」
車掌「これからも精進していくつもりです。私達を見守って下さい」
住人4「999号の運行、頑張って下さい」 車掌「これからも頑張りますよ」


46 :水先案名無い人:03/09/17 23:41 ID:z5qz/Mmd
(惑星 お前○○好きだよな の続き)
クレア 「私も話してみます」
住人5「お姉さん、ウェートレス好きだよな?」クレア「はい。好きです」
住人5「俺よりウェートレス好きだよな?」
クレア 「お兄さんも努力すればウェイターになれると思います。なってみたいですか?」
住人5「それは、ちょっと。でも999号には憧れています」
クレア 「そういってくれて嬉しいです」
住人5「銀河鉄道999知ってるよな?」クレア「知っててくれて光栄です」
住人5「で、鉄郎好きなんだよな?」 クレア「鉄郎さんも好きですよ」
住人5「自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」
クレア 「これからも、自分の力で何とかしてみたいと思います。聞いてくれて有難うござい
  ました」 鉄郎「クレアさんは、律儀に答えるんだね」
クレア「鉄郎さん、自分の気持ちに素直に答えたまでですよ。鉄郎さんもちゃんと答えて
  ましたね」
鉄郎「そうかなあ? でも、この惑星に来て自分のことを振り返る事が出来て良かったよ」
メーテル「ここの惑星の人達は根は素直だと思ったわ…そんなにひどい人達じゃ無さそうね」
車掌「私も、メーテルさんと同感です。ここの人達は言葉遣いが丁寧になれば、もっと
  良くなると思いますよ」
鉄郎「みんな、これからも宜しくお願いします」
メーテル「鉄郎、そんなにかしこまらなくても応対してあげるわよ…」
クレア 「鉄郎さん、これからも宜しくお願いね」車掌「そろそろ駅に戻りましょうか」
メーテル「そうしましょう…ここの惑星の発展を祈って次の惑星へ行きましょう」

(皆、駅へ戻ってから)
住人6「おまえガイドライン好きだよな? 俺よりガイドライン好きだよな?
 文字読めるよな? で、ガイドライン好きなんだよな?
  スレ立てるくらい好きなんだよな?
  自分で調べようよ。自分の力で何とかしてみようよ」


47 :水先案名無い人:03/09/19 00:20 ID:Gw2UQCak
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 翻訳しきるスレ 翻訳しきるスレ です」
鉄郎「翻訳しきるスレ??」
メーテル「惑星 翻訳しきるスレ…和文→英文→和文に翻訳した文章を楽しむ人達の星…
  ここの文章はとても面白いわ…」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、この惑星は面白い文章の博物館といっても
  いいですね。私もここの文章を見たいと思います」
鉄郎「そうと決まれば惑星に到着次第、文章を読みに行こう」
メーテル「そうね、そうしましょう…私も楽しみよ」

(惑星 翻訳しきるスレ に到着した)
鉄郎「早速文章を見つけたよ」メーテル「それなら見てみましょう」車掌「とても楽しみですね」
その様な事以前に1宛てに、少しの間耳を傾ける要求します。threと関係はあまりありえ
ない。昨日近所のyoshinoyaに行きました。yoshinoya.そうすることによって人が
mechakucha充実で出来ません座る。そこで、よく見たら垂れ幕のような下がってて、
150円引っ張る、〜の様に書いてあります。moune,ahoではないですか。bakaではない
ですか。あなた達、150円引っ張るぐらいの事で普段・日常来ることはないyoshinoya
に来ては駄目だ。bokega.150円引っ張るですよ、150円引っ張る。nanka親子などが
います。一家4人でyoshinoyaですか。おめでとうございます。良いパパ特別に盛り合わ
せた頼みますよ、などと言います。これ以上は見れない。あなた達は、150円提供する
事によりその席を空けなさい。yoshinoyaというものは、割増て殺伐するべきです。
Uの文字テーブルの対向に座った彼といつか喧嘩が始まりかねません、刺しますか刺され
ますか、そういった雰囲気が良いですよ。女性と子供は、出てはいけない。そこで、
思ったら〜の末やっと座る、隣の彼が大きく盛るtuyudakude,と言います。そこで私は
再度buti切れ端なのです。説明します、大きく盛るtuyudakudeなどは本日流行しません。
bokega.何が得意に顔がする、大きく盛るtuyudakude,da.


48 :水先案名無い人:03/09/19 00:21 ID:Gw2UQCak
(惑星 翻訳しきるスレ の続き)
あなたは本当に食べたいのですか大きく盛るtuyudakudeと質問したい。質問して
責めたい。小柄な1時間質問して責めたい。あなた、大きく盛るtuyudakudeと言う事を
望みます〜だけですか。吉野家に開通する私から言わせて貰います今、吉野家に開通する
間での最も新鮮な流行は確かに、negidaku,こちらです。大きく盛るnegidakugyoku(玉子)。
これこそ開通の依頼する方法。negidakuというものはネギが割増多いです。それを置き換
えとする肉は少量。これは。説明すると、その物に対して大きく盛るgyoku(玉子)。
こちらは最強です。しかしながらこれを依頼する事により、次回から店員に意識を集中
する危険です、morobaの所有する県。初心者に薦めることを出来ない。maaあなた達は
酷い素人、定まった食事です牛鮭でも食べていてください。

鉄郎「これって惑星吉牛の文章かなあ?」
メーテル「内容からすると、そんな感じね…とても面白いわね」
車掌「和文→英文→和文に直すとこうなるんですか」鉄郎「また、文章を見つけたよ」

25歳 それはそうでしたが、なしで[その、昨年までの親類]、それらはオン・ライン・
カジノおよびパチンコです。それは2年で3,500,000を格納しました。すべて[直ちに行う、
そして]。初めてのことだけですがあなたが1ドル(以上)の先端を買えば、30ドル(約4000
円)は得ることができます。さらに、それはそれが与えられるとともに与えず遊んで、
金銭へ変換することができます。また、それはルーレットを備えた、赤あるいは黒にあり
ます。それが危くする場合、決定的に、それは50%で2倍になるでしょう。必要なこと
はゲームをちょうど行なうことです、オフ・ライン[金なきゃ]。それは時間を殺して
います。ビデオポーカーおよびSURO--それが種々にあるので――MAJI--推薦--

鉄郎「これはオンラインカジノかなあ」メーテル「その様ね…読んでてとても面白いわ」
車掌「確かに面白い文章ですね」
メーテル「まだまだ、文章があるわよ…読んでみましょう」


49 :水先案名無い人:03/09/19 00:24 ID:Gw2UQCak
(惑星 翻訳しきるスレ の続き)
YABAI。スペースYABAI。まじ(YABAI)MAJIYABAI。スペースYABAI。
それは最初に大きい。それが大きいことはもはや摩擦していません。最高―広い。
「大きな場合、それが切断しても――少なくとも20のTOKYO DOMEぶんはそうです」?
――それはもはやとにかくそのようなレベルではありません、無限。SUGEE!それらは
1ユニット、および何かでないものです。どんなtsubo、そして何?f、超越されます。
それは無限でそうです、最高―広い。また、外見は、それは拡大しています。YABAI--
それは拡大していない拡張だって共通は地球およびじゃんです。その部屋の可決が徐々に
拡張され光る場合、心配させられるじゃん。[だって]トイレ、最高―遠い、
また困るっしょ。スクールゾーンは広げられ、それが1年の時に徒歩で10分ありました
が、それは3年の時の自転車です。また、それらは2時間および泣くっしょです。
したがって地球--それはそれを拡張しません、話が理解するYATSUです。
けど宇宙はYABAIです。それはあって、作られません[それ/そん]心。それは熱心に
拡大し、です。距離から[YABA]を過ぎて何もない限りそれがそうである大部分(観察
してもよい、また、それは沸騰しない)に達する光。それの推測は実行します、
あるいは、そこに、である[無限のっていたけど、そして/それは制限されていますか、
そして]んはない。しかし――それが制限のあるって事になる場合――"じゃあ、また、
宇宙--NANI--の終了のっての外部で、それはなります?」って事および誰もないはそれを
理解します、YABAI。誰も理解しないことは異様すぎます。 の後に、最高―寒い。約
1K.それが摂氏の―272度によってC.YABAIという場合。寒すぎ、です。さらに釘打つ暇
はありません。また、それはバナナで死にます。それは恐ろしい。それ(最高)はそこに
そうです、何[ない]過度に、ほとんど空です。それはそれへのスーパー弛緩です。1億年
――それは静かで現われます、100の100万年のて。生徒(言わねぇ)最近さらに[宇宙]で
ある馬力のどんなつって、異様。し[無限のことはそれにおいて静かである]。の内部で、
など――無限――大部分で――宇宙は、それを統合計算によって現われる、


50 :水先案名無い人:03/09/19 00:28 ID:Gw2UQCak
(惑星 翻訳しきるスレ の続き)
あるいはインフィニティが扱われるf?ナ置くことによりのみ、熟練したく扱えがないので、
制限されたする際にオペレーター使ったりする'sに完全に静かです、それは無限でした。
それは異様です。YABAI。私は、あなたおよび宇宙のYABAさがとにかくより多くで
あると知られているべきであると思います。ハッブル、そして最高、そのようなものの中
に残された―偉い、YABAI宇宙。あなたの最善をもっと尽くしてください。
スーパー癌ばれ。

鉄郎「この文章って面白ーい。もとが何だか分からないよ」
メーテル「多分『宇宙ヤバイ』の文章じゃないかしら」車掌「よく分からないけど面白いですね」
鉄郎「また文章を見つけたよ」

インタビュー職員--「特別の能力--Io?それはNAZUNであります--」?
――「はい学生Io――それはNAZUNです"
インタビュー職員「――Io――どのものがNAZUNですか。
"それがそうである学生「マジック」 "インタビュー職員「マジック((得ること))」?
学生「はい。それはマジックです。大規模な損害はすべての敵に与えられます"
インタビュー職員「...Io--NAZUNはそれですか、考え、それはそこにそうです、どんな
長所、私たちの会社で働く場合?" 学生「はい。敵が攻撃しても、それは保護することが
できます。"a"攻撃するインタビュー職員仲間は不愉快および私たちの会社にいません。
犯罪はそれで人々に傷を与えます。"スチューデント"さらに警察を勝ち取ることが
できます。"インタビュー職員--「不愉快およびその問題、どの勝利、それは溶かされる
だろう、また言うこと--ない、しかし――現われること--気難しい"
学生「策略をしないでください((敵はみな100人以上の」インタビュー職員に与えられ
ます")) それらはその100って何ですか。


51 :水先案名無い人:03/09/19 00:29 ID:Gw2UQCak
(惑星 翻訳しきるスレ の続き)
一般に..." それがそうである学生「100の打撃ポイント。それはさらにHPとして
書かれています。それはヒット・ポイントです...
1つの" それが聞かないインタビュー職員、また早成になる。」返ってください"
スチューデント「――それ--それ--私は背いてもよいですか。それは使用します。
Io-- NAZUN" 確かに[インタビュー職員「]。使用してください。Io--NAZUN、
もし満たされれば、そのとき、返ってください。"学生"それは幸運でした。MPは
今日不十分に見えます。"a"それが返すことができるインタビュー職員、またよです。"

鉄郎「これも、もとが何だか分からないよ」
メーテル「Io--NAZUNと言う言葉はイオナズンかしら?」
車掌「どうやら元は、惑星 イオナズンの言葉らしいですね」鉄郎「まだ文章があるよ」

ああっ――既に――DAMETSU[!!それは徐行します](そのようなもの)あ―っっっ
[!!!BURIITSU]!BUBOTSU! イエローテールBURIBURIIIII@@@TSU!嫌なぁぁっ!
私――このぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっのような十分なUNCHI外観を実行
しているUUTSU!!!! BOTOBOTOBOTOOO@津ぁあ--UNCHI出るっおよびUNCHI出ます
うっ--BITSUおよびBURYUTSU--BURYUBURYUBURYUUUU-----@@TSU[!!!嫌]
--そのような――ああっっっ[!!それなしで]見る――ぃぃぃっっっを望む[!!!BUJUTSU]!
JAAAAA------@@TSU--BUSHATSU!BUBABABABABABAAAAAA@@@TSU!んはああ―っ
っっです!!! UTSU、UNTSU(UNKOOOO@津)MURIMURII@津BUCHUBUCHU@津
(MICHIMICHIMICHIII@津)おっ! UNKOTSUUTSU、UNTSU(UNKO@津)UNK見てぇっ

メーテル「これは文章が壊れすぎてて分からないわ」車掌「私にも分かりませんね」
鉄郎「よく分からないけど、この惑星の雰囲気はよく分かったよ。こんなに面白い惑星は
  そうは見られないね」メーテル「ここは面白い惑星ね…そろそろ駅へ戻りましょう」


52 :水先案名無い人:03/09/19 23:24 ID:km4b6KDm
車掌「どうやら、私達が惑星 アンパンマンの日記 を訪れた後、そこに私達の記録を残した
旅人が居た様です」鉄郎「本当なの?」メーテル「私達の記録がどう残されているのかしら?」
車掌「それでは、記録を見てみましょう(ちなみに私達が訪れたのは7月8日です。
  前スレを参考にして下さい。途中の()の台詞は私達です)」

〜 アソパソマソの日記のガイドライン 〜
ttp://that.2ch.net/gline/kako/1056/10564/1056433361.html
624 名前: 水先案名無い人 投稿日: 03/07/24 06:10 ID:ipkMcdNV
【8:10】999の汽笛で起床。まだ眠い。顔を洗う。マツゲが濡れて重い。歯も磨く。
私は鉄郎とは違う。メーテル(どうやら私の日記の様ね…良く書けてるわね)
【8:22】朝食を取りに鉄郎と食堂車へ行く。合成食品は不味い。イヤになる。
メーテル(こんなこと、クレアさんに失礼で言えないわ…)
【8:35】「次の停車駅は、冥王星、冥王星、停車時間は153・6時間」車掌の言葉だ。
停車時間が長すぎる。私は観光客じゃないただの時の旅人なんだよ。「冥王星に近づくと
やっぱり寒いや」うるせぇんだよこの星野が。
メーテル(アソパソマソが喋ったらこうなるのかしら? 私らしくない口調ね…)
【9:43】ダルい冥王星観光に出発。ここには私の元の体があるが本当はどうでもいい。
メーテル(どうでも良くないわよ…)
【9:52】「メーテル〜!」鉄郎が叫んでいる。私にどうしろというのか。
メーテル(鉄郎を救出するのよ…)
【10:28】鉄郎救出。シャドウに捕まっていたらしい。うだつの上がらない奴だ。
【11:46】冥王星には太陽の光は届かない。気分が盛り上がらない。早く999へ戻りたい。
【12:30】午前の観光終了。 【12:40】ホテルへ
【12:45】 風呂に入る。鉄郎は入りたがらない。また鉄郎が臭くなる。
メーテル(鉄郎も無理矢理入れさせるわよ…)鉄郎(確かに滅多に風呂には入らないよ)
【1:11】 鉄郎と談笑。「世の中には説明のつかない不思議なことがたくさんあるのよ」
などと言い不思議な女をアピールする。 メーテル(ここは、当たってるわね…)


53 :水先案名無い人:03/09/19 23:24 ID:km4b6KDm
(つづき)
【1:30】 冥王星にも飽きたので車掌を脅し999で出発。車掌(別に脅かされてはいませんよ)
【2:56】列車強盗 登場。 【3:07】とりあえず人質になって様子を見る。鉄郎早くこい。
【3:09】「ヴォォォォ」アルカディア号だ。タイミングが良すぎる。どこから見ていたんだ?
【3:12】戦闘終了。【3:17】鉄郎が来た。「メーテル!助けに来たよ!」遅すぎる。
さっさとネジにしてしまおう。メーテル(こんなこと、鉄郎の前では決して口にしないわ…)
鉄郎(メーテル、何か言った?)【3:30】席に戻る。鉄郎が私を見て「メーテルは何だか
僕のお母さんに似ている」と言う。 マザコンか?殺すか?
鉄郎(僕のこの台詞は当たってるよ)
メーテル(鉄郎は機械伯爵に母親を殺された可哀相な少年…『殺すか?』なんて決して言わないわ)

鉄郎「僕らしい日記も見つけたよ」
■アンパンマソの日記のガイドライン■2日目
ttp://that.2ch.net/gline/kako/1059/10593/1059361147.html
268 名前: 水先案名無い人 投稿日: 03/08/09 01:12 ID:jNlBSoBx
Q1「あなたの名前はなんですか?」 A1「星野鉄郎」
Q2「行き先は?」 A2「アンドロメダに行って機械の体をもらう事」
Q3「旅は辛くないですか?」 A3「正直、めちゃくちゃ辛い。一度泣いた」
鉄郎(本当は何回も泣いてるんだよ)
Q4「嫌いな人は誰ですか?」A4「機械伯爵」Q5「本当ですか?」A5「はい」
Q6「本当の事を言って下さい」A6「車掌」Q7「それはどうしてですか?」
A7「危険な星に降りるとき、よく説明を省略するから」
Q8「それはどうしてですか?」 A8「たぶん嫌がらせ」
鉄郎(本当にもっと嫌いなのはプロメシューム、そして作者の松本零士先生かなあ?
  (僕をどういう場面に晒すか分からないから))
Q9「メーテルさんをどう思いますか?」A9「脱ぐと興奮する」
鉄郎(こ、これは当たってるかなあ?)
メーテル(私が零士作品の女性キャラで一番露出度が高いせいかしら?)


54 :水先案名無い人:03/09/19 23:25 ID:km4b6KDm
(つづき)
Q10「機関車をどう思いますか?」 A10「どっちかというと、新幹線型にして欲しかった」
鉄郎(999号も十分カッコイイよ)
Q11「さよなら銀河鉄道999と顔が違いますが」 A11「意味わからん」
Q12「一番嫌いな味方は?」A12「クレアさん」 Q13「それはどうしてですか?」
A13「いや・・・誰でもあれはヒク」
鉄郎(リアルの世界ならそうかもしれないけど、漫画、アニメではそんなこと言わないよ)
Q14「メノウに一言」 A14「どっちが表だか分からないぞ」
Q15「いやな思いでとかありますか?」 A15「一度しらない星に置いていかれそうになった」
Q16「誰にですか?」 A16「メーテル」 Q17「それはどうしてですか?」
A17「たぶん嫌がらせ」 メーテル(まあ、そんなこともあったかしら?)
Q18「よく撃たれたり斬られたりで服が破れますが、あれはその後どうなるんですか?」
A18「メーテルが繕ってくれる」鉄郎(だから機械の体にならなくてもいいって自信を
持つようになったんだ)Q19「裁縫道具はどこにあるんですか?」
A19「メーテルのトランクの中」
Q20「でも、そのトランクが喋ってたという情報もありますが」 A20「えっ!!??」
メーテル(それは、ペンダントになってしまったお父様…Dr.バンの言葉が漏れたせいだと思うわ)

車掌「もう少し、私達のことを知っててくれれば、よりまともな記録になったと思うので
  すが」 鉄郎「でも、僕たちのことに興味を持っててくれるだけでも嬉しいよ」
メーテル「アソパソマソ口調が抜ければ、私達の日記により近くなるわね…でも、私達の日記を
  書いてくれてありがとう…これからも私達を見守ってくださいね」


55 :水先案名無い人:03/09/20 22:27 ID:ixPem0vz
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 逃げる気ですか? 逃げる気ですか? です」
鉄郎「逃げる気ですか??」
メーテル「惑星 逃げる気ですか…お子さんが再起不能になったことをネタにした人を嘆く
 人達の星…」 鉄郎「ネタにするなんて許せない。ネタにした人をぶちのめしたいよ」
車掌「鉄郎さん、怒る気持ちは分かりますが、まずここの人の話を聞きましょう」
メーテル「車掌さんの言うとおりね…鉄郎、私も話を聞いてみるわ」

(惑星 逃げる気ですか? に到着した)
鉄郎「嘆いている人を見つけたよ。どうやらあの人かなあ?」
メーテル「とりあえず話を聞いてみましょう…」 車掌「私も話を聞いてみますよ」

住人1「逃げる気ですか?だとしたら堂々と憤慨させてもらいます。子供が再起不能に
  なってどれだけ憤慨してるかわかってるんですか? 期限は明日までのばしますが、
  もう許す気がなくなってきました。何の返答ないし。最初から警視庁送りにすれば
  よかったかも。返答だけでも今日ください」

メーテル「話を聞いてて、可哀相になってくるわね…何とかしてあげたいわ」
鉄郎「子供が再起不能になってるのに、逃げるなんて許せない。どこへ行ったんだろう?」
車掌「ちょっと話しかけてみますよ。お母さん、どうされたのですか?」
住人1「(シクッ、シクッ)先日、忍さんに私の子供を取材させたんです。それから、
  私の意図と違う内容で我が子を報道されたんです。それで憤慨して忍さんの会社に
  抗議をしたんですけど、何の回答も貰えなくて…さっき言ったように嘆いたんです。
  恥をさらすようですみません」
車掌「お母さん、それはお気の毒です」メーテル「お母さんの気持ち、お察しします…」
鉄郎「何とかしてあげたいなあ。メーテル、車掌さん、どうにかならないの?」
車掌「ちょっと難しい問題ですね」 鉄郎「でも、何とかしてあげたいなあ」
メーテル「お母さん、私達と一緒にその会社に行きませんか?」
住人1「いいんですか? 私と一緒に行ってくれるんですか?」
鉄郎「もちろんだよ。みんなで行けば怖くないよ」


56 :水先案名無い人:03/09/20 22:28 ID:ixPem0vz
(惑星 逃げる気ですか? の続き)
メーテル達一同は、お母さんと一緒に会社に向かった。
メーテル「ここがその会社かしら? お母さん…心の準備は出来てますか?」
住人1「はい。でもちゃんと答えてくれるか心配です」
車掌「私達がついてますから大丈夫ですよ」鉄郎「僕もいっしょについてるよ」
(忍さんのいる事務室にて)
住人1「忍さん、逃げる気ですか?だとしたら堂々と憤慨させてもらいます。子供が再起
  不能になってどれだけ憤慨してるかわかってるんですか? もう許す気がなくなって
  きました。何の返答ないし。返答を今すぐください」
忍「あ、貴女がここまで来るなんて、どうしたんですか?」
メーテル「『どうしたんですか?』なんて良く平気で言えるわね…忍さん、お母さんに事の
  経緯をちゃんと説明してあげて…」
忍「私、忙しくて貴女(住人1)に説明する間もなく、報道しました。あのときのお子さん
  が、再起不能になったんですか。ご愁傷様です」
車掌「その説明だけで、お母さんが納得すると思っているんですか? お母さんは深く
  傷ついているんですよ。せめて取材費の上積みをしてあげたらどうですか」
忍「そのことについては、会社に聞いてみます。ちょっと時間を下さい」
メーテル「結果が分かり次第、お母さんに連絡するのよ…忍さん、いいわね…」
車掌「ここの連絡先は銀河鉄道に登録させてもらいます。きちんとお母さんに連絡しなか
  ったときは、こちらから連絡させていただきます」
忍「はい、分かりました」メーテル「お母さん、これで少しは胸のつかえがとれたかしら?」
住人1「皆さん、本当にありがとうございます。こんなに立派な人達だとは思っていま
  せんでした。それでは、忍さんの返事を待ちたいと思います」
メーテル達一同は、お母さんの家に戻った。
鉄郎「会社にいたときのメーテルや車掌さんの態度はすごく立派だったよ」
メーテル「鉄郎も私や車掌さんの様に振る舞えるように努力するのよ…」
鉄郎「分かったよ、メーテル」住人1「皆さん、今回は本当にありがとうございました」


57 :水先案名無い人:03/09/22 15:50 ID:N7V7DRr9
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 トリビアの泉 トリビアの泉 です」
鉄郎「トリビアの泉??」
メーテル「惑星 トリビアの泉…元はフジテレビの番組よ…あまりの人気に2ちゃんねる星雲
  に多くの惑星が出来ているの…他の星系のメーテルズもこの話題の虜になっている
  わ…ここの住民達は『へぇー、へぇー』って言う言葉を連発しているのよ」
鉄郎「そんな惑星があるんだ。ところで『トリビア』ってどういう意味なの」
車掌「『トリビア』とは元々無用な知識という意味だそうです。でもフジテレビの番組
  では雑学としてとらえられていますね。この番組を見た人は次の日に他の人にその
  ネタを披露したがるそうです」
鉄郎「そうなんだ。それじゃあ、惑星についたらその『トリビア』をみてみようよ」
メーテル「それなら、みんなで話を聞きにいきましょう…」

(惑星 トリビアの泉 に到着した)
┌━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┐
┃「人間は『無用な知識=トリビア』の数が増えることで                   ┃
┃ 快感を感じることができる唯一の動物である」(SF作家/アイザック・アシモフ) .┃
┃                                                  ┃
┃世間には知ってそうで知らない事が溢れている。                     .┃
┃そこで番組では、明日人に教えたくなるような雑学・知識をVTRで紹介。      .┃
┃30分で物知りになれる雑学情報バラエティ。                       ┃
┃「trivia」(=雑学・些末な)から、番組で紹介する雑学ネタを『トリビア』と呼ぶ。    .┃
└━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┘
司会者「999号の皆さん、惑星 トリビアの泉 へようこそ」
鉄郎「へぇー。トリビアってこんな意味だったんだ」
司会者「鉄郎さんは1へぇーを出しました。他の人はいががでしょうか?」
鉄郎「『へぇー』っていうと、こんな反応が返ってくるんだ。面白ーい」
メーテル「ここは面白い惑星ね…」 車掌「どんな話が聞けるか楽しみですね」


58 :水先案名無い人:03/09/22 15:51 ID:N7V7DRr9
(惑星 トリビアの泉 の続き)
司会者「市販されたCCさくらの杖はコミケの長物指定に接触しない様30cm以内に
収まるように作られたらしい」
  ,   _ ノ)
 γ∞γ~  \
  |  / 从从) )
 ヽ | | l  l |〃
  `从ハ~ ワノつ〃∩ ホェーホェーホェー
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー  ( ・∀・)つ〃∩ ガッテン! ガッテン! ガッテン!
( ゚冶゚)つ〃∩ うゎぁあ うゎぁあ うゎぁあ  ( ´_ゝ`)つ〃∩ フーン フーン フーン
( ´,_ゝ`)つ〃∩ プッ プッ プッ  ( ゚Д゚) つ〃∩ ハァ? ハァ? ハァ?
(;´Д`)つ〃∩ ハァ ハァ ハァ  (  ^^ )つ〃∩ ぬるぽ ぬるぽ ぬるぽ
( ・∀・)つ〃∩ ガッ ガッ ガッ  ( ゚∀゚ )つ〃∩ アヒャー アヒャー アヒャー
(=゚ω゚)つ〃∩ ぃょぅ ぃょぅ ぃょぅ  (゚听)つ〃∩ イラネ イラネ イラネ
ヽ( ・∀・)つ〃∩ ウンコー ウンコー ウンコー  (゚д゚)つ〃∩ ウマー ウマー ウマー
(  ・3・)つ〃∩ エェー エェー エェー
( ゚∀゚)つ〃∩ さいたま さいたま さいたま
( ´・ω・`)つ〃∩ ショボーン ショボーン ショボーン  <丶`∀´> つ〃∩ ニダー ニダー ニダー
( ゚Å゚)つ〃∩ ホゥ ホゥ ホゥ  ( ゚д゚)つ〃∩ ポカーン ポカーン ポカーン
(´ι _`  ) つ〃∩ あっそ あっそ あっそ
  , '´  ̄ ̄ ` 、
 i r-ー-┬-‐、i
 | |,,_   _,{|
 N| "゚'` {"゚`lリ
  ト.i   ,__''_  !
/i/ l\ ー .イ|、つ〃∩ やらないか やらないか やらないか
■■■    メーテル「それじゃあ、私も記念に…」
ノノノ・_・)つ〃∩へぇー、へぇー、へぇー


59 :水先案名無い人:03/09/22 15:58 ID:N7V7DRr9
(惑星 トリビアの泉 の続き)
車掌「この惑星はいろいろな人がいて面白いですね」
鉄郎「こんな賑やかな惑星に来たのは久しぶりかなあ」
司会者「まだまだ、面白いトリビアはありますよ。
  googleは………裏返る。 ttp://www.alltooflat.com/geeky/elgoog/index.cgi」
('A`)つ〃∩ マンドクセ マンドクセ マンドクセ (ノ゚Д゚)つ〃∩ あのさあ あのさあ あのさあ
(*´Д`)つ〃∩ アハーン アハーン アハーン  (゚ε゚)つ〃∩ キニシナイ!! キニシナイ!! キニシナイ!!
( ´ー`)つ〃∩ シラネーヨ シラネーヨ シラネーヨ
        _,,.-‐-..,,_  
    /     `''.v'ν
    i'   / ̄""''--i 7
.     !ヘ /‐- 、u.   |'
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!
.   ,`| u       ..ゝ!
_,,..-<:::::\   (二> /
. |、 \:::::\ '' /
 !、\  \. , ̄つ〃∩ なんだってー なんだってー なんだってー
rハハソハハヽ
(゚∀゚(゚∀゚ ゞつ〃∩ キモーイ キモーイ キモーイ ( `・ω・´) つ〃∩ シャキーン シャキーン シャキーン
ヽ(`Д´)つ〃∩ ウワァァン!! ウワァァン!! ウワァァン!!  ヽ(`Д´)つ〃∩ アゲェ アゲェ アゲェ
(゚∀゚)つ〃∩ キタ━━ キタ━━ キタ━━
。・゚・(ノД`)・゚・。 つ〃∩ ウワーン ウワーン ウワーン  ( ´∀`)つ〃∩ マターリ マターリ マターリ
|Д゚)つ〃∩ ダレモイナイ ダレモイナイ ダレモイナイ  _| ̄|○つ〃∩ ガーン ガーン ガーン
(((( ;゚Д゚)))つ〃∩ ガクガクブルブル ガクガクブルブル ガクガクブルブル

鉄郎「この惑星はユニークな人が多いね」
車掌「話題だけでなくて、住人達も面白いですね」
メーテル「どおりで、他の星系のメーテルズも虜になってるわけだわ…」


60 :水先案名無い人:03/09/22 15:58 ID:N7V7DRr9
(惑星 トリビアの泉 の続き)
司会者「へのへのもへじは………正しくはへへののもへじである。(ソースは広辞苑)」

( ´∀`)つ〃∩ 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道 禿道
( ・∀・)つ〃∩ ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン ガッテン
( ゚冶゚)つ〃∩ うゎぁあ うゎぁあ うゎぁあ  ( ´_ゝ`)つ〃∩ フーン フーン フーン
( ´,_ゝ`)つ〃∩ プッ プッ プッ  ( ゚Д゚) つ〃∩ ハァ? ハァ? ハァ?
(;´Д`)つ〃∩ ハァ ハァ ハァ  (  ^^ )つ〃∩ ぬるぽ ぬるぽ ぬるぽ
( ・∀・)つ〃∩ ガッ ガッ ガッ  ( ゚∀゚ )つ〃∩ アヒャー アヒャー アヒャー
(=゚ω゚)つ〃∩ ぃょぅ ぃょぅ ぃょぅ  (゚听)つ〃∩ イラネ イラネ イラネ
ヽ( ・∀・)つ〃∩ ウンコー ウンコー ウンコー  (゚д゚)つ〃∩ ウマー ウマー ウマー
(  ・3・)つ〃∩ エェー エェー エェー
( ゚∀゚)つ〃∩ さいたま さいたま さいたま
( ´・ω・`)つ〃∩ ショボーン ショボーン ショボーン  <丶`∀´> つ〃∩ ニダー ニダー ニダー
( ゚Å゚)つ〃∩ ホゥ ホゥ ホゥ  ( ゚д゚)つ〃∩ ポカーン ポカーン ポカーン
(´ι _`  ) つ〃∩ あっそ あっそ あっそ
  ,-ー-^ヽ、.
/      ヽ
ノ  ,,, 、    |
ゞソ ∞ヽ(   (
( ⌒  ),, ノ
 ヾ ̄ ヽ ~ ^ つ〃∩へぇー、へぇー、へぇー
鉄郎「へへののもへじだったなんて知らなかったよ」
  ,--ー--、
  ゝ=@=ノ
 (ゝ;;O;;O;;フ つ〃∩へぇー、へぇー、へぇー 車掌「私も知りませんでした」


61 :水先案名無い人:03/09/22 15:59 ID:N7V7DRr9
(惑星 トリビアの泉 の続き)
司会者「999号の皆さん、私達に何かトリビアを教えてくれませんか?」
メーテル「そうね…古参メーテルズの人は知ってるかもしれないけれど、1つ出させてもらう
  わ…メーテルスレは2ちゃんねる最古のマルチポスト(複数の板に立った)キャラネタ
  雑談スレなのよ…削除議論まで起こったのよ…」
司会者「さあ皆さん、このトリビアに何へぇーをつけるでしょうか?」
 ,   _ ノ)
γ∞γ~  \
|  / 从从) )
ヽ | | l  l |〃
`从ハ~ ワノつ〃∩ ホェーホェーホェー
( ・∀・)つ〃∩ ヘェーヘェーヘェー  ( ・∀・)つ〃∩ ガッテン! ガッテン! ガッテン!
( ゚冶゚)つ〃∩ うゎぁあ うゎぁあ うゎぁあ  ( ´_ゝ`)つ〃∩ フーン フーン フーン
( ´,_ゝ`)つ〃∩ プッ プッ プッ  ( ゚Д゚) つ〃∩ ハァ? ハァ? ハァ?
(;´Д`)つ〃∩ ハァ ハァ ハァ  (  ^^ )つ〃∩ ぬるぽ ぬるぽ ぬるぽ
( ・∀・)つ〃∩ ガッ ガッ ガッ  ( ゚∀゚ )つ〃∩ アヒャー アヒャー アヒャー
(=゚ω゚)つ〃∩ ぃょぅ ぃょぅ ぃょぅ  (゚听)つ〃∩ イラネ イラネ イラネ
ヽ( ・∀・)つ〃∩ ウンコー ウンコー ウンコー  (゚д゚)つ〃∩ ウマー ウマー ウマー
(  ・3・)つ〃∩ エェー エェー エェー
( ゚∀゚)つ〃∩ さいたま さいたま さいたま
( ´・ω・`)つ〃∩ ショボーン ショボーン ショボーン  <丶`∀´> つ〃∩ ニダー ニダー ニダー
( ゚Å゚)つ〃∩ ホゥ ホゥ ホゥ  ( ゚д゚)つ〃∩ ポカーン ポカーン ポカーン
(´ι _`  ) つ〃∩ あっそ あっそ あっそ

鉄郎「うわあ、凄い反応だね」メーテル「古参メーテルズ以外の人には知られてないと思うの」
車掌「確かに、このことはメーテルズ以外の人は良く知らないと思いますよ」
司会者「メーテルさん、トリビアを提供してくれてありがとうございました」


62 :水先案名無い人:03/09/23 22:59 ID:YgKk5kt4
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 こんなゲーム待ってました こんな(略 です」
鉄郎「こんなゲーム待ってました??」
メーテル「惑星 こんなゲーム待ってました…色々なゲームのアレンジを考える人達が集う星
  ここの住人達はゲームのアレンジについて必死に考えているのよ」
鉄郎「どんな惑星か楽しみだなあ。ここの住人達を見てみたいよ」
車掌「ゲームのアレンジについて必死に考えているのは確かですが、それが本当に面白い
  のでしょうか?」
メーテル「それなら、みんなでゲームのアレンジを見にいきましょう…」

(惑星 こんなゲーム待ってました に到着した)
住人1「新薬聖剣伝説のスタッフがドラクエ2をリメイクすると、どうなるでしょうか。
  ローレンシアの王子はドラゴンボールのクリリン似の人相からタオパイパイに
  デザイン変更、サマルトリアの王子はカット、ムーンブルグの王女はフジツボに
  変えられている上に実はサイボーグ、ラスボスはガンダム
  こんなゲーム、待ってました」
鉄郎「こんなゲーム、想像するだけでも気持ち悪いよ。ガンダムって普通の人間が倒せる
  キャラクターじゃないよ」
メーテル「そうね、ちょっと設定に無理があるって感じがするわ…」
車掌「本当にこんなゲームが出来るんでしょうか?」
住人2「新約グラディウスIIIはだな
・ビッグバイパーはオーパーツとして発掘された過去文明の兵器 ・モアイは削除
・フォースフィールドは天使の形に
・オプションが地形に引っかかってすぐ画面から消える
・面をクリアする毎に完全に画面停止・操作不能でステージ名表示
・面をクリアする毎にパイロットが「こんなに派手にぶっ壊していいのだろうか」と鬱になる
・実はラスボスが主人公の親類縁者 ・クリスタル面はどこが割れるかさっぱり判らない
・パワーアップするために3階層のメニューを開く必要がある って感じだな。
こんなグラディウス待ってました」


63 :水先案名無い人:03/09/23 23:00 ID:YgKk5kt4
(惑星 こんなゲーム待ってました の続き)
鉄郎「グラディウスVってどんなゲームなんだろう?」
メーテル「ビッグバイパーは戦闘機よ…ラスボスがガンダムだったらいい勝負かしら?」
車掌「戦闘機がヤマトだったらグラディウスの世界を通り抜けられるでしょうか?」
住人3「新約スーパーマリオブラザーズ
 ・オープニングにてピーチ姫はクッパ城から脱走
・おまけにマリオと共にキノコ王国を救うため途中まで共に旅をする
・よって、ルイージは存在すら削除
 ・キノコを食うと巨大化するのではなく、単にレベルアップ
・ジャンプとファイアボール以外にも、様々な武器を用いて戦える
・でもファイアボールを打つには花の精霊に会う必要がある
・面をクリアするごとに、魔法でブロックなどに変えられた元部下を案じるシーン挿入
・地下面には中ボスがいる
・ワールドクリア時の偽クッパは、倒すと自分の身の上話を語りだす
・実はマリオとクッパとピーチは血が繋がっている
 こんなゲーム、待ってました」
メーテル「私達ならスーパーマリオの世界を抜けられるかしら? 敵よりもジャンプが最大の
  難関ね…血が繋がっているなんて、私達の世界みたいね」
鉄郎「スーパーマリオの世界かあ。一度行ってみたいなあ」
車掌「鉄郎さん、深い谷を飛び越える体力がなかったら、あの世界は危険ですよ。999号
  で一気に駆け抜けるのが、一番安全な気がしますが」
住人4「新約ゼルダの伝説 神々のトライフォース
・マスターソードはまぼろし ・最強の武器はブーメラン(二回ヒット)
・妖精はカット ・ゼルダ姫も戦う(やきそばヘアー )
・ダンジョンシステム変更、ボム削除 ・もちろん画面切り替えで画面停止、テロップ出現
・ガノンはエロオサーソ こんなゼルダの伝説、まってました」


64 :水先案名無い人:03/09/23 23:03 ID:YgKk5kt4
(惑星 こんなゲーム待ってました の続き)
メーテル「『ゼルダの伝説』の世界なら私達でも抜けられそうだわ…」
鉄郎「どんな世界か一度見てみたいね」
車掌「無駄に戦わなければ、生き残れそうですね」
住人5「新約スパルタンX
・トーマス(主人公)はムキムキマッチョ ・抱きつき男はカット
・各階のボスはミスターX(ラスボス)の家族
・ボス倒すたびにトーマス「誰も救えなかった」と鬱になる
・実はトーマス・シルビア(ヒロイン)・ミスターXは血縁関係
・無駄に多彩な技が使える。切り替えはリングコマンド(三階層)
・攻撃してもミスることがある ・ジャンプを駆使しないと次の階へ進めない
・シルビアはやっぱりやきそばヘアー
・シルビアはかなりのDQNで、24周目では真のミスターXとして襲いかかってくる
 こんなゲーム、待ってました」
メーテル「『スパルタンX』の世界のキャラクターは私達の敵ではないわ…」
鉄郎「そうなんだ。どんなゲームか楽しみだね」
車掌「登場キャラクターが、普通の人間ですからね」
住人6「新約マリオブラザーズ2
・舞台はニューヨーク ・マリオのフルネームはマリオ=マリオ
・ルイージは髭が無くてイケメン
 ・クッパが人間。地底の恐竜帝国と地上の融合を目論む
 ・ヒロインはデイジー。恐竜帝国の王女。 ・ヨッシーがリアル
・黒幕はクッパの愛人だったというオチ
 どこかで見た事あるマリオ、待ってました」
メーテル「このゲームをクリアするためにはヨッシーを仲間にすることが条件ね…」
鉄郎「ヨッシーって何なの?」車掌「ヨッシーは恐竜ですが優しいんですよ」


65 :水先案名無い人:03/09/23 23:05 ID:YgKk5kt4
(惑星 こんなゲーム待ってました の続き)
住人7「新約ストリートファイターII
 ・ケンがNPCとして戦うが、敵に突進するだけで役立たず
・リングコマンド(三階層)で必殺技を選択
・属性が合わないとダメージを与えられない
・ステージクリアごとにナレーション付きのデモ挿入(スキップ不可)
・勝ちセリフで葛藤「俺はベガと同じことをしているんじゃないだろうか…」
・ベガとサガットは生き別れの兄弟 ・春麗がやきそばヘアー ・ガイルは削除
 こんなストII待ってました」
鉄郎「『ストリートファイターU』ってどんなゲームなの?」
メーテル「1対1の格闘ゲームよ…本当の殺し合いをしないなら、私達が格闘するゲーム
  を作ってもいいかと思うわ…松本零士キャラクター総出のゲームって面白いかもね」
車掌「私は格闘とは無縁ですよ。まあ、ゲームなら有りでしょうか」
メーテル「エメラルダスと、また試合をしてみたいわ…」
鉄郎「ハーロックと戦って勝てるのかなあ?」
車掌「あまり、真剣に考えない方がいいですよ。ゲームの中の話ですから」
鉄郎「この惑星の人達が、ユニークな発想を持っているってよく分かったよ」
メーテル「そうね…ゲームのことを考えるためにユニークな発想が必要なのね」
車掌「あまり深く考えない方がいいと思いますよ。メーテルさん。鉄郎さん」
鉄郎「この惑星の人達の話で楽しませてもらったよ」
メーテル「確かに楽しかったわね…そろそろ駅に戻りましょう…」


66 :水先案名無い人:03/09/24 23:51 ID:JGFEVO8o
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 この話題ならこの板にいけ この板(略 です」
鉄郎「この話題ならこの板にいけ??」
メーテル「惑星 この話題ならこの板にいけ…この惑星は2ちゃんねる星雲のトレーダー分岐
  点といってもいいわね…どこへ行っていいか分からない旅人達に案内係が行き先を
  教えているのよ」
鉄郎「2ちゃんねる星雲のトレーダー分岐点かあ。どんな雰囲気かなあ?」
車掌「ここの案内係は、銀河鉄道の案内係の様に親切ですよ。見れば様子が分かりますよ」
メーテル「みんなで、ここの案内係の様子を見てみましょう…」

(惑星 この話題ならこの板にいけ に到着した)
案内係「999号の皆さん、惑星 この話題ならこの板にいけ へようこそ。ここは、
  2ちゃんねる星雲のトレーダー分岐点です」
メーテル「案内係さん、初めまして…私はメーテル…宜しくお願いします」
鉄郎「僕は鉄郎と言います。案内係さん、宜しくお願いします」
車掌「案内係さん、ここでの仕事ぶりを見せて下さい。宜しくお願いします」
案内係「それなら、ここで様子を見ていて下さい」
旅人1「草木染め(実践)の話題はどこの板に逝けばいいと思う?」
案内係「伝統芸能もしくは芸術板がいいでしょう」
旅人2「神のようなブスを語るには?」 案内係「フェチ板がいいでしょう」
旅人3「ADSLにしたいんですが、どの板がいいれすか?」
案内係「夢・独り言、失礼…PC初心者もしくはプロバイダがいいでしょう」
旅人4「ボランティアは?」 案内係「福祉介護奉仕板がいいでしょう」
旅人5「NBAは?」 案内係「スポーツ板がいいでしょう」
旅人6「 引っ越しの話題はどこでしょう? ちなみに不動産板は購入の話題が多い
  みたいなので、賃貸がメインのところありませんか?」
案内係「運輸交通板がいいでしょう」 鉄郎「案内係さんはてきぱきと説明しているね」
メーテル「さすが、2ちゃんねる星雲のトレーダー分岐点を担うだけのことはあるわね」


67 :水先案名無い人:03/09/24 23:51 ID:JGFEVO8o
(惑星 この話題ならこの板にいけ の続き)
旅人7「日本人の気質について話題にするとしたらどこ?」
案内係「地理・人類学板がいいでしょう」
旅人8「本・小説はどこで語るの?」
案内係「「漫画・小説等」というカテゴリの中にあります。漫画なら「マンガnews」
「漫画サロン」「漫画」「懐かし漫画」「少年漫画」「少女漫画」「CCさくら」「いがらし」
「エヴァ」辺り。。小説なら「ライトノベル」「ミステリー」「SF」雑誌なら「雑誌」
絵本なら「絵本」それ以外は「一般書籍」でしょうか。 明治期〜戦前なら「学問・
 文系」の「文学」も。江戸以前なら同カテゴリの「古文漢文漢字」もどうでしょう?」
旅人9「物置について語りたいのですが。どちらに行けばよろしいですか?」
案内係「家具、インテリア板はいかがでしょうか?」
旅人10「マッサージ・指圧の話題はどこが盛り上がってますかね?」
案内係「[病院・医者]あん摩マッサージ指圧はりきゅうスレッド もしくは
  [資格全般]あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師 辺りがいいでしょう」

鉄郎「2ちゃんねる星雲って広いんだね。こんなに行き先があるなんて思わなかったよ」
メーテル「そうよ…2ちゃんねる星雲はとても広いのよ…私達でも全ては廻りきれないわ」
車掌「ここの案内係さんもてきぱきと答えてますね。私も見習いたいと思います」
案内係「車掌さん、銀河鉄道の案内係も大変でしょう?」
車掌「ええ、でも2ちゃんねる星雲の案内も大変そうですね」
案内係「これが、私のつとめですから。999号の皆さんも特定の話題について、
  知りたければ教えてあげますよ」
鉄郎「その時はお世話になると思います」
メーテル「また、立ち寄ることになったときは宜しくお願いします…」
車掌「ここは、いつか再びお世話になりそうですね。それでは間もなく999号も出発します」

68 :水先案名無い人:03/09/27 00:12 ID:3Eujj2H2
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 カマッテと307XS カマッテと307XS です」
鉄郎「カマッテと307XS??」
メーテル「惑星 カマッテと307XS…307XSは車の機種の様ね…この惑星にカマッテ君って
  言う人がいて307XSに乗っているらしいわ…」
鉄郎「カマッテ君ってどんな人かなあ?」
車掌「カマッテ君は307XSに乗ったことを人々に伝えているそうです。鉄郎さん、惑星
   GTO・AT・NA に行ったときのことを覚えていますか?」
鉄郎「言われてみれば…たしかお兄さんが走り屋で、車に乗せてもらった覚えがあるよ」
車掌「この惑星の雰囲気は、惑星 GTO・AT・NA に似ています。カマッテ君も走り屋
  のようですね」
鉄郎「そうなんだ。一度カマッテ君と話してみたいなあ」
メーテル「それなら、惑星に着いたらカマッテ君に会いに行きましょう…」

(惑星 カマッテと307XS に到着したら、カマッテ君が現れた)
 ,、,、
(・e・)  「夏は寒いっていうイメージです」
゚しJ゚
「モレが307XSを選んだのは、エクステリアオンリーね。試乗もしてねーし、電話で
値引き交渉したら2週間後には納車された。上からみて正方形に近い車がすきなんでね。
デルタとかフェラとか。乗ってみての感想は、スロットルにダイレクトに反応するバイク
のようなエンジンが気に入ったね。Dレンジだと、30km/hで2速、50km/hで3速、70km/h
でやっと4速に入るAT(AL4)もこのエンジンにあってる。町中を流してる時だと、
ブレーキ踏むのは停止直前だけでいいんだよ。ティプトロを積極的につかうと、まんま
MTのように乗れる。2速で6000rpmまでひっぱてもいいし、40km/hで4速に入れる
こともできる。変速のタイムラグは1秒以下。足回りはちょー堅いよ、高速重視の味付け
だな。低速だと逆に路面のでこぼこをひろって、左右に体をふりやがる。コーナでの
ロールはぜんぜんないのにね」


69 :水先案名無い人:03/09/27 00:13 ID:3Eujj2H2
(惑星 カマッテと307XS の続き)
メーテル「あなたがカマッテ君かしら? 初めまして…私はメーテル…宜しくお願いします」
鉄郎「僕は鉄郎と言います。カマッテ君、宜しくお願いします」
カマッテ君「あなた達は今の話で307XSに興味を持ってくれましたか?」
鉄郎「うん。カマッテ君が走り屋だってよく分かったよ」
メーテル「307XSって、ドライバーの好みに合わせたいろいろな走り方が出来るのね…」
カマッテ君「モレの話を聞いてくれてありがとう。良かったら一緒に307XSに乗りません
  か?」 鉄郎「わーい。それじゃあ、乗せてもらおうよ、メーテル」
メーテル「それじゃあ、お言葉に甘えて乗せてもらおうかしら…」
(カマッテ君とメーテル、鉄郎は307XSに乗った)
カマッテ君「どうですか?307XSの乗り心地は」 鉄郎「乗り心地はいいよ」
メーテル「カマッテ君の言うとおり、街中での乗り心地はいいわね…」
カマッテ君「それじゃあ、高速道路に乗りますよ」
鉄郎「どんな感じかなあ。楽しみだなあ」 メーテル「気をつけて運転してくださいね…」
(そして高速道路に乗った)
カマッテ君「どうですか? スピード感は」 鉄郎「スピードが出ている割に安定してるね」
メーテル「確かに安定しているわね…乗り心地もいいわ…」
カマッテ君「307XSを誉めてくれて、どうもありがとう」
メーテル「高速道路を降りたら、駅に戻ってくれないかしら…」
カマッテ君「分かりました。そうします」 鉄郎「カマッテ君の走りもいいよ」
(カマッテ君一同は高速道路を降りた後、駅に戻った)
鉄郎「ねえ、メーテル。カマッテ君の車に乗せてもらって良かったね」
メーテル「そうね…乗せてもらって良かったわ…」
カマッテ君「あなた達は、もう出発するんですか?」 鉄郎「もう少しここにいるよ」
メーテル「今日は307XSに乗せてくれてありがとうございました…お礼に、あなたの仲間が
  いる惑星 GTO・AT・NAを紹介するわ」


70 :水先案名無い人:03/09/27 00:16 ID:3Eujj2H2
(惑星 カマッテと307XS の続き。メーテルは惑星 GTO・AT・NAの説明を始めた)
メーテル「カマッテ君。これは惑星 GTO・AT・NAのお兄さんの説明よ…」
(GTOのATのNA乗ってる。先月免許取得して中古探しに行ったら見た瞬間に即決した。
カッコイイ、マジで。そして速い。アクセルを踏むと走り出す、マジで。ちょっと感動。しかも
スポーツカーなのにATだから操作も簡単で良い。NAは力が無いと言われてるけど個人的に
は速いと思う。ターボと比べればそりゃちょっとは違うかもしれないけど、そんなに
大差はないって店員も言ってたし、それは間違いないと思う。ただ坂道とかで止まる
とちょっと怖いね。ATなのに前に進まないし。速度にかんしては多分ターボもNAも
変わらないでしょ。ターボ乗ったことないから知らないけどタービンがあるかないかで
そんなに変わったらアホ臭くてだれもNAなんて買わないでしょ。個人的にはNAでも
十分に速いと思ってる。嘘かと思われるかも知れないけどEast自動車道で140キロ位で
マジで34GTRを抜いた。つまりはGTRですらGTOのNAには勝てないと言うわけで、
それだけでも個人的には大満足です)
カマッテ君「こんな惑星があったなんて知らなかった。モレも惑星 GTO・AT・NA に行って、
  このお兄さんと一緒に走ってみたいよ。でも車ごと惑星に移れるのかなあ?」
車掌「999号に車は乗せられませんが、銀河鉄道の貨物列車も今後来る予定です」
メーテル「今日307XSに乗せてくれたお礼に、惑星 GTO・AT・NA行きの切符をあげるわ…」
鉄郎「惑星 GTO・AT・NAのお兄さんならカマッテ君のことを理解してくれると思うよ」
カマッテ君「切符、どうもありがとう。貨物列車が来たら早速、惑星 GTO・AT・NAに
  行って見たいと思います」
車掌「カマッテ君もGTO・AT・NAのお兄さんも走り屋だから、気は合うと思いますよ。
  それではメーテルさん、鉄郎さん、そろそろ出発しましょう」
鉄郎「車掌さん、307XSの乗り心地は良かったよ」
メーテル「鉄郎、今日はいい思い出になったわね…カマッテ君のようないい人が現れる惑星に
  行けるといいわね」


71 :水先案名無い人:03/09/27 15:49 ID:As/sX5LR
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルルです」
鉄郎「ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル??」
メーテル「惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル…ここの人達は皆『ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル』って
  喋っているのよ…」
鉄郎「何か奇妙な惑星だね。何か意味があるのかなあ?」
車掌「元々はアイヌの歌だそうです。これをニュースのテロップで使ったことが問題に
   なったそうですよ」
鉄郎「ねえ、メーテル。とりあえずここの人達を見てみようよ」
メーテル「そうね…惑星に着いたら、とりあえずここの人達の様子を見てみましょう…」

(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル に到着した)

 / ,ノ       ./ ヽ
 /ノノ ノノノノノノ人ヾ .!
 彡ノノ .,,,,,   ,,,,, .( 川
  r |シ/__ヽ./__ヽ !!ゞ
  ! | "ヽ-.ノ| |ヽ-ノ ヽ!ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ{ i ,(r.しn)ヽ ノ}ノ   |
   ヾ ヽ/___U__ |Y//   <ほぉ〜ほぉ〜(゚∀゚)トゥルルッルルルルルッルルルルルルッ!!!!!!!
    ヽ、ヽ´--ノ`iノ|    \_________
   _, 〉ヽ '.⌒'ノ/|
__,,ィ' ト `ニニ/:..ノ|ヽ、_

鉄郎「なんか、ビジネスマンのおじさんが喋ると奇妙な感じがするね」
メーテル「そうね…なんか違和感を感じるわ…この格好で喋られると奇妙な雰囲気ね」
鉄郎「おじさん、喋ってて気にならないですか?」
おじさん「まあ、何回も喋るのは気が引けるよ」
メーテル「おじさん、その歌を歌うときは周りの様子を見て歌って下さいね…」
おじさん「そうだね。今度歌うときは、ちゃんとした正装で歌うことにするよ」


72 :水先案名無い人:03/09/27 15:49 ID:As/sX5LR
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルルです」
鉄郎「ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル??」
メーテル「惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル…ここの人達は皆『ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル』って
  喋っているのよ…」
鉄郎「何か奇妙な惑星だね。何か意味があるのかなあ?」
車掌「元々はアイヌの歌だそうです。これをニュースのテロップで使ったことが問題に
   なったそうですよ」
鉄郎「ねえ、メーテル。とりあえずここの人達を見てみようよ」
メーテル「そうね…惑星に着いたら、とりあえずここの人達の様子を見てみましょう…」

(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル に到着した)

 / ,ノ       ./ ヽ
 /ノノ ノノノノノノ人ヾ .!
 彡ノノ .,,,,,   ,,,,, .( 川
  r |シ/__ヽ./__ヽ !!ゞ
  ! | "ヽ-.ノ| |ヽ-ノ ヽ!ノ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ヽ{ i ,(r.しn)ヽ ノ}ノ   |
   ヾ ヽ/___U__ |Y//   <ほぉ〜ほぉ〜(゚∀゚)トゥルルッルルルルルッルルルルルルッ!!!!!!!
    ヽ、ヽ´--ノ`iノ|    \_________
   _, 〉ヽ '.⌒'ノ/|
__,,ィ' ト `ニニ/:..ノ|ヽ、_

鉄郎「なんか、ビジネスマンのおじさんが喋ると奇妙な感じがするね」
メーテル「そうね…なんか違和感を感じるわ…この格好で喋られると奇妙な雰囲気ね」
鉄郎「おじさん、喋ってて気にならないですか?」
おじさん「まあ、何回も喋るのは気が引けるよ」
メーテル「おじさん、その歌を歌うときは周りの様子を見て歌って下さいね…」
おじさん「そうだね。今度歌うときは、ちゃんとした正装で歌うことにするよ」


73 :水先案名無い人:03/09/27 15:50 ID:As/sX5LR
(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル の続き)
     : .._,,,,,,,,,,,,,,,.,,,,,,,,,,,,,,,,,、
  ,,iiillllll!゙゙ ̄ ゙゙̄~゙ ̄~゚゙゙゙゙!llli,,
 ,illl゙、illl゙::,,,,,,,,,,,,,,.,,     : ..゙!li,:
: ,ll",iilll゙,,ll゙゙,、 : .'li、  .i,,   .゙li、
:lll‐,lllll,l°,l″  ll、  .ll:   .! :ll|:
:lll,,llllll!’ ll` ii、 .'li:   .ll  .、゜.lll、
:l:lilllll!゜ ,l゙  .ll:  .ll、 .ll.  `,,,lll′
:l::lllllll,ォ゙,,,d″.l|  !丶: ll: .::ill!lll!°
《.llllll゙,,ll゙° .'゙: ,  ,,iiiiiiii,,  ll:
$lllllll゙ iiiilllliillrlil、 :゙゙゙゙゙゙”  .,,l′
 ゙ll!!l゙li, ゙゙゙゙゙゙゙゜.:,lllr   :  ,,,,llil°
    '゙li、  .,,ll!゙   .,,llllllill゚lll,,,lllli、
    .ll,,:,gl,_ `.liril'  `.lllll!ト: .゙゙ll,,!‐
     ,,llll'|]ト      : ,,l゙ `丶: '゙li, ほぉ〜ほぉ〜トゥルルッルルルルルッルルルルルルッ!!!!!!!
    ,,l゙`゙lil″`.,iii,lli,,: : '゙′ : : : 'll"
    ,l゙  ゙!ll,゜`!l!!!!!゙°: : 丶 : :`゙li、: トゥルルルルルルルルルルルルル
    ,i!:   : :゙!i,、`   : : :    : : ゙li、
    ll:   : `: `゙゙llll,,,,la: : :  : :   : : 'll、
    ll:  : : :  : : : : : : .、: : : :   : : l|: :
   ll_′: : : :  : ,、`: : : : : : : :   : ::ll``
   ll°: : : : 、`゛ : ,、: : : : : : :   : :ll′  鉄郎「うわあ、幽霊が現れたよ」
   ll: .:、 : : :  : : : :  、、: : : : : : : : :ll: :    メーテル「鉄郎、落ち着いて…」
   ll : 丶  : : 丶: : : : :  : : : 、: 、::ll丶   鉄郎「そう言われても…気味が悪いよ」

メーテル「鉄郎、ここはそっと通り過ぎましょう…こちらから手出しをしなければ害は無いと
  おもうわ」 鉄郎「わかったよ、メーテル。それじゃあ、急いでいこう」


74 :水先案名無い人:03/09/27 15:52 ID:As/sX5LR
(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル の続き)
   , -‐‐‐- ,-----....,,,,_
  /   ,--‐‐`'‐-.,__,,..._ニ=
 〈 /丶冫,,ェェ,,_ ェ〉
 丶 ___/ <(・丶 ,,|・)i _  <とうおるるるるるるるるるるるるる
 i`r,`  i  ̄,゚。',~〉丶!!_ ヽ、
 \ )  丶    ,ニi:::|~`、  \
  |人\  \  'こ):::| ,‐'`  ノ 鉄郎「今度は、裸のお兄さんかあ。この惑星には
  | ||\\_,,,,.....,,,__/" .ノ/    変わった人が多いね」
  ,-‐'⌒" ̄ `Y"   r ' メーテル「お兄さん…名前は『とおる』って言うの?」
γ' −、_,-ュ   ¥   ノ とおる「そうです。私の名前は、とうおるるるる…」
(_     }-‐´;`ー イ  鉄郎「とおるさん、外で裸で居て恥ずかしくない?」
 ` " ̄` T彡 i ミ/ とおる「この惑星なら平気だぜ」
      }     '´ ̄"`ヽ  メーテル「とおる君の格好を見ていると、何かこっちが
     /    _,,,,,、   j 恥ずかしくなってくるわ…鉄郎、早く立ち去り
    /   /`'  {  / ましょう…」
   /  ノ      |  (_,,-,
   \  `ヽ    / __ノ
     \ \
      ノ  _>
     <.,,_/~
        ξノノλミ   / ̄ ̄ ̄ ̄
        ξ;`Д´> < トゥルルルルルルルルルルルルルルルルル
        / l   \  \_____
       /,‐、 ,‐、 | |
      // /|/ / |//|
      (_つ⊂ニ'イ |  鉄郎「このお兄さんはぶるぶる震えてるね」
/ / / /   | メーテル「この惑星の奇妙な雰囲気のせいかしら?」
      レ' レ'`ー―'\


75 :水先案名無い人:03/09/27 15:58 ID:As/sX5LR
(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル の続き)
                 _,,,,,,,,,,,,,,,_
               ,ィイリ川川彡!ヽ
               /ミミl川川川川三ヽ
              iミ'´ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾミ!
                iニ!         iミ!
             ヾ! ,.= 、_  __,,,..、 iリ
              }ト.{-ェ:ュL_.」,ィェュ}/!:7   「 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              l.| `ー‐'´ `ー‐ ' .! }   | できるだけトゥルルルルルル!!!!です。
                 l  /L__ 」、   l‐'  _ノ
           __,. -‐ヘ  --''''--.〉 /─- __ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      _ -‐ ''"   / \     /!\    ゙̄ー- 、
     ハ       /   |ヽ ̄ ̄//  ヽ        ハ
     |  ヽ      く     ! .>ーく /     >      / !
      |   |     _>  レ'-、 r‐/   <_      /  !
    .∧   !    ヽ     | 厂L/     /     i  .∧
   / \  |     \   ∨  !    /      | / ハ
   ハ   ヽ |      ヽ    !  |   /      |   /ヽ
  /  \   |      ヽ.  | ./  /       |   // \
/     \ |       \ ∨  /          | /- '   ヽ
/, -──‐-ミ」        , ‐''二二⊃、       |/  / ̄ ̄`ヽ!
レ′   ̄ ̄ ̄`ー─---、_/ ′二ニヽ' \--──┴'' ̄ ̄ ヽ   |

鉄郎「このおじさんもトゥルルルルルル!!って言ってるよ。でも落ち着いているね」
メーテル「この人は久米 宏さんよ…さすが落ち着いているわね…」


76 :水先案名無い人:03/09/27 15:59 ID:As/sX5LR
(惑星 ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル の続き)
      }                     }
     }                    /  o ゚.
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,,
     l {{ ハ<(・)`  /(・) >  ヾ,,_ヽ /   i'(_,.l\
      〉、`ハ::::::::::}  `ー- '   }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ
.     / ハヽハ:::::〈~、  '。゚,   //    {      ゙ヾヽ}
    / /ハヽヘ::::::::rニ、   (Cノ/  /  ハ      ノラ
   / // } Y゙\::こ'  Cノイ  /    \    〆'
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \
「私の名はメートゥルルルルルル…『トゥルルルルルル』と呟く女…」

鉄郎「ねえ、メーテル。あそこにメーテルとそっくりな人がいるよ」
メーテル「ワラタわ…貴女もメーテルズね…ここで仲間を見つけられるとは思わなかったわ…
  貴女、惑星メーテルズに行くことをお勧めするわ…貴女なら自力で行けるわね…」
メートゥルルルルルル「このまま行ったら、惑星カンリィィィィィィィ人さんに笑われそうだわ…」
メーテル「大丈夫よ…貴女なら受け入れられるわよ…私もここで会えて良かったと思ってるわ
  また、どこかで会いましょう…」
鉄郎「メートゥルルルルルルさん、また会おうね」
メートゥルルルルルル「私も会えて良かったわ…どうもありぃぃぃぃぃがとぅるるるるる」
鉄郎「メートゥルルルルルルさんって面白い人だね」
メーテル「この惑星にいるとトゥルルルルルル口調が移っちゃうわ…そろそろ駅に戻りましょう」


77 :水先案名無い人:03/09/28 23:07 ID:lqyHmDDF
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 課題作品:こころ 課題作品:こころ です」
鉄郎「課題作品:こころ??」
メーテル「惑星 課題作品:こころ…読書感想文が並べられている星…ちなみに『こころ』は、
  『坊ちゃん』と同じ原作者、夏目漱石先生の作品よ」
鉄郎「僕は読書感想文なんて書いたことがないからなあ。どんな雰囲気なんだろう」
車掌「この惑星には『読書感想文ジェネレーター』というものがあるそうです。これは
  自動的に読書感想文を作ってくれる装置です。宿題で読書感想文が出されたときに
  自分で感想文を書くのが面倒になった人が使うそうです。でもこんな装置を使って
  感想文を書いても味気ない気がしますけどね」
鉄郎「どんな感想文があるか楽しみだなあ。そして『読書感想文ジェネレーター』を
  みてみたいよ」
メーテル「それなら、惑星に着いたら感想文と『読書感想文ジェネレーター』を探して
  みましょう…」

(惑星 課題作品:こころ に到着した)
メーテル「読書感想文を見つけたわよ…早速見てみましょう」 鉄郎「うん。見てみよう」
(課題作品:こころ)
近所のTSUTAYA に行ったらなんか表紙がつるつるしてて触ると気持ちのいい本が
あったので買ってきました。それがこの本です。読んでいる途中でなんどもお母さんが
「ごはんできたよ」とか「おつかい行ってきて」と言うので読み終えるのに時間がかかり
ました。よくわかんないんだけど、そう思った気がします。でも、どっちでもいいです。
その日の晩ごはんはカレーでした。ところで、「ごんぎつね」を読んだことありますか。
ラストシーンのきつねがうなずくシーンは涙ものです。悲しい物語です。とは言うものの、
文学史上「ごんぎつね」と肩をならべるといわれているこの作品です。きつねに相当する
のが主人公なわけで、その点では感情移入しやすかったです。改めて考えてみると、
まんがじゃない本を1冊最後まで読めるなんて、自分で自分が信じられません。これを糧
にもっと本を読んで利口になりたいです。(おわり)


78 :水先案名無い人:03/09/28 23:08 ID:lqyHmDDF
(惑星 課題作品:こころ の続き)
鉄郎「僕も『こころ』は良く知らないけど、この感想文を読んでも『こころ』がどんな
  作品かよく分からないよ」
メーテル「これだけじゃよく分からないかもね…でも『こころ』も悲しい物語であることは
  確かだわ…もっとも鉄郎の言うとおり、味気ない感想文であることは確かね…」
鉄郎「また、感想文を見つけたよ」 メーテル「それも読んでみましょう…」
(課題作品:猿の惑星)
わたしの好きなロックバンド「イカ釣り漁船」のボーカルのチャッピーがこの本を薦めて
いたので読む気になりました。わたしが好きな「ごんぎつね」に比べるとちょっと長い
かな、と思いましたがおもしろかったです。実はわたしにもこの物語に似た経験がある
のです(詳しく書くことは紙面の都合で割愛しますが)。だからそう思ったのかもしれま
せん。この物語に似た状況はいまの日本でも起きています。作者のメッセージは今を
生きるわたしたちにも示唆に富んでいると思いました。しかし、それはわたしがアイスを
食べながら読んでいたからそう思っただからかもしれない。アイスが本にこぼれてべた
べたになってしまった。この本を読んで以来、ネット上の掲示板に書き込むときの名前を
この物語の主人公の名前にしました。それぐらい感動したということです。(おわり)

鉄郎「『猿の惑星』ってどんな惑星なんだろう?」
メーテル「文字通り猿が住んでいる惑星よ…」
鉄郎「この文章を読んでも『猿の惑星』の雰囲気が伝わって来ないよ」
メーテル「そうね…そしてこの文章にも『ごんぎつね』が出てくるけど、感想文を書くときに
  必然性があるのかしら? 私も気になるわ」
鉄郎「『アイスが本にこぼれてべたべたになってしまった』なんて感想文とは関係無い
  様な気がするよ」
メーテル「まだまだ、感想文があるようね…鉄郎、読んでみましょう…」


79 :水先案名無い人:03/09/28 23:13 ID:lqyHmDDF
(惑星 課題作品:こころ の続き)
(課題作品:走れメロス)
近所のTSUTAYA に行ったらなんか表紙がつるつるしてて触ると気持ちのいい本が
あったので買ってきました。それがこの本です。わたしが好きな「ごんぎつね」に比べる
とちょっと長いかな、と思いましたがおもしろかったです。わたしの好きな物語に似て
いるからそう感じのたのだと思います。その物語は「ごんぎつね」です。ところで、
「ごんぎつね」を読んだことありますか。ラストシーンのきつねがうなずくシーンは涙ものです。悲しい物語です。とは言うものの、文学史上「ごんぎつね」と肩をならべると
いわれているこの作品です。きつねに相当するのが主人公なわけで、その点では感情移入
しやすかったです。改めて考えてみると、まんがじゃない本を1冊最後まで読めるなんて、
自分で自分が信じられません。これを糧にもっと本を読んで利口になりたいです。(おわり)

鉄郎「『走れメロス』ってどんな作品なんだろう?」
メーテル「太宰治先生の作品よ…簡単に言うと、メロスが王様との約束を果たすために駆け足
  で約束事をすまして戻ってくる話よ…」
鉄郎「この文章も『走れメロス』の雰囲気が伝わってこないなあ」
メーテル「そうね…この惑星の『読書感想文ジェネレーター』ってどんなものかしら?
  探してみましょう」 鉄郎「うん。探してみよう」
(メーテル達は『読書感想文ジェネレーター』を探した)
鉄郎「あっ、あの装置がそうかなあ? メーテル、行って見ようよ」
メーテル「行きましょう…どんなものか楽しみね…どんな感想文を作ってくれるか見物だわ」
(『読書感想文ジェネレーター』を前にして)
メーテル「私がこれを使ってみるわ…どんな感想文になるかしら?」メーテルは入力を始めた
(作品は何ですか?) メーテル「銀河鉄道の夜」
(買ったきっかけは何ですか?) メーテル「私達の謎を知りたかったから」
(どんな印象を持ちましたか?) メーテル「とても素晴らしかったわ」


80 :水先案名無い人:03/09/28 23:13 ID:lqyHmDDF
(惑星 課題作品:こころ の続き)
(どんな表現をしますか?) メーテル「他の人にもお勧めしたいわ」
(これを読んであなたの考えはどう変わりましたか?) メーテル「心が洗われるようでした」

この入力より『読書感想文ジェネレーター』から感想文が打ち出された。
(課題作品:銀河鉄道の夜)
近所のTSUTAYA に行ったらなんか表紙がつるつるしてて触ると気持ちのいい本が
あったので買ってきました。それがこの本です。わたしが好きな「ごんぎつね」に比べる
とちょっと長いかな、と思いましたがおもしろかったです。わたしの好きな物語に似て
いるからそう感じのたのだと思います。ところで、「銀河鉄道の夜」を読んだことがあり
ますか。ラストシーンの主人公がうなずくシーンは涙ものです。心が洗われる物語です。
とは言うものの、文学史上「ごんぎつね」と肩をならべるといわれているこの作品です。
きつねに相当するのが主人公なわけで、その点では感情移入しやすかったです。改めて考
えてみると、まんがじゃない本を1冊最後まで読めるなんて、自分で自分が信じられませ
ん。他の人にもお勧めしたいです。これを糧にもっと本を読んで利口になりたいです。
(おわり)

メーテル「『読書感想文ジェネレーター』ってなかなか面白い文章を作ってくれるのね…」
鉄郎「やっぱり『ごんぎつね』が出てくるね。この装置には『ごんぎつね』って言葉が
  登録されているみたいだね」
メーテル「これで感想文を作っていいものかどうか迷うけど、なかなか便利な装置ね…文章
  を、これに付け足していけばもっといいものが出来ると思ったわ」
鉄郎「でも、これがあれば僕でも感想文が作れそうな気がするよ。『ごんぎつね』を例え
  にするのがいいかどうか、気になるけど」
メーテル「これがあれば、間違いなく鉄郎でも感想文が書けるわね…でも、鉄郎…これに頼り
  切りで作ってはダメよ…この装置のデータを車掌さんに持ってってあげましょう」
鉄郎「車掌さんなら、きっとこれに興味を持つと思うよ」


81 :水先案名無い人:03/09/29 23:13 ID:uqAwtyzB
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ガラッ ガラッ です」 鉄郎「ガラッ??」
メーテル「惑星 ガラッ…いろいろな人が扉を『ガラッ』っと開けて出てくる星…ここの様子
  は面白いわよ…見てみるのが楽しみだわ」
鉄郎「へえー、そんな惑星があるんだ。ここの人達を見てみたいよ」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、ここの人達を見るのは面白いと思いますよ」
鉄郎「それじゃあ、惑星に着いたらここの惑星の人達を見に行こう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ガラッ に到着した)
        _ _     __
  _||__ LLl    _[__]
  l_ ._ |     |__ \
    | | | |       / / [][]ヽ
    |_| |_|      /_/    //
________________
|                      ||
|                      ||
|       /\___/ヽ   ヽ    ||
|      /    ::::::::::::::::\ つ   ||
|     . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ   .||
|     |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ   ||
|      .|    ::<      .::|あぁ   ||
|      \  /( [三] )ヽ ::/ああ  /||
|      /|`ー‐--‐‐―i  ̄ぁあ ̄ つ

鉄郎「いきなり『うわああああっ』って現れたよ。確かに見てて面白いね」
車掌「この惑星の雰囲気が伝わってきますよ」
メーテル「まだまだ、色々な人が現れるわよ…」


82 :水先案名無い人:03/09/29 23:13 ID:uqAwtyzB
(惑星 ガラッ の続き)
    |┃三             _________
    |┃              /
    |┃ ≡    _、_   < 話は全部聞かせて貰ったぞ!
____.|ミ\___( <_,` ) _ \
    |┃=___    \    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃ ≡   )   人 \ ガラッ

    |┃三,.、   ,r 、
    |┃ ,! ヽ ,:'  ゙;
    |┃. !  ゙, |   }
    |┃≡゙;  i_i  ,/
    |┃. ,r'     `ヽ、    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    |┃.i"       ゙;  < 話は全部聞かせて貰ったぞ!
    |┃:!. ・     ・ ,!   \____________
    | (ゝゝ.   x  _,::''
______|┃= ,::`''''''''''''''"ヽ.
    |┃  |      r';
    |┃  ゙';:r--;--:、‐'
    |┃≡ ゙---'゙'--゙'

鉄郎「この惑星には色々な人がいるんだね。なおかつ見てて面白ーい」
車掌「ウサギさんまで出てくるんですね」
メーテル「ここの人達は見ててとても楽しいわね…まだまだ出てくるわよ…」
鉄郎「どんな人が現れるのかなあ?」
車掌「私もどんな人たちが現れるか、興味津々です」


83 :水先案名無い人:03/09/29 23:17 ID:uqAwtyzB
(惑星 ガラッ の続き)
    |┃三
    |┃  、))
    |┃, --" - 、
    |┃〃.,、   ヽ
    |┃ノ ノハヽ、 .i   僕の名はアルバトロ・ナル・エイジ・アスカ
    |┃l'┃ ┃〈リ
    |┃|l、 _ヮ/从       地球は狙われている !!!!!
    |┃/∀_ヽ.
______.| (ゝ  〈、つ    鉄郎「アルバトロ・ナル・エイジ・アスカさんって可愛いね。でも
    |┃/___ゝ        地球が狙われているって言われると怖いなあ」
    |┃/-/-|        メーテル「鉄郎、あまり深刻に考えなくてもいいと思うわ…
    |┃二) ニ)        ガラッと出てくるときの台詞よ…」
 ガラッ

 ガラッ!!
  _____
 |∧ ∧.||  .| |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |( ゚Д゚) ||o | | .<  ガラってやつ、いろいろ見た気がするけど覚えてないや。
 |/  つ  | |  \ 面白いの見つけたら報告する。じゃオヤスミ!
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    \_______________ 
    ↓
  パタン
ヾ'_____
 ||    |   |  鉄郎「ガラッと閉めてこれから寝るみたいだね」
 ||o   .|   |  メーテル「どうやらその様ね…ギコさん、お休みなさい」
 ||    |   |  車掌「まだ、人はいるんでしょうか?」


84 :水先案名無い人:03/09/29 23:17 ID:uqAwtyzB
(惑星 ガラッ の続き)
////////////|        <  何なんだよ
////////////|   =≡三 <  このアホみたいな熱気は!?
////////////|        <
////////////|   , ───  VVVVVVVVVVVVVVVVVVVV
////////////|  /      \    .|/////////////
////////////| /  ノノノ人ヽヽ =≡三 ////////////
////////////| | ,/ \,, ,/ヽ    |  //////////
////////////| (6|# ⌒  ⌒ |  ガラッ! ////////
////////////| ヽ | |||  >  |     .|  /////////
////////////|  | \  ロ /     ⊇///////////
////////////|  |    ー '      (つ///////////
////////////|/ヽヽ__丿 ̄ ̄| ̄ ̄|////////////
////////////|        ヽ_/──|////////////
////////////|         |  =≡三 //////////

     ||::::::::::              !⌒!, .||
___||:::: ,,,,,,,,,,,,,, ┌───┐   (, ̄)'.||___
※※◯|| ミ,,,,,,,,,,,,,ミ | |≡≡=^=^ヾ⊂=⊃||○※※
※※※|| (; ´∀`)旦__(・∀・;ノ )| □ | ||※※※
※※※|| ('''''''''゚|゚''')###ヽ_ミ ミ ミ )[[ [ ] ].||※※※
※※※||(⌒||;;;;;);;;| |####ヾヽノ )[■■]||※※※
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
            ///
               ガクッ!
          /⌒ヽ      鉄郎「この人達はほのぼのしてていいね」
     ⊂二二|⌒ ̄ ̄\      メーテル「この惑星は居心地が良さそうね…」
          ヽ'    ヽ   車掌「こういう惑星ばかりだといいものです」


85 :水先案名無い人:03/09/30 22:53 ID:goYBw73d
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 疾風伝説 特攻の拓 疾風伝説(略 です」
鉄郎「疾風伝説 特攻の拓??」
メーテル「惑星 疾風伝説 特攻の拓…拓さんは見かけはきついけど面白いことを言う
  ユーモラスな人なのよ…鉄郎、念のため戦士の銃は持ってた方がいいわ…また、
  他にも面白い人がいるのよ」
鉄郎「拓さんってどんな人なんだろう。メーテルの言うとおり怖いのかなあ?」
車掌「戦士の銃を持ってれば大丈夫だと思いますよ。メーテルさんのおっしゃるとおり
  拓さんは見た目はきついですが、面白い人だと思います」
鉄郎「ちょっと怖いけど行ってみるか」 メーテル「鉄郎、私もついてるから行きましょう…」

(惑星 疾風伝説 特攻の拓 に到着した)
拓「ごきげんだ・・・“慣らし(シェイクダウン)”はこんなモンだろー。オメーら・・
 今度も“気合”入れてけよ・・・!? "我威怒羅胤"はage上等だぜ!?
 1000の向こう側”なんて…ホントは存在(あり)えねぇ!? オゥ!”バール”持って
 こい!”バール”!? 今から”10”を”挽き肉”にしてやっからよぅ!?(ギリッ!ビキッ!)
 今ゴタゴタいったヤツ・・・・ちっとこい・・・こねーのか? じゃ こっちから行く
 ゾ?コラ・・・!?(ギリッ ムカつき”が止まんねーよ・・・・どーよ?オメーら…」
鉄郎「何か凄い台詞が聞こえてくるね」 メーテル「あの声が、拓さんかしら?」


86 :水先案名無い人:03/09/30 22:53 ID:goYBw73d
(惑星 疾風伝説 特攻の拓 の続き)
              ,.-‐'''" ̄~`''"" ̄^'""`'"~`''ヽ、
             
r";:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`'ヽ、
            
r";:;:;:;:;:;:;:;:;:;::   ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:`ヽ
            
(;:;:;:;:;:;:;;:;:;:       ;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
           
r':;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;      ;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;ゝ
           ムtr‐‐―――‐-、,,_;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:    :;:;:;:;:;:;:)
          ///「 ̄`''ー-、.,,__   `ヾ、;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:  ::;;:ノ
           /// :|   ,r-、 / `ヾー-、ノクハ、__;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
         /  l  |  / ( ( "   `t-bミ-ェー,、 `ナ7/rァ''"
       /  i |  | : i ー'      `ー‐' ヾ' /ト、、_ _/
      ,ィ"  ! !  `! `',7          Yドメ:/'"
     /   / .l   |''""  |          l  ,/
    /     ! ,i    |    i.          '''-'7
   /     i l     |    ヾ:、    <ゝ /
  /       | |    !、_   ヽヽ    ,r"
 〈        ! !    | `ヽ、   `y-‐'"
  `ゝ、_ _.ノ l     トー、  `''ー、,/
 ,.-'" / 7 ゝ'     ト-、.,,   ヽ`ヽ、
    / /  |`""T""~   `''ー 、   ヽ

メーテル「あなたが拓さんかしら…初めまして…私はメーテル」拓「眼輝か…上等な名前だぜ」
鉄郎「僕は鉄郎。拓さん宜しくお願いします」拓「鉄牢か…あまり行きたくないな」
鉄郎「メーテル、拓さんって確かに面白い人だね」メーテル「言葉遣いと裏腹に面白い人ね」


87 :水先案名無い人:03/09/30 22:58 ID:goYBw73d
(惑星 疾風伝説 特攻の拓 の続き)
             ,、_ ,_
        __,,,,_,メ,,;;;ミ⌒ミ;;ヽ
        /´    ;;;;;;ミミミ  ミミミ
  「ヽ、/ 〃∧ミ _,、,,、,ミミミ ミミノ
  ⌒メめ二二二二二二コミミソ      ”皇太子様”がご立腹(!?)の模様だ・・・。
  丿ノ|;;;;;;;〉.# \   /. {! ≡≡3
  /./ |;;;;;;;;|   ‐ー  くー | ビキッ!      /ゞヽ
 //   ヤ;;;;リ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}          /::/》_)
//   !゙!゙!゙!    ト‐=‐ァ' !,      !?/::/
ソ    ゙!゙!゙!、   ` `二´' 丿         /::/
      !゙! r|、` '' ー--‐f´          /::/
     _/ |       |\_.       /::/
   / ̄\  |       | /  ̄\   /::/バール!?

鉄郎「この惑星に皇太子様がいるなんて思ってもいなかったよ」
メーテル「皇太子様が出てくるなんて思ってもいなかったわ…」
             ,、_ ,_
        __,,,,_,メ,,;;;ミ⌒ミ;;ヽ
        /´    ;;;;;;ミミミ  ミミミ
  「ヽ、/ 〃∧ミ _,、,,、,ミミミ ミミノ
  ⌒メめ二二二二二二コミミソ
  丿ノ|;;;;;;;〉.# \   /. {! ≡≡3
  /./ |;;;;;;;;|   ‐ー  くー | ビキッ!      /ゞヽ
 //   ヤ;;;;リ ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}          /::/》_)
//   !゙!゙!゙!    ト‐=‐ァ' !,      !? /::/
ソ    ゙!゙!゙!、   ` `二´' 丿         /::/
      !゙! r|、` '' ー--‐f´         /::/
     _/ |       |\_.       /::/
“この惑星”は“何”なのか!?この私にでっけェ声でいってみろ!?あぁ!?


88 :水先案名無い人:03/09/30 22:59 ID:goYBw73d
(惑星 疾風伝説 特攻の拓 の続き)
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'特}二. {`´ '´__ (_攻),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
.         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
うれしー事”ノベて”くれんじゃねーか。お前の”名前”ナニよ!?
“64”よぉ……お前、“偽者”(フェイク)か“トゥズル”のどっちかだろ…………?
けっこーMMR改変やったトキあるみてぇだけどよ………?
俺が“モノホン”の初代MMR“奇覇香具師”だゾ………!? 正しくは“こう”だ?
もしか俺ら“ドエレー”勘違いしてたのかもな…!?。“コレ”を見てみろ。…
まず“獲無衛夢嗚呼瑠”を“バール”で二つにブッタギッて“縦読み”する………?
獲無衛夢
嗚呼瑠

この縦読みは“AIR MU ELM”となることは明らかだろ………?
これを解釈すると「エルムの街の小さなささやき」となるんだよ!!

鉄郎「キバヤシさん、ここで会えて光栄です」メーテル「私もキバヤシさんに会えて光栄です」
キバヤシ「この惑星では、私は『奇覇香具師』なんだ。拓を相手にするのは疲れるんだ」
鉄郎「キバヤシさんも大変ですね」メーテル「わざわざ、ここまで出張お疲れさまです…」
キバヤシ「また、どこかで会いましょう」 鉄郎「うん。キバヤシさん、頑張ってね」
メーテル「キバヤシさんの推理を見られて光栄です…また会いましょう」


89 :水先案名無い人:03/09/30 23:00 ID:goYBw73d
(惑星 疾風伝説 特攻の拓 の続き)
     WWWWW
   /W      W
  /         ∵
 /   /――――― |
 |∵/          |
 |∵    ┗━ ━┛ |
 |∵    ⌒   ⌒ |
  (6‖     つ    |
  |    \____ノ |     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |      \_/ /     < ”サバイ”よ”サバイ”よ〜〜!!
/|          /\      \_____________

メーテル「あ、あなたは出川哲朗さん? 時々メーテルズが間違えて連れて行く…ここで会う
  なんて思ってもいなかったです…私はメーテル…宜しくお願いします」
出川「そうだよ、そうだよ〜。時々メーテルズに間違われるんだよ〜。メーテルさん
  気をつけて下さいよ〜」 メーテル「他のメーテルズにも伝えといておきます…」
鉄郎「出川さん、初めまして。僕は星野鉄郎。宜しくお願いします」
出川「君が鉄郎君か。メーテルズに間違えられないように名前をもっとPRしてくれよ〜」
メーテル「出川さん、ところで瑠璃子さんとはうまくいってるんですか?」
出川「ああ、ルリルリ可愛いよお〜。よくルリちゃんのことを知っているね〜」
メーテル「それは、メーテルズの間では噂になっていますから…瑠璃子さんは素敵ですね」
出川「そりゃあ、彼女を見てみればよく分かることよ〜。おかげでマークされちゃった
  よ〜。マスコミもルリちゃんの邪魔をしないでもらいたいよ〜」
鉄郎「出川さんも瑠璃子さんとうまく交際が出来るといいですね」
出川「そう言ってくれてありがとう。鉄郎君」 鉄郎「出川さん、頑張って下さいね」
メーテル「この惑星で出川さんに会うなんて思ってもなかったわ…さあ、駅へ戻りましょう」


90 :水先案名無い人:03/10/01 23:21 ID:Jqk3XpU8
私の名はメーテル…
色々な惑星を巡回する女…
ガイドラインのメーテルさん、惑星メーテルズに行ったら新しいスレがあったわよ…
ガイドラインの人達も頑張って下さいね…

(演劇板)私の名はメーテル@演劇、役者
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/drama/1061458972

(占い性格診断板)
私の名はメーテル… ビオナス2号
http://hobby2.2ch.net/test/read.cgi/fortune/1062469551


91 :水先案名無い人:03/10/01 23:29 ID:qbuO1cV/
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 意味不明なレス 意味不明なレス です」
鉄郎「意味不明なレス??」
メーテル「惑星 意味不明なレス…本人にしか分からない意味不明なレスを探す人達の星…
  この惑星の記録はまともに読んではいけないわ…頭が混乱してしまうのよ」
鉄郎「そんな惑星があるんだ。どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「私もここの記録を理解しようとしているのですがついていけません。まあ、気楽に
  文章を見てみるのが無難だと思いますよ」鉄郎「それじゃあ、その文章を見に行こう」
メーテル「ええ…でも真面目に考えない方がいいわよ」

(惑星 意味不明なレス に到着した)
住人「999号の皆さん、惑星 意味不明なレス へようこそ」
メーテル「私はメーテル…宜しくお願いします」鉄郎「僕は鉄郎。宜しくお願いします」
車掌「私は999号の車掌です宜しくお願いします。早速ですけど、記録を見させて
  頂けませんか?」住人「それではどうぞご覧下さい」
(ここだけの話、カブトムシのメスのフォルムにある種のエロスを感じたことはある。
やっぱ動物でも虫でも人間でも、メスらしさってのがあるんだよな多分)
鉄郎「ふーん。カブトムシに興味を持ってる人っているんだね」
メーテル「カブトムシにメスらしさを感じるなんて、すごい感性の持ち主ね…」
車掌「そういう人がいるんですね」住人「まだまだありますよ」
(イチゴ畑に考えているものの道理が圏外通知もいいとこだぜ。こんな経験にサイン入り
 Tシャツを振り返れば、冗談ですらないかもなーんてね。だけどきんぐゴジラが足に
 刺さった夜中のその奥にある几帳面なやつだとさ。なんか笑える。コウノトリにでも
 傾向に父親参観日だってんだよ!)
車掌「この文章は日本語→英語→日本語に訳した文章みたいですね」
メーテル「この文章には何か謎が隠されているのかしら?」
鉄郎「読んでもさっぱり意味が分からないよ」 住人「まあ、深刻に考えないで下さい」


92 :水先案名無い人:03/10/01 23:30 ID:qbuO1cV/
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 意味不明なレス 意味不明なレス です」
鉄郎「意味不明なレス??」
メーテル「惑星 意味不明なレス…本人にしか分からない意味不明なレスを探す人達の星…
  この惑星の記録はまともに読んではいけないわ…頭が混乱してしまうのよ」
鉄郎「そんな惑星があるんだ。どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「私もここの記録を理解しようとしているのですがついていけません。まあ、気楽に
  文章を見てみるのが無難だと思いますよ」鉄郎「それじゃあ、その文章を見に行こう」
メーテル「ええ…でも真面目に考えない方がいいわよ」

(惑星 意味不明なレス に到着した)
住人「999号の皆さん、惑星 意味不明なレス へようこそ」
メーテル「私はメーテル…宜しくお願いします」鉄郎「僕は鉄郎。宜しくお願いします」
車掌「私は999号の車掌です宜しくお願いします。早速ですけど、記録を見させて
  頂けませんか?」住人「それではどうぞご覧下さい」
(ここだけの話、カブトムシのメスのフォルムにある種のエロスを感じたことはある。
やっぱ動物でも虫でも人間でも、メスらしさってのがあるんだよな多分)
鉄郎「ふーん。カブトムシに興味を持ってる人っているんだね」
メーテル「カブトムシにメスらしさを感じるなんて、すごい感性の持ち主ね…」
車掌「そういう人がいるんですね」住人「まだまだありますよ」
(イチゴ畑に考えているものの道理が圏外通知もいいとこだぜ。こんな経験にサイン入り
 Tシャツを振り返れば、冗談ですらないかもなーんてね。だけどきんぐゴジラが足に
 刺さった夜中のその奥にある几帳面なやつだとさ。なんか笑える。コウノトリにでも
 傾向に父親参観日だってんだよ!)
車掌「この文章は日本語→英語→日本語に訳した文章みたいですね」
メーテル「この文章には何か謎が隠されているのかしら?」
鉄郎「読んでもさっぱり意味が分からないよ」 住人「まあ、深刻に考えないで下さい」


93 :水先案名無い人:03/10/01 23:36 ID:qbuO1cV/
(惑星 意味不明なレス の続き)
住人「まだまだありますよ」
(アメリカなど劇症ウイルス性素材を粉砕して散布すれば一瞬で制圧できる。◯時間以内
 とかじゃない。一瞬だ。後はメトロノームと天秤さえあれば簡単に駆動装置は製造
 できる。ただし3次元時間領域において半減期が制御できるようにならないと抑制が
 効かなくなるからそれまでこの技術はお預けだ。残念だがその技術の完成にはまだまだ
 時間がかかる。呪われた遺産を未来に残すわけにはいかない。
 その他に考えられる手段としては気象兵器、惑星間兵器、超科学兵器がある。気象兵器
 は前述の制御技術が転用できる面もあるが、基本的には3次元距離1次元時間領域
(自然事象領域)における制御技術で十分に事足りる。この中には地殻変動の制御も含む。
惑星間兵器は様々な方法が考えられ、自然事象領域における手法では現在の技術水準で
 十分に開発可能であり例えばウイルス性素材を用いて仮想超新星爆弾を設計するという
方法もある。超科学兵器は俺から見てもあまりにも未知数でどれだけの可能性を秘めた
 ものなのか皆目見当も付けられないが、1つだけフレミング兵器というものをかいつま
 んで紹介しておこう。フレミング兵器とはご存じのフレミングの法則に従い力・磁界・
 電流のうち2要素から残りの要素のエネルギーを出力させるものだが、実は2要素の
 選び方次第では出力エネルギーを途方も無い次元の領域に発生させることが可能だ。
少なくとも多次元時間領域については駆動・制御する技術はすでにめどを付けてある)

鉄郎「何か凄い記録だね」車掌「私達の世界ではあり得る兵器でしょうか」
メーテル「あり得るかも知れないけれど、理論に説得力がないわね…」
住人「まだまだ有りますよ」
(皆様、レスありがとうございます。「アイツ」が朝顔の事だと仮定してみますと、なぜ
 朝顔はSATの乗組員を皆殺しにしたのか?という疑問が湧いてくるのです。
 その前に部下を射殺した件に関しては、朝顔の命令に取り乱した部下に対する「お前、
 ちょっとうるさいよ」という発言からも合点が行きますが、乗組員皆殺しに関しては
 動機がよく分かりません。


94 :水先案名無い人:03/10/01 23:37 ID:qbuO1cV/
(惑星 意味不明なレス の続き。文章も続いているよ)
 ただ、殺害された朝顔の目をよく見てみますとバーコードと思しきものが確認できます。
 つまり朝顔も他のバーコード所持者と同様に、理由もなく人を殺す快楽殺人者、つまり
 弖虎の言う「サイコ野郎」であったという推測が最も賢明であると考えられます)

鉄郎「朝顔って人の名前なのかなあ? 事実なら許せない」
メーテル「鉄郎、あまり深刻に考えない方がいいわよ…」
車掌「何か推理小説にでも出てきそうな文章ですね」
住人「この惑星には、まだ記録があるんですよ」
(たとえばそれは台所にあるとします。私がそれを取ろうとすると浮かんでいたはずの
 ものも沈みますね?だから最初から消えていたと理解して撮ろうとしてもやはりそれは
 存在しないといえます。次にわたしが言うことは「消えた」ということ。消えたのなら
 最初はそこにあったはずです。なのにそれ(例えですが)は浮かんでいるのですから
 掴める訳ありません。もし掴もうとしてもやけどしたりしますからそこまでのリスクを
 伴ってまで(経済的負担は除きます)消えるのを防がなくてもいいと思います
 友達に言ったのですが相手にされなかったので、皆さんの意見を聞きたいです)

メーテル「私達の世界に存在する物なら掴まえてあげたいわ…」
車掌「我々の世界と接点が有れば何とかしてあげたいのですが」
鉄郎「僕にはさっぱり分からないよ」住人「まだあるんですよ」

(感じがん時それが記念火気庫ヽ( ´∀`)ノ ボッでがそりんマンタン
ジンセインジsネイジンセイジンセイイジセンイジンセイジンセイジンセイ
ハハハハハハハハハハハハハハハハハハッハハシャハハハ)

メーテル「これはどう読んでも意味不明ね…」
鉄郎「いたずら書きみたいだね」 車掌「私も鉄郎さんと同感です」


95 :水先案名無い人:03/10/01 23:37 ID:qbuO1cV/
(惑星 意味不明なレス の続き)
住人「最後にもう1つお読み下さい」
(荒らしてないだろバカタレが。元々頭の悪い厨房どもが右往左往してるこの世界で秩序
 なんてあるはずねーだろ。お前の基準で言ったら幼稚園のお遊戯会で交通整理する様な
 もんなんだよカス。
 露頭にまよう真面目な社員の方にはわるいとは思うけど、新宿にあるミナミも関連会社
 かな。だったらザマアミロ!いい気味だ、潰れる会社は潰れるだけの素養のある社員が
 いる会社だ!と嬉しい気分になれるんだけど。(ついでに、池袋のめのこ寿司=北の
 家族の時も迷惑受けていたのでああやっぱり潰れたかと思った)
エアマックスが人気だったころいわゆるバカップルが店頭の3000円均一の靴をあれ
 これ見て楽しそうにしていた。こっちは購入したい、サイズ28あるかなと見たくて
 ムッとしながら待っていると、やがて気がついて店内に入っていた。するとしばらく
 してカップルにうまく言われたらしく店内から20ぐらいのアルバイトが涙目ながら
「お買い物はなんですか!」と喧嘩腰で手を出さず体をガツンガツン当ててきた。
こちらからみるとチビなので叩けば簡単だろうけど、110番されたらたまらんので頭を
 撫でて逆らわず逃げた。店員はビビっているらしく、奥に隠れて出てこない。
アルバイト君だけが鉄砲玉で行けと命令されたらしい。あの店にいたアルバイトを
 雇っていた人たちが仕事を失って苦しむとしたら嬉しくてしょうがない)

鉄郎「この文章は読んでて気分が悪くなるよ」
車掌「文章を書く前に推敲してもらいたいですね」
メーテル「私も読んでて気分が悪くなりそうだわ…住人さん、ご案内有難うございました…
  鉄郎、車掌さん…そろそろ駅へ戻りましょう」


96 :水先案名無い人:03/10/03 21:26 ID:/cqNKLbA
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ジョジョの奇妙な冒険 ジョジョの(略 です」
鉄郎「ジョジョの奇妙な冒険??」
メーテル「惑星 ジョジョの奇妙な冒険…元は荒木飛呂彦先生の漫画よ…2ちゃんねる星雲
  では私達よりも遙かに有名で、色々な惑星があるのよ…」
鉄郎「ねー、メーテル。惑星 ジョジョの奇妙な冒険ってどんな雰囲気なの?」
メーテル「独特の口調が聞かれるのよ…例えば『オラオラオラオラオラ』とか『無駄無駄無駄
  無駄無駄』とか『ULYYYYY』とか変わった口調が出てくるのが特徴よ…」
鉄郎「そんな奇妙な惑星なんだ」
車掌「この惑星には『スタンド』というものが存在するそうです。私も人のことは言えま
  せんが、とても怖い、そして奇妙な惑星ですよ」
メーテル「鉄郎、この惑星では戦士の銃は必須よ…いつどんな敵が出てくるか分からないから」
鉄郎「分かったよ、メーテル。気をつけて探険しよう」
車掌「私も…と言いたいところですが、身の安全のため999号にとどまっています。
  鉄郎さん、メーテルさん気をつけて行って来て下さい」
鉄郎「うん。気をつけるよ」メーテル「車掌さん…気を遣ってくれてありがとう」

(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 に到着した)
鉄郎「なんか、この惑星は妙に静かだね」メーテル「多分独特の奇妙さが原因だと思うわ」
鉄郎とメーテルは繁華街に出た。歩道に人々が歩いている。そこで、ある人を見かけた。
鉄郎「何か、機械化人らしい人が歩いてる」鉄郎は戦士の銃を握った。
メーテル「鉄郎、落ち着いて…ちょっと話しかけてみるわ…おじさん、初めまして…私は
  メーテル…おじさん、名前を教えて頂けませんか?」
おじさん「貴女の体の構成は有機体のようですね。私の名は山崎宅郎、一度過労死した
  ビジネスマンです。ですが人々の生きるこの世を、社会を愛し、社会に全力で
  関わっていきたいと願っています」 メーテル「鉄郎、この人は敵ではなさそうよ…」
鉄郎「警戒してごめんなさい。おじ、いや山崎さん…貴方は機械化人なんですか?」
山崎「そういう言い方もあるかも知れませんね。私は企業戦士(ビジネスコマンドー)です」


97 :水先案名無い人:03/10/03 21:28 ID:/cqNKLbA
(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 の続き)
メーテル「山崎さん、どうかお気をつけて…」山崎「メーテルさんも気をつけて下さい」
メーテル、鉄郎は繁華街を歩き続けた。その時、1台の車が現れ歩道の人々をはねていく
様子を目撃した。山崎さんが子供をかばって、はねられる様子も!!
鉄郎「あ、危ない。あの車は見過ごせない」鉄郎は戦士の銃で、車を撃った(バキューン)。
メーテル「どうやら、敵が現れたようね…距離は、まだ離れているわ…鉄郎、気をつけるのよ」
鉄郎「うん」 メーテルと鉄郎は車を眺めていた。

「ん? 止めろ!」DIOは突然、車から降りた。撥ね飛ばされ、轢き潰されて呻き声を
上げる人々を踏みにじりながら、真っ直ぐに歩いていく。ごく普通の、眼鏡をかけた
サラリーマン(山崎さん)が倒れている。が、よく見るとその体は普通ではない。
たった今車に轢かれたせいで、ワイシャツがあちこち破れている。その穴から、
バチバチと火花が出ているのだ。しかもこの男には、呼吸音が全くしない。代わりに機械
の駆動音が聞こえる。
鉄郎「山崎さんは、いい機械化人だったんだ。でも大丈夫かなあ?」

「何者だ、お前は」
男は、ゆっくりと起き上がった。
「ご覧の通り、人間ではありません。が、人間でないのはあなたも同じでしょう」
「ほう。このDIOが下賎な人間どもとは異なることが、判るのか」
「脈拍ゼロ、体温ゼロ、発汗その他の生理現象全てゼロ。体の構成は有機体のようですが、
どうせ私の同類……新型の企業戦士(ビジネス・コマンドー)でしょう? ならば、
手加減は無用」
男は、懐から奇妙な形の眼鏡を取り出すと、今までかけていたものと取り替えた。と、
いきなり発生した幾条もの小さな稲妻が男の体を取り囲み、男は闘志を漲らせて、
すっくと立ち上がった。「モード変換! 戦闘モードっっ!」
その迫力に、DIOが思わず、一歩だけ後ずさった。すると、背後から少女の声が。


98 :水先案名無い人:03/10/03 21:28 ID:/cqNKLbA
(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 の続き)
「よーし、やったれオッサン! こんなムチャクチャするやつ、叩いて潰してミンチに
してやれっ!」
男と同じく日本人らしい、髪を染めた派手なナリの少女が叫んでいる。周りに転がる連中
の、応急手当をしながら。遠くから救急車のサイレンが聞こえているのも、どうやらこの
少女の通報らしい。

鉄郎「山崎さんってすごい人だね」メーテル「でも、車にはねられて大丈夫かしら?
  あのDIOが敵のようね…鉄郎、戦士の銃を構えてて」鉄郎「うん。分かったよ」

DIOは見ている。この少女が、この男に突き飛ばされてDIOの車から助けられたのを。
「……何なんだ、お前は一体」DIOが問い、男が答える。
「私は山崎宅郎、一度過労死したビジネスマンです。ですが人々の生きるこの世を、社会
を愛し、社会に全力で関わっていきたいと願っています。……その社会の平和を乱す者は、
許さない! ヤマザキ・キーック!」
山崎は大きく跳び上がり、DIOに向かって砲弾のような蹴りを放った。が、DIOは
「フン! お前如きに、『世界』を使うまでもないわ!」その場に立ったまま、迎撃ミサ
イルのような上段足刀蹴りを放った。二人の脚と脚とが、真っ向から衝突する。
戦闘サイボーグと、最強吸血鬼とのパワーが激突!『ぅぐっ!? こ、こいつ!』
パワー勝負は、互角。互いの力がきれいに相殺され、山崎はまっすぐすとん、と落ちた。
と、山崎はその場から両手で地面を突き、その反動でまっすぐDIOの軸足に向かって、
「ヤマザキ・スライディング・キーック!」
二撃目の蹴りを放った。DIOは一撃目の激突で蹴り脚が痺れており(機械の山崎にそれ
はない)、振り下ろすことができない。一本足立ちのこの体勢では、かわすことも防ぐ
ことも… 「無駄ァッ!」『世界』が出た。ヤマザキの攻撃を、サッカーボールを蹴る
ようにして弾き返す。『な、何だと!?』
山崎が、驚愕の表情を浮かべた。今、確かにこの男は、無抵抗状態だったはず。一体何が?
メーテル「今、山崎さんの動きが止まった様だったわ…」(話はまだまだ続くのよ…)


99 :水先案名無い人:03/10/05 16:50 ID:iOOxw7Gr
(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 の続き)
「くっ、名刺スラッシュ!」弾かれた山崎が、無数の名刺をDIO向かって投げつけた。
人間の動体視力では絶対に回避不能の数とスピード、そして鋼鉄をも切り裂く威力を秘め
た山崎の必殺技である。

鉄郎「メーテル、DIOと山崎さんの闘いを見てたら怖くなってきたよ」
メーテル「確かに2人とも凄くて怖いわね…この惑星の恐ろしさを感じるわ」

が、「無駄無駄ァッ!」またしても正体不明のベクトルが発生し、全ての名刺をあっと
いう間に打ち落としてしまった。だがそれで、山崎は見切った。視認はできなかったが、
名刺の打ち落とされ方で見切ったのだ。《未知のエネルギー体は、四肢を持った人間型を
していると推測。行動パターンの予測は可能》
「よし。どんなにパワーやスピードがあっても、攻撃そのものをかわしさえすれば……」
山崎は警戒しながら、ゆっくりとDIOに近づいていく。するとDIOは、「ふむ。
どうやら、何か策があるようだな。ではその策、無意味にしてやろう」最高の、邪悪な
笑みを浮かべて、叫んだ。「ザ・ワールド! 止まれいっ! 時よっっ!」
悪夢が、訪れた。「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄アアァァッ!」
《解析不能! 解析不能! 敵の移動・攻撃速度は推定時速数百万キロ!》
攻撃パターンもクソもない。DIOが、全く動いていない、と思ったら次の瞬間には山崎
は既に、数十発の猛烈な衝撃を受けているのだ。チタン合金製の山崎の体が凹み、歪み、
右腕、左足を叩き折られ、どんどんガラクタと化していく。
「機械人形、か。なかなか面白かったぞヤマザキとやら。我が宿敵・ジョースターどもを
血祭りにする前の、軽い余興としてな」
DIOが、ゆっくりと山崎に近づいていく。山崎は左腕一本で何とか上体を起こすが、
《神経回路16ヵ所破損! 運動能力89%低下! 警告、警告……》
もう、立てない。動けない。ここまでか…

「DIOは許せない(バキューン)」鉄郎は戦士の銃をDIO目がけて撃った。


100 :水先案名無い人:03/10/05 16:51 ID:iOOxw7Gr
(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 の続き)
銃撃はDIOに命中したが銃痕を気にせずにメーテル達の方を振り向いた。
DIO「こちらにも、仲間がいたのか。何物だ。お前達は?」
鉄郎「(せ、戦士の銃が効かないのか)僕は鉄郎。山崎さんにやったことは許せない!!」
メーテル「私はメーテル…DIOさん、山崎さんにずいぶんとひどいことをしたものね…」
DIO「お前達も山崎の様になりたいのか?」 鉄郎「なってたまるものか」
鉄郎は戦士の銃をDIO目がけて撃ちまくった(バキューン、バキューン)。
メーテルもサーベルを取り出し、構えた。DIOは銃撃をかわし、メーテル達に近づいて
いく。鉄郎「ちっ。メーテル、DIOがどんどん近づいてくるよ」
メーテル「DIOは不思議な能力を持ってる様だわ…接近戦は不利よ…鉄郎、気をつけて…」
鉄郎「うん、分かったよ」鉄郎とメーテルは逃げながら戦士の銃をDIO目がけて撃ち
続けた。するとDIOは「ふむ。お前達も山崎の様になりたい様だな」最高の邪悪な笑み
を浮かべて、叫んだ。「ザ・ワールド! 止まれいっ! 時よっっ!」
メーテル(さっき、山崎さんに使った能力の様ね…あっ、鉄郎の動きが止まったわ…
  このままでは私達は危ない…)DIOはメーテル達にどんどん近づいていく。
DIO「お前達も山崎の様になるのだ!!」 メーテル「DIO…そうは、させないわ…」
メーテルは鉄郎が持っていた戦士の銃を取り、DIO目がけて撃った。DIOは一瞬怯んだ。
DIO「メ、メーテルとか言ったな。貴様は何者だ!『ザ・ワールド!』の中を動けるのか?
  お前も承太郎の様な新手のスタンド使いか?」
メーテル「貴方の世界ではそういう者かしら…私は永遠に時の輪を歩き続ける女…私には貴方
  の能力は効かなかった様ね…DIO、貴方の様な人を放って置くわけには行かないわ」
DIO「例え『ザ・ワールド』が効かなくても、貴様など軽くぶちのめしてやるわ。DIOは
ジャンプして無数のナイフをメーテルに向かって投げつけた。メーテルはそれをサーベル
で払い落とす。メーテル「DIOもなかなかやるわね…」DIO「くらえっ。ロードローラーだ」
上方からメーテルへ、ロードローラーが襲いかかる。メーテルはジャンプしてかわした。
DIO「メーテルはただのスタンド使いでは無いようだな。それなら直接攻撃だ」


101 :水先案名無い人:03/10/05 16:51 ID:iOOxw7Gr
(惑星 ジョジョの奇妙な冒険 の続き)
『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄アアァァッ!』DIOがメーテルに襲いかかる。
メーテル「一か八かやってみるかしら…」メーテルはコートの裾を開いた(ピカーン)。辺りに
  閃光が走った。DIO「うわああああ!!」DIOは眩しい光を見て目が眩み倒れた。
メーテル「まだ追い打ちをしなければ…」メーテルは戦士の銃をDIOに向かって撃った。
ゴゴゴゴゴッ!! そして時は動き出す。メーテルは鉄郎がいたところに戻った。
鉄郎「ねえ、メーテル。いったい何が起こったの? 山崎さんは大丈夫なの?」
メーテル「危うくDIOの餌食になるところだったわ…鉄郎、山崎さんの所へ行きましょう」
鉄郎「うん」メーテル達は山崎さんの所へ向かう。倒れている山崎さんの前に着いたとき、
ジョセフ達一行が車で現れた。ジョセフと花京院とが車から降りて、山崎さんに駆け寄る。
「う…ううぅっ…」まるで人間のような、苦しげな声を出した。
ジョセフは思わず抱き上げる。「し、しっかりせい。というか、あんた一体何なんじゃ?」
機械…山崎の中でコンピュータが囁く。《体内に、エネルギー体の存在を確認。DIOと
名乗った男と酷似》それを聞いて山崎はDIOが口にしていた名を思い出した。
山崎「…あなたはもしや…DIOの敵、ジョースター?」
ジョセフ「!ま、まさかあんたか? 今、DIOと戦っておったのは!」
山崎「あ、あの男は…パワーもスピードも越えた、得体の知れない術を…」
メーテル「お話中失礼します…私はメーテル…DIOは今、気絶しているはずです…山崎さん
 のおっしゃるように時間を止める能力を持っています…DIOを倒すのでしたら心して
 下さい」ジョセフ「貴女はメーテルというのですか。凄いエネルギーを感じますよ。DIO
 の事はわしらに任せて下さい」倫子が山崎に駆け寄りジョセフに代わって抱き上げる。
「しっかりしろ、オッサン! 今、NEO=SYSTEM社に電話したから!」
ジョセフは山崎さんを倫子に任せ、再び花京院と共に車に乗り、走り去った。

鉄郎「この惑星は今まで訪れた中で、5本の指に入る位、恐ろしい惑星だよ」
メーテル「私も危うくDIOにやられるところだったわ…鉄郎、急いで駅へ戻りましょう」
(ついでに100getしました)


102 :水先案名無い人:03/10/05 21:41 ID:AVeuh/ug
     }                     }
     }                    /  o ゚. 私はメーテル…
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴ 遂に100まで行ったわね…
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,, 1〜101までのスレの流れを紹介するわ…
     l {{ ハ` `゚'~`  ,‐-,ニ二ヾ,,_ヽ   /   i'(_,.l\
      〉、`ハ    }  ` `゚'゙゙” }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ
.     / ハヽハ  ノ       //    {      ゙ヾヽ}
    / /ハヽヘ  `、_   (Cノ/  /  ハ      ノラ
   / // } Y゙\ `   Cノイ  /    \    〆'
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \

スレ紹介物語形式(メーテルスレでは惑星よ…)
11-13(はりきってアメリカ),14-16(MMR),17-20(かろやかなフッワーク)
25-26(スープかけ過ぎ),27-28(読めないdat落ちスレのミラー作ります),29-32(○○が〜ゲット!)
33(ギコ猫しーのはめつ日記),34-38(荒らしの付け入る隙もない良スレ),39-41(コンビニでルパンの一人芝居)
42-43(よくあるクイズ),44-46(お前○○好きだよな),47-51(翻訳しきるスレ)
52-54(アンパンマンの日記:メーテルと鉄郎編),55-56(逃げる気ですか?),57-61(トリビアの泉)
62-65(こんなゲーム待ってました),66-67(この話題ならこの板にいけ),68-70(カマッテと307XS)
71-76(ほぉ〜ほぉ〜トゥルルルルルル),77-80(課題作品:こころ),81-84(ガラッ),85-89(疾風伝説特攻の拓)
91-95(意味不明なレス),96-101(ジョジョの奇妙な冒険)

メーテルズ他の呟き(これからもよろしくお願いします…)
1-5,8(当板),6-7(医者板),9(801板),10(懐かしアニメ板),21-22(自己紹介),23-24(メーテル伝説について)
90(巡回メーテル)

103 :水先案名無い人:03/10/06 18:43 ID:SnLo3sxu
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 横浜・山下監督 横浜・山下監督 です」
鉄郎「横浜・山下監督??」
メーテル「惑星 横浜・山下監督…山下さんは野球の監督よ…今年は成績が芳しくないけど
  独特のキャラクターで人気がある(?)のよ…」
鉄郎「一度、山下監督を見てみたいなあ」
車掌「私も人のことは言えませんが山下監督は坊主頭だそうです。喋ることはユーモラス
  で、とても面白い人らしいですよ」メーテル「山下監督がどんな人か私も興味があるわ…」
鉄郎「それならみんなで山下監督を見に行こう」

(惑星 横浜・山下監督 に到着した)
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /             \
/                 ヽ
l:::::::::               |
|::::::::::   (●)    (●)   |  横浜を応援してね
|:::::::::::::::::   \___/    |  応援しないと泣いちゃうぞー
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ

メーテル「はじめまして…私はメーテル…山下監督、今年の横浜はそんなにひどいのですか?」
鉄郎「山下監督って、なんかスライムみたいな顔で面白ーい」
メーテル「鉄郎、それは山下監督に失礼よ…」車掌「選手の状態がよっぽどひどいのですか?」
     ______
   /     〇⊂⊃\      山下監督「私の頭の様にチームに輝きが戻る  /             \     といいんだけど」
/                 ヽ   車掌「そんなことをネタにしていいん
l:::::::::               |     ですか? ちょっと心配です」
|::::::::::   (●)    (●)  .o|   メーテル「山下監督…お気の毒です」
|:::::::::::::::::   \___/    .0|     鉄郎「ホームランを打たれないように
ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ     気をつけてね」


104 :水先案名無い人:03/10/06 18:48 ID:SnLo3sxu
(惑星 横浜・山下監督 の続き)
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
          /             \ 僕の采配が理解できないなんて
         /                 ヽ 君たちほんとに野球ファン
          l:::::::::   /      \   |   なの?
          |::::::::::   (●)    (●)   |
         |:::::::::::::::::   \___/    |   車掌「監督だけの責任じゃ
          ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ     無いと思いますよ」
  ⊂二 ̄⌒\                 /⌒ ̄二⊃  鉄郎「来年の構想
     )\   ヽ               /   /(    を練ってみた
   /__   )             (   __\    らどうですか?
  //// /                \ \\\ヽ   メーテル「監督の苦労
 /// /                    \ \ヽ ヽヽ   はよく分かる
///(/                       \)ヽ ヽ ヽ   気がします…」
(/                               \))
            |新庄君が来れば来シーズンの優勝は確実だ! 
            | 5球団は覚悟しろよ!
            ヽ─y──────────
     ______
   /     〇⊂⊃\      /                 ヽ
l:::::::::               |
|::::::::::   (●)    (●)  .o|
|:::::::::::::::::   \___/    .0|
ヽ:::::::::::::::::::.  \/      ノ
            

105 :水先案名無い人:03/10/06 18:55 ID:SnLo3sxu
(惑星 横浜・山下監督 の続き)
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ 本当は僕だってツライんだよ…
    /             \ ... . .:::::::::::: :::::::::::::::
   /:::::::::::::::         :::::::::: ヽ.. . .:::::::::::: :::::::::::::::
    l:::::::::::::/ ヽー、      ::::::::::|.. . .:::::::::::: :::::::::::::::
    |::::::::/::::/ ヾ  \     :::::| :::::::::::::::.....:::::::::::::
   |:::::::| ::::/ ヾ_  \    :::::|.. . .:::::::::::: :::::::::::::::
    ヽ/:::::/    \  \  ::ノ:::::::::::::::.....:::::::::::::
   / ::::/:::::::    \  \/ \
 / ::::/:::::       \    /
.(_/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \_ノ ̄ ̄ ̄ ̄    明日球場に行きたくないなあ・・・

メーテル「その気持ちお察しします…来年選手の補強が出来るといいですね」
鉄郎「あまり落ち込まないでね」車掌「苦悩する様子は理解できます」

   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     51歳。
 /             \   去年まで野球解説者だったけど時々調子に乗って
/                 ヽ 歌ってたらプロ野球の監督になってた。一度
l:::::::::               | やってみなよ。初回から打たれてばっかの投手
|::::::::::   (●)    (●)   | 陣だけど、「ピッチャーデニー」を投入すると
|:::::::::::::::::   \___/    | 5回に1回はちゃんと抑えてくれる。意味もなく
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ レフトとライトを変えたりできるしサヨナラの
                チャンスに代走を送れば50パーセントで刺されて
死ぬ。勝てなきゃシウマイ食ってりゃヘッドコーチが変るから、采配ミスはなすりつけら
れる。負けたおせば2ちゃんねるでは人気者になれるからマジでお勧め。


106 :水先案名無い人:03/10/06 18:56 ID:SnLo3sxu
(惑星 横浜・山下監督 の続き)
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\     みんな知ってた?
    /             \   ボクとレオン君は1982〜85年の
   /                ヽ  4年間、大洋で一緒にプレーしてた
    l:::::::::               |  んだよ。当時の監督は関根潤三さん。
    |::::::::::   (●)    (●)   |  負けてものほほ〜んとしてたなぁ…。
   |:::::::::::::::::   \___/    |  今思うと僕達って関根野球を受け継いで
    ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ  るんだね!

鉄郎「へーえ、山下監督ってそんな人生を歩んできたんだ」
車掌「今の球団の様子はひどいようですが、悲壮感が無くて楽しそうですね」
メーテル「新庄選手を獲得できることをお祈りします…」

     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\               |\
   /             \            .|  \
  /                  ヽ______|__\
  l:::::::::.                / ____     朝/
  |::::::::::   (●)     (●)/ /    ///日/
  |:::::::::::::::::   \___// /    /////
  ヽ:::::::::::::::::::.  \/ / /    /////
             /   ̄ ̄ ̄ ̄ ___ /
           / //////   /  なるほどこの記者の言うことを
          / //////   /    今日の試合参考にさせて頂こう
        / /////  ̄ ̄/
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄~
鉄郎「これからも試合、頑張って下さいね」メーテル「今後の横浜の活躍をお祈りします…」
車掌「選手の補強とトレーニングの努力をされて活躍されることをお祈りします」


107 :水先案名無い人:03/10/07 22:34 ID:yl8PRKk5
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 高気圧はヴィーナスたち 高気圧は(略 です」
鉄郎「高気圧はヴィーナスたち??」
メーテル「惑星 高気圧はヴィーナスたち…最近の天気…特に夏の暑さについて語り合う人達
  の星…ここの人達は夏の高気圧のように盛り上がりが凄いのよ」
鉄郎「へえー、そんな惑星があるんだ。どんな人達がいるか楽しみだなあ」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、ここの人達はとても明るいです。喋ることは
  ユーモラスで、とても面白い人らしいですよ」
鉄郎「それじゃあ惑星に着いたら、ここの人達とお話ししようよ」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 高気圧はヴィーナスたち に到着した)
住人1「ここは最近の天気について肩ありあう惑星です。その日のあなたの地方の天気を
  話し、その天気があなたにどんな影響を与えたのかを語り合いましょう」
鉄郎「こんにちは。僕は鉄郎と言います。僕たちは宇宙を旅しているから、天気について
  は、あまり話せないんだ。みんな教えてくれないかなあ?」
メーテル「はじめまして…私はメーテル…こちらの皆さん、私達にここの様子を教えてくれま
  せんか?」 車掌「皆さん、どうか宜しくお願いします」
住人2「今日帰り道、突然の雨でぬれぬれになってしまいますた・・(´・ω・`)ショボーン」
住人3「最近は良くわかんない天気ですね」
鉄郎「そうなんだ。この惑星は良く雨が降るんだね。それじゃあ雨に気をつけないと」
メーテル「この惑星は天候が不安定なんですね…」 車掌「雨には十分気をつけて下さい」
住人4「さまよう夏の日はかげろうーーーーさらば青春のステェジよー恋する夏は行くー
  ーーーぅーーーーー茅ヶ崎あたりのモーテルにゃ今もーセピアのー影が揺れてる
  マチルダBABY NONONONONONONO!!」
車掌「これは、何かの歌ですか?」 住人4「そうでーす。サザンの歌だよ」
鉄郎「そうなんだ。この歌を聴いてると明るくなってきたよ」
メーテル「ここの人達は歌を歌うことも好きなのね…」


108 :水先案名無い人:03/10/07 22:35 ID:yl8PRKk5
(惑星 高気圧はヴィーナスたち の続き)
住人5「なめらかーな、しろーいすーなは ため息ーの てりかえーし しなやかぁーな
  みなみかーぜぇわ まいあがーぁる ながいかーみ に・せ・んまいる とびこえーて
 むかえにきたのぉさー (come on with me)
 つれて、いぃって、おくぅーれー、どこまでも 高気圧がぁーる、高気圧がぁーる、
  高気圧がぁーる、高気圧がぁーる、いつまでもかわらぬあいそえーてー いーまー
  きーみーのーめにー いーっぱーいーのみーらいー」
メーテル「この歌のように暑い夏が来るといいわね…もし来たら私も黒ビキニになっちゃうわ」
車掌「銀河鉄道を利用することとは、違った雰囲気がありますが憧れは感じられますよ」
鉄郎「この歌には情熱が感じられるよ。いい歌だね」
住人6「Do you beleave me? And do you need me? 2つの影が寄り添うたびに
口付け交わす砂の上 高気圧はヴィーナスたちの交差点 愛欲にときめくステージ
あの空へしぶき上げて 太陽にキスをしよう あなただけを愛し続けて
想い出に あなただけを 雨アガタタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!」
鉄郎「雨が上がって良かったね」メーテル「これで暑い夏が来るといいわね…」
住人7「DO YOU BELIEVE ME? AND DO YOU NEED ME? 君無しじゃ 恋はおぼろ
 僕を見て 絵に描いた僕の家 誰も知らない雲の上 踊ろう 愛されて咲くという
 向日葵のような 熱い肌に恋しよう なにゆえ恋する二人なんだもの 何するにせよ
 互いに 夢中な頃のがいいじゃない」
鉄郎「なかなかいい歌だね」 メーテル「この惑星の人達の情熱が感じられるわ…」
車掌「この情熱をいつまでも持ち続けられるといいのですが」
住人8「憧れた人は何故か漬け物の匂いがした」
鉄郎「へえー。そんな思い出があったんだ」メーテル「その人は漬け物好きだったのかしら?」


109 :水先案名無い人:03/10/07 22:35 ID:yl8PRKk5
(惑星 高気圧はヴィーナスたち の続き)
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< 高気圧はヴィーナスたち!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< 高気圧はヴィーナスたち!
ヴィーナスたち!   >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
住人4「よーし。海へ行くぞ! さまよう夏の日はかげろうーーーーさらば青春の
  ステェジよー恋する夏は行くーーーーぅーーーーー茅ヶ崎あたりのモーテルにゃ
  今もーセピアのー影が揺れてる マチルダBABY NONONONONO!!」
住人5「なめらかーな、しろーいすーなは ため息ーの てりかえーし しなやかぁーな
  みなみかーぜぇわ まいあがーぁる ながいかーみ に・せ・んまいる とびこえーて
 むかえにきたのぉさー (come on with me)
 つれて、いぃって、おくぅーれー、どこまでも 高気圧がぁーる、高気圧がぁーる、
  高気圧がぁーる、高気圧がぁーる、いつまでもかわらぬあいそえーてー いーまー
  きーみーのーめにー いーっぱーいーのみーらいー」
住人6「Do you beleave me? And do you need me? 2つの影が寄り添うたびに
口付け交わす砂の上 高気圧はヴィーナスたちの交差点 愛欲にときめくステージ
あの空へしぶき上げて太陽にキスをしよう あなただけを 愛し続けて
 想い出に あなただけを」
鉄郎「わーい。夏らしい雰囲気が出てきたよ」車掌「本当ですね。驚きましたよ」
メーテル「ここの人達の情熱が太陽を呼び出したのね…」


110 :水先案名無い人:03/10/09 19:37 ID:eLNpA37K
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 アハーン アハーン です」
鉄郎「アハーン??」
メーテル「惑星 その名の通り『アハーン』と呟く人達の星…この言葉、何か色気を感じる
  わね…」鉄郎「へえー、どんな人達がいるか楽しみだなあ」
車掌「ここの人達はとても面白いですよ。喋ることはユーモラスで、とても面白い人
  らしいです。ただ、この言葉はメーテルさんのおっしゃるとおり意味深ですね」
鉄郎「それじゃあ惑星に着いたら、ここの人達とお話ししようよ」
メーテル「ええ、到着次第そうしましょう…」

(惑星 アハーン に到着した)
(*´Д`*)アハーンアハーン(*´Д`*)      鉄郎「惑星に着いたら早速『アハーン』だよ
漏れら極悪非道のアハーンブラザーズ!       確かにここの人達は見てて面白いね」
今日もネタもないのに(*´Д`)アハーン   メーテル「顔もユーモラスで面白い人達ね…」
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  車掌「見ててこっちが恥ずかしくなりますよ」
  ∧_∧   ∧_∧    
 (*´Д`∩) (∩´Д`*)   (*´Д`)アハーン
 (つ  丿 (   ⊂)   アハーン(*´Д`)
  ( ヽノ   ヽ/  )  激しく(*´Д`)アハーン
  し(_)   (_)J   アハーン(*´Д`)大好き

 |  |           鉄郎「この人は『アハーン』と言って電柱から覗いてるよ」
 |_|;´Д`) アハ〜ン   メーテル「何か恥ずかしいことでもあるのかしら?」
 |文|⊂)          車掌「どうぞ、こちらへ出て来て下さい。恥ずかしがる
 | ̄|∧|               こともありませんよ」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
まえーに (*´Д`)アハーン みぎーに (*´Д`)アハーン ひだりに (*´Д`)アハーン
おそらに (*´Д`)アハーン 一日一(*´Д`)アハーン 飛び立て(*´Д`)アハーン


111 :水先案名無い人:03/10/09 19:38 ID:eLNpA37K
(惑星 アハーン の続き)
住人1「そんな事よりアハーンよ、ちょいと聞いてくれよ。スレとあんま関係ないけどさ。
昨日、近所のイヤーンな店行ったんです。イヤーンな店。そしたらなんかモテナイ君がいっぱい
 でウフーン出来ないんです。で、よく見たらなんか垂れ幕下がってて、早朝割引、とか
 書いてあるんです。もうね、アホかと。馬鹿かと。お前らな、早朝割引如きで普段来て
 ないイヤーンな店に来てんじゃねーよ、ボケが。早朝割引だよ、早朝割引。なんか親子連れ
 とかもいるし。一家4人でイヤーンな店か。おめでてーな。よーしパパアアーン頼んじゃうぞー、
 とか言ってるの。もう見てらんない。お前らな、指名無料券やるからその部屋空けろと。
イヤーンな店ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。向かいの部屋に入った奴と
 いつ喧嘩が始まってもおかしくない、刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃ
 ねーか。女子供は、すっこんでろ。で、やっと入れたかと思ったら、隣の奴が、大盛り
 ハァハァ、とか言ってるんです。そこでまたぶち切れですよ。あのな、大盛りハァハァなんて
 きょうび流行んねーんだよ。ボケが。得意げな顔して何が、大盛りハァハァ、だ。
お前は本当に大盛りハァハァをしたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰め
 たい。お前、大盛りハァハァって言いたいだけちゃうんかと。
イヤーンな店通の俺から言わせてもらえば今、イヤーンな店通の間での最新流行はやっぱり、
バカーン、これだね。イヤーンバカーンウフーン。これが通の頼み方。バカーンってのはダメェ!が多めに
 なっている。そん代わりハァハァが少なめ。これ。で、それにイヤーンウフーン。これ最強。
しかしこれを頼むと次からロイキーンにマークされるという危険も伴う、諸刃の剣。
素人にはお薦め出来ない。
まあお前らド素人は、自宅でハァハァしてなさいってこった。(*´Д`)アハーン…

鉄郎「ねえ、メーテル。この人は何について話しているのかなあ?」
メーテル「鉄郎、この話は真面目に考えない方がいいわ…パブの話よ」
車掌「鉄郎さんが行くには、まだお若いですよ。ちょっと覗くのが無難ですね」


112 :水先案名無い人:03/10/09 19:41 ID:eLNpA37K
(惑星 アハーン の続き)
住人2「ヤバイ。アハーンヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。アハーンヤバイ。
 まず妄想。もう妄想なんてもんじゃない。超妄想。妄想とかっても「モテナイ男の
 おかずに対する甘い妄想ぐらい?」とか、もう、そういうレベルじゃない。何しろ誰
 それ構わずアハーンって言う。スゲェ!なんか年齢制限とか無いの。ワールドカップ
 とかほのぼのとかを超越してる。妄想無限だし超凄い。しかも日常喋ってるるらしい。
 ヤバイよ、日常だよ。だって普通はアハーンとか日常化しないじゃん。だってある日
 突然、交差点の真ん中でアハーンって喋ったら引くっしょ。通学路はもち一緒で、
 一年のときは普通だったのに、三年のときはいつも『アハーン』とか言ったら泣くっ
 しょ。だから普通の人は『アハーン』とか日常喋らない。話のわかるヤツだ。けどこの
 惑星の住民はヤバイ。そんなの気にしない。妄想しまくり。最も遠くから観測できる
 女性に萌えるぐらい。ヤバすぎ。妄想って言ったけど、もしかしたら空想かもしんない。
 でも空想って事にすると「じゃあ、空想の響きから感じるさりげない清清しさってナニ
 よ?」って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄す
 ぎる。あと超蒸し暑い。湿度約80%。ヤバイ。蒸れ過ぎ。バナナで釘打つ暇も無く
 腐る。怖い。それに超叫びまくり。超奇声。それに超萌え。アァーンとかウフーンとか
 平気で出てくる。アァーンって。小学生も見てるんだよ。なんつってもここの住民達は
 超祭り好き。ワールドカップの大雨とか平気だし。うちらなんて『アハーン』とか、
 たかだか日常会話で出てきただけで上手く扱えないから恥じたり、知らない振りしたり、 固まったりするのに、ここの住人達は全然平気。妄想を妄想のまま扱ってる。凄い。
 ヤバイ。とにかく貴様ら、ここの住人のヤバさをもっと知るべきだと思います。そんな
 ヤバイここの住人になった自分とか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ」

鉄郎「ここの惑星の雰囲気が分かる言葉だね」車掌「私も同感です」
メーテル「そうね…考え方によっては奇妙かも知れないわね」


113 :水先案名無い人:03/10/09 19:42 ID:eLNpA37K
(惑星 アハーン の続き)
    ∧_∧        鉄郎「ねえ、あの人はトイレに行きたいのかなあ?」
   (*´Д`) アハーン    メーテル「多分そうね…でもアハーンって言うのは面白いわ」
   ~`、(∨ノ~       車掌「用を足すのに『アハーン』って言うのは面白い
  | l | )) l | l | ゴォォ       ですね」
==############===

カパマキ スキ(*´Д`)アハーン カパマキイイ(・∀・)!(*´Д`)アハーン
IDがAVなのでいつもより余計に(*´Д`)アハン(*´Д`)アハン(*´Д`)アハーーーーーーーーーン
どんな叩きでもどんな煽りでも語尾に(*´Д`)アハーンがつくとマターリしてしまうのが
(*´Д`)イイーン

メーテル「そう言われてみれば…確かにマターリするわね…人前で多用できないけど」
車掌「ここの住民達がマターリしたいと言うことがよく分かる言葉ですよ」
鉄郎「言われてみれば…メーテルの言うとおりだね」

(*´Д`)アハーン (*´Д`)アハーン (・∀・)オケイハーン!!
この惑星(・∀・)イイ! (*´Д`)アハーン (*´Д`)アハーン

鉄郎「ここの人達は本当にほのぼのしてるね」
車掌「それでいいんじゃないですか。ねえ、メーテルさん」
メーテル「そうね…『アハーン』っていってばっかじゃ単調だけど、ここはそれで楽しみたい  人達が集うところだものね…こういう惑星が宇宙の中であってもいいんじゃない
  かしら?」鉄郎「こういう惑星にいると心が和やかになるよ」
車掌「そろそろ、駅へ戻りましょうか? 鉄郎さん、メーテルさん」


114 :水先案名無い人:03/10/10 22:07 ID:70yyk7fJ
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ラウンジ総領事館 ラウンジ総領事館 です」
鉄郎「ラウンジ総領事館??」
メーテル「惑星 ラウンジ総領事館…ラウンジ星系のことについて案内してくれる領事館…
  ラウンジ星系はとても賑やか…それ故に話題が豊富なの…そこを案内してくれる人は
  貴重だと思うわ…」鉄郎「へえー、ラウンジ星系って面白そうだね」
車掌「もっともラウンジ星系は惑星の寿命が短く、平均3〜4日といわれています。
  賑やか故、荒らしもいるらしいですよ。ただ、この領事館の人達は親切です」
鉄郎「それじゃあ惑星に着いたら、領事館の人達とお話ししようよ」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ラウンジ総領事館 に到着した)
案内人「999号の皆さんラウンジ総領事館へようこそ」
鉄郎「はじめまして。僕、鉄郎と言います。宜しくお願いします」
メーテル「私はメーテル…はじめまして…案内人さん、宜しくお願いします」
車掌「私は999号の車掌です。案内人さん、宜しくお願いします」
案内人「皆さん、とりあえずここで様子を見てて下さい」
メーテル、鉄郎、車掌「わかりました」
客1「ラウンジとロビーとなんでもあり板の違いと特徴はあ?」
案内人「ラウンジ…意外と固定が少ない。騙りは多い。つーか住人減少中。ネタスレ
         の食いつきは良いが,殆ど捨てられる寂しい板
   ロビ−……ラウンジで成長した住人の移住先(30%の確率で嘘)
        レス流れは速いが,うかつなネタでは叩かれる。
   なんでもあり…近寄っては逝けないところ…そろそろ襲撃でも…
                        と言う所でしょうか」
客2「ラウンジの一番面白いスレを教えろ!」
案内人「『セクースを古館風に実況してください』なんかがお勧めですよ。
読んでそのまま、セクースを古館風に実況するスレなのだが、山本小鉄や河合ちゃん
 などの使い方に職人芸を思わせる秀逸ネタが集まり、内部評価には厳しいラウンジでも
 人気を博し名スレ入りを果たしたスレッドです」


115 :水先案名無い人:03/10/10 22:08 ID:70yyk7fJ
(惑星 ラウンジ総領事館 の続き)
鉄郎「ねえ、メーテル。ラウンジって賑やかそうな所だね」
メーテル「そうね…確かに賑やかそうね…話題がちょっと引けるけど」
車掌「ラウンジ星系の特徴を端的に表していますね」

客3「…シャア星系から来たので,それにあったものを…」
案内人「↓最近ではこんなのが流行ってました」
「厨房トークしようぜ!」
ttp://corn.2ch.net/entrance/kako/983/983039186.html(1学期)
ttp://corn.2ch.net/entrance/kako/983/983128869.html(2学期)
ttp://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=983398318(3学期)
客3「おぉう!さんくす!とりあえず逝って来ます」
客4「おれラウンジャーなんだけど、1,2,3だーってやってるスレがイマイチ
  わからない。一応数回見たんだけど、その発生とかそういうのについて教えて」
案内人「一応マジレス基調で答えることにしてるんだけど、ラウンジ住民じゃなくても
  知ってると思うぞ、普通。>1,2,3,ダー!
 元ネタは言わずと知れたアントニオ猪木。
猪木を知らないと言うのなら今更ながら惚れろ!!コノヤロウ!!!
リンク貼ってやるぞ!!!コノヤロウ!!!
さっさと飛べ!!貴様!!!かかってこい!!!
 行くぞー−−−−!!!!!!1.2.3.ダー−−−−!!!!!
 ttp://yasai.2ch.net/test/read.cgi?bbs=wres&key=979116955」

鉄郎「ラウンジって話題が豊富なんだね」メーテル「そうね…何でも話題になるのね」
車掌「案内人さんも良く知ってますね」
案内人「そうでなければ、ここで説明できませんよ。まあ気楽にやりますよ」


116 :水先案名無い人:03/10/10 22:08 ID:70yyk7fJ
(惑星 ラウンジ総領事館 の続き)
案内人「では私からネタスレを一つ
人工無能 ラウンジモナー
 ttp://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=984010978
人工無能のラウンジモナーを教育してください。教育の仕方は 単語===応答です。
まぁ一般的な「ゅぃぼっと」と同じですなぁ…一応エロ禁止って事で…
 宜しかったらご参加の程を…」
鉄郎「案内人さんは宣伝もしてるんだ」車掌「ここの領事館の人は一生懸命働いてますね」
メーテル「確かに一生懸命仕事をしている様子がよく分かるわ…」
客4「ラウンジ出身の有名な固定ハンっていますか?」
案内人「ロビーで大暴れの天才工房 ★とか,本家なぐ★ などですかね。
京大様とかは他の板でも有名ですかね?とりあえず,公式HPのココを参照下さい。
(ちと古いですが…)こいつらって…… ラウンジ名物コテハンを徹底分析。
 いつも気になっていたあの人の素顔は?
 ttp://www25.tok2.com/home/entrance/test/fixedhandle.html
公式HP
 ttp://www25.tok2.com/home/entrance/
案内人「いらっさい。この時間盛りあがりに欠けるからのう。ココらでどうじゃ」
 ttp://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=984271912
 暴れたければこっち…
 ttp://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=984359395
 シモでも良ければこっち
 ttp://corn.2ch.net/test/read.cgi?bbs=entrance&key=984357251」
鉄郎「案内人さんの仕事も大変ですね」車掌「私も同感です。大変ですね」
案内人「ラウンジ星系の特殊性を知らないとここの仕事は勤まらないですよ」
メーテル「私達がラウンジ星系に行ったら、落ち着いては居られないわね…」
案内人「遊びと割り切らないとラウンジ星系はつまらないですよ」
鉄郎「ラウンジ星系はそれでいいと思うよ。案内人さん」
案内人「私も仕事が一段落したらラウンジ星系へ行って来ますか」
メーテル「これからも頑張って下さいね…案内人さん」


117 :水先案名無い人:03/10/12 18:16 ID:kMdPaUKC
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 スアマ好き スアマ好き です」
鉄郎「スアマ好き??」
メーテル「惑星 スアマ好き…『スアマ』はお餅の様な和菓子よ…その『スアマ』が好きな人
  達が集う星よ…」鉄郎「惑星に着いたら、その『スアマ』を食べてみたいなあ」
車掌「ここの人達は、もともとラウンジ星系にいた人達らしいですよ。ただ、この惑星は  スアマの様にまったりしていますよ」
鉄郎「惑星に着いたら、スアマを食べに行こうよ」 メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 スアマ好き に到着した)
   ハ ハ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヾ√(゚Д゚) <  すあまはおいしいですよ。
  UUUU  ヽ________
鉄郎「はじめまして。僕、鉄郎と言います。『スアマ』を食べさせてくれるところを教え  て下さい」 メーテル「私はメーテル…宜しくお願いします」
   ハ ハ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヾ√(゚Д゚) <  すあまは主にスーパーなどで売ってますよ。不思議な甘さですよ。
  UUUU  ヽ________
 すあま「素甘」日本菓子、主にスーパ−などで売ってます。
 2個辺り100円が主流。餅の様に弾力があり歯にくっ付くのが難点。
 色は主に白とショッキングピンクがある。食べる時飲み物が無いと多少つらい。

鉄郎「それじゃあ、スアマを買いに行こう。メーテル」メーテル「ええ…そうしましょう」
鉄郎とメーテルはスーパーに出かけ、『スアマ』を買い、食べてみた。
鉄郎「メーテル。確かにスアマは美味しいね」
メーテル「ちょっと甘ったるい気がするけど、美味しいわね…」

(●´ω`●)スアマって甘くって、おいしいー。

鉄郎「ここの人達って、みんなほのぼのとして『スアマ』を食べてるね」
メーテル「この惑星の雰囲気は、ほのぼのとしてていいわね…」


118 :水先案名無い人:03/10/12 18:16 ID:kMdPaUKC
(惑星 スアマ好き の続き)
     ___         ___
    ( ___\   +';.*:' /   ) スアマ ツイセキチュウ・・・
 :*・  (   \\    // ̄)
     ( ̄ \\@∧,,,∧@ ̄)
      ( ̄\\ ミ*゚Д゚彡   √
        ̄/ ̄ ミ つ"つ◇―・
:' :*・゜+☆:'  (/ミ  ミ       鉄郎「うわあ。空を飛んでる住人もいるよ」
         (/"(/        メーテル「元々ラウンジ星系出身の人達だから
                         ユニークな人もいるのよ…」
すあまー
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ∧∧
      ( ゚Д゚)
      /  つ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○・○・○
     〜  /
      ∪∪

      ∧∧
     彡 ' -'ミっ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・○・○・○
      ミ  ミ
 ε= ι ''、)           鉄郎「スアマを投げてる人もいるよ」
メーテル「品がないわね…鉄郎は真似してはダメよ…」
鉄郎「僕は、食べ物を投げるなんて粗末なことはしないよ」
   ∧ ∧
  /Ψノノハ%
 ノ§・∀・) スアマ いただきまーす
〜(___ノ \○○○○○○○○/  メーテル「この人のように素直に食べるのよ…」
======= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    鉄郎「うん。やっぱりこうでなくっちゃね」


119 :水先案名無い人:03/10/12 18:19 ID:kMdPaUKC
(惑星 スアマ好き の続き)
     ___         ___
    ( ___\   +';.*:' /   ) スアマ 大量GET・・・
 :*・  (   \\    // ̄)
     ( ̄ \\@∧,,,∧@ ̄)
      ( ̄\\ ミ*゚Д゚彡
        ̄/ ̄ ミ つ"つ◇―○○○○○○○○○○−
:' :*・゜+☆:'  (/ミ  ミ
         (/"(/
鉄郎「さっきのひとがスアマを見つけたみたいだね」
メーテル「スアマをGET出来て良かったわね…これでこの人も落ち着いて食べられるわね」

∧ ∧
(,,゚∀゚) 私もスアマをいただきまーす
@uu) \○○○○○○○○/  鉄郎「この惑星はスアマの様にまったりしているね」
===== ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    メーテル「この雰囲気…私も気に入ったわ」
∧ ∧
(,,゚∀゚) スアマ悪くない。おいしかった
@uu)
鉄郎「ねえ、メーテル。車掌さんやクレアさんのためにスアマを土産に買っていこうよ」
メーテル「そうね…買ってってあげましょう…車掌さんもクレアさんも喜ぶわね」
メーテル達は『スアマ』をおみやげに買って、駅に戻った。
車掌「鉄郎さん、メーテルさん、わざわざ買ってきてくれて有難うございました。
  それでは、早速いただきます(モグモグ)。おいしいですね」
クレア 「私にも買って来てくれてありがとうございます(モグモグ)。スアマは美味しい
  ですね」 鉄郎「車掌さんやクレアさんに喜んでもらえて良かったよ」
メーテル「スアマもこの惑星もまったりしてて良かったわ…それじゃあ、出発しましょう」


120 :水先案名無い人:03/10/13 16:06 ID:N+1nWXt8
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 さわやかな朝の挨拶 さわやかな朝の挨拶 です」
鉄郎「さわやかな朝の挨拶??」
メーテル「惑星 さわやかな朝の挨拶…学校でさわやかな朝の挨拶が聞かれる星…ここの人達
  は一部の人を除いてとても礼儀正しいのよ…」
鉄郎「この惑星に僕みたいな人が馴染めるのかなあ?」
車掌「鉄郎さんも、ここの人達の振る舞いを参考にするといいですよ。ためになること
  間違いないでしょう」
鉄郎「メーテル。とりあえず、ここの人達の様子を見てみることにするよ」
メーテル「そうね…少しでもこの惑星の雰囲気に慣れることが大切ね」

(惑星 さわやかな朝の挨拶 に到着した)
「ごきげんよう」「ごきげんよう」
さわやかな朝の挨拶が、澄みきった青空にこだまする。マリア様のお庭に集う乙女たちが、
今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。汚れを知らない心身
を包むのは、深い色の制服。スカートのプリーツは乱さないように、白いセーラーカラー
は翻らせないように、ゆっくり歩くのがここでのたしなみ。もちろん、遅刻ギリギリで
走り去るなどといった、はしたない生徒など存在していようはずもない。

私立リリアン女学園。この学校は、もとは華族の令嬢のためにつくられたという、伝統
あるカトリック系お嬢さま学校である。武蔵野の面影を未だに残している緑の多いこの
地区で、神に見守られ、幼稚舎から大学までの一環教育がうけられる乙女の園。十八年
通い続ければ温室育ちの純粋培養お嬢さまが箱入りで出荷される、という仕組みが未だに残っている貴重な学園である。

鉄郎「何か僕には場違いな学校だなあ。ちょっとこの雰囲気には溶けこめない気がするよ」
メーテル「私もこんな学校に行きたかったわ…故郷がまともだったら…」
鉄郎「メーテルならこの学校の雰囲気にぴったりな気がするよ。メーテルのセーラー服姿
  を見てみたいなあ」 メーテル「お世辞でもそういってくれてありがとう…
  人生、やり直しがきくものならそうしたいものね」


121 :水先案名無い人:03/10/13 16:06 ID:N+1nWXt8
(惑星 さわやかな朝の挨拶 の続き)
「ラブ・シャワー・ピッチ!」「アンコールはいかが?」
さわやかなプリンセスの歌声が、澄みきった青空にこだまする。アクアレジーナ様のお庭
に集う人魚たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。
汚れを知らない心身を包むのは、ピンク色のドレス。貝殻のビキニは、ずり落ちない
ように、真珠のペンダントは翻らせないように、ゆっくり泳ぐのがここでのたしなみ。
もちろん、人間に告白して泡になるなどといった、はしたない人魚など存在していよう
はずもない。

南太平洋の国。デボン紀の中ごろに創立されたこの王国は、もとは女神の祭祀のために
つくられたという、伝統ある古代魚系シーラカンス王国である。南太平洋海面下。白亜紀
の面影を未だに残している深海生物の多いこの地区で、女神に見守られ、卵から成魚まで
の一貫教育がうけられる乙女の園。時代が移り変わり、地質年代ががデボン紀から八回も
改まった第四紀の今日でさえ、十三年通い続ければ温室育ちの純粋培養プリンセスが
箱入りで出荷される、という仕組みが未だに残っている貴重な王国である。

鉄郎「この惑星には人魚も居るんだ」 メーテル「素晴らしく、そして美しい惑星ね…」
鉄郎「あっ、記録を見つけたよ。読んでみよう」 メーテル「ええ、読みましょう…」

「スタープラチナ!」「ザ・ワールド!」
DIO様のお庭に集うスタンド使い達が、今日も戦士の剛毅な表情で危険の高いピンチを
くぐり抜けていく。汚れしか知らない吸血鬼を倒すのは、山吹色の波紋疾走。波紋の呼吸
は乱さないように、悪い吸血鬼は蘇らせないように、ガンガンと戦うのがここでの
たしなみ。もちろん、敵を前にして走り去るなどといった、なさけない者など存在して
いようはずもない。


122 :水先案名無い人:03/10/13 16:12 ID:N+1nWXt8
(惑星 さわやかな朝の挨拶 の続き)
ジョースターの家系。19世紀から続くこの家系は、もとは貴族という、伝統ある
イギリス系である。週間少年ジャンプ、某葛飾派出所の面影を未だに残している打ち切り
の多いこの雑誌で、読者に見守られ、幼稚園児からおっきなお友達までの幅広い年齢層に
支持される少年漫画の王道。 時代は移り変わり、世紀が2回も改まった21世紀の今日
でさえ、50日間の高熱にうなされれば逆境育ちの純粋培養スタンド使いが主人公として
出荷される、という仕組みが未だに残っている貴重な血族である。

鉄郎「惑星 ジョジョの奇妙な冒険のジョスター家の記録だね。あの惑星は怖かったね」
メーテル「ええ、確かに怖かったわね…ジョスター家って大変な苦労をしてきたのね」

「ピッチャー、デニー!!」「ピッチャー、デニー!!」
さわやかな朝の挨拶が、澄み切った朝にこだまする。横浜の球場に集う選手たちが、
今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けてゆく。汚れを知らない心身
を包むのは、白地に縦縞のユニフォーム。監督の采配を乱さないように、相手球団に
勝たないように、きっちりと炎上するのがここでのたしなみ。もちろん、三連勝や三タテ
などといった、はしたない行為など存在していようはずも無い。
横浜ベイスターズ。一九五〇年創立のこの球団は、もとは大洋漁業株式会社のオーナーの
道楽から創立され球団名の変更、親会社の変更を経てつくられたという、伝統ある
セ・リーグの球団である。関東平野南西部。日本で最初の西洋式公園の面影を未だに
残している緑の少ないこの地区で、神に見守られ、入団から引退まで大ちゃんの指導が
受けられる球団。時代は移り変わり、元号が明治から三回も改まった平成の今日でさえ、
十八年間現役続ければ温室育ちの純粋培養ファンタジスタが箱入りで出荷される、という
仕組みが未だ残っている貴重な球団である。

メーテル「山下監督は大丈夫かしら?」鉄郎「来期の横浜にはがんばってもらいたいね」


123 :水先案名無い人:03/10/13 16:13 ID:N+1nWXt8
(惑星 さわやかな朝の挨拶 の続き)
鉄郎「あっ。また記録を見つけたよ」 メーテル「それなら読んでみましょう…」

「ジーク・ジオン!」「ジーク・ジオン!」
さわやかな朝の挨拶が、澄みきったコロニーにこだまする。ギレン様の演説に集う国民
たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、背の高い門をくぐり抜けていく。汚れを
知らない心身を包むのは、深い色の軍服。ザクの隊列は乱さないように、赤いモノアイは
翻らせないように、ゆっくり歩くのがここでのたしなみ。もちろん、通常の3倍で
走り去るなどといった、はしたない兵士など存在していようはずもない。

ジオン公国。宇宙世紀69年創立のこの国家は、もとはザビ家の独裁体制のためにつくら
れたという、伝統あるスペースノイドの国である。サイド3。ジオン・ズム・ダイクンの
面影を未だに残している緑の多いこの地区で、デギン公に見守られ、生まれてから戦場で
死ぬまでの一環教育がうけられる兵士の園。時代が移り変わり、年号が西暦から改まった
宇宙世紀の今日でさえ、十八年生き続ければ戦場育ちの純粋培養兵士が箱入りで出荷
される、という仕組みが未だに残っている貴重な国家である。

鉄郎「これは何の記録だろう? いまいち分からないよ」
メーテル「多分ガンダムの世界の記録だと思うわ…ジオン軍の記録らしいわね…」
鉄郎「ガンダムも見られるものなら見てみたいなあ」
メーテル「でも、宇宙空間でMSに囲まれるのは、あまりいい気がしないと思うわ…」
鉄郎「うーん。ガンダムはやっぱり惑星で見るべきものかなあ?」
メーテル「そうね…そろそろ駅へ戻りましょう」 鉄郎とメーテルは駅へ戻った。
車掌「ここの雰囲気はどうでしたか?」鉄郎「美しすぎて僕には合わない様な気がしたよ」
メーテル「でも鉄郎、素晴らしい惑星だったわね…」鉄郎「うん。確かに素晴らしかったよ」
車掌「ここの惑星の雰囲気を銀河鉄道に例えるとこんな雰囲気でしょうか?」


124 :水先案名無い人:03/10/13 16:13 ID:N+1nWXt8
(惑星 さわやかな朝の挨拶 の続き。車掌の台詞です)
「間もなく999号が出発します」「間もなく999号が出発します」
さわやかな駅員の挨拶が、澄みきった夜空にこだまする。ステーションのプラット
フォームに集う乗客たちが、今日も天使のような無垢な笑顔で、客車の出入り口をくぐり
抜けていく。汚れを知らない心身を包むのは、それぞれの乗客達の私服。銀河鉄道の
ダイヤは乱さないように、駆け込み乗車をしないように、ゆっくり歩くのがここでの
たしなみ。もちろん、発車ギリギリで走り込むなどといった、はしたない乗客など
存在していようはずもない。と言いたいところですが、鉄郎さんはぎりぎりで乗ることも
ありますね。 鉄郎「うーん。痛いところをつかれたなあ」

銀河鉄道999。この列車は、もとは銀河系とアンドロメダ系を行き来するために
つくられたという、伝統あるで列車である。蒸気機関車の面影を未だに残している歴史の
あるこの車両で、神に見守られ、小惑星から大惑星までの宇宙についての謎の探求が
できる超特急。一年間乗り続けていれば、銀河星雲とアンドロメダ星雲について一通り教えて貰えるという仕組みが未だに残っている貴重な列車である。
これも私やメーテルさんのおかげですよ、鉄郎さん。
鉄郎「車掌さんのいうことはよーく分かりました。確かにその通りです」
メーテル「車掌さんに言われて、改めて999号の素晴らしさを思い起こされたわ…」
車掌「鉄郎さん、メーテルさん、ちょっと言い方がきつかったかも知れませんが、
  まだまだ旅は長いですから、999号に乗っている間は気楽にしていて下さい。できる
  だけトラブルは回避していくつもりですから」
クレア 「私も鉄郎さんやメーテルさんと一緒にいたいです。旅は長いですけど、これからも
  宜しくお願いします」 鉄郎「あらためてこちらこそ宜しくお願いします」
メーテル「また、この惑星のように素晴らしい惑星に行けるといいわね…」
車掌「それでは本当に…間もなく999号が出発します」


125 :水先案名無い人:03/10/15 01:04 ID:7Ln5cX7f
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 おにぎり分類表 おにぎり分類表 です」
鉄郎「おにぎり分類表??」
メーテル「惑星 おにぎり分類表…ここの人達は顔がおにぎりのようだわ…とても面白い人
 (?)達なのよ…」 鉄郎「そんな惑星があるんだ。ここの人達を是非見てみたいよ」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、ここの人達は面白可笑しくて明るいですよ。
  一度見てみる価値はあると思います」
鉄郎「それじゃあ惑星につき次第、ここの人達を見に行こう」
メーテル「ええ、そうしましょう…どんな人達がいるか楽しみだわ」

(惑星 おにぎり分類表 に到着した)
   /■\
  ( ´∀`) おにぎり「惑星 おにぎり分類表 へようこそ」
 ⊂    ⊃    鉄郎「本当だ。ここの人は顔がおにぎりの様だね」
  | | |      メーテル「はじめまして…私はメーテル…仲間の紹介
  (__)_)      宜しくお願いします」
         おにぎり「直に来ますから暫くお待ち下さい」

   /ツナ\
  ( ´∀`)  「わたしはツナにぎりです」
 ⊂    ⊃   鉄郎「ツナにぎりさん、こんにちは」
  | | |   メーテル「ツナにぎりさん、宜しくね…」
  (__)_)

   /梅\
  ( ´*`)  「僕、梅にぎりでーす」
 ⊂    ⊃   鉄郎「うわあ、顔が酸っぱそうだね」
  | | |     メーテル「梅にぎりさん、梅を食べたら口を元に戻して下さいね…」
  (__)_)


126 :水先案名無い人:03/10/15 01:05 ID:7Ln5cX7f
(惑星 おにぎり分類表 の続き)
   /トロ\
  ( ´∀` )  「私はトロにぎりです。宜しく」
 ⊂    ⊃   鉄郎「こちらこそ宜しく。おにぎりにバラエティーがあることが
  | | |   よーく分かったよ」
  (__)_)   メーテル「皆さん、顔が明るいのね…」
        /旦\
       ( ´∀`)  「わたしはニラ茶にぎりです。ニラ茶どうぞー」
      ⊂    ⊃旦  鉄郎「わーい、ありがとう。早速いただきまーす」
       | | |     メーテル「お言葉に甘えて、ニラ茶いただきます…」
       (__)_)

   /鮭\
  ( ´∀`)    「私は鮭にぎりです。お魚どうぞ」
 ⊂    ⊃_>⊂⊃  鉄郎「どうもありがとう。それじゃあいただきます」
  | | |        メーテル「ここの人達は気前がいいのね…」
  (__)_)

   /■\
  ( ・∀・)  「私はおむすびです。おにぎりさんと間違えないでね」
 ⊂    ⊃   鉄郎「宜しくお願いします。でもおむすびさんとそっくりだよ」
  | | |    メーテル「確かにおむすびさんとそっくりね…でも顔が微妙に違うわね」
  (__)_)

   /麦\
  ( ´∀`)  「私は麦にぎりです。この惑星では地味な存在です」
 ⊂    ⊃   鉄郎「麦にぎりさんよろしく」
  | | |     メーテル「この惑星にはバラエティーあふれた人達でいっぱいね」
  (__)_)


127 :水先案名無い人:03/10/15 01:05 ID:7Ln5cX7f
(惑星 おにぎり分類表 の続き)
       ミ\                      /彡
       ミ  \                 ./  彡
        ミ  \               /  彡
         ミ   \ .          ./   彡
          ミ   \         /   彡
           ミ    \.      /   彡
            \    \    /   /
ミ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  |  |  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄彡
 ミ              \  ⊂⊃. /             彡
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/ ̄ ̄\ /■\ / ̄ ̄\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /   / ̄ (´∀` ) ̄\.   \
        /   /   ⊂.   ⊃   \    \
       /    │  / | | |\  │    \
     /    /│  ミ. (__|__)彡  │\.    \
     彡   /  │  ミ       彡  │  \   ミ
      彡/   │  ミ       彡  │   \ ミ
             \  ミ       彡  /
              \ミ       彡/
            わたしはニギリエル。よろしくー。

鉄郎「うわあ。こんなおにぎりさんも居たんだ。びっくりしたよ」
メーテル「私も驚いたわ…この人は凄いわね…」
鉄郎「この惑星には面白いおにぎり顔の人達がいっぱいいるって良く分かったよ」
メーテル「この惑星の人達はほのぼのとしてていいわね…他の惑星でもここの人達の様に
  面白い人と出会えるといいわね」


128 :水先案名無い人:03/10/16 07:06 ID:EMElKeIw
車掌「昨日、中国の有人ロケット打ち上げのニュースを見ていて松本零士先生が宇宙開発
  委員会専門委員であったことを初めて知りました。漫画、アニメ以外でも忙しかった
  わけですね。今後の松本先生のご活躍をお祈りいたします。え〜、次の停車駅は〜
  惑星 赤ちゃんを捨てさせない 赤ちゃんを捨てさせない です」
鉄郎「赤ちゃんを捨てさせない??」
メーテル「惑星 赤ちゃんを捨てさせない…元々は各星系に赤ちゃんを置いてどのように成長
  するかを眺めることが目的で作られた惑星よ…初期のメーテルスレもそうだったけど
  この惑星もマルチポスト扱いされて、他の星系では消滅した惑星もあるわ…目的が
  雑談でなくて、一昔前の『たまごっち』の様にどのように成長するかを見守ること
  らしいわ…」 鉄郎「そんな惑星があるんだ。どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「星系によっては荒らしに荒らされている所もあるようです。いたずらに赤ちゃんを
  置かれるのは、見てられないですね」
鉄郎「荒らしは許せない。もし現れたら赤ちゃんを守ってあげたいよ」
メーテル「私も同感よ…鉄郎、気をつけていきましょう」

(惑星 赤ちゃんを捨てさせない に到着した)
  ___
/ノへゝ    鉄郎「わあー。可愛い赤ちゃんだなあ。こんな可愛い赤ちゃんが
| \´-`)ゝ  色々な星系にいるんだ」
\__ ̄ ̄ヾ.  メーテル「確かに可愛い赤ちゃんね…こんな可愛い赤ちゃんを荒らす人は
 \__/        許せないわ…」

  ___
/ノへゝ    鉄郎「おー、よちよち。泣くんじゃないよ」
| 。゚´Д`゚)゚。ゝ メーテル「私が抱いてあげる…泣かないでね…いい子いい子」
\__ ̄ ̄ヾ. 鉄郎「メーテルは優しいんだね」
 \__/ メーテル「当たり前よ…こんな可愛い赤ちゃんは放っておけないもの」


129 :水先案名無い人:03/10/16 07:07 ID:EMElKeIw
(惑星 赤ちゃんを捨てさせない の続き)
                         . , ' ,  ∵
  _ ― = ̄  ̄`:,― = ̄  ̄`:, , '‘ ' , ' ∵ :, ;
  ___ - ─ ─  ̄"_ _ - ─ ’ __ - ‐、  , ・,’     ,
/ノへゝ_ - ― = ̄  ̄`:,  = ─  ̄`;    )    '  '   ∵
| \´-`)⊃__ ――=' ─  ̄`;─’ ̄,"' ’ , ′∵  '  ,
\__ ̄ ̄ヾ.  ̄   ̄"'" -─ ─’  ̄`;  , 、  ’ ;
 \__/               ̄ ̄     ’ '

鉄郎「うわあ。この子は凄いよ。とても赤ちゃんとは思えない腕さばきだね」
メーテル「私も驚いたわ…こんな子がいたなんて」
  ___
/ノへゝ  _ _  _ _ _ - ─── = ≡ ── ─  ─ ─ ̄
| \´-`)  ̄  ─   ̄  _  ̄ _  _ ─ = =    _
\__ ̄ ̄ヾ. ̄‐ ̄─ ̄ ̄ ̄ ̄    ̄   ̄  ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ─  ─  
 \__/

鉄郎「この子は光線を放っているよ。とても赤ちゃんとは思えないよ」
メーテル「誰か、この子にエネルギーを与えたのね…でも驚いたわ…」

  ___  ───==≡ ∈[二二エ⊃  ─────==≡∈ [二二エ⊃
/ノへゝ ─=∈ [二二エ⊃ ───==≡≡∈ [二二エ⊃ ───==∈[二二エ⊃
| \´-`) ──==≡[二二エ⊃  ───==≡∈ [二二エ⊃
\__ ̄ ̄ヾ.  ─∈[二二エ⊃       ───==≡≡ ∈ [二二エ⊃
 \__/      ─────==≡≡[二二エ⊃

鉄郎「この子はミサイルを放っているよ。この惑星には凄い赤ちゃんがいることが良く分
  かったよ」 メーテル「確かにこの惑星には凄い赤ちゃんがいるわね…私も驚きよ」


130 :水先案名無い人:03/10/16 07:07 ID:EMElKeIw
(惑星 赤ちゃんを捨てさせない の続き)
    __=       ─=─≡三───三=── ───==≡── _≡_ ───
=三ノへゝ   ───==三≡──= ─≡/ノへ≡三─ ─== /ノへゝ ───
≡= \´-`)≡  ────三三≡─= ─≡  \´-`=────==\´-`)三 
  =__ ̄=三 ─────────=\_───── ヾ ─── \__ ̄ ̄ヾ. ──
 ─=_=≡─ ──=三=──────==──\__三─── \_=≡=───

鉄郎「うわあ。この子は高速移動しているよ」
メーテル「この惑星には何か不思議な力が働いているようね…」

       __=       ─=─≡三─  ─=≡=─  ∧_∧ ──≡=−=─   ___      /
   =三ノへゝ   ───==三≡ ─────    (    )   ──=─=─ /ノへゝ   /
   ≡= \´-`)≡  ───           _ _ ⊂ ___)⊃     ───   | \´-`)ゝ×
     =__ ̄=三 ───────    / / / ─────             \__ ̄ ̄ヾ.
    ─=_=≡─ ──=三=──  (_(__)    ────── ─=─≡─  \__/

鉄郎「この子はとても赤ちゃんとは思えない動きをしてるよ」
メーテル「見てて恐ろしいわね…この惑星の不思議な力を感じるわ」

/ノへゝ    鉄郎「やっぱり、この子が一番可愛いよ」
| \´-`)ゝ メーテル「赤ちゃんのうちは普通でいてもらいたいわね…他の惑星でも
\__ ̄ ̄ヾ.       会えるといいわね」
 \__/


131 :水先案名無い人:03/10/17 21:24 ID:iUTptrdX
私の名はメーテル…
ガイドラインのお話をROMってる女…
惑星メーテルズに行ったら新しいスレが更新されてたわ…
ガイドラインのお話は今後も期待しているわ…
これからも面白いお話期待しています…

(家庭板)
わたしの名はメーテル@家庭板 part3
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/live/1066253107

こちらは鯖移転よ…
(化粧板)
私の名はメーテル…@化粧板 第十夜
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/female/1054218872


132 :水先案名無い人:03/10/18 14:33 ID:Ryiw2pvh
車掌「131メーテルさん、ご連絡有難うございます。え〜、次の停車駅は〜 サポート
 センターの一日 サポートセンターの一日 です」鉄郎「サポートセンターの一日??」
メーテル「惑星 サポートセンターの一日…サポートセンターの人と住人達がやりとりをする
  星…この惑星では、そのやりとりがうまくいってないようね…」
車掌「どうもサポートセンターの人が、知識を詳しく知らないようです。せめて自分の
  会社の製品についてはしっかりと答えてもらいたいものですね…私も999号では銀河
  鉄道の問い合わせについて、しっかりと答えているつもりですから」
鉄郎「悪いけどメーテルや車掌さんの説明だけでは、この惑星の雰囲気がいまいち良く
  分からないよ。とりあえずここの様子を見てみよう」
メーテル「鉄郎がそういうなら、とりあえずそうしましょう」

(惑星 サポートセンターの一日 に到着した)
鉄郎「あっ、あそこに住宅を見つけたよ。誰か電話で話をしているようだね。ちょっと
  聞いてみよう」 メーテル「そうね…そうしましょう」

私「今度のNorton2004からアクティベーションが採用されると聞いたが?」
ns「エッ アク、、、、、、???? もう一度お願いします」
私「だから、アクティベーション」
ns「それって何ですか?機能ですか?アプリの名前ですか?」
私「わからないなら、わかる人に聞いてきて」 ns「少々、お待ちください」
私「早くしてね sage」 ns「2004には採用されていないそうです」
私「本当ですか。現在US版持ってるけど、アクティベーション入ってるよ」
ns「日本版には採用見送りになりました」
私「本当に本当ですか?もし、アクティベーションが入ってたら返品してくれますか?」
ns「ですから、日本語版には採用見送りですって」私「分かりました。失礼ですけれども」
ns「カスタマーサポートのい○せと申します」私「今日は有難うございました」終

鉄郎「どうやら電話でのやりとりが、噛み合わなかったようだね」
車掌「その様ですね」メーテル「そうね…ちょっとこのお兄さんとお話ししてみましょう」


133 :水先案名無い人:03/10/18 14:33 ID:Ryiw2pvh
(惑星 サポートセンターの一日 の続き)
車掌「お兄さん、ちょっと失礼します。私は999号の車掌です。今の電話の内容をご説明
  していただけませんか?」
お兄さん「うん、いいよ。Norton最新情報:Norton2004のアクティベーションは日本語
  バージョンへの採用は見送りになったんだ。現在Norton2004USにはアクティが採用
  されているんだけど、日本バージョンからはそれを採用しないそうなんだ。
 たった今電話で確認したんだよ。サポートのお姉ちゃんは予想通り、アクティ
  ベーションって何ですか? なんて言ってたよ。でも、このようにい○せさんが
  責任もって答えてくれて良かったです」
メーテル「やりとりはぎくしゃくしたけど、最終的には話が通じて良かったわね…」
鉄郎「僕には『アクティベーション』が何だか良く分からないけど、最終的には話が
  出来て良かったと思ってるよ」
車掌「別の家でも何か話をしているようです。ちょっと行ってみましょう」

私「今度のNorton2004からアイナブリッジが採用されると聞いたが?」
ns「エッ アイ、、、、、、???? もう一度お願いします」私「だから、アイナブリッジ」
ns「それって何ですか?技ですか?橋の名前ですか?」
私「わからないなら、わかる人に聞いてきて」ns「少々、お待ちください」
私「テンション上がっちゃうよ、山の如く age」
ns「少なくとも2004には採用されていないそうです」
私「本当ですか。現在家族が留守だけど、アイナブリッジ始めちゃうよ」
ns「よくわかりませんが2004では採用見送りになりました」
私「本当に本当ですか?もし、妹が入ってきたらフォローしてくれますか?」
ns「ですから、よくわかりませんが2004では採用見送りですって」
私「わかりました。下半身スッパですけれども」
ns 「よくわかりませんが、カスタマーサポートのい○せと申します」
私「ああ〜!い○せ様ああ!垂れめかーいいよーーー!」終
このようにスマソ俺は変態なのだ。


134 :水先案名無い人:03/10/18 14:34 ID:Ryiw2pvh
(惑星 サポートセンターの一日 の続き)
メーテル「これは、聞いててこちらが恥ずかしくなるわ…」 車掌「私も同感です」
鉄郎「あっ、上空にに巨大戦艦が現れたよ」
メーテル「あれは…クイーンエメラルダス号…着陸するのかしら? エメラルダスと会うのは
  久しぶりだわ…」そして、クイーンエメラルダス号が着陸した。
エメラルダス「お久しぶりね…メーテル、鉄郎、そして車掌さん」
メーテル「エメラルダス…久しぶりに会えて良かったわ」
車掌、鉄郎「お久しぶりです。エメラルダスさん」 メーテル「エメラルダス…ちょっと
  聞きたいことがあるの…」エメラルダス「メーテル…遠慮なく聞いて…水くさいわよ」

メーテル「今のクイーンエメラルダス号に電磁バリア(ガンダム用語でIフィールド)が採用
 されているって聞いたんだけど?」
エメラルダス「エッ 電、、、、?? もう一度お願いね…」メーテル「だから、電磁バリア…」
エメラルダス「そうね…私も名称は意識してなかったわ…」
メーテル「わからないなら、わかる人に聞いてきて」
エメラルダス「今、トチロー(の記録)を探ってみるわ…」メーテル「期待しているわよ…山の如くage」
エメラルダス「少なくとも、今のクイーンエメラルダス号には採用されているらしいわ…」
メーテル「本当なの…クイーンエメラルダス号も大変な進化をしたわね…」
エメラルダス「私も細かい機能まで把握してないけど、確かに耐久性は増してると思うわ…」
メーテル「本当に本当なの? もし、999号がトラブルになったらフォローしてくれるの?」
エメラルダス「999号が私と同行してくれたらフォローするわよ…」
メーテル「分かったわ…これからも宜しくね…」
エメラルダス「私の行き先と999号の行き先が、必ずしも一致しないかも知れないけど、何か  あったら連絡して…私はエメラルダス…」
車掌「ああ〜エメラルダス様!これからも宜しくお願いします」
メーテル「エメラルダス…また会いましょう」鉄郎「また会おうね。エメラルダス」


135 :水先案名無い人:03/10/19 07:10 ID:ZrO0U1/n
車掌「え〜、次の停車駅は〜 閉鎖した方が良いかも知れない 閉鎖した方が(略 です」
鉄郎「閉鎖した方が良いかも知れない??」
メーテル「惑星 閉鎖した方が良いかも知れない…安易に人に頼ることを嘆く人達の星…
  時には人に頼ることも必要だけど、安易に人に頼ることは、私もお勧めしないわ…」
車掌「私もここの人達やメーテルさんと同感です。人に頼ることを一概に悪いとは
  言いませんが、自分でも調べる努力をしてから頼ってもらいたいものですね」
鉄郎「僕も人に頼ることが多いからなあ。メーテルや車掌さんの言う言葉は心に響くよ」
メーテル「鉄郎は、自分なりに努力をしていると思うわ…本当に困ったときは人に頼ることも
  大事よ…」 鉄郎「メーテル、ありがとう。それじゃあここの様子を見てみよう」

(惑星 閉鎖した方が良いかも知れない に到着した)
住人1「家ゲー攻略板は閉鎖したほうが良いかもしれない。
何か最近の攻略板見てると『2ちゃんで聞けば誰か教えてくれるだろう』と、ろくに
 自分で調べもせずに攻略を聞いてる人が多いと思う。そもそもゲームってのは自分で
 やって楽しむ物であって、詰まったところをあれこれ悩んで解決させる事にも楽しさは
 あるんじゃないかなって、だから謎解きとかいったテイストがゲームに盛り込まれる
 んだと思う。それなのに詰まったらすぐゲームのヒントを2ちゃんに聞きに来てる人が
 多いと思うんです。そんな人たちはゲームを楽しめてないよ、開発者側に負けてるよ
 って。もっと自分であれこれ悩んで試行錯誤してゲームをやって下さい。
国語の成績2の私の駄文、申し訳ありませんでした」

メーテル「お兄さん、初めまして…私はメーテル…あなたの発言は駄文だとは思わないわ」
住人1「メーテルさん、誉めてくれて有難うございます」
鉄郎「僕は鉄郎って言います。お兄さんが言いたいことは分かるけど、実際に頼る人は、
  開発者側に負けてることを承知で聞いている人が多いと思うんだ。困った上で聞く人
  のために、存在意義はあると思うよ。ゲームのために1日を割くわけにはいかない
  からね」 住人1「鉄郎さんの言うことも一理ありますね。これから気をつけます」


136 :水先案名無い人:03/10/19 07:10 ID:ZrO0U1/n
(惑星 閉鎖した方が良いかも知れない の続き)
住人2「毒ヘビ教本は無くした方がいいかもしれない
 何か最近の読者見てると『本でも読めば何かわかるだろう』と、ろくに自分で確かめも
 せずに読みあさっている人が多いと思う。そもそも毒ヘビってのは自分で噛まれて
 苦しむものであって、全身麻痺したところをあれこれ悩んで治癒させる事にも楽しさは
 あるんじゃないかなって。だから血清剤とかいったテイストが治療に盛り込まれるんだ
 と思う。それなのに出会ったらピクリとも動かずヘビが居なくなるのを待ってる人が
 多いと思うんです。そんな人たちはハイキングを楽しめてないよ、登山安全委員会に
 負けてるよって。もっと自分であれこれ棒キレ振り回してヘビを刺激してやって下さい」

メーテル「お兄さん、その発言はちょっと乱暴じゃないかしら…そんなことを言う位なら、
  蛇に噛まれないような防護策を教えた方が意義があると思うわ」
鉄郎「メーテルの言うとおりだよ。その言い方は乱暴だよ。出会ったらピクリとも動かず
  ヘビが居なくなるのを待ってる方が、ずっとましだよ」
住人2「すみません。ちょっと羽目を外した言い方でした」

住人3「ジョッキーはなくした方がいいかもしれない
 何か最近のジョッキー見てると『鞭でも打てばとにかく走ってくれるだろう』と、
 ろくに自分で調べもせずに鞭を打ってる人が多いと思う。そもそもジョッキーってのは
 自分でやって身に付ける物であって、詰まったところをあれこれ悩んで抜け出す事にも
 価値はあるんじゃないかなって、だから差し逃げとかいったテイストが競馬に盛り込ま
 れるんだと思う。それなのに詰まったらすぐ諦めて勝利を逃す人が多いと思うんです。
そんな人たちはこれから騎乗依頼ないよ、相手の馬に負けてるよって。もっと自分で
 あれこれ悩んで試行錯誤して騎乗して下さい」

メーテル「この発言はジョッキーさんにとって理にかなってるわ…確かにこのお兄さんの言う  とおりね」 鉄郎「ジョッキーの世界ってそんなに厳しいんだ」
住人3「お褒めの言葉、有難うございます」


137 :水先案名無い人:03/10/19 07:10 ID:ZrO0U1/n
(惑星 閉鎖した方が良いかも知れない の続き)
鉄郎「それじゃあ、僕の考えも言ってみるよ。
  安易な機械化は無くした方がいいかも知れない
何か最近の機械化人を見てると『機械化すれば永遠に生きられるだろう』と、ろくに
 有意義な時間を過ごさず、無為に生きている人が多いと思う。そもそも機械化ってのは
 有限の時間で出来ない目的を達成するためになるものであって、ある目的を一生懸命
 努力して、達成することに楽しさはあるんじゃないかなって。だから機械化といった
 人生の手段が盛り込まれるんだと思う。それなのに機械化して、時間を無駄に過ごした
 り、犯罪に走ったりする人が多いと思うんだ。そんな人たちは生きている資格はないよ、
 人生を楽しめてないよ、開発者側に負けてるよって。もっと自分であれこれ人生の目的
 を悩んで考え抜いて、必要性を感じた人だけ機械化して下さい」

メーテル「鉄郎も、立派なことを言うようになったわね…私も驚いたわ」
車掌「鉄郎さんが、自分の考えを持った立派な人だと言うことが良く分かりましたよ」
鉄郎「僕も色々旅をしてきて、そう考えるようになったんだ。この前の山崎さんを見たり
  してね。ドラえもんや鉄腕アトムはまだ見てないけど、会ってみたいよ」
メーテル「私も、まだ見ぬ立派な人たちに会うために旅を続けようと思うわ」
車掌「私もまだまだ精進すべきところがあると感じました。鉄郎さん、これからも私達と
  一緒に旅を続けましょう」

        / ) ノ ) ノ ノ   ポーーーーー
       ( ρ丿 ノ
     ⊆⊇フ_Д_⊆⊇__廿_ー――
    P(999)戸○___.≡用_|0||Π || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ
    |_⊂⊃ |/oi ニ号巨呈朋ニフ|旦゚゚||______| |______|
    へ ̄/o+o (≧Д≧Д≧)奔o毛 o-o    o-o o-o    o-o


138 :水先案名無い人:03/10/19 14:14 ID:DoXkNkm4
車掌「え〜、次の停車駅は〜 君んとこ嫁ハン元気か? 君んとこ嫁ハン元気か? です」
鉄郎「君んとこ嫁ハン元気か??」
メーテル「惑星 君んとこ嫁ハン元気か?…故いとし師匠とこいしさんの漫才が聞かれる星…」
鉄郎「へえー。いとしさんってどんな人なんだろう? 漫才を聞くのは楽しみだなあ」
車掌「私も漫才の内容まで知りません。お笑い芸人であったことは間違いないのですが」
メーテル「とりあえず、ここの惑星の様子を見てみましょう…」 鉄郎「うん。そうしよう」

(惑星 君んとこ嫁ハン元気か? に到着した)
案内人「惑星 君んとこ嫁ハン元気か? へようこそ。ここではいとしこいしさんの漫才
の記録を聞くことが出来ます」
メーテル「案内人さん、初めまして…それでは早速記録を聞かせて下さい」
鉄郎「案内人さん、宜しくお願いします」 車掌「漫才の内容に期待してますよ」

いとし『この前、美味しいと評判の肉まんを買ったら、道に落としてしまったんや』
こいし『ほう』 いとし『それの上をまた、自転車が轢いていってしまったんや』
こいし『難儀やな』 いとし『それで、もうグチャグチャで見れたもんやない』
こいし『あちゃ〜』 いとし『それで思い出したんやけど、君んとこの嫁ハン元気か?』
こいし『なんでや!』

メーテル「案内人さん、この漫才って嫁ハンがいるか?って言うのがオチなんですか?」
案内人「そうです」 鉄郎「もう少しひねったオチが作れるんじゃないかなあ」
車掌「嫁さんが車にひかれたことがあったのなら、このオチも理解できるんですけど」
案内人「これが、いとしこいしさんの漫才なんですよ。あまり深く考えないで下さい」
メーテル「まだ、漫才の記録はあるんですか?」 案内人「まだ、ありますよ」

いとし『この前、エロいと評判の虹裏を見てたら、グロ画像落としてしまったんや』
こいし『ほう』 いとし『それの上をまた、蓮コラが貼ってあったんや』
こいし『難儀やな』 いとし『それで、もうグチャグチャで見れたもんやない』
こいし『あちゃ〜』いとし『それで思い出したんやけど、君んとこの嫁ハン元気か?』
こいし『なんでや!』


139 :水先案名無い人:03/10/19 14:15 ID:DoXkNkm4
(惑星 君んとこ嫁ハン元気か? の続き)
メーテル「案内人さん、すみません…この漫才はワンパターンな気がするの」
案内人「そうですか。それでは、故いとし師匠の仏壇をご覧下さい」
              ┗0=============0┛
     \===========[_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_|_]===========/
     /三三三三三三三三三三三三三三三三三三三三\
    0 │ |∞∞∞ |::|∞∞田田田田田田∞∞|::|∞∞∞ | ::|  0
 ...[二] | ::|       |::|┏━━━━━━━━┓|::|       | ::l [二]
........|□|.│ |┌┬┐ |::|┃  /        \  ┃|::| ┌┬┐| ::|. |□| 
  )三(...| ::|├┼┤ |::|┃/   プウ〜ン     \┃|::| ├┼┤| ::|`)三(´
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ┃|::| └┴┘| ::| | ::| 
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃彳 人______ ノ.┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃入丿ー◎-◎ーヽミ.┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   |: :| | ::|└┴┘ |::|┃ r   . (_ _)     )┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|┌┬┐ |::|┃ (  ∴.ノ3(∴  ノ ┃|::| ┌┬┐| ::| | ::|
   | ::| | ::|├┼┤ |::|┃⌒\_____ノ⌒┃|::| ├┼┤| ::| | ::|
   | ::| | ::|└┴┘ |::|┃    ┗━┛   .┃|::| └┴┘| ::| | ::|
   | ::| | ::|   ... |::|┃  夢路いとし    ┃|::|      | ::| | ::|
.....┏━━━━━┓| .|┃          ......┃|::|┏━━━━━┓
.....┣┳┳┳┳┳┫|: |┗━━━━━━━━┛|::|┣┳┳┳┳┳┫
     ○    ●        ∫∬∫∬        ●    ○ 
     ○○  ●●      iiiii iii ii iiii       ●●  ○○
    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)    [ ̄ ̄] [ ̄ ̄]
    |_○_|  .|_○_|     |_____|     |_○_|  .|_○_|
 ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧
(    )(    )(,    )(,,    )    ,,)(    )(    )(,    )(゚∀゚ ) アヒャ?


140 :水先案名無い人:03/10/19 14:15 ID:DoXkNkm4
(惑星 君んとこ嫁ハン元気か? の続き)
メーテル「案内人さん、これは立派なご仏壇ですね…」鉄郎「確かにこれは立派だよ」
車掌「これは私も驚きました」 案内人「もう少し記録を聞いていきますか?」
メーテル「分かりました…宜しくお願いします」

いとし『あのね』 こいし『なにがいな』  いとし『つかぬことをお聞きしますけど』
こいし『えらいあらたまって。どないしたんや』いとし『モーニング娘。で、おかしな顔
  の子、いてまっしゃろ』こいし『おかしな顔の子? おったかいな』
いとし『ほら、なんや、顔のくしゃーっとなった』こいし『新垣かいな』
いとし『それもやけど、もっと破壊力のある、ごっつい子、いてますやろ』
こいし『ごっつい子? 吉澤かいな』いとし『それは身体がごっついんですがな。
  わからん人やな。顔の腐った、吐き気のするような』 こいし『保田かいな!』
いとし『そうそう、その保田ですがな。保田で思い出したけど、キミとこの嫁ハン元気か?』
こいし『保田でうちんとこの嫁ハン思い出すな!』 いとし『あのね』
こいし『なにがいな』 いとし『つかぬことをお聞きしますけど』
こいし『えらいあらたまって。どないしたんや』いとし『ゲゲゲの鬼太郎で、顔が気持ち
  悪いキャラクターがおったやろ』こいし『気持ち悪いキャラクター?おったかいな』
いとし『ほら、なんや、顔のくしゃーっとなった』 こいし『子泣きジジイかいな』
いとし『それもやけど、もっと破壊力のある、ごっついキャラ、いてますやろ』
こいし『塗り壁かいな』いとし『それは身体がごっついんですがな。わからん人やな。
  ほら、サイババはんみたいに手から…』 こいし『砂かけババアかいな!』
いとし『そうそう、その。砂かけババアで思い出したけど、キミとこの嫁ハン元気か?』
こいし『でうちんとこの嫁ハン思い出すな!』

鉄郎「これは、凄い例え方だね」 メーテル「笑えるオチか微妙なところね…」
車掌「いとしこいしさんがどんな漫才をやってたか良く分かりましたよ」
案内人「最後まで聞いていただきありがとうございました」


141 :水先案名無い人:03/10/21 00:55 ID:JoxuwBas
車掌「え〜、次の停車駅は〜 それはあなたの考えですからねぇ それは(略 です」
鉄郎「それはあなたの考えですからねぇ??」
メーテル「惑星 それはあなたの考えですからねぇ…ちょっと変わった人が自己弁護のために  『それはあなたの考えですからねぇ』と呟く星…」
鉄郎「へえー。そんな星があるんだ。どんな人がいるんだろう?」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり変わった人らしいですよ」
メーテル「とりあえず、ここの惑星の様子を見てみましょう…」 鉄郎「うん。そうしよう」

(惑星 それはあなたの考えですからねぇ に到着した)
鉄郎「あそこに人がいるよ。ちょっとここの様子を聞いてみよう。初めまして。僕は鉄郎
  と言います。お兄さん、ここの様子を教えてくれませんか?」
住人1「鉄郎さん、初めまして。先日ちょっと変わった体験をしたので、ちょっと聞いて
  くれませんか?」 鉄郎「うん。分かった。宜しくお願いします」
住人1「そう言えば先日、WCCFのプレイ中にズボンの中に手を入れてティンポ
  いじってる香具師居て注意したら、
 香具師「ソレはボクの自由ですよ、いじると気持ちいいし」
 漏れ「周りに対して恥ずかしく無いの?」 香具師「気持ちよければいいので別に」
漏れ「隣でそんな事やってるとムカツクんだけど」 香具師「あぁ、そうですかね」
漏れ「腹立つから止めてくれる?」 香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」
 とさ、漏れは間違っていたのか? オナニーしたいんなら家でしろよ、と思った秋の空」

メーテル「お兄さんの言うことはまともだと思うわ…その人はよく人前でできたわね…
  聞いててこっちが恥ずかしくなっちゃうわ」車掌「私もお兄さんと同感ですよ」
鉄郎「そういう人からは離れた方がいいね」
住人1「これからはそうするつもりだよ。僕の言うことを分かってくれる人がいて、
  良かったと思った。話を聞いてくれてどうもありがとう」
鉄郎「いえ、どういたしまして」


142 :水先案名無い人:03/10/21 00:55 ID:JoxuwBas
(惑星 それはあなたの考えですからねぇ の続き)
鉄郎「あそこにも、呟いている人がいるよ。ちょっと聞いてみよう」
メーテル「ええ、聞いてみましょう…」

住人2「そう言えば先日、早速キラカードのみでプレイいてる烏がいたので文句言ったら
香具師「ソレはボクの自由ですよ、白いカード要らないし」
 漏れ「キラカード以外に興味とか無いの?」香具師「あんまりサッカー好きじゃないんで別に」
漏れ「そんなチームと対戦させられるとつまんないんだけど」
 香具師「あぁ、そうですかね」漏れ 「腹立つから止めてくれる?」
香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」
 とさ、漏れは間違っていたのか?
ただ綺羅クローンやりたけりゃウイイレやれよ、と思った秋の空
また先日、早速白カード潰して捨ててる香具師居て注意したら
香具師「ソレはボクの自由ですよ、白いカード要らないし」
漏れ「サッカー選手対してに尊重とか無いの?」
 香具師「あんまりサッカー好きじゃないんで別に」
漏れ「隣でそんな事やってるとムカツクんだけど」
香具師「あぁ、そうですかね」漏れ「腹立つから止めてくれる?」
香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」
 とさ、漏れは間違っていたのか? ただ綺羅欲しければ買えよ、と思った秋の空」

鉄郎「僕はカードのことは知らないから、この話を聞いてもピンとこないけど、個人の
  嗜好についてはつっこむ気はないよ」
メーテル「ただ、カードを捨てるっていう行為はちょっとまずいかもね…」
車掌「まあ、私達が言って、どうにかなるってことでもないようですね」
鉄郎「まだ、呟いている人がいるよ。ちょっと聞いてみよう」
メーテル「ここの人達の癖が何となく分かりそうね…」

住人3「そう言えば先日、野良猫を虐待している香具師が居て注意したら…


143 :水先案名無い人:03/10/21 00:56 ID:JoxuwBas
(惑星 それはあなたの考えですからねぇ の続き)
香具師「ソレはボクの自由ですよ。別に誰かの物じゃないし」
漏れ「動物に対して尊重とか無いの?」 香具師「あんまり動物好きじゃないんで別に」
漏れ「隣でそんな事やってるとムカツクんだけど」 香具師「あぁ、そうですかね」
漏れ「腹立つから止めてくれる?」香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」
また、先日うんこを食べている香具師が居て注意したら
香具師「ソレはボクの自由ですよ。自給自足ですし」
 漏れ「排泄物に対して抵抗とか無いの?」 香具師「おしっこも好きなんで別に」
漏れ「隣でそんな事やってるとムカツクんだけど」香具師「あぁ、そうですかね」
漏れ「腹立つから止めてくれる?」 香具師「コレはあなたのうんこですからねぇ」

鉄郎「ひどい人がいるもんだね」車掌「確かにひどい人ですね」
メーテル「そんな人、その場で見かけたらフラッシュさせるわよ…」

住人4「そう言えば先日、早速駅のホームで割り込みしてきた香具師居て注意したら
香具師「ソレはボクの自由ですよ、そんなこと法律で決まってないし」
漏れ「モラルとかマナーとか無いの?」 香具師「説教は嫌いなんで別に」
漏れ「目の前でそんな事やられるとムカツクんだけど」 香具師「あぁ、そうですかね」
漏れ「腹立つから止めてくれる?」香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」
 とさ、漏れは間違っていたのか? 一目散に座席に座りたいなら妊婦になれよ、
 と思った秋の空。また先日、オフ会でセクハラしてきた香具師居て注意したら
香具師「ソレはボクの自由ですよ、これくらいのことセクハラなんて思ってないし」
漏れ「モラルとかマナーとか無いの?」香具師「説教とか議論とか嫌いなんで別に」
漏れ「目の前でそんな事やられるとムカツクんだけど」
香具師「あぁ、そうですかね」漏れ「腹立つから止めてくれる?」
香具師「ソレはあなたの考えですからねぇ」

車掌「この惑星には変わった人がよくいることが分かりましたよ」鉄郎「同感だよ」
メーテル「私も聞いててあきれたわ…そろそろ駅へ戻りましょう」


144 :水先案名無い人:03/10/21 23:51 ID:Pki+OtfJ
車掌「え〜、次の停車駅は〜 ざわ…カイジスレ ざわ…カイジスレ です」
鉄郎「ざわ…カイジスレ??」
メーテル「惑星 ざわ…カイジスレ…福本伸行先生の漫画のキャラクターが活躍する星…
  メーテルスレと同様に色々な惑星で活躍しているそうよ…また、ここの人達は私達と
  同様に801星系について熟知しているわ…」鉄郎「どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「キャラネタ系惑星は色々な所に有るそうですよ。とりあえず様子を見てみましょう」

(惑星 ざわ…カイジスレ に到着した)
             _   __
             /´=:ミ´二.ヾ\
            / '/ '´rー=、ヽ.ヽ 、ヽ
          i / 〃,イ|   | |_L| l l   999号の皆さん
            |.l.l ル'__リヽ  ヘl_Nヽ!.l |   惑星 ざわ…カイジスレへようこそ
          | |.バ ̄o`  ´o ̄,"|l |    どうぞお気になさらず
.          レ1  ̄ 〈|:  ̄  !`|    ご自由にお楽しみください
          ド」 、ー-----‐ァ ,lイ!
      _,,... -‐| l ト、`¨二¨´ ,.イ.l lー- ...._
   ,ィ''"´:::::::::::::::| l.l ::::ヽ、__, .::´ :l.l |:::::::::::::::::`¨lヽ               r'つ
.  /:::|:::::::::::::::::::::::W \ ::::::::::: /lル:::::::::::::::::::::::|:::ヽ               / 丶-‐''つ
  /:::::: |::::::::::::::::::::::::l.  \ /  .l::::::::::::::::::::::::|::::::ヽ         ,.<   )ヽヾニニ⊃
. /:::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  /\  .l::::::::::::::::::::::::|::::::::::ヽ      /\\   i lニ二⊇
/:::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l/\_/\.!::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::ヽ    /::::::::::::\.ゝ-─'ー-- '
:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::l  ハ   /:::::::::::::::::::::::::|::::::::::::::::::\ /::::::::::::::::::::/

メーテル「カイジさん、初めまして…私はメーテル…宜しくお願いします」
鉄郎「僕は鉄郎と言います。宜しくお願いします」車掌「私も宜しくお願いします」


145 :水先案名無い人:03/10/21 23:56 ID:h73zvnvI
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
                    ∩00  ∩         │ 999号の皆さん…
                 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、       | カイジスレへ
                   ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     | ようこそ…
                    ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ O│ お客さんが
                 ヾニニ⊃ ,`'∪ ⊂ニ-‐' ` z.  | ここに来るのは
       _   _         /  yWV∨∨VVv` │ 久しぶりだ
       >  `´  <        |  i' -== u ==ゝ.   | どんな展開に
.     /     M   ミ       |r 、| , =   =、 !   | なるんだろう!
     l  ,ィ卅ノ uゞト、.ゝ      |!.6||v ー-゚ l   l゚-‐' |  ` ー──────────y─
      |  |「((_・)ニ(・_))!      |ヽ」!  u' L___」 v |   ,'       // イノ  \ ヽ  ゝ
     |(6|! v L_.」 u リ      | /l.  ,.-─--‐-、 |   /      /`/ィ'__> u /∠ヽ! .!
   /| ,イ )⊂ニ⊃( !\     | / l  ー-─‐-‐' ! /     /⌒y' ==== _  ,'== レ、 !
.-‐''7  |/  `ー-、ニ,.-イ  ト.、  /l/   ヽ.   =   /ト7    l.{ヾ!,'  `ー-°' ゙゙ 〈ー°.y/ i
  /  |         |. ⊥ -‐'1_|\   ` ー--‐ ' ノ /      ヽ,リ   u u  r __ ヽ. ,'/ !
    ∩00  ∩   ,イ´     l__l  \     /_,. '-‐''7!     ト、   v  ___ーY1  |
 ⊂ニニ ⊃ ⊂ ニ )-- 、     ヽ、,ゝ、 _,,.ゝ-‐'''"´     /.!     !. \.   └-----' / |\.|
  ,. ---ゝ )   | レ'/⌒ヽヽ     ヽ/ヽ          /, ! i    |   \.    ー /  |.  \
. ( (´ ̄ ̄   / /     ノ.ノ ○ ○ /   l         / 1|! l  |     \    ,イ   !
  ヾニニ⊃ `'∪ ⊂ニ-‐'      /    |         /   !| ‖ |\    \, ' | ‖|


146 :水先案名無い人:03/10/21 23:56 ID:h73zvnvI
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
鉄郎「確かに『ざわ』って音が聞こえるね」車掌「でも、ここの人達は謙虚な様ですね」
メーテル「鉄郎、そんなに心配しなくてもいいと思うわ…」
            _
        -─ヽ ` v '⌒ ゝ
        /          \
       /        ∧.    ヽ
     i    , ,イ/  ヽト、!  N
      │r‐、 ノレ'-ニ」  Lニ-'W
      |.| r、|| ===。=   =。==:!   メーテルさん…
      │!.ゝ||. `ー- 1  lー-‐' !   貴女も私達のように『…』
    /|. `ー|! r   L__亅 ヽ|   の記号を使うんですね……
  /  |  /:l ヾ三三三三ゝ|
‐''7    | ./  `‐、, , , ,ー, , ,/ヽ_
7   ./K.     ` ー-‐ 1   ヽ-
/   / | \       /|ヽ   ヽ

メーテル「言われてみれば…確かにそうね…親近感が湧くわ…」
鉄郎「ここの人達っておじさんが多いけど、謙虚でいい人達が多いね」
車掌「私もこの惑星の雰囲気は気に入りましたよ」
カイジ「ここの人達の趣味は主にギャンブルです」
メーテル「そうなの…お金を使いすぎないように気をつけて下さいね」
カイジ「ドラえもんの替え歌まであるんですよ」
「あんなこといいっ……!できたらいいっ……!あんな欲っ… こんな欲っ…
 いっぱいあるがっ………!みんなっ!みんなっ!みんなっ!叶えてくれるっ…!
 金がすべて 叶えてくれるっ……!「シャバに出たいっ……!」
 そう、50万ペリカ……!ざわ… ざわ… ざわ…とっても大好きっ……!金っ……!」

メーテル「とても面白い歌ね…ワラタわ」(話はまだまだ続くのよ…)


147 :水先案名無い人:03/10/22 23:57 ID:ZoRkg14E
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
      r'ff77"/////〃〃∠=:、      フ ア ツ ク
.    lVVVVVVVVVVV:三三l    .lニ    l
.    l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::l:三三!    ! U C K
    |;:、:ニニニニニ:::::_;;::、:::::::l三三l          ユ ー
.    l´\゙ll::!:::lLニ-‐'' ̄::::::|三三ト、       ヽ/
    }==。ァ ::,, ==。== ::::::r;=、ミ|. \      l  O U
.    l.`ニ(__,)`ニ二´  :::::rニ||:ミ!  ヽ、._
 _,... -‐1   |   ヽ._   :::::::-リ ミ|   l
     l/゙= ---─っヽ  ::::下ミ:ミミ|   | 歌うぞ………
      l ` ̄ ̄´  | .::::::|:: ヾ:ミ|   |
       ト、 ゙゙゙゙ ........_;;:::-‐':::   >|   |  ゴミめら……!
   , --、 |  ` Tヾ ̄::::::::   / |.    |
  l;';';';';';}|.    | \    ./   |     |
.  〉-y'´|   _|   \ /    |_    :|
  /7./ .>'' ´ |   / \     | `''‐<
おまえたちは皆…… 大きく見誤っている……
リサイタルの実体が見えていない
まるで3歳か4歳の幼児のように
この世を自分中心…… 求めれば……
ドラえもんが右往左往してひみつ道具で助けてくれる
そんなふうに まだ考えてやがるんだ
臆面もなく……!

メーテル「おじさんはしっかりしていると思うわ…どうか元気を取り戻して…」
車掌「ざわ…カイジスレの皆さん、銀河鉄道を利用して他の星系へ行くことをお勧めします」
鉄郎「おじさん、元気を取り戻して」


148 :水先案名無い人:03/10/22 23:58 ID:ZoRkg14E
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
【ざわ…】福本で801【3.5発目】
ttp://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1063816578/l50
   //   , -─;┬:─‐- 、        )
. //   /  ヽ  i  r'    \     (  ………
 /   .,'     , -─- 、    ヽ     ) きさまらっ……
     /    /      ヽ    .ヽ     (
      |{:    l           l     }|    ) ………
  E''ー-|{    {  ,ィノl人トヽ、 トi   }l-‐'''ヨ {  それでも……
. E..三l| {   l. (l'≧ ll ≦゙l) :| |   n;|三..ヨ ) 人間かっ…!?
.     |.! {  |! ト∈ゞ'∋イ | :!   4!!:   (
    | | '  || |:::::`ー'´::::| |:::|.   !:!:    `フ'⌒`ー-‐
     |. }   { W::::::::::::::::::::W:::::}   { |::
     ヽ|.   |/:::::::::::::::::::::::::\|.   |ノ::://
.      |   |::::::::::::::::::::::::::::::::::l   |//
      !  |::::::::::::::::::::::::::::::::::::!. //
      |   |:::::::::::::::::::::::::::::::::://!、      /
    /, r- ヽ::::: :::::::::::::::://  、、\  //
     !L{」_厂ゝ):  ::::::://:(.{⌒)_},},リ://
二二二二二二二二二二二二二二二二二二二

メーテル「こ、これは…何か理由があるはずよ…意味もなくスレは立たないと思うわ」
車掌「私達も人のことは言えませんが、スレが立つのは何か理由があるからだと思います。
  萌えられることについて、何か心当たりはありませんか?」
鉄郎「801板にもメーテルスレがあるくらいだから、そんなに深刻に考えないで。お兄さん」

149 :水先案名無い人:03/10/22 23:58 ID:ZoRkg14E
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
       -;─- 、, __  チュウ 
    _ -─:ゝ   ′ ,ゝ¬¬¬、‐―----、
     ,>   ,、   \  \  \     \
   ∠-ァ  / | i、   \  \_\     ヽ
      /イ∠ニア! |ート、 / >< \ \\     !
 ノ    |'==、 ヽ!二ヽトヽイ   `ヽ\ \\  |
. )     | `ー-゚> 、 ̄・ラ ノ ==='' レヽ\ \\!  メーテル「これは…801ネタにされる
. ヽ    |u / _ 、  ̄ < 、      _ノ\\ ∨     わよ…」
.       |F`ニ''ー---‐¬<、     | |、 \ヽ|   車掌「確かに…これはまずい
.      |l二ニr三_ニ二] ,!-   / | | \ \!      ですよ」
      ,ヘ、 ー    ̄´ノ /_ ,,-'ヽ  | /-'´/\ \--..、
    /i::::::下:::::‐-- '´//´:::::::::::ゝ'.レ  ,':::::::::ヾヾ::::::::ヽ
.   /:::|:::::::|_\ _,,/ /:::::::::::::::\i\ /:::::::::::::::::::::::::::::::\

       -;─- 、, __            ニヤニヤ 
    _ -─:ゝ   ′ ,ゝ¬¬¬、‐―----、
     ,>u  ,、   \ \  \     \
   ∠-ァ  / | i、 u \ \_\     ヽ
      /イ∠ニア! |ート、 / ><\  \\   !
  (`    |'==、 ヽ!二ヽトヽ ij=='' ヽ\ \\  |
⊂     | `ー-゚> 、 ̄・ラ ノ -―'゙ レヽ\ \\!
. ι   |u / _ 、  ̄ < 、      _ノ\\ ∨    鉄郎「でも801板の人達も
.       |F`ニ''ー---‐¬<__,   | |、 \ヽ|         根はいい人が多いよ」
.      |l二ニr三_ニ二] ,!-   / | | \ \!    車掌「メーテルスレでは
      ,ヘ、 ー    ̄´ノ /_ ,,-'ヽ  | /-'´/\ \--..、    律儀にレスをくれる
    /i::::::下:::::‐-- '´//´:::::::::::ゝ'.レ  ,':::::::::ヾヾ::::::::ヽ  有難い存在ですよ」
.   /:::|:::::::|_\ _,,/ /:::::::::::::::\i\ /:::::::::::::::::::::::::::::::\(まだまだ続くのよ…)


150 :水先案名無い人:03/10/23 00:22 ID:kw757SEe
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
           /⌒ヽ、
          /     \           すみませんでした・・・・!
          /           \         全部・・・・オレが悪かった・・・・!
.       /  ,.へ       \       もう801の悪口はいいません・・・・・・!
    /  /   \       \
   /  /   U    \       \      もう馬鹿にしない・・・・・・・・
  <.__/  _   V / , - 、       \     もうくだらないホモ漫画といったり・・・・・・・・
.     !  // u   / { r-、ヽ      \    腐女子は死ねとも  
     l  //     U\ \r-、ヽ         \     いわない・・・・・・・・・・・・
.     l  { |  | // u v\.\,リ }         \
    |  )! l∠-‐    /  \ヽノ          /  きっと・・・・・・・・
    ー-"ァ'' ~〜u'   \  ヽ} ̄`~`''''ー─---/ きっと心を入れ替えますから
.      /  v   v  ,r'⌒ゝ、 ヽ        /
     r'  U -、O  ,ノヽ/ / 〉 ヽ    u  /   どうか・・・・
.      | v' ィ  ,ノヽ/ ./>'   l v     /     福本漫画で・・・・・・・・
      l  /∠、-ヘ/ ./>'     l     /
.       レ'   ` '´ />'   U    | U /
             >'  ,.ヘ  u  /  /       福本漫画で・・・・・・・
           O `ー-'   l v  /\ /       801ネタをするのだけはやめて下さい・・・・!
      ∧()()         |  /   /
   -=ニ  ニ=- 「ニニ¬    `ー'  〈
    /〉 |. | 〈ヽ | |  | | Ο O o    ヽ
    〈/ . |/ ヽl Lニニニ.」             ヽ


151 :水先案名無い人:03/10/23 00:23 ID:kw757SEe
(惑星 ざわ…カイジスレ の続き)
カイジ「801板は漫画をホモにしたり、ひろゆきやモナ−をホモにしたり、ゴキブリと
 ゲジゲジをホモ関係にするスレを見かけた経験があるんだ。電車同士とか太陽と地球が
 ホモってのもあった。そんな場所でやめろ言っても仕方ないような。。(ちなみに俺は
 テトリスで801のスレを見た時、問答無用で肯定したよ)」
メーテル「私も惑星メーテルズの管理人さんのコメントを思い出したわ…カイジさんは管理人
  さん並に801板を理解しているのね…」
車掌「私も、やおーい回路の奥深くまでは理解できませんよ。でも話題が多彩であると
  言うことは確かですね」
鉄郎「一度、801板のメーテルスレに行ってみることをお勧めするよ」
     ___l\|\,,, --――--- 、
    ヽ                  ヽ     う・・・ こいつら・・・
   /                   ヽ    
  ∠      /`´ヽ            |     テトリスにおでんまで・・
   /   /| /ー--| l、          |  
  /_  / 、|/ー--‐ | |‐ヽ|ヽ        |     発想が常人の思惑の外・・・
   |ハ/ ヽ\   ,,-|‐,''二‐''\_,      |    
    |=====ll  ll=======   ヽ |⌒l |
      |ヽ_o_ 〉 丶__o_/    | |⌒| |     801の天才・・・・
.     |__/  ヽ___, ∪   |. |0 | |
     |   /             | |_,ノ. |     異端の感性・・・・!!
      | ,/__, -ヽ ヽー--、   ||   |\   
      ∠川川川川川川川lゝ | i ∧  |  \  
.     /'| l二二二二二二l   ./.::::`、 |    |_
    -‐l  |   ≡         /::::::  |     |
.     |   |      ∪   /:::::  /|     | 
.      |   |______/::::: /  |      | 
     |    |\::::::::::::::::::::::::::/   |       | 


152 :水先案名無い人:03/10/23 00:29 ID:kw757SEe
                 , -──- .、
                , '  ,.へ、    \
              /  ./  v\     ヽ、
               ノ   〈 u \、  ヽ..___, 1 ',  テトリス……!
         ,.. -一''´ /⌒i 〉 v v゙ヽ ヽ.__,. !. }
      ∠_-‐    l(7//u { \、l,,`ー'' レ   鶴瓶……!
_,,.. -‐'' " ̄,二ニ=‐、 ヽ/'∧ヾ:ヽ._。ン,,  _'.ニラ"´
` 、,,. -‐'' "   │ i.  l |ヽヾ:ミ;;彡  <。_ノ
.  ヽ         | !.  ! ト、ヽ,\r- v' |ッ'     モテ王……!
.   ',        | l │U\,.、`'ー`ュ、 :|
   |.       |  !. |.\. ~`'ー= ェェシ`’      郵便受け……!
   !        |  |  ト、 ゝ、ー /! |       ふかわりょう……!
.   !       .> レW%ラ'ヽ`´| | |
.   ,'         │  |%二7 /   | W
  /        |.  |)// ./    |              ぬるぽ……!
、/          |  |/ / /     l
 \         |.  l. /,.イ       l_,,. ‐''"       ゴキブリとムカデ……!
   \       |  l /'  l     l         -─-、
    \     | l∠..‐''"レ''" ̄``ヽ           __ノ
.       \ _,,. ‐''"     /      \      o
      , ‐'''`ー-、      {. /´⌒ヽ. ヾ.l i.゙、      やおい板すげえ〜っ……!
ヽ.   /      `‐、     ヽ.)   } .」 } } }
.  ` (         、_ \       r'_,ノノ.ノ/   車掌「あなた達に801板
.   \  、 \ \、 ヽ       `    メーテルスレを教えて
      ヽ. !`、 .) } { |   あげますよ」
       }_ノ .{_/.Lノ `' メーテル「http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1059524838よ」
              鉄郎「ここの人達は僕たちのことを理解してくれそうだね」


153 :水先案名無い人:03/10/24 20:54 ID:0zQM71C/
車掌「え〜、次の停車駅は〜 オレオレ詐欺 オレオレ詐欺 です」
鉄郎「オレオレ詐欺??」
メーテル「惑星 オレオレ詐欺…電話で『オレオレ』といって親からお金をだまし取る人達の
  星…鉄郎は両親が居なくてお気の毒だけど、こんな人になってはダメよ…」
鉄郎「うん。僕は決して人を騙したりはしないよ」
車掌「私は、こういう惑星は好きになれませんね。とりあえず様子を見てみましょう」

(惑星 オレオレ詐欺 に到着した。少年が電話をしていた)
少年「俺だよ、俺。お母さん、僕のことを忘れたの? お金が足りなくて困ってるんだ。
  至急送ってくれないか?」
鉄郎「何か、惑星 母からのメール みたいだね」
メーテル「言われてみれば…似た雰囲気ね…でも、これでお金を送ってくれるのかしら?」
車掌「所詮、詐欺は詐欺ですからね。誰もが騙されるわけではありませんよ」
鉄郎「あそこにおじさんらしい人がいるよ」
失業者「小さい頃は近所の駄目人間おじさんをバカにしてたっけ・・・。よれよれの紺の
 ビニールジャンパー、べた付いてそのままよりも少なく見える髪の毛。猫背。生気の
 ない瞳。ただその存在そのものを見下してたね。将来自分は絶対に出世するんだって
 何の根拠もなく思ってたね。小さい頃からの日々の積み重ねが大人になるまで続いてく
 なんて夢にも思わなかったよ。中学生の頃通っていた塾の先生が言ってたな。「俺は
 あんまり頭良くないから法政にしか行けなかったんだ、ははは。」クラスのみんなで
 大笑いしてたっけ。あの内何人が法政以上の大学に行けたというのだろうね。毎日会社
 に通って夜遅くまで働いてるお父さんがいかに大変で偉大かって、やっと分かりました。
転職を繰り返して人に馬鹿にされて初めて分かりました。生きるって本当に大変。何を
 やっても後悔が待ってるもんね。特別じゃない。自分は特別な人間でも何でもないんだ
 って、20代後半になってやっと分かりました。あの頃、白い眼で見てしまった
 おじさん、ごめんね。あなたのぶんまで生きようと思います。
でも、時間が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、おじさん」


154 :水先案名無い人:03/10/24 20:54 ID:0zQM71C/
(惑星 オレオレ詐欺 の続き)
鉄郎「僕もおじさんの気持ちが何となく分かる気がする。昔のことを思い出しちゃったよ。
  小さい頃は機械化人にバカにされてたっけ・・・。よれよれの赤のTシャツ、べた
  付いて固まっていた髪の毛。猫背。生気のない瞳。ただその存在そのものを見下され
  いたっけな。将来自分は絶対に機械化人になるんだって何の根拠もなく思ってたよ。
  小さい頃からの日々の積み重ねが大人になるまで続いてくなんて夢にも思わなかった
  よ。昔、お父さんが言ってたな。「俺はあんまりお金を持てなかったから、一生懸命
  働くしか無かったんだ、ははは」でも、ささやかに家族で大笑いしてたっけ。あの時
  何人が機械化人になったというのだろうね。毎日仕事に行って夜遅くまで働いてる
  お父さんがいかに大変で偉大かって、身にしみて感じてたよ。無理に仕事をして人に
  馬鹿にされて、身をもって感じてたんだ。生きるって本当に大変。何をやっても後悔
  が待ってるもんね。特別じゃない。自分は特別な人間でも何でもないんだって、今
  でも思ってる。あの頃、白い眼で見てしまったお父さん、ごめんね。お父さんのぶん
  まで生きようと思います。でも、時間が必要だったことだけは分かって欲しいんだ、
  お父さん」

メーテル「鉄郎の辛い思い出を思い起こさせてしまったわね…気を落とさないで、鉄郎…」
車掌「鉄郎さんの辛い過去を聞いてて、私まで気の毒に思いましたよ」
鉄郎「メーテル、車掌さん、もう過ぎたことだから…そんなに気にしなくてもいいよ。
  ところで、ニュースの記事を見つけたよ。ちょっと見てみよう」
メーテル達は記事を読み始めた。

「お兄ちゃん、わたしわたし詐欺」行員が撃退
秋銀十文字支店 2人に感謝状
妹を装って電話をかけ、金をだまし取る「お兄ちゃん、わたしわたし詐欺」が県内でも
 相次ぐ中、被害を未然に防いだ秋田銀行十文字支店の行員二人に二十六日、増田署の
五十嵐孝明署長から感謝状が贈られた。


155 :水先案名無い人:03/10/24 20:54 ID:0zQM71C/
(惑星 オレオレ詐欺 の続き)
お手柄の二人は、支店長代理の佐藤文雄さん(36)と、窓口係の加納静子さん(42)
事件が起きたのは十三日昼。十文字町内の無職ひきこもり男性(32)が同支店を訪れ
「すぐに七十万円を振り込まねば」と血相を変えて、窓口にいた加納さんに訴えた。
ひきこもり男性は「さっき実在しない妹から電話があり、交通事故に遭ったから午後一時
までにお金を振り込めと言われた」と説明した。電話の内容を不審に思った加納さんは、
佐藤さんに報告。佐藤さんは同署に通報し「だまされてもいいからお金を送らねば」と
話すひきこもり男性を説得。送金前に妹が実在するか確認したところ、いないことが
わかった。加納さんは「詐欺事件の話は耳にしていた。未然に防げてよかった」と話して
いる。五十嵐署長は「二人の機転のおかげ」と感謝していた。

「ハーイ、バブバブゥ詐欺」行員が撃退…あさひが丘支店 2人に感謝状
友人を装って電話をかけ、金をだまし取る「ハーイ、バブバブゥ詐欺」が県内でも相次ぐ
中、被害を未然に防いだあさひが丘支店の行員二人に二十六日、あさひが丘署の五十嵐
孝明署長から感謝状が贈られた。お手柄の二人は、支店長代理の鈴木久夫さん(40)と、
窓口係の加藤美子さん(34)。
事件が起きたのは十三日昼。あさひが丘町内のフグ田タラオさん(32)が同支店を訪れ、
「すぐに七十万円を振り込まねば」と血相を変えて、窓口にいた加納さんに訴えた。
フグ田さんは「さっき実在しない友人から電話があり、チャーンハーイ、バブバブゥと
言われた」と説明した。電話の内容を不審に思った加藤さんは、鈴木さんに報告。鈴木
さんは同署に通報し、「だまされてもいいからお金を送らねば」と話すフグ田さんを説得。
送金前に友人が実在するか確認したところ、いないことがわかった。加藤さんは「詐欺
事件の話は耳にしていた。未然に防げてよかった」と話している。

メーテル「面白い記事ね…」鉄郎「ワハハ。可笑しくて笑いが止まらないよ」
車掌「これは、本当にあった話なんでしょうか? 面白いですね」


156 :水先案名無い人:03/10/25 16:10 ID:JP+kLut3
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 十二月八日 十二月八日 です」
鉄郎「十二月八日??」
メーテル「惑星 十二月八日…昭和16年十二月八日は日本が第2次世界大戦を開戦した日…
  この惑星の人達は、そのときのラジオの知らせを基にして、いろいろな文章を作る
  のよ…文章が文語調で読みにくいけど、なかなか凝った文章が多いわ…」
鉄郎「この星の雰囲気に馴染めるかなあ? ちょっと心配だよ」
車掌「私も、鉄郎さんと同感です。とりあえず様子を見てみましょう」

(惑星 十二月八日 に到着した)
鉄郎「あっ。記録を見つけたよ。ちょっと読んでみよう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

平成十五年のこの日こそ、われわれ阪神フアンが、永久に忘れることのできない日である。
この朝、私は、ラジオのいつもと違った声を聞いた。さうして「阪神タイガースは、本七
日未明、甲子園において、巨人軍と最終戦に入れり」といふ臨時の知らせを聞いて、はつ
とした。私は、学校へ急ぎながらも、胸は大波のやうにゆれてゐた。勇ましいやうな、
ほこらしいやうな、それでゐて、底の底には、何か不安な気持ちがあることを知って、
いつペタジーニのバツトが飛んで来るかも知れないのに、こんなことでどうするか」と、
自分を励ました。朝礼の時間に校長先生から、試合の始つたことについてお話があつた。
「セ・リーグにおける阪神の地位を認めず、どこまでも横車を押し通さうとしたナベツネ
に対して、タイガースは敢然と立ちあがつたのです。いよいよ、来るものが来たのです。
私たちは、もうとつくに、覚悟がきまつてゐたはずです」初秋の澄みきつた日ざしが、
運動場を照らし、窓を通して教室にさし込んでゐた。四時間めに、みんなは講堂へ集つた。
さうして、その後のやうすをラジオで聞いた。「復帰今岡好調」とか「アリアス大爆発」
とか「竹中鼻血」とか、矢つぎ早の朗報である。みんな、胸にこみあげるうれしさを
押さえながら、熱心に聞き入った。お昼過ぎには、おそれ多くも今日おくだしになつた
試合後のインタビユウが、ラジオを通して奉読された。六甲おろしの奏楽ののち、
うやうやしく奉読されるのを、私たちはかしこまつて聞いた。おことばの一言一句も、
聞きもらすまいとした。


157 :水先案名無い人:03/10/25 16:11 ID:JP+kLut3
(惑星 十二月八日 の続き)
そのうち、私は、目も心も、熱くなつて行くのを感じた。この監督の御ためなればこそ、
われわれ阪神フアンは、応援をささげ奉るのである。さう思つたとたん、私はもう何も
いらないと思つた。私はすつかり明るい心になつて、学校から帰つた。うちでも母は、
ラジオの前で戦況に聞き入つてゐた。「おかあさん、私は、今日ほんたうに阪神のえらい
ことがわかりました」といふと、母も「ありがたいおことばを聞いて、まるでジエツト
風船になつたやうな気がしますね。さあ、私たちも、しつかりしませうよ」といつて、
目に涙をためながら、じつと私を見つめた。

車掌「ちょっと読みにくいですが、これは阪神が優勝して感動した、と言うことを
  言いたいのでしょうか?」 鉄郎「何か、そんな感じだね。僕と同じ名字の監督
  だから、親近感が湧くよ」
メーテル「車掌さんのいうとおりね…各惑星のメーテルズも興味を持ってたことだわ…でも
  この書き方だと確かに読みづらいわね」
鉄郎「でも、この文章を読んで、また自分の過去を思い出しちゃったよ」

西暦22○○年のこの日こそ、星野一家が、永久に忘れることのできない日である。
この朝、私達は銀河鉄道のステーションを目指して歩いていた。さうして「999号は、
本日未明、地球において、一日停車されり」といふ知らせを聞いて、はつとした。私達は、
ステーションへ急ぎながらも、胸は大波のやうにゆれてゐた。勇ましいやうな、
ほこらしいやうな、それでゐて、底の底には、何か不安な気持ちがあることを知って、
いつ機械化人の襲撃が来るかも知れないのに、こんなことでどうするか」と、自分を励ま
した。雪が降り始めた頃、お母さんから、999号についてお話があつた。「地球において
生身の人間の地位を認めず、どこまでも横車を押し通さうとした機械化人に対して、私達
は敢然と立ちあがつたのです。いよいよ、来るものが来たのです。私たちは、もうとつく
に、覚悟がきまつてゐたはずです」初冬の初雪が、草原を照らし、ぼんやりと明るくなっ
てゐた。四時間位草原を歩いて、機械伯爵の人間狩りに遭ってしまった。


158 :水先案名無い人:03/10/25 16:11 ID:JP+kLut3
(惑星 十二月八日 の続き)
さうして、母を殺され、僕は気を失ってしまった。気が付くと横にメーテルが居て
「大丈夫だった?」と聞かれ、ラジオからは機械伯爵家での「今日も獲物を手に入れたぞ」
とか「乾杯」とか、矢つぎ早の訃報、そして憎しみの言葉が入ってきた。僕は、胸にこみ
あげる憎しみを押さえながら、熱心に聞き入った。そのうち、私は、目も心も、熱くなつ
て行くのを感じた。メーテルの御ためなればこそ、僕、星野鉄郎は、機械伯爵への復讐を
誓うのである。さう思つたとたん、私はもう機械伯爵は許せないと思つた。私はすつかり
怒りの心をもつて、機械伯爵家へ向かった。機械伯爵家では仲間達が、暖炉の前で
パーティーの悦に入つてゐた。僕は「おかあさんを殺したお前達を、私は、今日ほんたう
に許せない」といふと、機械伯爵は「お前は何者だ」というので仲間達を銃撃した。機械
伯爵は「悪かった。頭だけはうたないでくれ」といつて、目に涙をためながら、じつと私
を見つめた。しかし、僕は許せなかったので容赦なく機械伯爵家を焼き払った。
警察が追ってきたので、一生懸命逃げるとメーテルが来て「機械伯爵への復讐が出来て
まるで天の岩戸があけたやうな気になったわね…さあ、私達も999号へむかゐませう…」
といつて、目に涙をためながら、じつと僕を見つめてくれた。

メーテル「鉄郎、また辛いことを思い出させてしまったわね…お母さんへの深い愛情が良く
  分かるわ…私も、あのときのことを思い出したわ」
鉄郎「メーテル、ありがとう。これからも頼りにしてるよ」
車掌「殺し合いをしなくて済むやうな地球にしたいものです。ハイ。私も銀河鉄道の運営
  を通じて、可能な限り平和への努力をしていきたいと思います」
*     * * *
* ☆ *
  (⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒
   ‖⌒⌒⌒⌒___⌒⌒⌒⌒⌒⌒⌒ _____________
>0Π――――|□999| | ̄ ̄ ̄\__ | □ □□ □□ □□ □□ □ |
  ( ̄ ̄ ̄ ̄____| |______|| | |_________|||
 ∠□◎◎◎-oo~[oo] [oo]~~  [oo]    [oo]             [oo]


159 :水先案名無い人:03/10/25 23:07 ID:GG8eNlLc
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 巨人・原辰徳監督のあいさつ 巨人(略 です」
鉄郎「巨人・原辰徳監督のあいさつ??」
メーテル「惑星 巨人・原辰徳監督のあいさつ…今年、巨人軍の原監督が引退することに
  なったの…その挨拶の言葉を尊敬する人達の星…」
鉄郎「どんな人達がいるんだろう? 楽しみだなあ」
車掌「原監督はいい人ですよ。私も一度会ってみたいです」

(惑星 巨人・原辰徳監督のあいさつ に到着した)
鉄郎「あそこで挨拶しているのが、原監督かなあ?」メーテル「どうやらその様ね…」

原監督「本当にありがとうございます。思い起こせば、昨年のこの時期、阪神甲子園球場
 におきまして、宙を舞うことができました。その時のジャイアンツ・ファンの歓声、
 そして最後まで見守って下さった阪神ファンの姿、忘れることができません。そして
 また、本日、私ごときのために、阪神球団のご厚意、そして皆さまのおかげをもちま
 して、このような時間をいただいて、大変、感謝しております。なにより尊敬する
 指揮官、星野監督から最後、ねぎらいの言葉までいただいて、どう自分の気持ちを説明
 していいか分からないくらい、感動しております。大変ありがとうございました。
タイガースはこれから日本シリーズという大きな舞台が待っております。必ず日本一を
 勝ち取って下さい。願っております。
 最後になりますが、ファンの皆さま、プロ野球はファンの皆さまのおかげで成り立って
 おります。プロ野球、タイガース、ジャイアンツ、これからも温かいご声援をよろしく
 お願いします。
 私は夢の続きというものを胸の中にしっかりとしまいこんで、宝物にして、あすから
 また生きて参ります。本当にありがとうございました」

鉄郎「原監督って礼儀正しい人なんだね」 車掌「本当に言葉遣いが丁寧ですね」
メーテル「原監督に好意を持つ人が多いことが理解できる言葉ね…」


160 :水先案名無い人:03/10/25 23:08 ID:GG8eNlLc
(惑星 巨人・原辰徳監督のあいさつ の続き)
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /             \
/                 ヽ
l:::::::::   /      \   |
|::::::::::   (●)    (●)   |
|:::::::::::::::::   \___/    |
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノベイスターズ・山下監督のあいさつ

本当にありがとうございます。思い起こせば、先月のこの時期、甲子園球場におきまして、
最下位になることができました。その時のベイスターズ・ファンのため息、そして最後
まで見守って下さったタイガースファンの姿、忘れることができません。そしてまた、
本日、私ごときのために、オリックスブルーウェ−ブのご厚意、そして皆さまのおかげを
もちまして、このような時間をいただいて、大変、感謝しております。なにより尊敬する
指揮官、レオン監督から最後、ねぎらいの言葉までいただいて、どう自分の気持ちを説明
していいか分からないくらい、感動しております。大変ありがとうございました。ベイ
スターズはこれから裏日本シリーズという大きな舞台が待っております。必ず最下位を
勝ち取りたいと思っております。
最後になりますが、ファンの皆さま、プロ野球はファンの皆さまのおかげで成り立って
おります。プロ野球ベイスターズ山下、これからも温かいご声援をよろしくお願いします。
私は夢の最下位というものを胸の中にしっかりとしまいこんで、宝物にして、あすから
また生きて参ります。本当にありがとうございました。

鉄郎「山下監督も今年は不本意に最下位になってしまったけど、人柄がいいって事は良く
  分かる言葉だよ」車掌「来年は、ベイスターズも奮起してもらいたいですね」
メーテル「私も車掌さんと同感よ…来年のベイスターズの活躍をお祈りします…」
車掌「私もここの人達の様にちょっと、挨拶してみましょうか?」
鉄郎「車掌さん、いい言葉、期待してるよ」


161 :水先案名無い人:03/10/25 23:08 ID:GG8eNlLc
(惑星 巨人・原辰徳監督のあいさつ の続き)
車掌「本当にありがとうございます。思い起こせば、昨年のこの時期、地球におきまして、
 無事999号で宙を舞うことができました。その時のお客さんの笑顔、そして最後まで見
 届けて下さったホームへの入場者のことは、忘れることができません。そしてまた、
 本日、私ごときのために、銀河鉄道へのご厚意、そして皆さまのおかげをもちまして、
 このような時間をいただいて、大変、感謝しております。なにより尊敬する上司、
 銀河鉄道社長から最後、ねぎらいの言葉までいただいて、どう自分の気持ちを説明
 していいか分からないくらい、感動しました。大変ありがとうございました。
999号はこれから長い長い旅が待っております。必ず無事終着駅、アンドロメダまで
 行けることを願っております。
 最後になりますが、999号乗客の皆さま、銀河鉄道999はファンの皆さまのおかげで
 成り立っております。999号乗客の皆さん、銀河鉄道999のファンの皆さま、
 メーテルズの皆様、これからも温かいご声援をよろしくお願いします。
 私は夢の続きというものを胸の中にしっかりとしまいこんで、宝物にして、あすから
 また生きて参ります。本当にありがとうございました」
メーテル「車掌さん、立派な挨拶だったわよ…私も胸にジーンときたわ」
鉄郎「車掌さん、今の挨拶、すごく立派だったよ。僕も今のような立派な挨拶が出来る様
  に努力しなくちゃって思ったよ」
クレア 「私も、改めて車掌さんと一緒に999号のお客さんへ奉仕したいと思いましたわ」
車掌「皆さん、誉めてくれてありがとうございました」
    _            ______   ________
    ││┃ l⌒l...l⌒l    ├┌ ■■■ヽ─┐/
  ├┘└┴┘└┘└┸┸━ ⊂从^▽^从 < これからも頑張って下さいね…カオテル
/ ̄ヽ\(^▽^)/    ┌─┤━━∪━(  \
| ._,,|______|  |j---|....|t─(´⌒(´⌒≡≡ ̄(´⌒(´⌒≡(´⌒ ̄ ̄
|/|_|I〓〓〓〓└─(´⌒;;; 〓│(´⌒;;;≡≡≡(´⌒(´⌒≡;;;
_○l___|  ◎≡≡(´⌒(´⌒;◎(´⌒(´⌒;; (´⌒´シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!シュッ!


162 :水先案名無い人:03/10/26 21:43 ID:qTqAHu+C
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 花はいいですね 花はいいですね です」
鉄郎「花はいいですね??」
メーテル「惑星 花はいいですね…花を愛する人達の星…他にも愛する者がある人がいるけど
  言葉遣いは美しいのよ」 鉄郎「どんな人達がいるか楽しみだなあ」
車掌「私もここの人達を見てみたいです」 クレア「私もこの惑星は見てみたいです」

(惑星 花はいいですね に到着した。可憐な少女がいた)
少女「花はいいですね。特に道端の花とか土手の花とか好きです。あと小手鞠とか雪柳
  とか本当にどれだけ観てても飽きない。
  でも若い頃はバラとか庭木とか椿なんかの良さが少しもわからなかった。お茶とお花
  の関係とか生け花の良さとかも。フラワーアレンジメントは好きでも盆栽も生け花も
 全く美しいと思わなかった。花束も儀礼の手段のような気がして好きではなかった。
 だから母が庭木に精を出すのも手伝ったことはないし花が咲いてもそんなに嬉しくも
  なかった。
  変わったのは人を好きになるようになってからかもしれない。何か実用的なこと
  ばかりを追い求めていた時期とは違う変化があったと思う。今は花屋さんが大好き
  だし花束を見繕うのも好き。季節の花を観に出かける人たちの気持ちがわかるように
 なったのはそんなに昔の事ではない」

クレア 「今の言葉を聞いて感動したわ。ねえ、メーテルさん」
メーテル「私も惚れ惚れするわ…ちょっとしたことで感動できるのは素晴らしい事よ」
鉄郎「僕がちょっと話しかけてみるよ。お嬢ちゃん、いろいろ花のことを知っているよう
  だね。僕にも教えてくれないかなあ?」
少女「それなら、この野菊を見て。綺麗かしら?」 鉄郎「うん。綺麗だよ」
少女「ありがとう。それならこの菊一輪、あげるわ」鉄郎「お嬢ちゃん。どうも有り難う」
車掌「この子は本当にいい子ですね。999号に乗せてあげたいですよ」
メーテル「こんないい子に出会ったのは久しぶりだわ…」
クレア 「私もこんな子に会っただけで、ここに来た甲斐がありました」


163 :水先案名無い人:03/10/26 21:45 ID:qTqAHu+C
(惑星 花はいいですね の続き)
少年「キリ番ゲットはいいですね。特にギコでズザーとか珍のバイクで首切りとか好き
  です。あと2ゲットとか1000ゲットとか本当にどれだけゲットしても飽きない。
  でも若い頃は2ゲットとか1000ゲットとかキリ番ゲットなんかの良さが少しも
  わからなかった。2ゲッターとか〜がゲットだぜ!の良さとかも。煽り、
  荒しは好きでも2ゲットも1000ゲットも全く楽しいと思わなかった。いつも見かけ
  る「2」も儀礼の手段のような気がして好きではなかった。だから駄スレが板に乱立
  する時間帯も気にしたことはないし立ったばかりのスレを見つけてもそんなに嬉しく
  もなかった。変わったのは2chブラウザを導入してからかもしれない。何か実用的
  なことばかりを追い求めていた時期とは違う変化があったと思う。今は2ゲットが
  大好きだし1000ゲットを争うのも好き。キリ番ゲットするだけで去って行く人たち
  の気持ちがわかるようになったのはそんなに昔の事ではない」

クレア 「これは…ちょっと引いてしまいます」
メーテル「キリ番ゲットすることを一概に悪く言うつもりはないけど、スレ汚しになるから
  いたずらに色々な惑星でやることはいけないわ…」
鉄郎「僕もメーテルと同感だよ」 車掌「ラウンジ星系なら許されるのでしょうか?」

おじさん「兵器はいいですね。特に対戦車自走砲とか対空自走砲とか好きです。あと歩兵
  戦闘車とか防空ミサイル車とか本当にどれだけ観てても飽きない。でも若い頃は
  榴弾砲とか輸送ヘリとか掃海艇なんかの良さが少しもわからなかった。歩兵と戦車の
  関係とか携SAMの良さとかも。戦術シミュレーションは好きでも自走砲も掃海艇も
 全く美しいと思わなかった。輸送ヘリも戦争の脇役のような気がして好きではなかっ
  た。だから母が模型に精を出すのも手伝ったことはないし完成してもそんなに嬉しく
  もなかった。変わったのは人を好きになるようになってからかもしれない。何か
  華やかで目立つな兵器ばかりを追い求めていた時期とは違う変化があったと思う。
 今は軍隊が大好きだし模型を見繕うのも好き。陸上自衛隊富士総合火力演習を観に
  出かける人たちの気持ちがわかるようになったのはそんなに昔の事ではない」


164 :水先案名無い人:03/10/26 21:45 ID:qTqAHu+C
(惑星 花はいいですね の続き)
おじさん「ただ布地のかわいい車両プリントなどは昔から好きだった。小型の車両のプリ
  ントは昔は嫌いだったが今は好みが変わった。あれはあれで素敵だと思う」

鉄郎「僕も確かに武器を持ってるけど、本当は『扱わずに済めばいいな』って思ってるよ。
  武器や兵器を好きって、どうしても思えないんだ」
メーテル「私も防護のため武器を持ってるけど、鉄郎と同感よ…扱わずに済めば、それで済ま
  せたいわ」 車掌「平和な社会になってもらいたいものです」

クレア 「汽車はいいですね。特に999号とかエメロ−ドとか好きです。あと999号機関部
  とか食堂車とか本当にどれだけ観てても飽きない。
  でも若い頃は蒸気機関車やディーゼル車とか電車とかの良さが少しもわからなかっ
  た。汽車とレールの関係とか駅の雰囲気の良さとかも。旅行は好きでも車内のお仕事
  も全く素敵だと思わなかった。切符の改札も儀礼の手段のような気がして好きでは
  なかった。だから母が切符を集めるのも手伝ったことはないし、汽車に乗っても
  そんなに嬉しくもなかった。
  変わったのは人を好きになるようになってからかもしれない。何か実用的なこと
  ばかりを追い求めていた時期とは違う変化があったと思う。今は999号が大好き
  だし、食堂車でウェートレスをするのも好き。食事をしにみえる人たちの気持ちが
  わかるようになったのは、そんなに昔の事ではないわ」

車掌「クレアさんも心の変化があった時期があったんですねえ」
鉄郎「今のクレアさんは輝いて見えるよ」 クレア「鉄郎さん、ありがとうございます」
メーテル「私もクレアさんの気持ちが何となく分かるような気がするわ…母が銀河鉄道に
  愛着を持ってたことも…小さいときは銀河鉄道に特別な気持ちはなかったもの…
  変わったのは我が母プロメシュームが機械の体に興味を持つようになってからかも
  知れない…今は999号は大好きよ」 鉄郎「メーテルも意外な過去が有ったんだね」


165 :水先案名無い人:03/10/27 21:49 ID:g4fCDOfv
■■■
ノノノ・_・)
私の名はメーテル…
報告しにきた女…

私の名はメーテル…@同性愛板 7号車
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gay/1060611352/
はスレストを食らって宇宙の彼方に消えてしまったわ…

でも鉄郎、心配しなくていいのよ…
新しい列車が走っているわ…
私の名はメーテル…@同性愛板 8号車
http://love.2ch.net/test/read.cgi/gay/1067057352/

166 :水先案名無い人:03/10/28 00:19 ID:ZlhPtZ3M
車掌「165メーテルさん、ご連絡有り難うございました。今後も宜しくお願いします。
   え〜、次の停車駅は〜 惑星 荒らしを一刀両断 荒らしを一刀両断 です」
鉄郎「荒らしを一刀両断??」
メーテル「惑星 荒らしを一刀両断…文字通り荒らしを一刀両断しようとする人達の星…
  2ちゃんねる星雲の荒らしに対して、どう対処するか考えている真面目な人が多い
  のよ」 鉄郎「確かに荒らしは困るからね。ここの人達の振る舞いを見てみたいよ」
車掌「私も鉄郎さんと同感です。ここの人達を見てみたいです」

(惑星 荒らしを一刀両断 に到着した)
おじさん「自分がやらかした行為によって迷惑をこうむる人、泣きをみる人が生まれる
 ことを「あえて考えようとしない、黙認する、楽しむ」といった珍走族並の思考を持つ
 者は、普通に、真面目に生きる人々の回り、いや日本、地球上に存在することは決して
許されることではない。無理に存在を望むのであれば、それは「侵略行為」に他ならず、
 それらの行為を日の下に晒し悔い改める考えが全く無いということであれば、冗談抜き
 でその肉体ごと滅ぶべきである。自ら削除権の所持を望んだ者は、真面目に生きる人々
 の持つ、当たり前の「権利(自ら作り上げた著作物である事を主張し、守る権利など)」
 を踏みにじられないよう、踏みにじられることによって自らの証し(趣味)を立てられ
 る場や、皆とコミュニケーションを図れる場が消滅しないよう、死地(!?)に飛び込ん
 だ訳で、その行為を侮辱したり、わざわざ彼らの生活を脅かすような荒しを行なう者は
 管理側に訴えて、法で裁いてもらう他はない。ここまで言ってもまだ解からない、また
 は反論を企てる者はもはや「人外の輩」に肉体ごと変質してしまっているか、一般的な
 思考のレールから外れる「ネタ」を書き込む愉快犯以外の何物でも無く、そんな輩に
 これ以上正当な主張を述べることは「無駄な行為」である」

メーテル「おじさんは荒らしに困っているようね…心配だわ…私はメーテルと言います…
  おじさん、荒らしに困っているようですね」 鉄郎「おじさん、大丈夫ですか?」
おじさん「メーテルさん、話を聞いてくれてありがとうございます。もう少し聞いて貰え
  ますか?」


167 :水先案名無い人:03/10/28 00:19 ID:ZlhPtZ3M
(惑星 荒らしを一刀両断 の続き)
おじさん「驚いている暇があったら、画像板の平定に尽力している自治委員や管理側に
対しての冒涜を謝罪したまえ。(>>1での著作権を踏みにじるような発言や、荒しを
 肯定し、「自分だけ楽しめればよい」という言動など)その「自分だけ楽しめればよい」
 という考えのせいで酷い目に遭っている者が自分の回りにいないか?悲しんでいる
 親兄弟はいないか?泣いている級友、親友はいないか? もしかしたら自分のこれらの
 言動が、不特定多数の人々を不愉快にさせ怒らせたことに気付いていないのか?自らの
 持論をさも「世間の常識」のようにサラリと書き連ね、「2ちゃんねらーですが何か?」
 と、見知らぬ第三者の為に苦労する者に対して「クソ喰らえ」的な発言は許されること
 ではなかろう?いま一度書くが、ネットもバーチャルも現実も「区別」など存在しない。
 わざわざ区分せずとも、それらに関わるのは全て『人』であるのだから、ネットだろう
 と現実だろうと「迷惑なもの」には変わりは無い。『区別がつかない奴こそ危険』と、
 「現実」「非現実」とを何かと区別を付けたがる輩のほうが危険であろう。どちらも
 『現実』に変わりは無い。多くの人々が関わった時点で、目の前に映る事象は「数珠
 つながり」なのだ。その体たらく(「2ちゃんねらーですが何か?」「現実の区別が
 つかない奴こそ危険だと思うが?」という言動)からすると、もしや……!?」

メーテル「おじさんは荒らしにお困りのようですね…でも、落ち着いて対処した方がいいと
  思うわ…」 車掌「対処法はいくつか有りますから参考にして下さい」
メーテル「おじさん、これから説明することが役に立てば幸いです…」
鉄郎「メーテル、きちんと説明してやってね」
メーテル「きっとあなた様の心は太陽系よりも広く、慈悲はバチスカーフ海溝よりも深いの
  でしょう…でも、あなた自身の説明を聞いて、それを受け容れられないと言って、
  そのことを「心が狭い」だの「許容度が低い」だのと言われて、良く思う人は居ない
  と思うの…しかし、これだけの期間、それぞれの人間が、それぞれの時間を割いて、
  それぞれの言葉で、手を変え品を変え、訊いて尋ねているわ…」


168 :水先案名無い人:03/10/28 00:20 ID:ZlhPtZ3M
(惑星 荒らしを一刀両断 の続き)
メーテル「それでも身の証一つ立てようとすらせず、挙句の果てには他人の書き込みが
  おかしいなどと、ヤブニラミなことをのたまう、文字通り「ハナシにならない」人間
  のことを批判するのは良くないと思うの…「なんでそんなにエラそうに言われなきゃ
  ならないのかしら?」ってね…私から見て「心が狭い」「了見が狭い」「許容度が
  低い」というベクトルでしか人物評価ができないと、他の人の印象を悪くするわ…
  おじさんも視野を広くするように心がけるときっといいことがあるはずよ…
 私も人のことを言えるくらい心が広くはないわ…その代わり私は自分で「心が広い」
  などと主張しない謙遜の心と「心が広い」と主張する人間を信用しないセンスとを
  持ち合わせてもいるわ…心が広いか狭いかとか、許容度が高いか低いかとか、
  そういうことは客観的な評価に依存すべきもので、それ以上に相対的で流動的な事柄
  であることをもっと知った方がいいと思うの…どんな怖い映画にも終わりがあるよう
  に、どんなに許容度が高い人間にも限界があるの…寝入りばなに痴話喧嘩の仲裁を
  電話で頼めば切られるだろうし、親の葬式の最中にカネの無心を頼みに行けば絶交
  される、という例え話で分かって貰えるかしら?」

おじさん「メーテルさんに言われてみて…確かに自分のことを客観的に見ることの大事さ
  を感じました。ご説明ありがとうございます」
メーテル「今、私が言ったことを心がけてくれれば、荒らしが来る可能性が低くなると思うの…」
車掌「メーテルさんの今の説明、良かったですよ」鉄郎「メーテル、立派な説明だったよ」
おじさん「これからは、メーテルさんのおっしゃったことに気を配って、発言したいと
  思います」
メーテル「そういってくれて、光栄です…これからのおじさんのご活躍お祈りいたします」
おじさん「これからは、物事を大衆に向かって言うときは気をつけて言いたいと思います」
鉄郎「今のメーテルの言葉は僕にも参考になったよ。努力しなくちゃ」


169 :水先案名無い人:03/10/29 01:23 ID:7SqKNlh3
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 まっとうな姉萌え妹萌え まっとうな(略 です」
鉄郎「まっとうな姉萌え妹萌え??」
メーテル「車掌さん…この惑星はガイドライン星系なの? 恋愛系星系じゃないの?」
車掌「一応この惑星は、ガイドライン星系(ガイドライン板のスレ)です。板違いかも
  知れませんが」
メーテル「惑星 まっとうな姉萌え妹萌え…文字通り姉萌え妹萌えする人達の星…
  この名前の通りよ…これ以上言うことはないわ」
鉄郎「僕には兄弟姉妹がいないからなあ。どんな雰囲気なんだろう?」
車掌「ここの人達は、どうやら姉や妹にしてもらいたいことを呟いているようですよ」
鉄郎「とにかく、一度見て見ようよ」

(惑星 まっとうな姉萌え妹萌え に到着した)
少年1「ぼくが姉妹にしたい、してもらいたいことはこんなことかな。
  お姉ちゃんや妹に出されたご飯は残さず食べる。お姉ちゃんや妹に転ばされても
  泣かない。お姉ちゃんや妹のギャグには大爆笑する。お姉ちゃんと同じ学校に行く為
  に猛勉強。お姉ちゃんにもらったものは一生大切にする。ボーイッシュな姉の服の
  おさがりを着る。1ヶ月に一度は姉の箸や茶碗を間違えて使う。初めての飲酒は姉の
  ひな祭りでする。初めて助手席に乗せる相手は勿論お姉ちゃん。お弁当は毎日お姉ち
  ゃんの手作り。家にいるときでもお姉ちゃんにメールを飛ばす。たまたまクラス
  メートの女子と一緒に歩いているところをお姉ちゃんに見られ「彼女? かわいい子
  ね」とからかわれる。お姉ちゃんに口の周りのごはんつぶ取ってもらう。お姉ちゃん
  の誕生日には一生懸命作ったものをあげる。お姉ちゃんの彼氏に妹が片思いしている
  らしいと気付く。給料が入ったお姉ちゃんに寿司を奢って貰う。怖いテレビを見た妹
  が一緒に寝てくれるよう部屋に頼みに来る」

メーテル「そこの僕…色々願望を持っていて可愛いわね…私はメーテル…今言った願望で、
  少しでも多く叶うといいわね…」
鉄郎「僕には姉妹がいないけど、少しでも多く願望が叶うといいね」


170 :水先案名無い人:03/10/29 01:24 ID:7SqKNlh3
(惑星 まっとうな姉萌え妹萌え の続き)
少年2「僕の願望はこうなんだ。
 お姉ちゃんは車の運転がちょっと下手。怖いテレビを見たお姉ちゃんが一緒にトイレ
  についてきてくれるよう部屋に頼みに来る。お姉ちゃんとお風呂で体の洗いっこを
  している。寒い日に、お姉ちゃんが勝手に布団に入ってくる。姉の同級生から
  「かわいー」と言われる。一度でいいから、砂糖と塩を間違えた手作り弁当食べて
  みたいYO!姉でも妹でもいいからさ。「ああ…なかなか個性的な味じゃないかな」
  などと言いながら頑張って食べてみたい。良いことすると姉に頭を撫でてもらえる。
  姉と「ちょっとそれ一口ちょうだい」と同じおかずなのにおかず交換する。
  お姉ちゃんに「いっしょにお風呂入ろー」って言われたら無邪気にうなずく。お湯の
  かけっこをする。お風呂で泳いで怒られる。お姉ちゃんに「ね、ね、キスの練習しよ
  うよ」と言われて舌を絡ませる。「ぷはぁ・・・だいぶ・・・うまくなったんじゃ
  ない?」と潤んだ目で言われる。ほっぺにちゅーされたら胸に飛び込む。で、なでな
  でしてもらう。お弁当は毎日妹の手作り。家にいるときでも妹にメールを飛ばす。
  たまたまクラスメートの女子と一緒に歩いているところをお姉ちゃんに見られ
  「彼女? かわいい子ね」とからかわれる。お姉ちゃんの使ったタオルで顔を拭く。
  妹の誕生日には一生懸命作ったものをあげる。お姉ちゃんの彼氏にやきもちを妬く。
  姉が片思いしているらしいと気付く。給料が入ったら妹に寿司を奢る。怖いテレビを
  見た姉が一緒に寝てくれるよう部屋に頼みに来る。お姉さんに勉強を教えてもらう。
  お姉さんと一緒に映画を見に行き、カップルと間違えられる。姉妹の部屋のお掃除を
  してほめられる」

メーテル「そこの僕…色々願望を持っていることはいいことだけど、羽目を外さないように
  気をつけてね…仲が悪くなるかも知れないから…」
鉄郎「僕も兄弟姉妹がいたらなあ。この少年の気持ちが分かるような気がするよ」
メーテル「私も兄弟がいたら…ある程度、願望を持つものかもね」


171 :水先案名無い人:03/10/29 01:24 ID:7SqKNlh3
(惑星 まっとうな姉萌え妹萌え の続き)
少年3「僕には一人っ子なんだ。姉妹はいないけど、こんな子がいたらいいな」
       ,.、-''"´  ̄     ̄`''''- 、
      /                   `ヽ、
    /              、`ヽ    ヽ
   /               、.゙i ドi     ヽ
  /                 lノ | i|   ヽ   ゙、
//               i i / |i/, i!    ゙、   ゙、
,'/  i!         / / / / /|l 丿    |゙i  l、.゙i
l i   |ト-‐' _,ノ /  /./,.イ// ゙i'、、,. ヽ i |ト  |゙i l
| | i ト、二´  / ///7/    l;ヾ、iヽ ゙i|/i | | | |
| | l |ミミ三彡彡-‐"   / `‐‐--- ヾ゙i}゙iV|iノ ,' l !|!
| | i、 l三='"                .|i レ'/ / ,' ,'
l、i、|rヾ、i| 、 ,.-== 、       ,.,-== 、  lレ'ヽ,/ //
l、i`゙iy'^i 、 ''     `     ´    ゙ ./l/)!ノノ〃
 ゙、、ヽ、_,l  〃〃〃      〃〃〃イ/i_ノ,.//
  ヽ,、ヾ;、゙、       _'_     /::///
   ヽ,l゙i|、l:ヽ,      l   l    /:〃/
    l.i/ノ!:::::i:ヽ、.   ヽ、_,ノ   /:i:::i./
   ー''-'"ノ,.ノi.ノ,.._`i'- .,_ _,. -'" |、::、iヾ:、_,
   , -‐'´ ‐''" ゙、'、l_   __,,. '-'"- 、 _

鉄郎「確かにこんな子がいたらいいだろうね。僕も姉妹がいたらなあって思うよ」
メーテル「一人っ子っていうのは寂しいものね…でも、将来彼女が見つかるといいわね…」
少年3「そう言ってくれてありがとうございます。将来、いい子を見つけたいと思います」
鉄郎「いい子が見つかるように頑張ってね」
メーテル「旅に出てみることをお勧めするわ…きっかけが見つかると思うの」
少年3「ご忠告ありがとうございます。将来は旅に出ようと思います」


172 :水先案名無い人:03/10/30 21:20 ID:dTu2DYdH
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 拝啓ジョンレノン 拝啓ジョンレノン です」
鉄郎「拝啓ジョンレノン??」
メーテル「拝啓ジョンレノン…ジョンレノンは、ビートルズというバンドメンバーの一人
  だったのよ…もう亡くなってしまったけど…『拝啓ジョンレノン』と言う歌があるの
  その歌について探求する人達の星…」
鉄郎「どんな星なんだろう? メーテルの説明だけじゃ、イメージが湧かないよ」
車掌「ビートルズは、かつて色々な国の一世を風靡した人ですからね。ファンはジョン
  レノンが亡くなった今でも多いですよ」
鉄郎「それじゃあ、とりあえず、その惑星へ行ってみよう」メーテル「ええ、行きましょう…」

(惑星 拝啓ジョンレノン に到着した。ある住人が呟いていた)
住人1「拝啓、ジョン・レノン。あなたがこの世から去りずいぶん経ちますが、まだまだ
  世界は暴力にあふれ 平和ではありません。僕があなたを知ったときは ブルース・
  リーと同じようにこの世にあなたはいませんでしたね。十代中頃でファンになって
  から一番かぶれていた二十歳の頃
  ジョン・レノン あのダサいおじさん ジョン・レノン バカな平和主義者
 ジョン・レノン 現実見てない人 ジョン・レノン あの夢想家だ」

鉄郎「ジョンレノンって、ダサくてバカなおじさんだったの?」
メーテル「それは人によって評価が分かれると思うわ…平和主義者であったことは間違いない
  と思うけど…当時は歌の内容について色々議論されたのよ…」

住人2「拝啓、山崎渉。あなたが2chを荒らし、ずいぶん経ちますが、まだまだ2ch
  は煽りにあふれ 平和ではありません。僕があなたを知ったときは 反転石と同じ
  ようにどこのスレにもあなたはいましたね。早朝の書き込みを見てからそんな時間帯
  に何やってるの?と思った二十歳の頃
  山崎渉 意味のない書き込み 山崎渉 sageなマルチポスト
 山崎渉 現実にいるのか 山崎渉 最近「ぬるぽ」って書いてる」


173 :水先案名無い人:03/10/30 21:21 ID:dTu2DYdH
(惑星 拝啓ジョンレノン の続き)
鉄郎「最近、山崎さん、見なくなったね」メーテル「スクリプトシールドが機能しているせいかしら?」

住人3「拝啓、水野晴郎。あなたがシベリア超特急を監督してずいぶん経ちますが
 まだまだ邦画は駄作にあふれ 活気がありません。僕はあなたを知ったときは
 「水野晴郎のポリス大百科」でした。あなたはポリスのコスプレが好きでしたね。
 十代中頃でファンになってから 一番かぶれていた二十代の頃。
 水野晴郎 あのホモいおじさん 水野晴郎 マッチョなハードゲイ
 水野晴郎 ボン西田は愛人 水野晴郎 あの夢想家だ」
鉄郎「この呟きを聞いてると、水野晴郎さんって変わった人みたいだね」
メーテル「映画評論家以外の立場では、私も詳しくは知らないけど、本当なら確かに変わった
  人ね…801星系でウケそうな内容ね…」

住人4「拝啓、ヒットラー総統。あなたがこの世から去りずいぶん経ちますが、まだまだ
  世界は暴力にあふれ 平和ではありません。僕があなたを知ったときは スターリン
  と同じように、この世にあなたはいませんでしたね。十代中頃でネオナチになって
  から一番かぶれていた二十歳の頃
  ハイル・ヒットラー あのダサいおじさん ハイル・ヒットラー バカな差別主義者 ハイル・ヒットラー
  現実見てない人 ハイル・ヒットラー あの夢想家だ。ハイル・ヒットラー ベルリンの壁崩壊とか
  言われてた十数年前、第三帝国を復興しようとして ミュンヘン一揆を起こそうとした。
  そして今ナツメロのように聴くあなたの演説はとても優しい。ロンギヌスの槍の様に
  あなたの演説はとても優しい。

 拝啓、ヒットラー総統 僕もあなたも大して変わりはしない。そんな気持ちであなた
  を見ていたい どんな人でも僕と大差はないのさ。拝啓、ヒットラー総統 そんな
  気持ちでゲシュタポに入りたい。スキンヘッドもハーケンクロイツも毒ガスも目一杯感じながら
  僕は進む。ハイル・ヒットラー あのダサいおじさん ハイル・ヒットラー バカな差別主義者
 ハイル・ヒットラー 現実見てない人 ハイル・ヒットラー あの夢想家だ


174 :水先案名無い人:03/10/30 21:21 ID:dTu2DYdH
(惑星 拝啓ジョンレノン の続き)
鉄郎「ねえ、メーテル。ヒットラーってどんな人なの?」
メーテル「かつてのドイツの独裁者よ…第2次世界大戦という悲劇を起こした人…でもこの人
  はそれを皮肉に歌っているのよ」
鉄郎「ヒットラーのような人が現れない世の中にしたいね」 メーテル「私も同感よ…」

住人5「拝啓、ガッツ石松。あなたが衆議院選挙に敗れずいぶん経ちますが、まだまだ
  政界は腐敗にあふれ 清浄ではありません。僕があなたを知った番組は連想ゲーム 
  答えは「日本一」加藤キャプテン「琵琶湖」→ガッツ「コマ!」→加藤「東京タワー」
  →ガッツ「わさび!」 連想ゲームなのにしりとりしてましたね。ガッツルールですね
 十代中頃でファンになってから 一番かぶれていた二十歳の頃
 ガッツ石松 アビバのおじさん ガッツ石松 OK牧場な元チャンプ
 ガッツ石松 スピルバーグの映画に出演 ガッツ石松 栃木マロニエ大使」

鉄郎「ガッツ石松さんって面白そうな人だね」
メーテル「確かに面白そうね…ところで鉄郎…こんな感じでハーロックさんに手紙を書いて
  みないかしら?」鉄郎「確かに最近ハーロックに会ってないからなあ。書こう書こう」
メーテルと鉄郎はハーロック宛の手紙を書いてみた。

 拝啓、キャプテン・ハーロック。あなたが星の空に出てから去りずいぶん経ちますが
まだまだ宇宙空間は暴力にあふれ 平和ではありません。僕やメーテルがあなたを
 知ったときは、もう既に地球を離れていましたね。あなたを知ってから、一番尊敬して
 いる人の中の一人です。
キャプテン・ハーロック ほおに傷のある、宇宙をまたに駆ける宇宙海賊
キャプテン・ハーロック 敵に漫然と向かっていく愛される平和主義者
キャプテン・ハーロック 現実を変えようとする私達の仲間
キャプテン・ハーロック 星の海を旅するあの夢想家だ     星野鉄郎・メーテル


175 :水先案名無い人:03/11/01 01:17 ID:Rs8SxcP3
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 良い子の諸君 良い子の諸君 です」
鉄郎「良い子の諸君??」
メーテル「惑星 良い子の諸君…謎の二人組が『良いこの諸君』と呟く星…私もこの二人組
  について詳しくは知らないわ…」 鉄郎「その二人組ってどんな人達なんだろう?」
車掌「私も詳しくは知らないのですが、ヒーローらしいですよ」
鉄郎「それじゃあ、その二人組を見てみよう」

(惑星 良い子の諸君に到着した)
   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  良い子の諸君!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  早起きは三文の得というが、
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 今のお金にすると60円くらいだ。
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| 寝てたほうがマシだな。
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  鉄郎「こんにちは。僕、鉄郎といいます。宜しく」
|  irー-、 ー ,} |    /     i  メーテル「はじめまして…私はメーテル…
| /   `X´ ヽ    /   入  |     宜しくお願いします」

   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  鉄郎君!メーテルさん!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  俺達の言うことが分かったかね。
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |  鉄郎「僕達は999号に乗ってるもんで
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |       早起きもへったくれも無いんだ」
|  irー-、 ー ,} |    /     i  メーテル「私達は宇宙を旅しているので…
| /   `X´ ヽ    /   入  |     時間の概念が一定でないんです」


176 :水先案名無い人:03/11/01 01:18 ID:Rs8SxcP3
(惑星 良い子の諸君 の続き)
   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  鉄郎君!メーテルさん!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  自慰というのは自分を慰めると書く。
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  慰めてくれる人がいないなら
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /| キミ自身が慰めてあげればいいのさ。
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |  それもまた人生なのだから。
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  鉄郎「今の言葉はジーンとくるなあ」
|  irー-、 ー ,} |    /     i  メーテル「おじさん達も立派なことをおっしゃい
| /   `X´ ヽ    /   入  |     ますね…」

   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  鉄郎君!メーテルさん!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  信じるものがすくわれるのは
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)  足元だけなのだという事を肝に銘じておけ!
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  鉄郎「この言葉は謙虚に聞いておきます」
|  irー-、 ー ,} |    /     i メーテル「それでも、信じる心は大事だと思うの…
| /   `X´ ヽ    /   入  |    おじさん達、分かってくれないかしら?」

おじさん達「メーテルさん、分かりました。それでも今の表現はこの乱世を生き抜くため
  敢えて言わせてもらいました。『それくらいの気構えでいてくれ』と言う意味です」メーテル「おじさん達の言うことは、的を射ていると思います…これからも気をつけていく
  つもりです」 鉄郎「僕も気をつけて旅をしていこうと思います」


177 :水先案名無い人:03/11/01 01:18 ID:Rs8SxcP3
(惑星 良い子の諸君 の続き)
   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  鉄郎君!メーテルさん!
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  2ちゃんねる星雲は大変広い。
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒) 旅を続けられるのなら、時には休憩も大事だぞ!
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  鉄郎「今の忠告も頭にいれて置きたいと思います」
|  irー-、 ー ,} |    /     i  メーテル「おじさん達のいうことはもっともですね…
| /   `X´ ヽ    /   入  |     休憩も時間を見計らってするつもりです」

   r ‐、
   | ○ |         r‐‐、
  _,;ト - イ、      ∧l☆│∧  我々もこれから旅に出て、今言った格言を
(⌒`    ⌒ヽ   /,、,,ト.-イ/,、 l  広めていくつもりだ!
 |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ `⌒)
│ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ /|
│  〉    |│  |`ー^ー― r' |
│ /───| |  |/ |  l  ト、 |  鉄郎「おじさん達、頑張って下さい」
|  irー-、 ー ,} |    /     i メーテル「ご活躍、お祈りいたします…鉄郎、駅へ
| /   `X´ ヽ    /   入  |    戻りましょう」

鉄郎とメーテルは駅へ戻った。
車掌「どうでしたか。ここの二人組は?」
鉄郎「なかなかいいことを言ってくれる立派な人だったよ」
メーテル「鉄郎の言うとおり、立派な人だったわ…また会えるといいわね」


178 :水先案名無い人:03/11/02 15:53 ID:FSBEOo34
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 誤爆 誤爆 です」 鉄郎「誤爆??」
メーテル「惑星 誤爆…本来記録すべき惑星(スレッド)に記録せずに、違う惑星に誤って書き
  込んでしまった記録を収集している星…」
鉄郎「どんな記録が有るんだろう?」
車掌「結構、面白い記録があるそうですよ。私も大変興味があります」
鉄郎「それじゃあ、みんなで記録を見に行こう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 誤爆に到着した)
うぅっ、やっぱりそうでしたか・・。友人から卵をもらったので軽い気持ちで育てて
しまいましたが、よく考えれば当たり前ですよね・・。しかし、成体になるまで育てて
しまったものを今さらどうしていいのやら・・日曜の朝、エサを用意しわすれてでかけた
ら、夜帰った時には80cm以上も移動していました・・・

鉄郎「お兄さんは何を育てていたんだろう?」メーテル「これだけでは、良く分からないわ…」
車掌「私も良く分かりませんが、虫か両生類あるいは爬虫類のいずれかの様な気がします」

ハッキリ言って2chなどの巨大掲示板では業者の方が失敗コピペよりもずっと立場は上
だよ。貧弱で弱弱しく、アグレッシブさに欠け、醜い過疎ageスレは業者のストレス解消
のいい的。業者はPC初心者、中高年を多数顧客にしてるし、失敗コピペはかなり彼らに
見下されている。(業者は運営には頭があがらないためエロサイトなどの同業相手に
威張り散らしてストレス解消する。また、失敗コピペ作者はすぐヤラせてくれる肉便器と
してとおっている。「○円でどうだ?(コンテンツを買え)」と逆売春を持ちかける業者も
多い。)自己レスでこそこそ訂正とか誤爆スマソしか言えない作者は滑稽。

車掌「これは惑星『はりきってアメリカ』の記録のようですね」
メーテル「確かにそんな感じがするわ…これは誤爆と言うより意図的に残した、と言う感じが
  するわね…」 鉄郎「この文章自体は、読んでてあまりいい気がしないね」
メーテル「確かにそうね…元々の文章がそうだから」


179 :水先案名無い人:03/11/02 15:53 ID:FSBEOo34
(惑星 誤爆 の続き)
それは短絡的すぎる。我々は一面的でしか見る事が出来ない。量子力学は物事の二面性が
同居する事を教えてくれた。あらゆる事象に意味があり、無意味なものは無い。まったく
個々では無意味と思われるものも点と点を繋げば何かしらの意味がそこに表出する。
我々は悩み思索する事を止めた時、世界は混沌の海に沈み込みもはやあらゆる物が意味を
成さなくなるだろう。さてこの件だが全く無意味と思われる書き込みが行われた。
だが本当に無意味なのだろうか?「誤爆」という意味を当てはめ、それで解決したと安心
してるだけではないだろうか。何かしらの示唆を与える言葉という可能性はないのだろう
か。いちばん安易な意味を当てはめ自己完結しているだけではないのか。
さあ君たちの出番である。能動的に動かないとあなたは混沌の海に沈み込むことになる
だろう。恐れずに悩むのだ。世界を構成するのは結果でなく過程なのだから。

メーテル「この言葉は私達の旅に当てはまりそうね…」車掌「確かにそうですね」
鉄郎「僕たちの旅も混沌の海に沈まないために続けているようなものだからね」

120さんと同じですが、パスワード同期ができません。win2000SP3→RedHat7.0で
パスワード同期したいのですが、Windowsのイベントを見ると、イベントID:8224
ユーザーアカウントがロックされていたり、有効期限が切れていたりまたは無効になって
いないか確認してください。イベントID:8196パスワードの伝達に失敗しました。
となっております。RedHatのログは、ssodのパスワード更新エラーとなっています。
SFU3.0はパスワード同期のみインストールしており、sso.conf等の設定も問題ないと
思います。おおよそ、設定ドキュメントというものはすべて読んだつもりですが、Linux
側に何か設定上で必要なもの(もしくは起動していなければならないssod以外の
デーモン等)があったりするのでしょうか。どなたか、成功した方、教えていただけない
でしょうか。

車掌「どうやら、これはパソコンの操作についての記録のようですね」
メーテル「パソコンを扱う人にとっては深刻な問題のようね…」
鉄郎「僕にはさっぱり分からないよ」


180 :水先案名無い人:03/11/02 15:54 ID:FSBEOo34
(惑星 誤爆 の続き)
あと1回だ。やっと家に帰れる。その時。ケツの事しか頭になかった私の耳に不穏な音が
聞こえた。あれは・・・バケツ!?そう。その地下鉄の駅は利用者も少ない為、終電前に
清掃員が最後のチェックに来たのだ。こんな姿を見られたら末代までの恥。どんな親しい
友人や、女房にさえ見せた事ないのに。「しかたない、あと1回は諦めよう。早急に
ズボンをはいて作戦終了だ。まだ少し気持ち悪いけどこんな姿を他人に見られるよりは
どんなにましだろう」ベストコンディションであれば、疾風の如き素早さでズボンをはき、
何食わぬ顔をして便所から出るのに5秒もあれば十分だ。しかし焦りからか足が引っかか
り、うまくズボンがはけない。やばい!切羽詰まった私は何を思ったか出来る限りドスの
利いた声色で、「なめてんのかてめえ!」「どうしてくれんだコラ!」などと叫んでいた。
あたかも便所内は極道と絡まれている一般人の修羅場であるという事を清掃員にアピール
したのだ。これで少しでも便所に入ってくるのを躊躇してくれば儲けものである。相変わ
らずケツは出ていたが、精一杯の演技をしながらズボンをはいた。この作戦は功を奏し、
案の定バケツの音は便所の外で止まった。ナイスヘタレ!暫くして、またバケツの音が
聞こえてきたが、ズボンをはくだけなら十分な時間稼ぎが出来た。私はベルトを下に垂ら
し、右の靴と靴下を手に持ったまま悠然と戦場を後にした。清掃員のおじさんは怪訝な顔
をしていたが、もう関係ないもんね。電車の中で靴下をはく時に周囲の視線が痛かったが、
仕方がない。この飼いならされた羊達は戦場の厳しさを知らんのだ。振り返って見ると、
ものの15分位の出来事なのだが、普段何事にも動じないキャラで通っている私が大量の
汗をかき、精神は疲弊しきっていて、まるで2日徹夜で仕事をしたかのような疲労感に
襲われていた。まあここまで長々と駄文を連ねて何が言いたかったかというと、地下鉄
新板橋駅の便所の個室で黒の長財布を拾った人は直ちに届け出なさい。私のです。

鉄郎「これは滑稽な記録だね」 メーテル「読んでて、ちょっと恥ずかしくなる記録ね…」
車掌「用を足すときは、落ち着いてしてもらいたいですね。銀河鉄道ではやらないで
  ほしいものです」


181 :水先案名無い人:03/11/03 15:33 ID:mPp1im5m
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 2chにある無駄知識 2chにある無駄知識 です」
鉄郎「2chにある無駄知識??」
メーテル「惑星 2chにある無駄知識…鉄郎、惑星 トリビアの泉のことを覚えてるかしら?」
鉄郎「うん、覚えているよ。確か、もとはフジテレビの番組で、いろいろな雑学を披露
  してたね」
メーテル「ここの人達は2ちゃんねる星雲にある様々な雑学について、収集しているのよ…」
車掌「私もどんな情報が得られるのか、大変興味があります」
鉄郎「それじゃあ、みんなで様子をを見てみよう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 2chにある無駄知識に到着した)
管理人「999号の皆さん、惑星 2chにある無駄知識へようこそ。どうぞ、記録をご覧
  下さい。まだまだ、収集は続けていますよ」
メーテル「私はメーテル…管理人さん、それではお言葉に甘えて見させて頂きます…」
鉄郎「僕は鉄郎といいます。管理人さん、宜しくお願いします」
車掌「私も、見させて頂きます。管理人さん、宜しくお願いします」

理論では哲学にかなわず、政策提言では経済学や法律学にかなわない。中途半端なんだね。
何の役にも立たないよ。経済学者ほど経済がわからず、数学者ほど数学が使えないものね。
実態調査もやるけれど、国策には反映しない。官僚も調査はシンクタンクに頼むか、自分
でやった方がましだと思っている。世間から相手にされないこの悲しさ。学者共同体の中
でオナニーですか。
■社会学が何の役に立つ?■ ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/981967742

車掌「こういう境界学問は、手をつけている人が多くないですからね。正当に評価して
  くれる人が多くないのでしょう」
メーテル「私も社会学は詳しく知らないけど、発展するかどうかはこれからの学者の貢献に
かかってるという気がするわ…」鉄郎「社会学は良く知らないけど頑張ってもらいたいね」


182 :水先案名無い人:03/11/03 15:33 ID:mPp1im5m
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
・日本における初めての自動車免許取得者と初めての交通違反者は同一人物
・奈良には奈良時代から続く世界一歴史の長い会社がある。
 補足トリビア 金剛組(寺社建築業)
 トレビアの泉日本史編 ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/history/1057722868

鉄郎「へえー、意外な歴史があったんだね」メーテル「私も同感よ…」

Q:某証券会社に就職が内定しましたが、既存で別の証券会社に口座を持っています。
人事担当者は「重い罰則があるので、他の証券会社の口座は全て解約して下さい」と
言うのですが、個別株はいいとしても、株式累積投信などは複利効果があるので解約
したくありません。また、さわかみ投信も月次積立をやっているのですが、こういった
直販投信も引っかかるのでしょうか。

A:止めろというなら止めておいた方が無難。そういうことは調べれば簡単に分かるから。
人事部はそういうところはプロだからね。罰則があるのかは知らないけど、証券会社とか
で会社に隠れて株取引してるとインサイダー取引を疑われるも不思議じゃない。でもこう
いう系統は入って会社の人に聞くと意外にあっさり...のことも結構ある。とりあえず
解約して会社に入ってからしばらく様子を見てからのほうがいいと思う。
(金融板)スレ建てるまでもない質問・雑談スレ 5
ttp://money.2ch.net/test/read.cgi/money/1062407989

車掌「私達は株は扱ってないから気楽に見られますが、当事者にとっては大事な事なんで
  しょうね」 鉄郎「まあ、僕が関わる問題じゃ無さそうだね」
メーテル「証券業とは違うけど、各業界…銀河鉄道でも規則があるくらいだから、守った方が
  無難ね…」


183 :水先案名無い人:03/11/03 15:38 ID:mPp1im5m
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
マンションはスラム化するリスクがあります。スラム化は以下のステップで進みます。
・適正な額の修繕費が積み立てられていない ・修繕積み立て不足になる
・十分な修繕ができない ・不満の住人が退去する ・さらに修繕積み立て不足になる
適正な修繕は全戸入居の状態で平米当たり200円だそうです。100平米なら2万円です。
これより下回っている物件を購入した人は要注意です。またマンションスラム化の
シナリオは他にもあります。
1)入居者が高齢化する。2)入居者が共同設備の修繕計画に反対する(自分が死ぬまで
動けばいい)。3)設備故障が頻発して転居者が続出し、貧乏な高齢者だけが残る。
都心でもスラム化は起きます。1)分譲マンションの賃貸化や中古価格下落により外国人や
不良住人・嫌悪住人が入居する。2)迷惑を受ける隣人や、資産価値低下を恐れる住人が、
われさきに売却・転居していく。3)外国人や不良住人・嫌悪住人と、転居できない貧乏人
が残る。

車掌「この話は他の惑星でもあり得そうですね」メーテル「これは確かにあり得ることだわ…」
鉄郎「僕はマンションに住んだことがないから、いまいち良く分からないよ」

Q:つい先月、2ちゃんねる上で物をあげると約束しました。その後メールで何度か
やり取りをし、相手の住所を教えて頂きました。しかし、相手にいやな思いをさせられた
ので、あげるのをやめようと思います。この場合にはあげると言ったことは贈与契約に
当たるのでしょうか?また、住所を聞いたことによる問題はあるのでしょうか?
よろしくお願いします。

A1:贈与契約は口約束は一方的に取り消すことが出来るので、取り消しは出来ます。
ただし、贈与契約は書面で取り交わした場合については、取り消すことが出来ません。
メールが書面に当たるか否かが問題になりますが、書面は紙による物というのが、一般的
な解釈です。


184 :水先案名無い人:03/11/03 15:39 ID:mPp1im5m
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
A2:>この場合にはあげると言ったことは贈与契約に当たるのでしょうか?
2ちゃんねる上で物をあげると約束しました。<この時点で贈与契約は成立しています
>住所を聞いたことによる問題はあるのでしょうか? 問題ありません
やさしい法律相談その51【相談者はその1を読んで】
ttp://school.2ch.net/test/read.cgi/shikaku/1063133042

鉄郎「これはいい勉強になった」メーテル「物のやりとりは気をつけなくてはいけないわね…」

Q:駐車場内で前の車に続いて停車していたところ、前の車が急にバックしてきて私の車
とぶつかったのですが、私にも何割か過失はあるのでしょうか。急なことでクラクション
を鳴らす間はありませんでした。明日相手の保険会社から電話があるのですが心配です。
A:完全に停止中ならあなたの過失は0%。しかし、DQN損保なら、駐車場内の事故
だとか、停まっていた証拠があるのか、とかいって過失を認めさせようとする可能性大。
交通事故相談スレ・Part4【in保険業界板】ttp://society.2ch.net/test/read.cgi/hoken/1059226493

車掌「999号は安全走行で進んでいきたいものです」

銀杏爆弾
中学の頃やったイタズラです。薄めのポリ袋に大量の果肉のついた銀杏とドライアイスと
少量の水を入れて隣の教室の片隅に置いときました。30分後爆発し、隣が騒がしくなり
ウンコとゲロの匂いが充満して学校中が大騒ぎ最高でした。
ガキのころやったイタズラいいてみそ?ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/youth/1060221457

メーテル「鉄郎、こんないたずらはやってはダメよ…」
鉄郎「メーテルに言われなくても分かってるよ」


185 :水先案名無い人:03/11/03 15:39 ID:mPp1im5m
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
非常持ちだし袋は枕元においても無駄。強烈な揺れでどこかに行ったり、タンスとかの
下敷きに…暗闇で手探りだとまず見つからない。あと割れたガラス対策に、革手袋は必須
アイテム。意外と安全だったのが玄関の下駄箱や庭のスチール物置、こういうところに
保管すれ。地震は来る前に解ります。と言っても数秒前ですが・・・大きなトラックが
近づいてくるような音、振動があります。しかしこれは、住んでいる建物によって違いは
あるでしょう、ほんの数秒前に解るだけで、多少の被害は防げるかもしれません。ちなみ
に犬も、数秒前に解るみたいです。家の犬は、揺れ出す前にいつも私の所に逃げてきます。
阪神大震災などの体験から学んだこと ttp://that.2ch.net/test/read.cgi/disaster/967132047

車掌「これは、惑星で暮らしていく人にとっては役に立ちそうですね」
メーテル「私達も999号内での危機の予測が出来るようにしなくてはね…」

ガードマンの指示や仮説信号機の指示に従わなくても信号無視に問われることはないが、
安全運転義務違反を問う警察官がいるので要注意である。(道路交通法第七十条)「車両
等の運転者は、当該車両等のハンドル、ブレーキその他の装置を確実に操作しかつ、道路、
交通及び当該車両等の状況に応じ、他人に危害を及ぼさないような速度と方法で運転しな
ければならない」
つまり、ガードマンないし仮設信号機の指示に反して進行する行為は「他人に危害を及ぼ
さない速度で運転する義務」に反しているというわけだ、同僚で覆面PCの目の前でこれ
をやり見事切符切られたやつがいる。くわばらくわばら
(運輸・交通板)単発質問はこちらで2nd ttp://society.2ch.net/test/read.cgi/traf/1036747940

車掌「この文章を読んで『銀河鉄道交通規則』を思い出しましたよ」
メーテル「(私達の旅の)非常時以外は安全運転を心がけなくてはいけないわけね…」
鉄郎「でも、僕たちの旅は危険がつきまとうから守りきる自信はないよ」
(この惑星の話はまだまだ続くのよ…)


186 :水先案名無い人:03/11/03 18:18 ID:BVxFgP3Q
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
数年前、新宿のタイムズスクエアビルの通路にすごい人垣があったそうです。何かの撮影
と思い人垣の中に入ると何も無くただ通路の床の部分に紅い点々があるだけとのこと
でした。(な〜んだなんにも無いじゃん)と思い上を見上げると、格子のあるアーケードに人がつきささり二つ折りになってぶら下がっていたそうです。
上から飛び降りた人がアーケードに落下して腰の部分が格子に引っかかっていたそうです
が、最初はアーケードを利用したアート作品かと思ったそうです。現実ではありえない
ことを目の当たりにすると頭の中では「のんき」なことを考えるみたいです。聞いた私は
ガクガクです。 この事件知っている人他にいます? 
見てしまった!!すごい修羅場Part23 ttp://tmp.2ch.net/test/read.cgi/company/1061544035

80年代前半までは自殺後の写真がよく新聞にのっていた。死体は写ってなくてビルの
屋上の手すりの前にスリッパがそろえられていて警察がチョークで〇印をかいてある風景
とか首吊りの現場写真とか。しかしそういう写真が掲載された新聞がでた後は自殺者が
爆発的に増えるそうな。どうもそのような写真には自殺しようかどうか迷っている人の心
を『押す』作用があるということで現在は自粛しているとのこと
今だったら絶対放送禁止なニュース ttp://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1063117394

メーテル「こ、これに似た風景は私達も見た覚えがあるわ…忌まわしい出来事ね」
鉄郎「こんな場面は2度と見たくないよ」

ウルトラセブンで欠番になっているのは第12話「遊星より愛をこめて」
壊滅した母性を逃れて地球に進入してきたスペル星人が、腕時計に擬装した装置で地球人
の血液搾取を目論む話。放送終了後、怪獣図鑑の類で独自に命名された「被曝星人」
(円谷の命名ではない)というキャッチフレーズが問題となり、ストーリーと全く無関係
に欠番となる。「ウルトラセブンの欠番」という言葉のみ一人歩きしているため、ネタを
真に受けたり誤認したまま発言する人が後を絶たない。
特撮の初歩・基本の質問をしてもいいスレッド・9 ttp://tv3.2ch.net/test/read.cgi/sfx/105374767


187 :水先案名無い人:03/11/03 18:19 ID:BVxFgP3Q
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
鉄郎「ウルトラセブンにも意外な裏話があったんだね」
メーテル「これは意外な経緯ね…」 車掌「こんな事があったなんて知りませんでした」

Q:どなたか、エアコンと冷蔵庫の仕組みを教えてください。どういう仕組みなんで
しょうか? A:空気を圧縮する→熱が生じる→熱を奪う→膨張させる→冷えてる
熱力学的には「系(冷媒)に仕事をして,低温部(冷やすところ)から高温部(外界)に熱を
移す」ということになる。系に仕事をしてるから,熱力学の第二法則に反しない。
(物理板)
ちょっとした疑問はここに書いて24 ttp://science.2ch.net/test/read.cgi/sci/1060960040

車掌「私達の世界では、地球上の物理法則だけで成り立たないことが良くありますが
  地球で実際に生活する上では、知っておいて損はないですね」

Q:私設天文台を創りたいね〜望遠鏡はミードの35cmが100万円程度としても…星が
良く見える場所を選ばなければ…近畿圏内でいい場所あるかな〜
A:アメリカから個人輸入すれば4000ドルで買えるよ。35cmのやつ今なら48万円だね。
あと40cmのやつもあるらしいよ。一回メールで問い合わせてみたら?
(天文・気象板)望遠鏡がほしい!Part3 ttp://science.2ch.net/test/read.cgi/sky/1058893865

車掌「望遠鏡は私達の世界でも必須ですからね。こういう情報は役に立つと思いますよ」
鉄郎「確かに望遠鏡無しじゃ、宇宙観測できないからね」メーテル「これは使える情報ね…」

本当に好きなら仕事しながらでも描けるだろ」と言うけど私は無理でした。休日絵を
描こうとしても仕事が気になるし、部屋もワンルームで狭いし、エリートなわけでもない
ので低収入でちいさなキャンバス・絵具も満足に買えない。私は多いなサイズの絵を描き
たいタイプなのでなおさら無理でした。今は広めのアパートに住んで絵画教室で子供大人
を教えて生活しているので、自分の仕事に使う教室をそのまま自分のアトリエとして使っ
てます。


188 :水先案名無い人:03/11/03 18:23 ID:BVxFgP3Q
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
授業料も、子供は安くしてて1ヶ月4500円。大人は1回3時間3800円でしているので
画材も好きなだけ買えます。しかも時間は週に3,4回仕事のない日があるので自分が
制作できる時間が十分にあります。教えるのが嫌な人にはこういう仕事は邪魔になるけど
描きつづけていくにはとても環境がいいですよ。
(美術・鑑賞板)◆美術系大専門卒の奴喰えてるか〜?◆
ttp://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gallery/1033632367

メーテル「こういう生活が出来る人って素敵だと、私は思うわ…」
車掌「趣味と実益が両立する生活っていいですね」鉄郎「僕も素敵だなって思ったよ」

私前のスレでも書いたけど、F75でヌーディストブラCを使ってるけど、かなりイイよ!
もう何回も使ってるけど、外れたりズレたりしないから粘着性に関しては全く問題無いと
思うけどなぁ?逆にこれ以上粘着性があったら絶対カブれるw 谷間も出来るしあんまり
揺れないし、いいんだけど、やっぱり汗は普通のブラよりかきます。なんかアセモが出来
てきたっぽい(^^;)
(通販・お買い物板)ヌーブラ【2】 ttp://etc.2ch.net/test/read.cgi/shop/1057295565/

メーテル「私は黒ビキニしか付けないけど、スタイルを気にする人には役に立つ情報ね…」
車掌、鉄郎「私達には分からない世界ですね」

一部に飼えるサメはあるよ。代表的なのはツチザメだったかな。150cm水槽くらいがいる
らしいけどね。他にチョウザメはコバンザメの仲間で正確にはサメではないよ。ブラック
シップシャークなぞ普通に売っているぞ。イヌザメ・ネコザメは丈夫だし。チョウザメも
あるぜよ。
(ペット大好き板)▼サメって飼えますか?▼ttp://hobby.2ch.net/test/read.cgi/pet/1017392409

鉄郎「世の中にはサメを飼おうとする人もいるんだね」
メーテル「鉄郎、そんなに不思議がることでも無いわよ…」


189 :水先案名無い人:03/11/03 18:26 ID:BVxFgP3Q
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
下まわりよりは、すきまだろうなあ…まず。左右が揃ってないとか。ボンネットやトランクの。
塗装も慎重に見ると直しが分かるし見てると中古車屋が先に申告するだろうな。「表面だ
けです」って。タイヤなんか安いんだしどうでもいい。ただ減り方ね。トーインとか狂ってない
か分かる。内側だけとか外側だけ減ってるのは補正必要。シフトやスイッチにしろ全部いじって
みることね。オーディオも。今のは修理っつっても交換だからね、全部。けっこう高い。キーの
とことか。シートも動かしてみる。ガタつきがあったりするからね。その程度じゃないの?
あとはリフトしないとダメでしょう。エンジンルームなんか見てもほとんど意味ない。諸費用で差
があるのは納車整備あたり。値段も内容もさまざま。オイルなんか自分で代えるから整備
しなくていいという手もある。ただし上に書いたような不具合を直そうとすると結構掛か
るわけで工場のある店で直せるなら直してもらう。たいてい直せないだろうけど。その分
値引きさせる。トランクを開けてみよう。車体のリアハッチで隠れていた部分の色と、車体の大半
を占めている色が違っていれば、そいつはアタリ。買いだな。次にトランクを閉めたついでに、
車体のリア部分を下に向かって押してみよう。力を込めて。当然、サスがほんのちょっと
だけ縮み、手を離せば復元するわけだが、このとき「ミシッ!」って音がしたり、戻るタイミングが
不自然に遅かったりすれば、そいつは当たり。これも買いの要素だな。で、後からサイドに
回りこみつつ、足回りと腹の下(見える範囲だけ)、ドア周りなんかを見るのだが。サスに
オイルがにじんだような痕跡があったり、ドアと車体のツラが合ってない車は、絶品中の絶品。
それだけの理由で購入を検討してもいい。で、次は車を正面から見る。このときにボンネット
を開けてもらっておくのが通。で、Fフェンダーとバンパーの継ぎ目が狂っているか、バッテリーの
負極端子は外れているか、エンジンをかけたとき、冷間、温間ともちゃんと「カラカラ・・ガラガラ」
なんていう音がするか、アイドリングの回転にバラつきがあるかどうかも見る。ちょっと聞い
た感じ、妙な音がしたり、アイドリングにバラつきのある車は、一般的には納車前の整備は不要。
費用面でも安心だな。
(車板)中古車って結局どこみればいいの? ttp://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/car/1052046499



190 :水先案名無い人:03/11/03 18:26 ID:BVxFgP3Q
(惑星 2chにある無駄知識 の続き)
鉄郎「これは、中古車を買うときの参考になりそうだね」

最近のお客さんは優秀な営業マンを探しに来る傾向が強いのです。皆さんもそうですよね。
ところが、優秀な営業マンは、土日はメチャメチャ忙しくて、なかなか展示場に入れない
のが実情です。優秀な人ほど、既契約のお客さんとの打合せ、商談中のお客さんとのアポ
イントと土日はスケジュールがびっちりです。たまに展示場に入ったときに、検討してる
のに営業マンを無視する人が来ても(優秀な営業マンにはすぐわかります)忙しくて特に
追っかけませんもちろん暇な時は追っかけるけどね。だから本当に建てる建てないはちゃ
んと説明したほうがいいですよ。あまり書きたくないけど一番賢い方法を教えます。お客
さんの中で、人がよくて断りきれない人がたまにいます。そういう人は、各会社に敷地調
査、プラン、見積もりを断りきれずに提出を受けます。(5〜6社)そうすると、何も言
わなくても、各メーカーは最低価格で提示してきます。嫌な値引き交渉もしなくてもいい
ですよー。以上 本日2時までヒマで展示場に入っている営業マンより
(建設住宅業界板)住宅展示場ってどうよ ttp://money.2ch.net/test/read.cgi/build/1028887122

車掌「私達が直接関わることは無さそうですが、家を建てるときの参考に成りそうですね」

バイトでも年齢制限がある神社も存在するので気を付けて。神社にもよるけどそこそこ
大きい所だと25以上は厳しいかな。俺の知り合いがバイトしたことがあるが特に聞かれ
なかったそうだ。そのかわり、みんなでお祓いを受けさせられたらしい。神主曰く「これ
であなたがは清められました」だってさ。まあ本来は処女じゃないと駄目らしいけど、
そんなこと面接で質問できるわけないしね。僕の知人の女の子は、高校時代、すでに非処
女だったが巫女バイトやってた。でも、長髪じゃないと採用されないんだって。
(神社・仏閣板)+巫女バイト+ ttp://travel.2ch.net/test/read.cgi/kyoto/1005316792

管理人「まだまだ、2ちゃんねる星雲でいろいろな知識を探し続けますよ」
メーテル「管理人さん、頑張って下さい」鉄郎「また、どこかで会えるといいね」


191 :水先案名無い人:03/11/04 22:27 ID:mvL2f1Wx
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ウィーッス ウィーッスです」鉄郎「ウィーッス??」
メーテル「惑星 ウィーッス…『ウィーッス』は元々実況系惑星で生まれたキャラクター…
  なかなか面白い人で実況系惑星ではしょっちゅう現れているのよ」
鉄郎「どんなキャラクターか楽しみだなあ」
車掌「実況向き2ちゃんブラウザ「Live2ch」part23
  ttp://pc2.2ch.net/test/read.cgi/software/1065677212/224-237で真面目な会話の中に突如
 『誤爆』として初登場し、以来Live使いが全員AA登録するという快挙となった
  そうです。私もどんなキャラクターか興味がありますよ」
鉄郎「それじゃあ、その『ウィーッス』を見に行こう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ウィースに到着した)
ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (´∀`*// <  ウィーッス!俺がウィーッスだ。
   ⊂二     /    \_____________
    |  )  /
   口口/    ̄)
     ( <⌒<.<
     >/       鉄郎「僕は鉄郎と言います。ウィーッスさん宜しく」
メーテル「私はメーテル…ウィーッスさん宜しくね」 車掌「面白そうな人ですね」

ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (´∀`*// <  999号の皆さん、惑星ウィーッスへようこそ!
   ⊂二     /    \_____________
    |  )  /
   口口/    ̄)
     ( <⌒<.<        鉄郎「ウィーッスさんて面白い人だね」
     >/          メーテル「ウィーッスさん…足もと大丈夫ですか?」


192 :水先案名無い人:03/11/04 22:28 ID:mvL2f1Wx
(惑星 ウィーッス の続き)
ウェーン  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (TдT // < infoseekがビジーで登録できない!リアルで!
   ⊂二     /    \_____________
    |  )  /
   口口/    ̄)        車掌「それなら、問い合わせした方がいいんじゃ
     ( <⌒<.<              ないですか?」
     >/             メーテル「おじさん、大丈夫ですか?」
┌──────────────────────────────────
│8人まとめて登場だぞ。リアルで!
└──── v ─────────────────────────────
ウィーッス  ∧_∧  ∧_∧ ∧_∧ ∧_∧ /■\  ∧_∧ ∧_∧  ∧_∧∩
     (´∀`* ) (・∀・*)( ゚ー^* )( ゚Д゚ *)(´∀`* ) (・ω・`*)(@∀@*)<`∀´* //
   と二      ⌒    ⌒     ⌒     ⌒     ⌒     ⌒      ⌒    /
  ヘノ  )   / ⌒)   /⌒)   /⌒ )    /⌒)   /⌒)    /⌒)    /⌒ )   /
  口口/    ̄)/    ̄)/    ̄ )/    ̄)/    ̄) /    ̄)/    ̄) /     ̄)
    ( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´( <⌒<.<´
    ,ソ   \) ,ソ   \) ,ソ   \) ,ソ   \) ,ソ   \),ソ   \) ,ソ  \) ,ソ   \)
鉄郎「うわあ、これは驚いたよ」メーテル「8人まとめて現れるなんて思ってもいなかったわ」
車掌「これは皆さん勢揃い、ということでしょうか」

ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (´∀`*// <  ヽ(`Д´)ノウワァァン
   ⊂二     /    \_________
    |  )  /
   口口/    ̄) 鉄郎「この人は余裕を持ってるのかなあ?」
     < <⌒<.<  車掌「私もちょっと心配です」
     >/      メーテル「言ってることと態度が正反対ね…」


193 :水先案名無い人:03/11/04 22:32 ID:mvL2f1Wx
(惑星 ウィーッス の続き)
ウィーッス  ∧_∧∩  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      (´∀`*// <  Live2chの利用者増えそう。アリウルで!
   ⊂二     /    \____________
    |  )  /   メーテル「確かに…あり得るかも知れないわね…」
   口口/    ̄)  鉄郎「まあ、僕たちには直接関係のないことだけどね」
     ( <⌒<.<   車掌「こういう人達がLive2chを使うのでしょうか?」
     >/

ウィーッス  ∧_∧∩
      (´∀`*//
   ⊂二     / THEセンシャカッテキタゾ
    |  )  /
   口口/    ̄)  鉄郎「THEセンシャって何だろう?」
     ( <⌒<.<   車掌「どうやら、ゲームソフトの様ですよ」
     >/
「イラネーヨ!」
      ∧_∧   鉄郎「おじさん、気を落とさないで」
     /⌒ヽ )   メーテル「これに懲りず、THEセンシャ を楽しめばいいと思うわ…」
    i三 ∪   車掌「まあ、一度999号を見に来て下さい」
     |三 |     ウィーッス「車掌さん、励ましの言葉どうも有り難うございます」
    (/~∪    車掌「999号も戦車もメカには、違い有りませんからね」
   三三
  三三
 三三


194 :水先案名無い人:03/11/04 22:33 ID:mvL2f1Wx
(惑星 ウィーッス の続き)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   |  イラネ
     |        | ∧_∧ |   |
     |        |( ´∀`)つ ミ |
     |        |/ ⊃  ノ |   | ミ デビルメイクライ2
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |     THE 防衛軍
                            THE センシャ

                 ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
      ---------------------------------  。 ←THE センシャ
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
                     ∧ ∧    / / |  \
                    (   )  /  ./  |    \
                 _ /    )/   /  |
                 ぅ/ /   //    /   |
                ノ  ,/   /'    /    |
 _____      ,./ //    |     / |||
(_____二二二二)  ノ ( (.  |    / 
              ^^^'  ヽ, |  |      |||
                          デビルメイクライ2
                       ┃  THE 防衛軍   ┃
                       ┗━━━━━━━━┛
鉄郎「うわあ、あの人達、ゲームソフトを投げ捨てたり、打ったりしているよ」
メーテル「鉄郎、あんな人になってはダメよ…」鉄郎「はーい。分かりました」
車掌「さあ、そろそろ999号へ戻りましょうか」


195 :水先案名無い人:03/11/06 00:05 ID:J0Sb8IKr
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 私の習慣 私の習慣 です」鉄郎「私の習慣??」
メーテル「惑星 私の習慣…自分の習慣について語る人達の星…でも、私はここの人達は好き
  になれないわ…偏執狂のひとがいるからよ」
鉄郎「どんな人達がいるんだろう?」
車掌「私も、メーテルさんと同様、ここの人達は好きになれません。鉄郎さん、その理由
  はここの人達を覗いてみれば分かりますよ」
鉄郎「メーテルや車掌さんがいうなら変わった人達なんだろうけど一応見てみるよ」

(惑星 私の習慣に到着した)
学生「私はW大に通う大学生です。私には習慣があります。唾液や精液を尿で希釈した
  液体をてごろなスプレーボトルに入れてもち歩いています。朝の満員電車ではもみ
  くちゃのドサクサにまわりの人間の服やポケットに噴射します。キャンパスでは、
  あらゆる水道の取っ手、蛇口に種付け済みです。教室では行った所にはイスや机に
  噴射してるし、ドアの取っ手、スリッパ、自販機のボタン釣り銭口、殆ど制覇した
  と思う。液体のまま直にさわれた人はラッキーですよねー。気が向けば自転車や
  バイク、自動車にも噴射していきます。学食の食器洗剤にはとびきり濃いのをその
  まま入れてやった。文化祭の食品部では大胆に尿をかなり混ぜてしまった。この前の
  飲みでは酒にドボドボ入れてあげた。帰りの電車では、人が少ないので吊り革や座席
  に噴射し放題です。もちろんキャンパスや電車にとどまりませんが、こんな感じです。
  みんなは気さくな私がこんなことしてるなんて思わないだろうし、誰にも気づかれま
  せん。W大はキャンパスが広いのでやりがいがありますね。W大の人は、みんなが
  みんな私に種付けされて幸せだと思います」

メーテル「鉄郎、車掌さん、目をつぶってて!」メーテルはコートの裾を開いた(ピカーン)。
メーテル「この学生は気絶したようね…鉄郎、こんな人になってはダメよ…」
鉄郎「僕も聞いてて呆れたよ」車掌「この惑星にこんな人達がいるなんて驚きましたよ」
メーテル「まだまだこんな人がいないか心配だわ…」


196 :水先案名無い人:03/11/06 00:06 ID:J0Sb8IKr
(惑星 私の習慣 の続き)
サラリーマン「私は一流企業H社に通うサラリーマンです。私には習慣があります。
  唾液や精液を尿で希釈した液体を手頃なスプレーボトルに入れてもち歩いています。
  朝の満員電車ではもみくちゃのドサクサにまわりの人間の服やポケットに噴射しま
  す。会社では、あらゆる水道の取っ手、蛇口に種付け済みです。オフィスでは行った
  所にはイスや机に噴射してるし、 ドアの取っ手、スリッパ、自販機のボタン釣り銭
  口、殆ど制覇したと思う。液体のまま直にさわれた人はラッキーですよねー。気が
  向けば自転車やバイク、自動車にも噴射していきます。食堂の食器洗剤にはとびきり
  濃いのをそのまま入れてやった。この前の飲みでは酒にこっそりドボドボ入れて
  あげた。帰りの電車では、人が少ないので吊り革や座席に噴射し放題です。もちろん
  オフィスや電車にとどまりませんが、こんな感じです。みんなは気さくな私がこんな
  ことしてるなんて思わないだろうし。だれにも気づかれません。H社は会社が大きい
  のでやりがいがありますね。H社の人は、みんながみんな私に種付けされて幸せだと
  思います」
メーテル「この人もフラッシュするわよ…目をつぶって」(ピカーン)
鉄郎「どうしてこの惑星には、こんな変な人が多いんだろう?」
車掌「私にはこんな行動をする事自体理解できません。銀河鉄道でやられたら降りてもら
  いますよ」

OL「私はM社に勤めるOLです。私には習慣があります。香水や液体石鹸を水で希釈
  した液体をてごろな霧吹きに入れてもち歩いています。朝の満員電車でもみくちゃの
  ドサクサにまわりの人間の服やポケットに噴射します。オフィスでは、あらゆる水道
  の取っ手、蛇口に噴射済みです。店では行った所にはイスや机に噴射してるし、液体
  のまま直にさわれた人はラッキーですよねー。気が向けば売り物にも噴射していきま
  す。下着売り場では辺り一面に入れてやった。300円バーゲンセールのときは大胆に
  香水をかなり混ぜてやりました」


197 :水先案名無い人:03/11/06 00:06 ID:J0Sb8IKr
(惑星 私の習慣 の続き)
OL「もちろんこんなことにとどまりませんが、こんな感じです。みんなは気さくな私が
  こんなことしてるなんて思わないだろうし。M社は客が多いのでやりがいがあります
  ね。M社の人は、みんながみんな私の香り付けされて幸せだと思います」

メーテル「OLさん、あなたのしてることは先の男達と比べればましだけど、これからはやら  ない方がいいと思うわ…」車掌「確かに先の男達と比べればましですけど…」
OL「ここの惑星では、先の男達のような人が多いので仕方なくやってるんです」
メーテル「それなら、他の惑星に移ることをお勧めするわ…」
鉄郎「メーテル。そろそろ999号へ戻ろう」 メーテル「ええ、そうしましょう…」
OL「私にも999号を見せて下さい」 駅へ戻るとクレアさんが待っていた。

クレア「私は999号のウェートレスです。私には習慣があります。お客さんにいつも満足
 して貰えるように、私の体と同じ材料のガラスをコップやグラスに使っているんです。
 食堂車が停電になったり、繁盛しているときは、ちょっと暗くなるんですけど、そう
 なると、グラスが蛍のように光るんです。私もちょっと光ったりして…
 そのときのグラスや私の姿を見られた人はラッキーですよね。気が向けばアクセサリー
 も扱います。ブレスレットやブローチなんかは、真っ暗なときは驚くほど発光するん
 ですよ。もちろんこんなことにとどまりませんが、こんな感じです。みんなは気さくな
 私がこんなことしてるなんて思わないだろうし。999号に乗られる乗客はいい人が多い
 のでやりがいがありますね。999号の乗客の皆さんに、私のちょっとしたサービスを
 楽しんでもらえば、と思います」

OL「ああ、私も999号に乗りたいです」
車掌「OLさん、長旅をする覚悟は出来ていますか?」
OL「今すぐってわけにはいかないけど、近い内に旅の支度をしようと思います」
車掌「それなら、近い内に他の列車も来ますから用意する事をお勧めします。同じような
  サービスを受けることは出来ますよ」メーテル「クレアさん、説明してくれてありがとう」


198 :水先案名無い人:03/11/07 19:54 ID:LAKjrVJG
私の名はメーテル…
報告しにきた女…
惑星化粧板のスレが新しくなったの…

私の名はメーテル…@化粧板 第十夜
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/female/1054218872/l50

私の名はメーテル…@化粧板 第十一夜
http://life3.2ch.net/test/read.cgi/female/1068202110/l50

私の名はメーテル…
ガイドラインのメーテルスレも楽しみにROMっている女…

199 :水先案名無い人:03/11/07 21:38 ID:zcaKf97c
車掌「198メーテルさん、ご連絡有り難うございました。今後も宜しくお願いします。
え〜、次の停車駅は〜 惑星 昆布のおにぎり 昆布のおにぎり です」
鉄郎「昆布のおにぎり??」
メーテル「惑星 昆布のおにぎり…コンビニで昆布のおにぎりを店員さんに交換してもらって
  感動した人の星…ここの惑星の雰囲気は私は大好きよ…」
鉄郎「メーテルがそう言うなら、どんな惑星か楽しみだなあ」
車掌「とてもいい人がいるそうです。鉄郎さん、一度言ってみる価値はありますよ」
鉄郎「それじゃあ、惑星に着いたら見に行こう」

(惑星 昆布のおにぎりに到着した)
住人1「今日、近所のコンビニであった出来事。好物の鮭おにぎりをとろうとして、
  うっかり隣の昆布を床に落っことしちゃってさ・・・。店員見てるし戻すのも悪いし、
  諦めて落とした昆布持ってレジへ。そしたら、袋詰めの時にレジのバイト君がわざと
 (に見えた)それをまた落として「あっ、すみません!お取替えしますね」

    /\___/ヽ    感     実は昆布そんなに好きじゃないんだけど、
   /    ::::::::::::::::\ 動     そのおにぎりの味は格別でした。
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| し     まだまだ世の中捨てたもんじゃないな、
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁた     なんて思った秋の夕暮れ」
.   |    ::<    * ::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ    メーテル「お兄さん…その店員さんが親切で、
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ       良かったわね」

住人1「感動したぁああぁあああ!」
鉄郎「昆布のおにぎりも良かったと思うけど、店員さんの応対が親切で良かったね」
クレア 「私も食事のメニューを誤って落とされたお客さんがいたら、って思うと参考に
  なります」 車掌「一人芝居をする惑星より雰囲気が良さそうですね」
鉄郎「一回、そのコンビニへ行って見ようよ」 メーテル「ええ、そうしましょう…」


200 :水先案名無い人:03/11/07 21:39 ID:zcaKf97c
(惑星 昆布のおにぎりの続き。メーテル達はコンビニへ向かった)
鉄郎「ごめん下さい」店員「いらっしゃいませ」
鉄郎「ここのおにぎりが美味しいって、噂を聞いたんだけど」
店員「色々種類がありますから、適当に選んでください」
鉄郎「それじゃあ、鮭おにぎりにしよう(と言って4個おにぎりを取った)。店員さん、
  お勘定お願いします」店員「全部で400円です」
鉄郎はお金を支払いおにぎりを買った。鉄郎「ねえ、みんなでおにぎりを食べよう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」車掌「私も頂きますよ」クレア「どんな味か楽しみだわ」
鉄郎「(モグモグ)やっぱり美味しいよ。お兄さんの言うとおりだったね」
メーテル「(モグモグ)私も同感よ…お兄さんが感動したのも分かるような気がするわ」
車掌「なるほど、確かに美味しいですね」
クレア 「お兄さんの言うことも分かるような気がします」そこへまた人が現れた。

住人2「今日、ガイドラインのあるスレであった出来事。好物のコピペ改変をしようと
  して、うっかり流行ってないコピペを変に改変しちゃってさ・・・。住人いないレス
  つかないけど、諦めて作ったコピペ書き込みにスレへ。そしたら、書き込んだ後に
  今まではROM専門だったスレの住人君がわざと(に見えた)それをまた改変して
「あっ、すみません!初めて作って見ました」

    /\___/ヽ    感    実はコピペ改変そんなに好きじゃないん
   /    ::::::::::::::::\ 動    だけど、そのコピペ改変のネタは格別でした。
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| し    まだまだ世の中捨てたもんじゃないな、
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁた    なんて思った秋の夕暮れ」
.   |    ::<    * ::|あぁ
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ   メーテル「お兄さん、ネタが使われて良かったわね」
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ   車掌「お兄さん、大変ラッキーでしたね」


201 :水先案名無い人:03/11/07 21:40 ID:zcaKf97c
(惑星 昆布のおにぎりの続き)
住人3「今日、掲示板の2ちゃんねるであった出来事。趣味の漫画キャラを落とそう
  として、うっかり隣のスレにageて書き込みしちゃってさ・・・。住人が叩くし逃げる
  のも悪いし、諦めて持ってたしょぼいキャラをupしてスレへ。そしたら、罵倒の中
  コテハンの住人さんが敢えて(に見えた)すごい動画をうpしてさ
「あっ、すみません!パスはメル欄」

    /\___/ヽ    感     実は炉利はそんなに好きじゃないんだけど
   /    ::::::::::::::::\ 動     その動画のキャラは格別でした。
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| し    まだまだ世の中捨てたもんじゃないな、
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁた    なんて思った秋の夕暮れ」
.   |    ::<    * ::|あぁ    メーテル「炉利って言葉がちょっと気になる
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ        けど…お兄さん、動画をもらえて
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ        良かったわね…」

住人3「感動したぁああぁあああ!」鉄郎「僕は、どんなキャラか気になるよ」
メーテル「鉄郎、それなら私が話をするから聞いてくれるかしら?」鉄郎「うん、いいよ」
メーテル「今日、999号であった出来事を話すわよ…私の趣味の惑星情報収集中…うっかり隣
  の車両にその惑星出身の人がいることに気が付かなかったの…そしたら、その乗客が
  騒ぐし逃げるのも悪いし、諦めて持ってたしょぼい(と思った)情報を教えてあげた
  のよ…そしたら、その乗客がすごい宝物(に見えた)を私に見せてくれたの…
(乗客「あっ、すみません!メーテルさん、これを記念に受け取って下さい」)
  私は大変感動した…感動したのよ…その乗客の宝物は格別でした…
  まだまだ、世の中捨てたもんじゃないな…なんて思ったわ…」
鉄郎「メーテル、そのお客さんにお礼はしたの?」
メーテル「私のアクセサリーを1つあげたわ…」
鉄郎「999号に乗ってると色々なことがあるんだね」
(ついでに200番取らせていただきました)


202 :水先案名無い人:03/11/08 15:53 ID:+eY/5Gf1
     }                      }
     }                    /  o ゚. 私はメーテル…
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴ 遂に200まで行ったわね…
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,, 102〜201までのスレの流れを紹介するわ…
     l {{ ハ` `゚'~`  ,‐-,ニ二ヾ,,_ヽ   /   i'(_,.l\
      〉、`ハ    }  ` `゚'゙゙” }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ
.     / ハヽハ  ノ       //    {      ゙ヾヽ}
    / /ハヽヘ  `、_   (Cノ/  /  ハ      ノラ
   / // } Y゙\ `   Cノイ  /    \    〆'
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \

スレ紹介物語形式(メーテルスレでは惑星よ…)
103-106(横浜・山下監督),107-109(高気圧はヴィーナスたち),110-113(アハーン)
114-116(ラウンジ総領事館),117-119(スアマ好き),120-124(さわやかな朝の挨拶)
125-127(おにぎり分類表),128-130(赤ちゃんを捨てさせない),132-134(サポートセンターの一日)
135-137(閉鎖した方が良いかも知れない),138-140(君んとこ嫁ハン元気か)
141-143(それはあなたの考えですからねぇ),144-152(ざわ…カイジスレ),153-155(オレオレ詐欺)
156-158(十二月八日),159-161(巨人・原辰徳監督の挨拶),162-164(花はいいですね)
166-168(荒らしを一刀両断),169-171(まっとうな姉萌え妹萌え),172-174(拝啓ジョンレノン)
175-177(良い子の諸君),178-180(誤爆),181-190(2chにある無駄知識),191-194(ウィーッス)
195-197(私の習慣),199-201(昆布のおにぎり)

メーテルズ他の呟き(これからもよろしくお願いします…)
131(惑星メーテルズから),165(同性愛板),198(化粧板)


203 :ヤンヤン@お笑い板 ◆YANKEE3Be. :03/11/08 23:59 ID:FtV8XwY2
YAZAWAです。
この前ビッグな俺にふさわしい銀河超特急999に乗ったんだよね。
え?クレアさんって言うの? >>197 の彼女。ひたむきな感じがして、
いいじゃない。こういう心のコってYAZAWA、嫌いじゃないんだよね。
以上、YAZAWAでした。グッバイ!

204 :水先案名無い人:03/11/09 00:39 ID:0PRXVYwL
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ムスカ ムスカ です」 鉄郎「ムスカ??」
メーテル「惑星 ムスカ…もとは宮崎 駿先生の作品『天空の城ラピュタ』の登場人物よ…
  この惑星は冒険する価値があると思うわ…私は大好きよ…」
鉄郎「メーテルがそう言うなら、どんな惑星か楽しみだなあ」
車掌「ムスカさんは元々『何の因果かラピュタの末裔として生まれた男。階級は大佐。
 オリンピックでメダルを取れる射撃の腕だが、そんな事知ってる人は少ない。「人が
  ゴミのようだ」は、日本アニメ史上に残る名言として知られている』そうです。私も
 『天空の城ラピュタ』には、興味があります。ラピュタ城は一度見てみたいです」
鉄郎「ムスカさんってそんな凄い、そしてちょっと怖い人なんだ。念のため、戦士の銃を
  持っておくか」

(惑星 ムスカに到着した)
    r;;;;;ノヾ
    ヒ =r=;'   ムスカ「ようこそ惑星ムスカへ。貴女達のお名前は?」
    _ヽ二/_
 / ̄  /~〉  ̄ヽ      メーテル「私はメーテル…ムスカさん、宜しくお願いします」
/ ヽ o ^~ o ノ l     鉄郎「僕は鉄郎と言います。ラピュタ城について
(  ヽ o   o ノ l        詳しく知りたいです」
ヽ  ノ    ヽノ     車掌「私は999号の車掌です。『天空の城ラピュタ』
  ヽノ     ヽ         について教えて下さい」
  ノ、____i ヽ
   l   l  l      ムスカ「石は持ち主を守り、いつの日にか天空のラピュタへ
   l   l  l       帰る時の道標としてシータ王女に受け継がれている。
   l   l  l       君達はラピュタを宝島か何かの様に考えているの
   l   l  l       かね。ラピュタはかつて恐るべき科学力で天空にあり、
   .(__⌒)_⌒)      全地上を支配した恐怖の帝国だったのだ」


205 :水先案名無い人:03/11/09 00:41 ID:0PRXVYwL
  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  鉄郎「へえー。天空のラピュタって、そんな
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ      凄い所だったんだ」
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~) メーテル「私はそういう城を過去に何回か見た
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|        ことがあるわ…ムスカさん…今も
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)        ラピュタ城は存在するのですか?」
                   車掌「私もその伝説は聞いたことがありますよ」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類
 ヒ =r=;'      の夢だからだ! 私はラピュタ王族の末裔だ。いにしえの名前は、
_ヽ二/_      ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタという。今でもラピュタ城は健在
         だよ。良かったら昔話でも聞いていかないかね」

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  鉄郎「ムスカさん。是非、聞かせて下さい」
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ  メーテル「私も王族の末裔だった…強いて言うなら
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~)   ラー・アンドロメダ・メーテルとでも
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|      言うかしら…今となっては意味のない
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)      名前だけど…昔話、聞かせて下さい」
                   車掌「ムスカさん、宜しくお願いします」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「昔、この惑星に凄まじい破壊力を持つロボットの兵隊の残骸が有った。
 ヒ =r=;'      こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしな
_ヽ二/_      かったろう。こいつは地上で作られたものではない。この体が金属
          なのか粘土なのか、それすら我々の科学力ではわからないのだ。
          ここを見てくれ、脅えることはない、こいつは始めから死んでいる。
          同じ印がシータ家の古い暖炉にあった、飛行石にもね。石は持ち主
          を守り、シータ王女に受け継がれたのだ」


206 :水先案名無い人:03/11/09 00:41 ID:0PRXVYwL
(惑星 ムスカの続き)
         ( _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,) )
       ( (,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,) )
        <~ ---^~-~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,..ノ ) )
         ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,
          ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、
         r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,
        l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,
    /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩|.| l-,
   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i======|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i|~~|^^|~ ~'i
    | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  ,=i^~~.|  |.∩.∩^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i||,,|.|,.....,||,|   | |~i
l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
.|..l i,-=''~~--,,,  \  \  l   /   /    /  __,-=^~
|,-''~ -,,,_  ~-,,.  \ .\ | ./ /  _,,,-~   /__,"-=^~
~^''=、_ _ ^'- i=''''''^~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~^''''''''=i -'^~
       ~^^''ヽ ヽ  i   |   l  i  /    ノ
          ヽ  、 l    |     ./
             \_ 、   |    ,,=='
              ''==__|__,,,=='~     ズズーン

ムスカ「こいつを見てくれ。これがかつてのラピュタ城だ。この城の中枢部に巨大な飛行石
  があった。それがラピュタの力の根源なのだ!!私は王族として700年ぶりに中枢
  部に入り、ラピュタの力を見せてやった。ラピュタの雷を!旧約聖書にあるソドムと
  ゴモラを滅ぼした天の火だ。ラーマヤーナではインドラの矢とも伝えていたものだ」
メーテル「ムスカさん…凄いお話をして下さったわね」(まだまだ続くのよ…)


207 :水先案名無い人:03/11/09 22:44 ID:ubIqoCVS
(惑星 ムスカの続き)
    r;;;;;ノヾ    ムスカ「そしてその時は『素晴らしい!!最高のショーだとは
    ヒ =r=;'        思わんかね!! ほう、あっはっは、見ろ人がゴミの様だ』
    _ヽ二/_        と呟いたものだった。だが…バズー君とシータ王女に、
 / ̄  /~〉  ̄ヽ      破滅の呪文『バルス』を唱えられて玉座の間は崩壊し、
/ ヽ o ^~ o ノ l      私は目が眩んでしまった。私が意識を回復したときは
(  ヽ o   o ノ l     いつの間にか地上にいた。私は再びラピュタ城へ行きたい
ヽ  ノ    ヽノ     と思っている。しかし飛行石が無ければ、その場所は
  ヽノ     ヽ      見つけられない。飛行石は多分シータ王女が持っている
  ノ、____i ヽ     だろう」
   l   l  l

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  メーテル「ムスカさん…私もラピュタ城に興味が
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ     あるけど、ラピュタの雷を使う様でした
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~)    ら、行くのは諦めるわ…」
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|    車掌「ムスカさん、ラピュタの力を悪いこと
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)       に使うようでしたら、私も諦めます」
                  鉄郎「僕もラピュタ城に行きたいけど、メーテル
                     の言うとおりにするよ」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「それでは、とりあえずシータ王女の所へ行かないか? 私も破滅の
 ヒ =r=;'      呪文を知った以上、むやみなことは出来ないことは承知している」
 _ヽ二/_
      鉄郎「シータさんに変なことをしたら、僕達は許さないよ」
      メーテル「ムスカさん、私達3人を敵に回そうなんて思わないわよね…」
      ムスカ「分かった、分かった。シータ王女に手出しはしないよ」

208 :水先案名無い人:03/11/09 22:44 ID:ubIqoCVS
(惑星 ムスカの続き。一行はシータ家に向かった。シータとバズーが一緒にいた)
   ,、-.-.,.、
  〔::::□□〕    ,<\::::\   バズー「あっ、ムスカが現れた。けど連れの人と
  .|;w;从;vソ   〔v从w:::::〕      一緒みたいだよ」
  ..ヘ. ゚-゚ノ'   ヘ, ゚ -゚ リ:ミ   シータ「私が破滅の呪文を知ってるのを承知で
 r´ll`'‐v-´ll`i   ,:‐`‐r'`‐ミ    来たのかしら? ラピュタ城を悪いこと
 l lll.l  ; l.l l  (   b   )    には使わせないわ」
 l llll.  ; .ll.l   ヽ    /
  彡=====ノ     ノ    ヽ   ムスカ「やあ、諸君!お久しぶり。お客さんが来た
γ ⌒ ヽl  l     ノ.     ヽ    ので、連れてきたんだ。あの時の様な
ゝ ___,ノl  l    ノ      ヽ   手荒なことはしないから、ラピュタ城に
   l   l  l    ´~~l~~l ̄l ~~`   ついて説明をしてくれないか?」
   l   l  l       l .l  l   シータ「分かりました。初めまして。私はシータ
  (_⌒)⌒)    (~~(⌒)     といいます」バズー「僕はバズーです」

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  鉄郎「シータさん、バズーさん、僕は鉄郎
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ     です。宜しくお願いします」
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~) メーテル「私はメーテル…シータさん、ムスカ
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|      さんに変なことはさせないから、ラピュ
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)      タ城について教えてくれないかしら?」
                   車掌「シータさん、宜しくお願いします」
シータ「皆さん、宜しくお願いします。私達が、ラピュタ城に行ったことはご存じですか?」
鉄郎、メーテル、車掌「はい、ムスカさんから聞きました」
シータ「私が飛行石を持ってます。とは言っても、日常使うことはほとんどないのですが。
 (飛行石を取り出して)あの光が差す方向がラピュタ城の位置です。とは言っても皆さん
   どうしても行かれるのですか? 私は今は行かないつもりです」

209 :水先案名無い人:03/11/09 22:44 ID:ubIqoCVS
(惑星 ムスカの続き)
車掌「シータさん、ご説明有り難うございました。ラピュタ城の方角、しかと覚えました」
鉄郎「これで、ラピュタ城への道が開かれたね」メーテル「ムスカさん、ラピュタ城へ一緒
  に行きますか?」 ムスカ「お願いします」 鉄郎「それじゃあ、999号に乗ろう」

         ( _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,) )
       ( (,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,) )   ,;ー〜 〜
        <~ ---^~-~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,..ノ )   ,;ソ^〜〜"`'   。     
         ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,, [斤⊂⊃ゴラァ[===][==
         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、
         r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,
        l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,
    /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩|.| l-,i
   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i======|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i|~~|^^|~ ~'i
    | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  ,=i^~~.|  |.∩.∩^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i||,,|.|,.....,||,|   | |~i
l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
∫ ∬ ∫ ∬ ∫\∬\   l    / /∫ ∬ ∫ ∬ __,-=^~
∬ ∫ ∬ ~-,,.∫ \ ∫\  |  /∫/∫ _,,,-∫~   /__,"-=^~
∫''=、∫ ∬ i='∫ ∫\∬ \/ / ∫  ∬  ^''''''''=i -'^~
  ∫ ∬ i='∫^^''ヽ ∫ \    /∬∫''=、∫ ∬ i='∫ ∫
   ∫ ∬ i='∫^^''ヽヽ∬ \ / ∫ ∬∬ i='∫^^''∫ ./
         ∬ i='∫^^''∫ V ∬ | ∬  ∫,=='

鉄郎「ラピュタ城って凄い城だね」(まだまだ続くのよ…)

210 :水先案名無い人:03/11/11 00:16 ID:3JteNR0L
(惑星 ムスカの続き。999号でラピュタ城に到着した)
         ( _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,) )
       ( (,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,) )
        <~ ---^~-~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,..ノ ) )
         ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,=      /"\ チッチッチッ
         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、
         r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,   \../ チュンチュン
        l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,
    /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩|.| l-,i

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  鉄郎「こんな所にラピュタ城があったのか。
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ     さわやかでいい所だなあ」
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~) メーテル「巨大な飛行石のオーラを感じるわ…」
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|    車掌「立派なお城ですね。ラピュタは滅びぬ
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)       という言葉は本当だったんですね」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「玉座の間が無くなってしまったのは残念だが、私もここに来られて
 ヒ =r=;'      良かった。王族の誇りを感じるよ。皆さん、ありがとう」
 _ヽ二/_

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  鉄郎「ムスカさん。雷は飛ばさないよね」
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ  ムスカ「シータ王女の飛行石がなければ、それは
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~)   出来ない。ラピュタの力は見せたいが」
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|   メーテル「ムスカさん、ラピュタ城が健在である
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)      ことが分かれば、それで十分じゃない…」

ムスカ「この城を支えているのは先ほど下に見えた巨大な飛行石。それがラピュタの源だ」


211 :水先案名無い人:03/11/11 00:16 ID:3JteNR0L
(惑星 ムスカの続き)
  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  メーテル「ムスカさん、飛行石以外にも雄大な
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ     自然がここを支えていると思うの…」
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~) 鉄郎「木々や鳥、動物たちが、こんな所に
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|      いるなんて、ここは理想郷だと思うよ」
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)   車掌「ラピュタの王族はここに十分な宝を残し
                      てくれていると思いますよ」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「ラピュタは滅びぬ、何度でもよみがえるさ、ラピュタの力こそ人類
 ヒ =r=;'      の夢だからだ! 私はそれを司る資格があると思っている」
 _ヽ二/_

  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ  メーテル「ムスカさん、私は本当はシータさんや
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ     バズー君をここに連れてきたいと思って
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~)    た…でも、ムスカさんが、過去に思い
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|       あがったことをしたから、2人は警戒
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)      してた…2人の気持ち…即ちここの自然
                      の大切さを尊重してあげて下さい…」
鉄郎「シータさんが破滅の呪文を使わなくても済むように、ここを再建するのが、ムスカ
  さんの役割だと思うよ」

 r;;;;;ノヾ ムスカ「うむ、そう言われると…私も王族の末裔として、ここを再建する務め
 ヒ =r=;'      の必要性を感じる。少しずつでもやってみるか」
 _ヽ二/_

車掌「さて、そろそろ出発の時間です。999号へ戻りましょう」鉄郎「ムスカさん、
ラピュタ城を見せてくれてありがとう」メーテル「私達はいつかまた見に来るつもりよ…」


212 :水先案名無い人:03/11/11 00:16 ID:3JteNR0L
(惑星 ムスカの続き)
  ,;ー〜 〜
 ,;ソ^〜〜"`'
[斤⊂⊃ゴラァ[===][===][===][===][

         ( _,=''''''^~~~~~~~~~^''''=,,,,) )
       ( (,-='''~ -=^~~~^-^~~~^==- '=,,,) )
        <~ ---^~-~^ =^~~^=-=^~~^'=-~'=,..ノ )
         ヽ'^' __,,,,,,i~~~l===|~~i==|~~|_,,,,,
         ヽi~ |  |__レ、l--l--レ.;---i i-、
         r'^~~~~l l   | :| ∩ ∩|,-=,__,-,_| |~i^i,,
        l^^|,,,,--==.i~~l~~~~~~~~~~|   i l .|~^''''l~^i,,,,
    /i~~i' l ∩∩l .l ∩ ∩  l  |__| .| .∩|.| l-,i
   ,,,,,='~| | |' |,,=i~~i======|~~|^^|~ ~'i----i==i,, | 'i|~~|^^|~ ~'i
    | l ,==,-'''^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  ,=i^~~.|  |.∩.∩^^  l  |. ∩. ∩. ∩. |  |∩|   |∩∩|  |~~^i~'i、
  |,...,|__|,,|__|,,|__|,,|__|,....,||,,|.|,.....,||,|_|,|.|,....,|   | |~i||,,|.|,.....,||,|   | |~i
l~| .|  | ,,,---== ヽノ    i    ヽノ~~~ ヽノ   ~ ソ^=-.i,,,,|,,,|
∫ ∬ ∫ ∬ ∫\∬\   l    / /∫ ∬ ∫ ∬ __,-=^~
∬ ∫ ∬ ~-,,.∫ \ ∫\  |  /∫/∫ _,,,-∫~   /__,"-=^~
∫''=、∫ ∬ i='∫ ∫\∬ \/ / ∫  ∬  ^''''''''=i -'^~
  ∫ ∬ i='∫^^''ヽ ∫ \    /∬∫''=、∫ ∬ i='∫ ∫
   ∫ ∬ i='∫^^''ヽヽ∬ \ / ∫ ∬∬ i='∫^^''∫ ./
         ∬ i='∫^^''∫ V ∬ | ∬  ∫,=='

鉄郎「この惑星を見ていい思い出になったよ」車掌「私も鉄郎さんと同感です。ハイ」
メーテル「いい所だったわ…ムスカさんがラピュタ城の復興を進めてくれるといいわね」


213 :水先案名無い人:03/11/12 23:59 ID:hZNt7EOa
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 そんなカキコで何を満足 そんな(略 です」
鉄郎「そんなカキコで何を満足??」
メーテル「惑星 そんなカキコで何を満足…改変コピペジェネレーターが存在する星…
  どんな荒らしが来ても、ジェネレーターが働き撃退するのよ…」
鉄郎「どんな惑星なんだろう。気になるなあ」
車掌「この惑星の『改変コピペジェネレーター』は強力な荒らし撃退機能を持ってます。
  私も一度見てみたいです」
鉄郎「それじゃあ、惑星に着いたらその『改変コピペジェネレーター』を見に行こう」

(惑星 そんなカキコで何を満足 に到着した)
鉄郎「この文章は、ジェネレーターが書いたものかなあ?」

【もう放置で】ってなんだよ?そんなカキコで何を満足しようというんだよ。もしお前が
分別のある人間だったら【もう放置で】なんて書けないぞ。こんなことはおまえみたいに
引き篭もっていないで他人と少しでも会話すれば誰でもわかることだぞ。それともおまえ
は友達との会話が会話が途切れたとき【もう放置で】というのか?会話が途切れたことで、
普通の人が考えるのはもうその話題は続かないことということだ。まれには一時的に言葉を失ったとか、会話に疲れたから、ということもあるかもしれないが、そんなときは
【もう放置で】なんて言わなくても自然と会話は復活するものだ。尤もおまえに友達なんかいるはずないから理解できないことかもしれないがな。これをこの板に当てはめても同
じこと。たまたまスレが下に沈んでも良スレならば必ずおまえ以外の誰かがちゃんとした
文章を考えて立派なレスをつけ、スレッドが上がる。そうすればそのレスを見てまたお前
以外の誰かがまたレスを考える。だけど【もう放置で】だけでは新たな良レスのよすがに
ならないぞ。いや、むしろ【もう放置で】を見ることでこのスレが糞スレである、と認識
されておまえ以外のきちんとレスをつけて下さる方が離れていってしまう。こんなことは
普通に会話のできる人間なら誰でも分かる。


214 :水先案名無い人:03/11/12 23:59 ID:hZNt7EOa
(惑星 そんなカキコで何を満足 の続き)
こういうinternet掲示板ができたのでおまえらのような引き篭もりのカス共が「俺にも社
会参加の場が与えられた」と勘違いする気持はわからないでもない。だがな、実際はちゃ
んと社会参加していなければこんな顔の見えない掲示板ですら、何か書き込めば他の人が
どんどん離れていくんだよ。今更引き篭もりを治せとはいわん。ただ引き篭もりは一人で
引き篭もっているしかないことを自覚しろ。【もう放置で】と書いても決して引き篭もり
から脱したことにはならない、いや、むしろ 引き篭もり度が増しているってことをいい
加減に気づいたらどうだ?

メーテル「どうやらその様ね…でもどういう風に荒らしを撃退するのかしら?これだけでは
  分からないわ」 車掌「私もジェネレーターの働きを見てみたいです」
そこに荒らしが現れた。

 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  おまえ糞だな、蛆虫、氏ね。     |
 |________________|
      二二 ∧ ∧ ||
      ≡≡(,, ゚Д゚)⊃ 
    三三〜(,   /
        ∪∪

鉄郎「ここのジェネレーターってこういう荒らしにどのように働くんだろう」
メーテル「あそこに見えるのが、ジェネレーターかしら? 行ってみましょう…」
ジェネレーターが荒らしに反応して、コピペを打ち出した。

【お前糞だな】ってなんだよ?そんなカキコで何を満足しようというんだよ。もしお前が
分別のある人間だったら【お前糞だな】なんて書けないぞ。


215 :水先案名無い人:03/11/13 00:06 ID:6oLha6v2
(惑星 そんなカキコで何を満足 の続き)
それともおまえは友達との会話が会話が途切れたとき【お前糞だな】というのか?会話が
途切れたことで、普通の人が考えるのはもうその話題は続かないことということだ。まれ
には一時的に言葉を失ったとか、会話に疲れたから、ということもあるかもしれないが、
そんなときは【お前糞だな】なんて言わなくても自然と会話は復活するものだ。尤もおま
えに友達なんかいるはずないから理解できないことかもしれないがな。これをこの板に当
てはめても同じこと。たまたまスレが下に沈んでも良スレならば、必ずおまえ以外の誰か
がちゃんとした文章を考えて立派なレスをつけ、スレッドが上がる。そうすればそのレス
を見てまたお前以外の誰かがまたレスを考える。だけど【お前糞だな】だけでは新たな良
レスのよすがにならないぞ。いや、むしろ【お前糞だな】を見ることでこのスレが糞スレ
である、と認識されておまえ以外のきちんとレスをつけて下さる方が離れていってしまう。
また良スレの間にこの糞スレが割り込ませることで反感を買い、ますますレスが付かなく
なる。こんなことは普通に会話のできる人間なら誰でも分かる。こういうinternet掲示板
ができたのでおまえらのような引き篭もりのカス共が「俺にも社会参加の場が与えられた」
と勘違いする気持はわからないでもない。今更引き篭もりを治せとはいわん。ただ引き篭
もりは一人で引き篭もっているしかないことを自覚しろ。【お前糞だな】と書いても決し
て引き篭もりから脱したことにはならない、いや、むしろ引き篭もり度が増しているって
ことをいい加減に気づいたらどうだ?

メーテル「ジェネレーターから、どうやら【】の中に荒らしの言葉が記入されて出てくる様ね」
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |  逝ってよし、蛆虫、氏ね。      |
 |________________|
      二二 ∧ ∧ ||
      ≡≡(,, ゚Д゚)⊃
    三三〜(,   /      鉄郎「また荒らしが現れたよ」
        ∪∪


216 :水先案名無い人:03/11/13 00:06 ID:6oLha6v2
(惑星 そんなカキコで何を満足 の続き)
【逝ってよし】ってなんだよ?そんなカキコで何を満足しようというんだよ。もしお前が
分別のある人間だったら【逝ってよし】なんて書けないぞ。それともおまえは友達との会
話が会話が途切れたとき【逝ってよし】というのか?会話が途切れたことで、普通の人が
考えるのはもうその話題は続かないことということだ。まれには一時的に言葉を失ったと
か、会話に疲れたから、ということもあるかもしれないが、そんなときは【逝ってよし】
なんて言わなくても自然と会話は復活するものだ。尤もおまえに友達なんかいるはずない
から理解できないことかもしれないがな。これをこの板に当てはめても同じこと。たまた
まスレが下に沈んでも良スレならば、必ずおまえ以外の誰かがちゃんとした文章を考えて
立派なレスをつけ、スレッドが上がる。そうすればそのレスを見てまたお前以外の誰かが
またレスを考える。だけど【逝ってよし】だけでは新たな良レスのよすがにならないぞ。
いや、むしろ【逝ってよし】を見ることでこのスレが糞スレである、と認識されておまえ
以外のきちんとレスをつけて下さる方が離れていってしまう。また良スレの間にこの糞ス
レが割り込ませることで反感を買い、ますますレスが付かなくなる。こんなことは普通に
会話のできる人間なら誰でも分かる。こういうinternet掲示板ができたのでおまえらのよ
うな引き篭もりのカス共が「俺にも社会参加の場が与えられた」と勘違いする気持はわか
らないでもない。今更引き篭もりを治せとはいわん。ただ引き篭もりは一人で引き篭もっ
ているしかないことを自覚しろ。【逝ってよし】と書いても決して引き篭もりから脱した
ことにはならない、いや、むしろ引き篭もり度が増しているってことをいい加減に気づい
たらどうだ?

鉄郎「これでは、荒らしもジェネレーターに愛想がつくわけだ。この機械は荒らすことの
  むなしさを教えているんだね」
車掌「ここのジェネレーターは良くできていると思いますよ」
メーテル「こういう機械が荒れた惑星に設置されるといいわね…ジェネレーターの製造者さん、  お疲れさまです」


217 :水先案名無い人:03/11/14 00:19 ID:c9veZTTL
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 どんな本でも面白い どんな本でも(略 です」
鉄郎「どんな本でも面白い??」
メーテル「惑星 どんな本でも面白い…色々なことに対して諭す人達の星…ものの見方に
  ついて、考えさせられる星よ…」
鉄郎「どんな人達がいるんだろう。気になるなあ」
車掌「ここの人達の諭し方は立派だと思います。私も見てみようと思います」
鉄郎「車掌さんがそういうなら、しっかり見てみよう」

(惑星 どんな本でも面白い に到着した)
鉄郎「あっ、あそこに本屋があるよ。行ってみよう」

客「どうだい、何か面白そうな出ものはないかい?」
店主「ない」店主は間髪入れずに答えた。
店主「だからこんなものを読んでいる。だがね君――面白い、面白くないという君の尺度
  にもよるが、だいたいこの世に面白くない本などはない。どんな本でも面白いのだ。
  だから読んだことがない本は大抵面白いが、一度読んだ本はそれより少し面白がる
  のに手間がかかるという、ただそれだけのことだ。そう考えると君にとって面白い本
  はここに積んである未整理の本に限らず、その辺の書棚にもう何年も前から挨を被っ
  てずっと並んでいる。それを捜すのは容易なことだから、さっさと選んで買いたまえ。
  少々なら勉強してあげても良い」
そうまくしたてるように一気にいうと、気難しい古本屋は顔を少し上げてにっと笑った。

メーテル「鉄郎、ここの本屋の店主の態度を見てどう思う?」
鉄郎「ここの本屋の店主って、言っていることが哲学的だね」
メーテル「そうかも知れないわね…でも本についてお客さんに熱意を持って説明しているのが
  分かるでしょう…」鉄郎「メーテルの言うとおりだよ。店主の熱意が感じられるね」

218 :水先案名無い人:03/11/14 00:19 ID:c9veZTTL
(惑星 どんな本でも面白い の続き)
鉄郎「あっ、今度は牛丼屋を見つけたよ」 メーテル「ちょっと、見てみましょう…」

客「どうだい、究極の牛丼はないかい?」
店員「ない」店員は間髪を容れずに答えた。
店員「だからここの牛丼を食っている。だがね君――吉野家か、松屋かという君の尺度に
  もよるが、だいたいこの世においしくない牛丼などはない。どんな牛丼もおいしい
  のだ。だから食べたことがないすき屋は大抵おいしいが、一度食べた松屋はそれより
  少しおいしがるのに手間がかかるという、ただそれだけのことだ。そう考えると君に
  とって吉野家は、ここにの道に並んでいるなか卯に限らず、その辺のコンビニにもう
  何年も前から挨を被ってずっと並んでいる。それを捜すのは容易なことだから、
  さっさと選んで買いたまえ。少少ならたまねぎを勉強してあげても良い」
そうまくしたてるように一気にいうと、店員は顔を少し上げてにっと笑った。

鉄郎「まあ、僕なら究極かどうか、なんて気にしないけど」
メーテル「鉄郎、その考え方は大切だと思うわ…好みの選りすぐみの多い人は、人と話すとき
  に気を付けなければいけないと言うことを、この星では教えられるのよ…」
車掌「あそこでも話している人がいますよ」

客「どうだい、何か面白そうなスレはないかい?」
ひろゆき「ない」ひろゆきは間髪を容れずに答えた。
ひろゆき「だがね君――面白い、面白くないという君の尺度にもよるが、だいたいこの世
  に面白くないスレなどはない。どんなスレでも面白いのだ。だから読んだことがない
  スレは大抵面白いが、一度読んだスレはそれより少し面白がるのに手間がかかると
  いう、ただそれだけのことだ。そう考えると君にとって面白いスレはここに並んで
  ある未整理のスレに限らず、もう何年も前から更新されず、ずっと並んでいる。それ
  を捜すのは容易なことだから、さっさと選んでレスしたまえ。少少ならワラタのレス
  をしてあげても良い」そういうと、気難しいひろゆきは顔を少し上げてにっと笑った。

219 :水先案名無い人:03/11/14 00:20 ID:c9veZTTL
(惑星 どんな本でも面白い の続き)
メーテル「私達の場合だったらこうなるかしら?」

(鉄郎「どうだい、何か面白そうな惑星はないかい?」メーテル「ないわ」
 メーテルは間髪入れずに答えた。
 メーテル「だから色々な惑星を巡っているのよ…でもね、鉄郎…面白い、面白くないという
  鉄郎の尺度にもよるけど、だいたいこの世に面白くない惑星なんかないわ…どんな
  惑星でも面白いのよ…だから行ったことがない惑星は大抵面白いけど、一度行った
  惑星はそれより少し面白がるのに手間がかかるという、ただそれだけのことよ…
  そう考えると鉄郎にとって面白い惑星は、これから行く未知の惑星に限らず、図書
  として、もう何年も前から挨を被ってずっと並んでいる惑星解説書にもあるわ…それ
  を捜すのは容易なことだから、さっさと読んで見ることをお勧めするわ…少々なら
  教えてあげるわよ」
  そのように一気にいうと、気難しいメーテルは顔を少し上げてフフッと笑った)

鉄郎「なるほど、僕たちの場合ならそういうことになのかあ。言われてみれば思いつく節
  はあるよ」
車掌「メーテルさん、うまい例え方で話されましたね。私も同感です。でもちょっと怖い
  惑星もありますけどね」
メーテル「私達が旅を続けていく上では、この惑星の人達の態度は参考になると思うの…
  鉄郎、これからの旅も、面白いと感じられる様な感性を持つことは大事なのよ…」
鉄郎「うん。これからもそういう心構えを持って999号に乗り続けるよ」

   ,;ー〜 〜      。     *      ゚        ☆
  ,;ソ^〜〜"`'   。     .  ゚       ゚  。          , 
 [斤⊂⊃ゴラァ[===][===][===][===]
゚            .        。       *       ` 
     ゚       .     *     。   ゚

220 :ヤンヤン@お笑い板 ◆YANKEE3Be. :03/11/14 13:25 ID:PHfGITsR
私の名はメーテル。お笑い板から報告に来た女…

ガイドライン板の車掌さん。
誰かが1000取り合戦してあっけなく落ちちゃった
「私の名はメーテルPART5」にかわる新スレ。ようやく立てられたわ…

私の名はメーテルPART6
http://human2.2ch.net/test/read.cgi/owarai/1068783019/l50

鉄郎。新しい出発(たびだち)の時よ…

221 :水先案名無い人:03/11/15 12:48 ID:yl5X41C2
車掌「ヤンヤンさん ご連絡ありがとうございました。今後も宜しくお願いします。
  え〜、次の停車駅は〜 惑星 そのせいで傷つきました そのせいで(略 です」
鉄郎「そのせいで傷つきました??」
メーテル「惑星 そのせいで傷つきました…自分がいじめられて心が傷ついた人達の星…でも、
  ここの人達の態度は立派なのよ…」
鉄郎「この惑星には、どんな人達がいるんだろう?」
車掌「メーテルさんのおっしゃるとおり、心が傷ついた人が多いですが、落ち着いている
  人が多いようです」 鉄郎「それなら、ここの人達を見に行こう」

(惑星 そのせいで傷つきました に到着した)
鉄郎「あっ、あそこで喋っている人がいるよ。行ってみよう」

サイトを閉鎖したのは私(Scott)です。これは Arne のせいではありませんし、彼を責め
てはいけません。外部プロクシの仕様変更は簡単でしたし、多くの人にとって役に立つと
思ったので行いましたが、そのせいで長期間のサポーターだった人物(Arne)が個人的な
攻撃をしてくるとは思いませんでしたし、確かに、そのせいで傷つきました。全てをやめ
てしまおうと考えたのはこれが最初ではありません。実行したのはこれが最初ですけれど
も。些細な変更を加えたせいで、長い間敬意を払っていた人物から「裏切り者」呼ばわり
されるのであれば、たぶんこんなことは全てやめてしまうべきなのです。結局のところ
これはバランスの問題で、やめてしまうには他にもたくさんの理由があります。最近では、
このせいで訴えられるかもしれないということすら心配していました。人々からこんな
リアクションを受けてまで、私の人生の多くを捧げる価値があるのかどうか、自問せずに
はいられません。最後に、オフィシャルバージョンは再配布が許可されていますが、
ベータ版は許可されていません。このライセンスは尊重してほしいと思っています。

鉄郎「車掌さんの言うとおり、しゃべり方は立派だね。」
メーテル「私もScottさんは立派だと思うわ…個人攻撃されても、あれだけ喋れるもの…」


222 :水先案名無い人:03/11/15 12:48 ID:yl5X41C2
(惑星 そのせいで傷つきました の続き)
鉄郎「また喋っている人を見つけたよ」 メーテル「それなら見てみましょう…」

辞める決断をしたのは俺です。これは彼のせいではありませんし、彼を責めてはいけませ
ん。プログラムの仕様変更は簡単でしたし、多くの人にとって役に立つと思ったので行い
ましたが、そのせいで信用していた人物が個人的な攻撃をしてくるとは思いませんでした
し、確かに、そのせいで傷つきました。全てをやめてしまおうと考えたのはこれが最初で
はありません。実行したのはこれが最初ですけれども。些細な変更を加えたせいで、長い
間信用していた人物から「裏切り者」呼ばわりされるのであれば、たぶんこんなことは
全てやめてしまうべきなのです。結局のところこれはバランスの問題で、やめてしまうに
は他にもたくさんの理由があります。最近では、このせいで訴えられるかもしれないと
いうことすら心配していました。人々からこんなリアクションを受けてまで、俺の人生の
多くを捧げる価値があるのかどうか、自問せずにはいられません。最後に、多くの方から
考え直せと言われましたが、俺の考えは変わりません。俺の意思は尊重してほしいと思っ
ています。

鉄郎「この人もプログラマーみたいだね」メーテル「今後の活躍をお祈りいたします…」

ロビーの設定をいじっていたのは私(^_^;です。これは上田氏のせいではありませんし、
彼を責めてはいけません。ID制導入、強制名無しタイム導入によるはロビー破壊は簡単
でしたし、ロビーにとって役に立つと思ったので行いましたが、そのせいで長年の常連
だった腐れ厨房、電撃少女太宰らが個人的な攻撃をしてくるとは思いませんでしたし、
確かに、そのせいで私の名誉は傷つきました(^_^; ロビーの全てを破壊しようと考えた
のはこれが最初ではありません。東京タワーOFF、スレッド削除、数々の横暴、実行
したのはこれで何度目でしたか。些細な変更を加えたせいで、長い間敬意を払っていた人
物から「裏切り者」呼ばわりされるのであれば、たぶんこんなことは全てやめてしまう
べきなのです。


223 :水先案名無い人:03/11/15 12:49 ID:yl5X41C2
(惑星 そのせいで傷つきました の続き)
結局のところこれはバランスの問題で、やめてしまうには他にもたくさんの理由がありま
す。最近では、このせいで上田氏が言われない誹謗・中傷を被ってるかもしれないという
ことすら心配していました。人々からこんなリアクションを受けてまで、今のロビーに
あなたたち常連の人生の多くを捧げる価値があるのかどうか、自問せずにはいられません。
最後に、ロビーは廃墟ロビーとおいらロビーが存在されていますが、カ口ビーは許可され
ていません。2ちゃんねるの中の伝統あるロビーは尊重してほしいと思っています。

鉄郎「この人はロビーが荒れていることを心配しているみたいだね」
メーテル「私もロビーの繁栄をお祈りするわ…」

宇宙を閉鎖したのは私(ヤバイ)です。これは広すぎるせいではありませんし、宇宙が無限
だからではありません。無限に膨張しつづけるのは宇宙にとっては簡単でしたし、多くの
人にとって役に立つと思ったので行いましたが、そのせいで地球まで膨張し通学路が延び
て一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とかだと、確かに、
みんな困るし。膨張し続けたつづけたのはこれが最初ですけれども。無限に広がったせい
で、最も遠くから到達する光とか観測して「宇宙の端の外側ってナニよ?」呼ばわりされ
るのであれば、多分こんなことはそれは誰もわからないのです。結局のところ寒さは温度
の問題で、超寒くて約1ケルビンで他にもたくさんの単位があって摂氏で言うと−272℃
です。最近では、バナナで釘打つ暇もなく死ぬかもしれないということすら心配していま
した。宇宙の果ては超何も無くてガラガラで、億年とか平気で出きますし、最近は小学生
でも言わないだろうと自問せずにはいられません。最後に、無限を無限のまま扱ってるのは超凄いですが、積分計算で出てきただけの無限はfと置いてみたり、演算子使ったりするのに、してほしいと思っています。

鉄郎「僕たちは宇宙が閉鎖されているって感じないけどなあ」
メーテル「鉄郎、この人の言うことは深く気にしないで旅を続けましょう…」


224 :水先案名無い人:03/11/16 15:12 ID:1ajII0mp
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 罠 罠 です」 鉄郎「罠??」
メーテル「惑星 罠…語尾に『罠』という言葉を付けて喋る人達の星…でも、この惑星の人達
  は普通の雑談をしているようね…」
鉄郎「この惑星には、どんな人達がいるんだろう?」
車掌「鉄郎さん、以前、惑星『ですが何か?』に行ったときのことは覚えていますか?」
鉄郎「うん、覚えているよ。確か語尾に『ですが何か?』って言葉を付けて喋ってたけど。
  あっ、それじゃあ、ここの人達は語尾に『罠』って言葉をつけて雑談しているの
  かなあ?」 メーテル「その通りよ…話題自体はたわいもないことだわ」
鉄郎「それじゃあ、その惑星の人達を見に行こう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 罠 に到着した)
鉄郎「あっ、あそこで喋っている人達がいるよ。見てみよう」

「色んな罠を各板から集めてみたくなる罠」「2をゲットしたくなる罠」「三角の罠」
「全然レスがつかない罠」「結局ここみてて、なんにも興味がもてなくて、鬱になると
いう罠」「それもそうだ罠」「いまだに罠の意味が分からない罠」「こんな所で何やってる
んだ?と小一時間問い詰めたくなる罠」「マキコの発言の「これは罠ね」が元だろうと勝手に思いこむ罠」「そうじゃなくて、何故語尾に罠をつけるか分からない罠」「テレビ
ゲームの不思議のダンジョンが元ネタだと聞いたことがあるという罠」「要はよくわから
ない、という罠。俺の知り合いは「と言ってみるテスト」みたいなニュアンスで使う罠」
「元ネタはおそらくファミ通の罠シリーズだと思われる罠。その後それを流用した同人誌
(誰かは忘れた)の影響で多少はしられるようになったネタだけど結局いつ頃から始まった
のかがあやふやになってしまう罠」「俺は最近見るようになった罠と言ってみるが下火に
なった頃によく出てくるようになった罠」「ガイドラインが全然ガイドしていない事を
誰も指摘しない罠」「ガイドラインは昔は2ゲットする奴少なかったという罠。2ゲット
が増えるということは雰囲気が悪くなっていることを示しているという罠」


225 :水先案名無い人:03/11/16 15:12 ID:1ajII0mp
(惑星 罠 の続き)
鉄郎「うわあ、みんな語尾に『罠』をつけて喋っているよ。でも元ネタは『ファミ通』
  らしいね」 メーテル「『ファミ通』という雑誌に用いられていたのかしらね…」
鉄郎「まだまだ、話が続いているよ。聞いてみよう」

「そして延々愚痴るという罠」「白沼にガイドされているという罠」「それじゃあ沈んで
しまう罠」「「そういうわけだわな」の時に使う「わな」と掛詞だと思いこんでいた罠」
「でもおかげさまで「罠」という漢字を覚えることができた罠」「私も覚えたという罠」
「かおりんすら来ない罠」「「という」を付ける人とつけない人とが居るという罠」
「キッスは目にして」という曲を知ってるかどうかという罠」「とりあえず語尾に付け
ればいい罠」「かおりん祭りに来てほしくてageたら、ハニータンがきてしまう罠」
「ここまでレスがついててきても「今更?」と思われてしまう罠」「このスレは「ですが
何かのガイドライン」と何が違うんだろうと思ってしまう罠ですが何か」「1だけど、
色々な板ごとの罠とか、そういう物が集まれば……と思ってスレ立てたのに、全然集まら
ないで何故かネタスレになってしまっている罠」「1が率先してお手本を見せてくれると
期待する罠」

鉄郎「1さん、事が思い通りに進まなくて大変だね」
1「そうなんです罠。もう少し他の惑星の情報が集められると思ってた罠」
メーテル「でも、この惑星はそれで、雑談が進んでて、いい雰囲気だと思うわ…雑談を進めて
 下さい」1「分かりました罠」

「仕方がない罠。暫く放置してたからだと思う罠」「しらぬ間に罠を探さなければなら
なくなっている罠」「罠を罠と見抜ける人でないと(シレンジャーになるのは)難しい罠」
「ぜんぜんレスつかない罠」「sageはイクナイ(最近見ないな…)という罠。とかいいつつ
漏れもsageる罠」「細々とやっていきたい罠」「そう言われるとageたくなる罠」
「今の位置ならば大丈夫だろうと判断してsageてみる罠。てか、もう罠も死語だな」


226 :水先案名無い人:03/11/16 15:15 ID:1ajII0mp
(惑星 罠 の続き。とある編集者が現れた)
おっとびっくりご用心、ベテランゲームファンには危険がいっぱい、25歳以上は気をつけて!!
そうさ僕らにゃ知識が必要、備えあれば憂いなし。それではいってみよう、
ハードディスクの中に自己のささやかな歴史を垣間見るワナシリーズ、今週は“ベテラン
ゲームファンのワナ”の巻。キミと僕のすべてをまぶしかったあの夏の日へ巻き戻すよう
に、ウーーーー、ワナッ!! まずは、買ってきたゲームボーイアドバンスのソフトを箱から
出して「小さッ!」と叫ぶワナ、プレイステーション2のメモリーカードを挿す部分に
コントローラーを挿そうとするワナ、 いまだに「ディスクを入れ替えてください」と
表示されると慌ててしまうワナ、 接触が悪いといろんな場所に息を吹きかけてしまう
ワナ、最新情報に疎いくせに「Xboxってどう?」などと聞かれてしまい「ソフトしだい
だね」と当たり前のことを答えてしまうワナ、アクションゲームをやらせたら学校一だっ
たオレサマだが昨今の3Dには酔いまくりのワナ、 昔のゲームを引っ張り出して「よく
こんなのやってたなあ」と言いながら2時間続けてしまうワナ、 最新作は『6』かと
思ってたら『9』だったのワナ、最新作だと思って買ったら移植版だったワナ、要するに
『ナイトトラップ』だねと言ったところ誰にも理解されないワナ、 コンビニでゲームを
買うと負けのような気がするワナ、 いまリセットしていいのかどうか確信が持てない
ワナ、特殊攻撃や回復アイテムをついつい頭の中でイオやポーションに変換してしまう
ワナ、すごいCGを見ると「これ何ポリゴン?」と考えてしまうワナ、最近のゲームは
ヌルすぎると嘆くくせに意外とすぐ投げ出してしまうワナ、あのメーカーってまだあるん
だっけのワナ、すごく楽しいゲームをやりながら「ああ、オレもうこれ1本でいいや」
などと感じてしまうワナ、このゲームはつまらないと思うのだがひょっとしたらつまら
ないと思う俺がつまらないのではないかと不安になるワナ……。どうか気をつけてほしい。
ベテランともなるとワナがいっぱいだ。 ワナ知識が豊富な編集者

鉄郎「この人が『ファミ通』の編集者かなあ?」メーテル「どうやらその様ね…」
(まだまだ続くのよ…)


227 :水先案名無い人:03/11/17 23:30 ID:5mq87KfJ
(惑星 罠 の続き)
メーテル「はじめまして、編集者さん…私はメーテル…今、おっしゃった言葉の中には『ワナ』
  という言葉がちりばめられていますね」
鉄郎「ゲームをするのにも、いろいろな知識がいるってことが分かる言葉ですね」
編集者「ゲームの業界は時代の流れが速いですからね。ギャップを感じないために敢えて
  『ワナ』という言葉を多用しているんですよ」
メーテル「そういうことですか…ゲームの業界も時間の流れが速いものですね…」
鉄郎「あまり深刻に考えないでゲームをしたいなあ」
編集者「まあ、この惑星ではマターリ雑談を楽しめばいいと思いますよ」
鉄郎「それじゃあ、引き続き雑談を聞いてみよう、メーテル」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

「罠が死語になっていないどころか、2ch語辞典に登録されるかもしれないという罠」
「落ちていく罠・・・」「yabaiwana」「誰も見てないという罠」「一ケ月半でレスが70にも満たない罠」「2ちゃんねるのワナのコピペを誰かが作ってくれないものかage」
「変な宣伝が来てしまったという罠」「「〜という罠」とやられるとどうも不自然だ罠。
これだと話し言葉にはまってない罠」「そんな板orスレッドないです。な罠」
「使い方間違えた罠(ウトゥ」「罠=Wannaだと思いました」「 It can't get a mood though it tried
to write it in English, it's a trap.」「愛 罠 B WiZ U な 罠」「罠にならない罠」

「今週日曜日、競争馬ワナ号が重賞の新潟2歳S(G3)に出走します。応援する罠
 ワナ 父フジキセキ 母メロンパン 1戦1勝
珍名馬でお馴染みの馬主・小田切有一氏が送り出した2chらー好みの名前の馬。兄が
一時期競馬板で祭りになるほどの人気を誇ったロロであることもあり、競馬板では
デビュー前からスレが立つ。 名前だけで話題になった面があったが、どこで間違ったの
かワナ号はハイレベルと言われた阪神新馬戦を 3馬身差圧勝してしまったことにより
人気は更に上昇。今週重賞に挑戦するに至り、競馬板では期待が高まっている」


228 :水先案名無い人:03/11/17 23:31 ID:5mq87KfJ
(惑星 罠 の続き)
鉄郎「ワナって言う馬がいたことなんて全然知らなかったよ」
メーテル「私も知らなかったわ…『ワナ』号には競馬で頑張ってもらいたいものね…」

まだまだ、雑談は続いていた。
「何処かの板のトップに書かれている『罠を張っています。』は拾われないという罠」
「よし、『ワナ』号応援してやる罠」

                コングラッチュレーション
             ,―==7  Congratulation!
             |く ___ _>
             fll`ーU+'
             `''、 ー=|      おめでとう・・・・!
          _,,..-´:|ヽー-;ー..,,_
.  ,−=-, ,,..-‘≡≡:| ><´|≡::|ヽ    おめでとう・・・・!
.  | l____ヽ.|≡l≡≡≡| |::| |≡:::/::|
.  |(llー´_ヽ|≡|≡≡≡|.|:::|l≡::/::::| ワナ号優勝おめでとう・・・・!
.. 4 l__`=|_|≡:|≡≡≡::||:::|'≡/≡|
/|\,.・|::≡:|ヽ|≡≡≡≡≡:::/|≡::|        _,,.........、
≡|/}:ヽ|:≡|::::|{≡≡≡≡≡:::{ .|≡::|        ヽ_,,   ヽ
≡:| |:::|l≡:|≡|:|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|       /_>   |
:::≡l|:::|'≡:|≡:|::|≡≡≡≡≡:::|. .|≡::|      |7 llう.. |
≡≡≡≡/|≡ヽ≡≡≡≡≡::::|. ..|≡::|.    ム__ ll´.. |
::≡≡≡::/ ヽ≡ヽ≡::|―、≡≡::l ..|≡::|     1´/ヽ==,...
::≡≡≡|   \≡ヽ::|  ヽ≡≡l  .l       _,,,..-`‐三=ー-
::≡≡≡|    |ヽ/ー.、.. ヽ≡≡l.  .   /ヽ、≡≡≡≡≡
:|¬、≡≡ヽ.  |≡ゞー=ッ  |≡≡|   _ /≡::ヽ≡≡≡≡≡
:|  ヽ≡≡ヽ |≡≡ヽミ.   |≡≡|  l  /≡:::/≡≡≡≡≡


229 :水先案名無い人:03/11/17 23:31 ID:5mq87KfJ
(惑星 罠 の続き)
鉄郎「あっ、あの人達は…惑星 ざわ…カイジスレ にいたお兄さん達だよ。わざわざ
  競馬のために、ここまで出張してきたんだね」
メーテル「惑星 ざわ…カイジスレの人達は、ギャンブル好きだから、わざわざここまで
  きたのね…」 住民達の雑談は続く。

「ワナの一生を追尾するスレになる罠」「朝からネトゲと2chな罠。馬好きの友人と早速
ワナについて話したいワナ」「語尾に罠をつけて話すスレになっている罠」「会話の語尾
に罠と付けたくなってくる罠」「地下スレになっているという罠」「あのワナが今週
ファンタジーステークス(G3)に出るという罠。騎手はあの武豊という罠」
「元ワンギャルの河村和奈を「かわむら わな」と読むと思ってる椰子が多いという罠」
「しかしそもそも河村のことを知ってる人など少ないという和奈」
「((((( ;゚Д゚)))))ワナワナワナワナ」「「何々だった罠」というのを2ch用語(?)であること
を知らず使っていた罠」「この先生きのこるスレを「この せんせい きのこるスレ」と
読み間違える罠」

   `=、;;;;;,,,,,,,:::,,,,,;;;;;,,,,`""''';;;;,, 、__  うそはうそであると見抜ける人でないと
    ,.-'゙''''',='";;;;;;;;",-,,;;;;;;゙;;;;;;;;;l;;;;`,、 (おいしいカシワモーチになるのは)難しい罠
  /   `ー-...,;;;;;;;;;;;;,-‐/;;;;;;';;;;;;;;;;;;
 ./   __      __`''''''""i;;;;;;;;ヽ 鉄郎「面白い顔だね。カシワモーチと間違えられ
 l  - '"-ゞ'-'    '"ゞ'-'     |;;;;     ないでね」
 |      ( ,-、 ,:‐、       ノ;;;  メーテル「ひろゆきさんと顔が違う様な
 ヽ、    __,-'ニニニヽ .   _,/;;;'゛     気がするけど…お話、楽しく
   `ヽ、_   ヾニ二ン" _,,.,;‐';;;;゛゛      進めて下さい」
     "'''=ー;‐---‐‐'';';"-''"゛

鉄郎「ここの人達って面白い人が多いね」
メーテル「そうね…ここの人達の雑談が楽しく続く事を祈って出発しましょう…」


230 :水先案名無い人:03/11/18 22:01 ID:qJa2Yjs6
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 日本ブレイク工業 日本ブレイク工業 です」
鉄郎「日本ブレイク工業??」
メーテル「惑星 日本ブレイク工業…もとは日本ブレイク工業という会社の社歌よ…この社歌
  はあちこちの星系で、彗星群の様に見られるわ…とにかく人気が凄いのよ」
鉄郎「へーえ、そうなんだ。この惑星に到着するのが待ち遠しいよ」
車掌「間もなく、惑星 日本ブレイク工業へ到着します。私もここは見てみたいと
  思ってますよ。ハイ」 クレア「私もここは見てみたいです」
鉄郎「それじゃあ、到着したら惑星の様子を見に行こう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 日本ブレイク工業 に到着した。社歌が聞こえてきた)
ブレイク ブレイク あなたの街の 解体 解体 一役買いたい 耐久年数過ぎてゆく 
コンクリートが落ちてゆく 地球の平和をはばむやつらさ Break Out !
日本ブレイク工業 スチールボール Da Da Da
日本ブレイク工業 ケミカルアンカー大地を揺らし!!
家を壊すぜ!橋を壊すぜ!ビルを壊すぜ!東へ西へ 走る!走る! 日本ブレイク工業
ブレイク ブレイク 欠陥住宅 木造 モルタル ペンシルビルを 杭頭処理など
おてのもの 協力サポートいたします 正義のハンマー ユンボをかざせ!Break Out!
日本ブレイク工業 ダイヤモンドカッター Da Da Da
日本ブレイク工業 コンプレッサー大地に響け!!
家を壊すぜ!橋を壊すぜ!ビルを壊すぜ!東へ西へ 走る!走る!日本ブレイク工業
日本ブレイク工業 スチールボール Da Da Da
日本ブレイク工業 ケミカルアンカー Da Da Da
日本ブレイク工業 ダイヤモンドカッター Da Da Da
日本ブレイク工業 コンプレッサー大地に響け!!
家を壊すぜ!橋を壊すぜ!ビルを壊すぜ! 東へ西へ 走る!走る! 日本ブレイク工業
Break Out !!


231 :水先案名無い人:03/11/18 22:01 ID:qJa2Yjs6
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
鉄郎「この歌、す、凄い歌だね。アニメソングみたいだよ」
メーテル「そのせいでこんなに人気が有るのよ…それにしてもこの歌はインパクトが
  強いわね…色々な星系で見られるわけだわ…この惑星はお祭り状態ね」
車掌「私もここまで凄いとは思いませんでした。これは驚きましたよ」
クレア 「この歌で出てくる装置に触れたら、私なんてブレイクしちゃうわ」
鉄郎「クレアさん、深刻に考えないで、もう少し様子を見てみよう」

                ||
   スチールボール    |  .||  |         DaDaDa!
 ヾ(`Д´)シ        ||  ||  |     〔〔 ( ゚∀゚)
   ( へ)         .∩ | |     ||( つ¶つ¶
    <      、.\″/⌒\ / 、  ┗==))
            ̄ ̄'''' '' ''''''' ' ̄ ̄      ''
_____________
    |_| ケミカルアンカー |_|            DaDaDa!
.    ||  ヾ(゚∀゚)ノ   .||          ヾ(゚∀゚)ノ
.    ||    (  )    .||            (  )
.    ||  /  >    ||            < <

        ダイヤモンドカッター
     ( ゚∀゚)                    DaDaDa!
     (ヽ□=□))                (゚∀゚)ノ
      > >                  ノ( ヘヘ

鉄郎「社歌に出てくる装置ってこういうものだったんだ。ケミカルアンカー以外なら
  僕やメーテルが持ってる武器でも代用が利きそうだね」
メーテル「鉄郎、そんなこと考えてはダメよ…まわりに迷惑がかかってしまうわ」


232 :水先案名無い人:03/11/18 22:01 ID:qJa2Yjs6
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
巫女みこナース「社歌」 ナース ナース あなたの街の 元気 元気 元気ですか〜
それでは早速 行って見よう ハイ! 巫女のナースをはばむやつらさ Break Out !
巫女みこナース! 食欲不振 睡眠不足 Da Da Da
巫女みこナース! 動悸に眩暈に神経衰弱!!
十年! 百年! 一億光年!! 東へ西へ  巫女! みこ! 巫女みこナース!
ナース ナース 頭痛 生理痛 情緒不安定 悲しくないのに涙が出ちゃう
イ・ヤ・シ・テ・ホ・シ・イ カイカン 愛のリハビリで 熱いハートの微熱 全部あなた
だけのもの!! Break Out !
巫女みこナース!生麦生米 Da Da Da 巫女みこナース!蛙ピョコピョコ大地に響け
十年! 百年! 一億光年!! 東へ西へ 巫女! みこ! 巫女みこナース!
巫女みこナース! セクシャルバイオレット Da Da Da
巫女みこナース! ソウルトレイン Da Da Da
巫女みこナース! セクシャルバイオレット Da Da Da
巫女みこナース! 蛙ピョコピョコ大地に響け!!
十年! 百年! 一億光年!! 東へ西へ  巫女! みこ! 巫女みこナース!
Break Out !

鉄郎「うわあ、巫女みこナースまで替え歌になっているよ」
メーテル「それだけ、この社歌が人気があるってことね…」

 ブレイク!ブレイク||        |                || 
    ( ゚∀゚) || ガガッガッ  |  ('A`)        ||    ブレイク!ブレイク!!
   (ヽ□=□) .;∴    / ̄ノ( ヘヘ ̄ ̄   ・∴.||.∴   ((゚∀゚ ))
    > >   || ∵         J( 'A,`)し  ━━━□=□入))
         ||           ノ( ヘヘ    ..∵’||`∵    <<
         ||      _('A,` )⌒L         ||
                   ノ           (まだまだ続くのよ…)


233 :水先案名無い人:03/11/19 00:06 ID:zasZZRHq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
                  ______
                / DaDaDa! \
                |  (゚∀゚ ) 〔〔  |
                |  ¶⊂¶⊂ )||  |
            /\  \((==┛  /
i==============i ノ   \_|/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
| 田 田 田 田 ●彡  lll||田      ________
| 田 田 田 田 |    (◎ニニ◎)   |幼稚園建設予定地|
                       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
      J(  )し      l|l
 ('A`)    ( )     _('A,` )⌒L
ノ( ヘヘ     | |         ノ

鉄郎「中に人がいる状態で建物を解体しているのは怖いよ」
メーテル「そうね…ブレイク工業の社員さん…建物の中の人が出るまで解体は中断して…」
日本ブレイク工業の社員「分かりました。中の人を避難誘導させます。また、以下は弊社
  のコンセプトです。

改修工事において、レントゲン探査工事は、行って当然です。 逆に言うと、行わないと
かなり勝負師です。電配は、やってからでは取り返しが付きません。最初の投資です。
改修工事において、当社はレントゲン工事も行っております。確かに、探査を行わなけ
れば現場で作業所見込みを簡単にあげるチャンスなのですが、あまりに、リスクが高すぎ
ます。よく『熟練の職人さんをお願いします』と言われます。確かに、経験がある職人
さんは、水が引くかどうかのタイミングで、うまく電気配管を切らずに止めることができ
ますが、弱電の配管はちょっとかすめても終わりですから、やっぱりレントゲンをとった
方が、無難です。新築工事においても、『構造の先生が撮りなさい』と言われるのであれ
ば撮るしかありません。


234 :水先案名無い人:03/11/19 00:07 ID:zasZZRHq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
車掌「社員さん、これは999号の改修にも当てはまりますよ。電気系統の配線を切らずに
改修するには欠かせないことですよね」社員「良ければ999号の改修も行いましょうか?」
車掌「いえ、お言葉だけでもありがたく受け取っておきます。でも、このコンセプトは
  いいと思いますよ。我が社の点検部にも伝えておきます」 社員「分かりました」

「ブレイク ブレイク あなたの街の」「解体 解体 一役買いたい」
日本ブレイク工業 スチールボール Da Da Daの歌が、澄みきった青空にこだまする。
日本ブレイク工業 ケミカルアンカー大地を揺らし!!、今日も天使のような無垢な
笑顔で、家を壊すぜ! 橋を壊すぜ! ビルを壊すぜ! 東へ西へくぐり抜けていく。
ブレイク ブレイク 欠陥住宅 木造 モルタル ペンシルビルを壊すのは、正義のハンマー。
ユンボをかざせ! Break Out !の声は裏返らせないように、日本ブレイク工業 コン
プレッサー大地に響け!がここでのたしなみ。もちろん、走る! 走る! 日本ブレイク
工業の社歌を、 恥ずかしくて歌えない従業員など存在していようはずもない。
日本ブレイク工業。
日本ブレイク工業 スチールボール Da Da Daは、もとは日本ブレイク工業 ケミカル
アンカー Da Da Daという、伝統ある日本ブレイク工業 ダイヤモンドカッターDaDaDa
である。神奈川県下。地球の平和をはばむやつらの多いこの地区で、廃材に見守られ、
杭頭処理などおてのもの 協力サポートがうけられる解体屋の園。時代が移り変わり、
耐久年数過ぎてゆく コンクリートが落ちてゆく、家を壊すぜ! 橋を壊すぜ! ビルを
壊すぜ! 東へ西へ、という走る! 走る!貴重な 日本ブレイク工業でBreak Out !!

鉄郎「うわあ、さわやかな(?)朝の挨拶 まで聞こえてきたよ」
メーテル「あの、独特の口調は周りの人達を引きつけるほどの魅力なのね…」
クレア 「こうやって聴いてみると、思わず笑ってしまいます。面白いですね」


235 :水先案名無い人:03/11/19 00:07 ID:zasZZRHq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き。面接のやりとりが聞こえてきた)
学生「御社は解体屋とありますが?」
面接官「ブレイク ブレイク あなたの街の 解体 解体 一役買いたい」
学生「えーと、やはり解体屋ということでよろしいのでしょうか?」
面接官「地球の平和をはばむやつらさ Break Out !」
学生「え、地球の平和?」 面接官「日本ブレイク工業 スチールボール Da Da Da」
学生「…で、そのスチールボールは当社においてどのような業務で使用しているのですか?」
面接官「日本ブレイク工業 ケミカルアンカー大地を揺らし!!」
学生「いや、私の希望は事務系です。それにケミカルアンカー如きで大地が揺れるという
  のは大袈裟ですよね。」面接官「杭頭処理などおてのもの 協力サポートいたします」
学生「いや、杭頭処理とかそういう問題じゃなくてですね…」
面接官「正義のハンマー ユンボをかざせ! Break Out !」
学生「ふざけないでください。それに正義のハンマーって何ですか。だいたい…」
面接官「日本ブレイク工業 ダイヤモンドカッター Da Da Da」
学生「聞いてません。帰っていいですか?」
面接官「日本ブレイク工業 コンプレッサー大地に響け!」
学生「どうやら社歌の様ですね。いいですよ。歌って下さい。それで満足したら帰らせて
  下さい」
面接官「家を壊すぜ! 橋を壊すぜ! ビルを壊すぜ!東へ西へ 走る!走る! 日本
  ブレイク工業」 学生&面接官「Break Out !!」

メーテル「日本ブレイク工業の採用面接って、本当にこんな感じなのかしら?」
クレア 「社歌を面接で歌うことが、この会社にとって必須なんでしょうか?」
鉄郎「聞いている分には面白いよ。まだまだこの星を見ている価値はありそうだね」
(まだまだ続くのよ…)


236 :水先案名無い人:03/11/20 06:55 ID:GbOEXYeq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
.     i^i  ,.-l[]l-、
 .     |_|  il┌'^'┐li   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    ,.--(の)__i_ニ[_]ニ,i_ < 家を壊すぜ!
   (ぃヘ(__)^i\  ヾ=='ヘ, \________
    '〜'⊂ノ,__/三7ヽ,__l7
      | l, i  |. /7/           _
 .     (ヽ/^/ ̄|_/7/iー―irfニヘ    _,i.lニl.i,
      / ̄7 ̄ '--' ̄|___|∪ニノ.   /a__,--,_a、   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      /___./   |  __|     ̄  __() l,__,-,__,l i) < 橋を壊すぜ!
 .    7 ̄^'ラ=:t┴‐'ヽ\     (の)、__l__l_/   \______
 .   ___/   ノ  \._ ____;'┐   (ぃ(__)ト==、,ニr> ___
    レ'f―,/マ   (())'  /     └>->-l/E/lニr'i ヘ
   / /  /./   / / /      / ̄/ ̄^i^~>.,k;i__ノ.    n
   'r'  トノ.   i _,/ /      _/ ̄^ー;r--'^ \      (凸) ビルヲコワスゼ!
   /'i―i'l'    y'_/_      (/  ̄'i^).^-(^iニi二ヽ   @[ Y]−
  [;iレ==ト]   (())-i-ヘ.     [/  ̄ i~l]  ialニiニニヽ   / >
 ./ニニニニl.I.  /ニニ二>ニゝ、   // ̄ ̄i,l  └―――┘
 Ii_I___l.I  └‐‐―――┘

メーテル「この惑星にはロボットもいるのね…でも、社歌を歌っているのには、ワラタわ」
鉄郎「この惑星は見てて飽きないね」 クレア「私も鉄郎さんと同感です」
車掌「でも、これらのロボットがちゃんと建物を解体できるかどうか心配です」
メーテル「多分、建物の大きさによって役割が決まっているのよ…」
車掌「そうだといいんですが」 鉄郎「車掌さん、そんなに深刻に考えないで、ね」


237 :水先案名無い人:03/11/20 06:55 ID:GbOEXYeq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
              _∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧_∧
   デケデケ      |                        |
      ドコドコ   < ブレイク!ブレイク!あなたの街のぉ〜!!  >
 ☆      ドムドム |_  _  _ _ _ _ _ _ _ _ _  |
      ☆   ダダダダ! ∨  ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨ ∨  ∨  ∨
ドシャーン!  ヽ         オラオラッ!!    ♪
       =≡= ∧_∧     ☆
    ♪   / 〃(・∀・ #)    / シャンシャン
  ♪   〆  ┌\と\と.ヾ∈≡∋ゞ
       ||  γ ⌒ヽヽコ ノ  ||
       || ΣΣ  .|:::|∪〓  ||   ♪
      ./|\人 _.ノノ _||_. /|\

―――――――‐┬┘          =≡=
                   |        __  〆
  ____.____    |        ───  \
|        | ∧_∧ |   | Break Out !      \_ =二 ∧_∧
|        |. (#´Д`)|   |            _   |ヽ  \ (; ・∀・)/
|        |⌒     て)  人   _  ―――‐ γ ⌒ヽヽ  ⊂   つ  ∈≡∋
|        |(  ___三ワ <  >   ―― ―二   |   |:::| 三ノ ノ ノ  ≡ //
|        | )  )  |   ∨  ̄ ̄ ̄ ―――‐   人 _ノノ (_ノ、_ノ  _//
  ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |           ̄ ̄               /'|

鉄郎「ドラマーもいるんだね」メーテル「この曲によほど取り憑かれたのね…」クレア「でも、
  建物から追い出されてしまいましたね」車掌「家の中でやるのはまずいですよ」

238 :水先案名無い人:03/11/20 06:56 ID:GbOEXYeq
(惑星 日本ブレイク工業 の続き)
そんなことより、ちょいと聞いてくれよ。スレとはあんま関係ないけどさ。
昨日、近所の解体現場行ったんです。解体現場。そしたらなんか人がめちゃくちゃいっぱい
で入れないんです。で、よく見たらなんかトラック停まってて、日本ブレイク工業、とか
書いてあるんです。もうね、アホかと。馬鹿かと。お前らな、日本ブレイク工業如きで普段
来てない解体現場に来てんじゃねーよ、ボケが。解体だよ、解体。なんか親子連れとかも
いるし。一家4人で解体現場か。おめでてーな。よーしパパ資料請求頼んじゃうぞー、とか
言ってるの。もう見てらんない。お前らな、社歌CDやるからその場所空けろと。解体現場
ってのはな、もっと殺伐としてるべきなんだよ。欠陥住宅や耐久年数の過ぎたコンクリート
がいつ落ちてきてもてもおかしくない、壊すか壊れるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか。
で、やっと入れたかと思ったら、近くの奴が、コンプレッサー大地に響け、とか言ってるん
です。そこでまたぶち切れですよ。 あのな、騒音たてる解体なんてきょうび流行んねーんだよ。
ボケが。得意げな顔して何が、コンプレッサー大地に響け、だ。お前は本当にコンプレッサー
を大地に響かせたいのかと問いたい。問い詰めたい。小1時間問い詰めたい。 お前、社歌を
歌いたいだけちゃうんかと。日本ブレイク工業通の俺から言わせてもらえば今、日本ブレイク
工業通の間での最新流行はやっぱり、ウォールソーイング工法、これだね。ウォールソーイング
工法ダイアモンドコア抜き。これが通の頼み方。ウォールソーイング工法ってのは水養生が大変。
そん代わり粉塵と騒音が少なめ。これ。で、それにダイアモンドコア抜き(Da DaッDaんぬ!)。
これ最強。

鉄郎「この人は、解体方法について詳しそうだね」
車掌「ウォールソーイング工法は手間がかかりますが、周りの環境に配慮したやり方だと思いますよ」
メーテル「この惑星は面白くてかつ勉強になることが多かったわね…また来ましょう」

239 :水先案名無い人:03/11/21 07:08 ID:4NwHC5rV
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ボトムズ次回予告 ボトムズ次回予告 です」
鉄郎「ボトムズ次回予告??」
メーテル「惑星 ボトムズ次回予告…もとは『装甲騎兵ボトムズ』という作品が由来よ…この
  作品の次回予告を元にいろいろな予告文を作る人達の星よ」
鉄郎「どんな予告文が見られるのか、楽しみだなあ」
車掌「なかなか凝った文の様ですよ。読んでみる価値はあると思います」
鉄郎「それじゃあ、到着したらその予告文を読んでみよう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ボトムズ次回予告 に到着した)
鉄郎「あっ、文章を見つけたよ」メーテル「鉄郎、読んでみましょう」

ウドという穢れの海に見え隠れする、素体という氷塊。どうやら水面下の謎の根は深く、
重い。人の運命は神が遊ぶ双六だとしても、上がりまでは一天地六の賽の目次第。
鬼と出るか蛇と出るか。謎に挑む敵中横断。
次回、『襲撃』。キリコ、敢えて火中の栗を拾うか。

鉄郎「何か、僕たちの旅でも有り得そうなことが書かれているね」
メーテル「私達の旅も平穏ではないから…星の海を巡る旅はこの文章の様なものかもね…」
鉄郎「まだまだ予告文はあるのかなあ?」 車掌「ある筈です。探してみましょう」

削除人の手を逃れた>1を待っていたのは、また地獄だった。破壊の後に住み着いた欲望
と暴力。百年戦争が生み出したソドムの街。悪徳と野心、頽廃と混沌とをコンクリート
ミキサーにかけてブチまけた、ここは2ちゃんねるのガイドライン。次回「即死」。
来週も>1と地獄に付き合ってもらう。

鉄郎「こんな惑星には行きたくないなあ」
メーテル「時には私達はこう言うところへ行くことになるわよ…その時は防護をしっかりと
  しなくてはね」

240 :水先案名無い人:03/11/21 07:09 ID:4NwHC5rV
(惑星 ボトムズ次回予告 の続き)
鍋の出汁で濡れた躰。正義のHIROと人の言う。全ての板に、正直がっかりの声が木霊
する。三角、丸、四角と洗練された肉体。情無用、命無用の竹串。この命、十円也。
最も安価なワンマンアーミー。次回「おでんマン」。おでん、生活板に向かうが本能か。

鉄郎「懐かしいなあ。惑星 おでんマンの説明だよ。あの時のおでんは美味しかったなあ」
メーテル「おでんマンは親切でいい人だったわね…元気にしているといいんだけど」

一年戦争とアムロ、シャア、ララァ、セイラ、ニュータイプ。飛び交うビームを縫って、
ララァの手になるエルメスのビットが飛び交う。ソロモン宙域に織りなされる、ギレンの
企んだ野望は何。巨大な宇宙(そら)に描かれた悲壮なるドラマ。その時、アムロは
叫んだ。ララァ!と。次回「めぐりあい」。時が見える…

鉄郎「これは、何の予告文だろう?」メーテル「多分『ガンダム』の予告文よ…シャア専用
  星系へ行けば、この謎は解けるわ」
車掌「私もシャア専用星系、特にガンダムには興味がありますよ。ガイドライン星系に
  何度も出てくる人気のあるキャラクターですからね」

コピペ連投、荒らしAA。かつて削除されたおびただしいあぼーんがこびりついた、不吉
なスレ。ここには、2ch削除人特殊任務班X−1、削除レッドショルダー★の鋭い爪痕が
刻まれている。次回「廃墟」かつてこのスレには、赤い顔をした真性の厨房が蠢いていた。

降り注ぐ糞スレ。舞い降りる削除人。コピペと荒らしと厨房の掲示板、2ちゃんねるが
燃える。粘着的、ひたすら粘着的パワーが蹂躪しつくす。ささやかなage、芽生えた自治、
馴れ合い、健気な>1、名無しもコテハンも、煽りも荒らしも、厨房も神も呑み込んで、
建つ、糞スレ、駄スレ。音をたてて2ちゃんねるが沈む。
次回「脱出」。糞スレはageを浴びて浮上する


241 :水先案名無い人:03/11/21 07:09 ID:4NwHC5rV
(惑星 ボトムズ次回予告 の続き)
メーテル「この文章も2ちゃんねる星雲の特徴を端的に表しているわね…」
鉄郎「僕たちもこの運命には逆らえないのかなあ?」
車掌「他のメーテルスレもこの運命には逆らえないと思いますよ。でも深刻にならないで
  旅を続けたいものです」

宇宙でたった一人その資格を持つ男が、座標を定めて走り始めた。生まれながらの
カリスマ、管理人、ネットの申し子。2ちゃんねる、まちBBS、したらばの絶対支配。
壮烈な決意が、自らを加速させる。全てをこの手に。次回「ひろゆき」。もう止められる
者はいない。

2chという穢れの海に見え隠れする、糞スレという名誉毀損。どうやら水面下の謎の根は深く、重い。人の運命は神が遊ぶ双六だとしても、上がりまでは一天地六の賽の目次第。
3億円と出るか削除命令と出るか。裁判に挑むDHC。
次回『控訴』。ひろゆき、敢えて死中の活を求めるか。

鉄郎「ひろゆきさんも、運命には逆らえないようだね」
メーテル「2ちゃんねる星雲の支配者にも外敵がいるということね…」
車掌「一連の文章を読んでみて、私達がコントロール出来ない『何か』が働いていること
  を感じましたよ」メーテル「私達の場合だったら、こうなるかしら?」

星の海に見え隠れする、惑星、恒星、彗星、ブラックホールという一連の天体…どうやら
宇宙全体の謎の根は深く、重い…人の運命は神が遊ぶ双六だとしても、上がりまでは
時の輪が支配する松本零士先生の気分次第…吉と出るか凶と出るか。謎に挑むシナリオの
進行…次回、『襲撃』。メーテル、鉄郎、敢えて火中の栗を拾うか…

メーテル「こんな感じになるかしら? 私も意図的に変えることは出来ないわ…」
鉄郎「この文章はちょっと怖いよ。でも運命には逆らえないってことは良く分かるよ」
車掌「例え、どんなことがあっても999号は守ってみせますよ」

242 :水先案名無い人:03/11/22 07:03 ID:5xpOzyhJ
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 あっあっあっあっあっ あっあっあっあっあっです」
鉄郎「あっあっあっあっあっ??」
メーテル「惑星 あっあっあっあっあっ…とても奇妙な星…富樫先生の漫画『ハンター
  ハンター』のキャラクターがいる星…鉄郎、この惑星では戦士の銃は必須よ」
鉄郎「そんな奇妙な惑星なんだ。惑星 ジョジョの奇妙な冒険より怖いのかなあ?」
車掌「私も詳細は分かりませんが、怖い惑星だと思います。ここでは身の安全のため999
号にとどまっているつもりです。鉄郎さん、メーテルさん、気を付けて行って来て下さい」
鉄郎「メーテル、気を付けながら冒険しよう」メーテル「鉄郎、この惑星では油断は禁物よ…」

(惑星 あっあっあっあっあっ に到着した)
                  /
          \      /クチュ   あっ
      クチュ   \    /
   ! |   |  ヽヽ   `ヽヽ、_      あっ・・
   . ! / /  !   |ヽヽ 、__ \  ̄
   7 ,.|/ /! |! |.|! | i、\ \`ヽヽノ    ソ     あっ
\`_ー- ./ / | i::l |:::i |、 ヽ ヽ_ ヽ ``  ノ ヽ
 _/_,/ ハ | ,..._ヽ '''''── ,.--ニ__   ヽ   )        あっ・・
//,イ ヽ.|.i  ゚   ` ",. -─-、`ヽ、.    ノ    
 '´i/|  iハi丶  '   "   ° i |  ̄ ¬─一'''" ヽ\
  |. ! /! ,| !  ̄ ,.    ー---‐' ! |   |  ヽヽ   `ヽヽ、_
   | //./ノiヽ、 ` _      ,. ! / /  !   |ヽヽ 、__ \  ̄
   リ レ' /:|  ヽ、 ーυ  _,,. ‐7 ,.|/ /! |! |.|! | i、\ \`ヽヽ
      /:::i /:|  `ー‐<ヽ-‐'" / / | i::l |:::i |、 ヽ ヽ_ ヽ ``

鉄郎「あっ、この人の頭に針が刺さっているよ」メーテル「鉄郎、その針を戦士の銃で撃ちなさい」


243 :水先案名無い人:03/11/22 07:03 ID:5xpOzyhJ
(惑星 あっあっあっあっあっ の続き。鉄郎は針を戦士の銃で撃った)
   ! |   |  ヽヽ   `ヽヽ、_    あっ…私は今まで何をしていたんだ?
   . ! / /  !   |ヽヽ 、__ \  ̄
   7 ,.|/ /! |! |.|! | i、\ \`ヽヽノ   鉄郎「どうやら正気に戻ったみたいだね」
\`_ー- ./ / | i::l |:::i |、 ヽ ヽ_ ヽ ``  ノ ヽ  メーテル「あなた…大丈夫だったの?
 _/_,/ ハ | ,..._ヽ '''''── ,.--ニ__   ヽ   )   大分うなされていたわよ…」
//,イ ヽ.|.i  ゚   ` ",. -─-、`ヽ、.    ノ
 '´i/|  iハi●"  ' ●"   ° i |  ̄ ¬─一'''" ヽ\私も知らない間に誰かに
  |. ! /! ,| !  ̄ ,.    ー---‐' ! |   |  ヽヽ   `ヽヽ、_頭をやられて…
   | //./ノiヽ、 ` _      ,. ! / /  !   |ヽヽ 、__ \  ̄後は覚えてない
   リ レ' /:|  ヽ、 ー    _,,. ‐7 ,.|/ /! |! |.|! | i、\ \`ヽヽ んです。
      /:::i /:|  `ー‐<ヽ-‐'" / / | i::l |:::i |、 ヽ ヽ_ ヽ ``

鉄郎「どうやら、敵がこの近くにいる様だね」メーテル「鉄郎、気を付けて行きましょう…」
      \      /クチュ
  クチュ   \    /
    ノ i | |! i`r--_i ノノl、  あっ
   ノi| i | l | |! i`r--_i ノノl | | ||、   あっ
 ノi| i | l | |! i`r--、、..,,_i ノノl | | ||、      あっ
   '"i l,.. r‐''i"、、ヾ,ヾ、'r:ェ; 、,ヾ'‐-、!iヽ, ト;ヽ
.r '"i l|r'').、ヾい、ゝ'l  / 。',ヾヽ\iノ、_    鉄郎「また、頭に針が刺さっている
`|'lヾ,i,{ l ゚ ヾ `   l   l   !iヽ, ト;ヽ    子がいるよ。よーし(バキューン)」
 | |iト, i ヽ   l     `ー'゙   |i| l |Lノ i
 ||i |ハ,|  `" 、         |l| i lー''i゙l
 !i'| | ヽ,     つ      /i ノノl | | ||、
// | | | l `'i:; 、_ u   ,.‐'"  i-'-Ll l |!ヽ
'' ノi| i | l | |! i`,=コ"´  ,. ‐''"´  )|| i|\
  ノノノ'|l |i 、‐''"``''''''''"´     ``i| トヾ

244 :水先案名無い人:03/11/22 07:04 ID:5xpOzyhJ
(惑星 あっあっあっあっあっ の続き)
    ノ i | |! i`r--_i ノノl、     わ、私は今までどうしてたの?
   ノi| i | l | |! i`r--_i ノノl | | ||、
 ノi| i | l | |! i`r--、、..,,_i ノノl | | ||、
   '"i l,.. r‐''i"、、ヾ,ヾ、'r:ェ; 、,ヾ'‐-、!iヽ, ト;ヽ
.r '"i l|r'').、ヾい、ゝ'l  /   ',ヾヽ\iノ、_   鉄郎「この子も正気に戻った様だね」
`|'lヾ,i,{ l   ヾ `   l ●  l  !iヽ, ト;ヽ メーテル「お嬢ちゃん、頭は大丈夫?」
 | |iト, i ヽ ● l     `ー'゙   |i| l |Lノ i
 ||i |ハ,|  `" 、         |l| i lー''i゙l  ええ、おかげさまで。どうも有り難う
 !i'| | ヽ,     つ      /i ノノl | | ||、  ございました
// | | | l `'i:; 、_     ,.‐'"  i-'-Ll l |!ヽ
'' ノi| i | l | |! i`,=コ"´  ,. ‐''"´  )|| i|\
  ノノノ'|l |i 、‐''"``''''''''"´     ``i| トヾ

メーテル「お嬢ちゃん…何か敵に心当たりはないかしら? もし有れば教えていただけると
  助かるの」鉄郎「頭に針を刺して気を狂わせるなんて…なんてひどい人なんだろう?」
お嬢ちゃん「言われてみれば…私、ある女性と出会ったんです。その人が突然…あとは
  記憶を失ってしまって…」
メーテル「お嬢ちゃん、説明してくれてありがとう…あとは私達で探してみるわ」
鉄郎「この惑星では女性が敵なのか。どんな人かとても気になるよ」
メーテル「私もそう思うわ…まだ敵が姿を見せてないだけ厄介ね…」

惑星のあちこちから「あっ、あっ、あっ」という声が聞こえてくる。
鉄郎「ジョジョの奇妙な冒険 に劣らず奇妙な惑星だなあ」
メーテル「私も油断できないわ…鉄郎、心して行きましょう…」
鉄郎「分かったよ、メーテル。早く敵をみつけないと」(まだまだ続くのよ…)


245 :水先案名無い人:03/11/23 13:16 ID:V7prIJ1m
         ,i'~                     `i、,!
        | __,,..、、----――r‐'_=‐=、ー;r、_      ヾ
        〈'i" _,:',/,. ,; _//,;'’  ,, i , ,i,/ー_、_    ,/
   _,,.::-‐''" ,/,/,'"/,/!イ  ヾ=;,__"_`",ノ'r'",,.j ,>、,/'゛
   `ー''''"フ ̄/,/'゛∠-'|,イ人i u'  _二ニ._  、_",:",iノi    あっあっあっあっ
       / ノ/ ,i'  ,/ ,i|/, i    /'ー―-、ヽ," i' ノi/ヽ
   ,r'ニ,,/ ,.イ ,.イ  i 'i  |i、  ,i' ̄"ヽ、 ,リi  ,!i 'ヽ ヽ、,,_
'''"~;;;;;;'゛‐''";;;;;|,/;;;| // | ,i'  ヽ、ヽ、,   ト,_,,/_.イ ,iヾ、i `ヽ、 ̄゛"7''''ー'"~ヽ-――
i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;'",i' i/i、   `ヾニ;ー-;'="/ノi ノ  `    ,/ ,i   ,.._,,,,~ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽi ヽ_,,,,....__;-" ̄_;二、ニ---―――''''''"",二----―''''''"
     i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;'",i' i/i、   `ヾニ;ー-;'="/ノi ノ  `    ,/ ,i
鉄郎「お兄さん、頭に針を刺す敵を知りませんか?」
メーテル「この辺で気配を感じるわ…鉄郎、気を付けて」
         ,i'~                     `i、,!
        | __,,..、、----――r‐'_=‐=、ー;r、_      ヾ
        〈'i" _,:',/,. ,; _//,;'’  ,, i , ,i,/ー_、_    ,/
   _,,.::-‐''" ,/,/,'"/,/!イ  ヾ=;,__"_`",ノ'r'",,.j ,>、,/'゛
   `ー''''"フ ̄/,/'゛∠-'|,イ人i u'  _二ニ._  、_",:",iノi  あっ、あれがそうだ。
       / ノ/ ,i'  ,/ ,i|/, i    /'ー―-、ヽ," i' ノi/ヽ
   ,r'ニ,,/ ,.イ ,.イ  i 'i  |i、  ,i' ̄"ヽ、 ,リi  ,!i 'ヽ ヽ、,,_
'''"~;;;;;;'゛‐''";;;;;|,/;;;| // | ,i'  ヽ、ヽ、,   ト,_,,/_.イ ,iヾ、i `ヽ、 ̄゛"7''''ー'"~ヽ-――
i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;';;;;;;;;;;'",i' i/i、   `ヾニ;ー-;'="/ノi ノ  `    ,/ ,i   ,.._,,,,~ヽ|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽヽi ヽ_,,,,....__;-" ̄_;二、ニ---―――''''''"",二----―''''''"

246 :水先案名無い人:03/11/23 13:16 ID:V7prIJ1m
(惑星 あっあっあっあっあっ の続き)
         ー-ァ{」_. \         'ー、_
        ,-ゝ"    `ー`            Z
        (    、__            rlii;;;{ヾ=,}
        {_    }`ッ-、-、  、_   ,r=、 `ー、) |!
         (_ ('t__`!.f.、 ; ``!ソ }テ"`! ';ト-- 、}
     ク   └`- `-} ヾ'  ``    !‘.... ν
   ク チ       ヽ ..ノ   .ィ ,.;;;iiii|||||||)
   チ  ュ         `-、/,,!ii||||||||||||||i、_
    ュ              ィii||||||||||||||!!'''" }
     (( ●          `|||||||!'''" _... `;
     _..., /           /|||!'"// _.. ` 、
   _..f ./!、 ● ))      /l||!'/ --==  ̄ /
   _i l_/_. ×         i i|!〃..-- 、、_  /
  (└ィニ、_/- !r;;、       l i!' ,;ii||||||||||||||||iii;ソ
   ×/``ニ`ヾ!||||i;、,,..   ,ィ!ニヾ!!|||||||||||||||||||!'
  / し="   `ーィi|||||i;,、<〃!、ヽ 〉||||||||||||||||/ 鉄郎「あんな子が針を刺してたなんて…
  / / (/、  /|||||||||||||||||ii;;;i、ソ||||||||||||||||/      信じられないよ」
   /  ヽ-'ー"T|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||/   メーテル「私が何とかしてみるわ…」

      ☆☆☆
■■■   / 
ノノノ・_・)えぃ‥
     ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
      ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
      ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
       ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.
       ・` 。・ ; ’ 、∴ ゚ ,・・` 。・ : ’ ∵、‘。‥ ゚ ,・・` 。∴ 、’.

247 :水先案名無い人:03/11/23 13:22 ID:V7prIJ1m
(惑星 あっあっあっあっあっ の続き)
            |ヽ-<        ヽ_
         ー-ァ{」_. \         'ー、_
        ,-ゝ"    `ー`            Z
        (    、__            rlii;;;{ヾ=,}
        {_    }`ッ-、-、  、_   ,r=、 `ー、) |!
         (_ ('t__`!.f.、 ; ``!ソ }テ"`! ';ト-- 、}
         └`- `-ヽ−  ``    !‘.... ν   Z
             ヽ .._   .ィ ,.;;;iiii|||||||)     Z
                `-、/,,!ii||||||||||||||i、_       Z
                   ィii||||||||||||||!!'''" }
                   `|||||||!'''" _... `;
                  /|||!'"// _.. ` 、
                 /l||!'/ --==  ̄ /
                i i|!〃..-- 、、_  /
     _...,         l i!' ,;ii||||||||||||||||iii;ソ  メーテル「どう…うまくいったかしら?」
   _..f  !、 ;、,,..   ,ィ!ニヾ!!|||||||||||||||||||!'   鉄郎「どうやらうまくいった様だね」
   _i l_  ×`ーィi|||||i;,、<〃!、ヽ 〉||||||||||||||||/ メーテル「こんな子が敵だなんて、驚いたわ」
   (└ィニ、_/- !r;;、 /|||||||||||||||||ii;;;i、ソ||||||||||||||||/
      ヽ-'ー"T|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||/


248 :水先案名無い人:03/11/23 13:23 ID:V7prIJ1m
(惑星 あっあっあっあっあっ の続き)
                  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \
  ___、         /           \
/      ̄\      |  見 未 回 こ オ  |
| て 幻 い  \    |  つ  確 っ れ  レ  |
| や 獣 わ   |    |  け 認  て か は  |
| つ ハ ゆ   |    |  出 生   ら     |
| だ ン る   |    |  す 物 様 世     |
|   タ      |    入    を 々 界     >
|   |      |┌<_|      な を    /
|   っ      //___\            /
|       _ /--ヾ--ゞヘ_\          /
\___/\| | ̄        ̄|/\___/ ̄
          |_-ーー-ゝゞ_    々_
          >人 |`。 ´。`ヽ\  ┌ヽ
          ||ii|└、 `−  ノ巛ソ\
     /ヽ ___  《 \ー   /ヾiゞiiヾヽ
   _|`  V/   |I|/|iヽ- イ;ノ|| |》|ヽ
   |  ヽゝ|    ヽ| ノソ-イ/|/;;|i |;;;丶、
  |_. //|    _/|  ̄/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;> メーテル「ハンターさん…この惑星
   \/ / ̄|  /|;;;;;;;ヽ/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;//  >   の治安の安定を図って下さい。
    </  ヽノ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/   ヽ 宜しくお願いします」
    /     ヾ |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/     | 鉄郎「変な敵が現れたら
    \     入|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;| ..、  .->     退治して下さい。
     ┐   ゞノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  ソノ  <     ハンターさん」
     └ヽ   ノ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、 、/´/メーテル「そろそろ駅へ戻り
         ̄∨\;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;'''''''、'ゞ ソ∠- >      ましょう…鉄郎」
           | `ー´ ̄ ̄ ̄ )    ヽ 鉄郎「この惑星は怖かったね」

249 :水先案名無い人:03/11/24 14:07 ID:qY9Jq2Zf
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 私の話を聞いて貰いたいとき 私の話を(略 です」
鉄郎「私の話を聞いて貰いたいとき??」
メーテル「惑星 私の話を聞いて貰いたいとき…町づくりシミュレーションゲームに愛着の
  ある人達の星…ゲームに傾倒するのはどうかと思うけど、言葉遣いは綺麗だわ…」
鉄郎「どんな人達がいるんだろう? 楽しみだなあ」
車掌「私も詳細は良く知りませんが、この惑星の人達はいい人が多い様ですよ」
鉄郎「それなら、みんなでここの人たちの話を聞きに行こう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 私の話を聞いて貰いたいとき に到着した)
住人1「あのう、わたしの話、聞いてもらってもいいですか・・・」
メーテル「ええ、聞かせて下さい…」鉄郎、車掌「是非、お願いします」

いまね、みんなのきれいな町っぽい町並みを見て、わたしも真似してみようと思い、
しこしこやってたんですよ。思いどうりなのができるまで何回もやり直しました。
ようやく町っぽいのが出来て、そこに住むシムも愛らしく思えてきました。
そしたら段々とね、ちょこちょこ歩くシムたちが本当の自分の市民のように思えてきた
んです。こんなこと初めてですから、わたしはニコニコしながら木を植えたり、公園立て
たりして彼らを大事に大事に育ててました。こんな町いいな、あんな町いいな
彼らのために私は全てをささげてもいいと思うくらいでした。
そしてね、かわいいシムたちがこんなこと言うんです。「教会立ててよー」
もうかわいくてかわいくて仕方の無いシムたちでしたから、私はわき目も振らずに立てた
んですよ。そしたらね、落ちたんですよ。ええそうです。お察しのとおりPCが落ちたん
です。「カカカっ ピュン・・・」それはそれはあっさりと落ちたんです。
わたしは夢中でシムたちを可愛がっていたから、もちろんセーブなどしてません。
普通だったらここでイライラの感情と喪失感が沸き起こるはずです。
けどね、いつもと違うんです。

250 :水先案名無い人:03/11/24 14:07 ID:qY9Jq2Zf
(惑星 私の話を聞いて貰いたいとき の続き)
なんか胸の中が暖かいんですよ。そして涙が出たんですよ。心理分析なんて
野暮なことしません。けどわたしにはわかります。これが愛というものなんだろうと。
わたしは本当にシムのことを、ほんの数時間だけれども愛していたんですね。まさか涙が
出るとは思わなかった。けど何故だか幸せです。なんなんでしょうねこの気持ち・・・
みなさんも素敵なシムライフを送ってください。長くてごめんなさい。さようなら。

鉄郎「さようなら、なんて言わないで。この惑星を発展させようよ。いい話だったよ」
メーテル「ゲームの中だけで留めてないで、実際に町を発展させようと努力してみるといいと
  思うの…『胸の中が暖かい』っていう経験は滅多に出来ないことですもの…これから
  の人生で役に立つときが来ると思うわ」
車掌「私も、大変感動しました。いいお話を聞かせてくれて有り難うございました」
住人1「皆さんに感想を言ってもらって嬉しかったです。これから街を発展させようと
  思います」 メーテル「これからも頑張って下さいね…」
鉄郎「あそこにも話している人がいるよ」

住人2「あのう、わたしのコピペ見てもらってもいいですか・・
いまね、ガイドライン板みんなのきれいな改変っぽいコピペを見て、わたしも真似して
みようと思い、しこしこやってたんですよ。思いどうりなのができるまで何回もやり直し
ました。ようやく改変っぽいのが出来て、コピペ作者本人が作ったオリジナルも愛らしく
思えてきました。そしたら段々とね、ちょこちょこレスするような住人たちが本当に
集まるかのように思えてきたんです。こんなこと初めてですから、わたしはニコニコ
しながらさらなるネタ練りしたり、ネタとして解りやすくして彼らを大事に大事に待つ
つもりでした。こんなレス欲しいな、あんなレス欲しいな、彼らのために私は全てを
捧げてもいいと思うくらいでした。
そしたらね、かわいいOpen Janeがこんなこと言うんです。ERROR:改行が多すぎます!」

251 :水先案名無い人:03/11/24 14:08 ID:qY9Jq2Zf
(惑星 私の話を聞いて貰いたいとき の続き)
車掌「この話は、何となく分かる様な気がします。一生懸命文章を考える気持ちが伝わ
  ってきますよ」 メーテル「ERRORにならない様に文章の量を調整することも大事ね…」
鉄郎「ジェネレーターを使えば、作業が簡単になるんじゃないかな」
メーテル「鉄郎、車掌さん、私の話を聞いてくれるかしら…今ね、色々なみんなの綺麗な惑星
 を見て、私も記録してみようと思って、地道に星図を作ってたの…思いどうりなのが
 できるまで何回もやり直したわ…ようやく星図っぽいのが出来て、個々にある惑星も
 愛らしく思えてきたの…そしたら段々とね、各惑星に住む人たちが本当の自分の市民の
 ように思えてきたのよ…こんなこと初めてだったから、わたしはニコニコしながら惑星
 の風景や人々を様子を一生懸命記録して、星図を大事に大事に作ってきました…こんな
 町いいな、あんな町いいな、彼らのために私は全てをささげてもいいと思うくらい
 だったわ…そしたらね、素敵な住人達から交信が入ってきたの…「また来てよー」
 もう素敵で素敵で仕方の無い住人達だったから、私はわき目も振らず交信したの…
 そしたらね、落ちたの…ええそうです…お察しのとおり連絡が途絶えたの…
 「カカカっ ピュン…」それはそれはあっさりと落ちたのよ…普通だったらここで
 イライラの感情と喪失感が沸き起こるはずだったわ…けどね、いつもと違ってたの…
 なんか胸の中が暖かったの…そして涙が出たわ…心理分析なんて野暮なことはしない…
 けど私には分かったわ…これが愛というものなんだろうと…わたしは本当に各惑星の
 住人達のことを愛していたのね…まさか涙が出るとは思わなかったわ…けど何故だか
 幸せです…なんなんでしょうねこの気持ち…」
鉄郎「メーテルの普段の振る舞いが良く分かる言葉だよ」
車掌「私もメーテルさんと同じ思いをしたことがありますよ。999号で色々な惑星を
 巡っていると、その時のことを思い出しますから」
メーテル「鉄郎、いい人に出会ったときの感動を忘れないようにすることは大事よ…」
鉄郎「もちろんだよ、メーテル。メーテルの言うことは十分、分かってるつもりだよ」


252 :水先案名無い人:03/11/25 19:09 ID:yAIJ3Q3J
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ヌケドナルド ヌケノナルド です」
鉄郎「ヌケドナルド??」
メーテル「惑星 ヌケドナルド…正式には『ヌケドナノレド』らしいわ…『お前ら表へ出ろ』
  って命令するちょっと変わった人がいる星なのよ…」
鉄郎「どんな人なんだろう?」
車掌「私も詳細は良く知りませんが、以下の様な紹介文があります。
  ヌケドナノレド【ぬけどなのれど】
  某ハンバーガーショップのマスコットキャラが「お前ら表へ出ろ」と命令している。
  偶に斧やサンポール(便器用洗剤)を持ってたり、エロAAを評価してたりと、色々な
  ヴァージョンがある。これからもヌケドナノレドを宜しく! だそうです」
鉄郎「それなら、ヌケドナルドに会いに行こう」 メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ヌケドナルド に到着した)
  三|三
  イ `<             ,..-──- 、         _|_
   ̄             /. : : : : : : : : : \        |_ ヽ
   ∧           /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ      (j  )
   /  \        ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
              {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}     _ヽ_∠
  └┼┘          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}       lニl l |
.   |_|_|  , 、      { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!      l─| l 亅
   __   ヽ ヽ.  _ .ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ        _
    /     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′      l  `ヽ
   ´⌒)    |    −!   \` ー一'´丿 \       l/⌒ヽ
    -'    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、      _ノ
        /\  /    \   /~ト、   /    l \

253 :水先案名無い人:03/11/25 19:10 ID:yAIJ3Q3J
(惑星 ヌケドナルド の続き)
鉄郎「早速『お前ら表へ出ろ』って言われちゃったよ」
メーテル「ヌケドナルドさんって、ちょっと短気な人のようね…」
              ,..-──- 、
            /. : : : : : : : : : \
            /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
           .,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',     十        __ _   __
    十     .{:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}  o  。 °十」 ̄|[][]| || | ___| |ロロ__ _
 十        {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}-、  +       |_   ̄|| |.| ||__   ̄|.| || |
     ,.-''" ̄~~"'''        ,.,li`~~  へ  ヽ   + 〇 |  || | ̄ .| | | ||  ||__|l  |
    /         / ̄~''''ー――‐''"~  _,.ヘ  l. o      /   |! |  /  |/ /|  |  l.  |
  /^!__       /`ー'ヽ__,、__,、__,.-‐'  \ l.      / / \| / /,.-'<___,| .!  |(R)
  |/ ,.┴、    l――---、――-、 \\     \ 十 //     .// ̄     ∠-‐''王三l‐
  / / /ヽ    \   /⌒'" ̄`'"⌒ \\_....-‐'''l  /   囗/~7_,「三~KX>    、/!ニニ!
 .|  /つ     `ー'----ノ ̄ ̄ヽー''"\l__,.-く ̄`ヽ     /__/ー‐' 7__/
  ヽ__(___.......... -―<____ノ―'''"  (  人 ̄ \
   \ `ー---‐'"ノ        \\__人  ( ̄ ̄ l
      ̄ ̄ ̄ ̄           `ー-----ヽ、 (~ ̄ノ

鉄郎「うわあ、ヌケドナルドさんってアイスとハンバーガーを一緒に食べてるよ。ヌケド
  ナルドさん、僕にもアイスとハンバーガーを売ってくれませんか?」
ヌケドナルド「売ってやるから表へ出ろ!」

254 :水先案名無い人:03/11/25 19:10 ID:yAIJ3Q3J
(惑星 ヌケドナルド の続き)
鉄郎「あーあ、アイスとハンバーガーは貰ったけど、表へ出されちゃった。メーテル、
  一緒に食べよう」メーテル「鉄郎、ありがとう…早速頂きましょう…」
                    .,..-──- 、
                   /. : : : : : : : : : \
                  /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
                  ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
         .        {: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}
              .__{: : : : | ェェ ェェ |: : : : :}
              /`ー---‐^ヽ   ,.、  |:: : : :;!
             l:::      l r‐-ニ-┐| : : :ノ
        _   ,--、l::::.      ノ ヽ 二゙ノ イゞ‐ヌケド「どうだ、我が店のハン
    ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l\` ー一'´丿 \        バーガーは旨いだろう」
   ,/   :::         i ̄ ̄  |  \___/   /\
  /:::::::.        l:::    l:::::::   l\ /~ト、   /  l \ 
 l:::::::::::.   l:::    !::    |:::::::   l \/l::::|ハ/   l-7 _ヽ
 |:::::::::l::::  l:::    |::    l:::::     l⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、 |_厂 _゙:、
 |::::::::::l:::.   }:::   l:::::,r-----    l >‐- ̄`    \ .r'´  ヽ、
 ヽ::::::::l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  / 丁二_     7\_/ ̄ \
/\::::`ー‐'  / l__l;;;;;;;;;;;/    |::::|`''ー-、,_/  /\ _/⌒

鉄郎「ヌケドナルドさん、アイスもハンバーガーも確かに美味しいよ。でもこの店は
  テイクアウトしかできないんだね」メーテル「確かに美味しいわ…でもヌケドさん、
  店の中で食べて、何か不都合なことでもあるのかしら?」ヌケドナルド「最近ライバルが
  増えてね…多くの客をさばかなきゃならなくなったんだ」(まだまだ続くのよ…)

255 :水先案名無い人:03/11/26 23:19 ID:wdx88yI8
(惑星 ヌケドナルド の続き)
           ,..-──- 、
         /. : : : : : : : : : \
        /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
       ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',
       {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :} 「客が増えない」と文句を言われ
       {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
       { : : : :|   ,.、   |:: : : :;! 社長にがつんと言うたった
       ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ
        ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′  表に出ろと言うたった
         ´'ーァ` ー一'´.ィ´ ̄`ヾ´
     ,.</  `ヽァ'´`ヽァ'´/    | 心の中で言うたった
    / _L.__/__   V- 、     !
  ,′  ̄ ` ー 、 __ ``'′  \ / |   鉄郎「ヌケドさんも苦労しているんだね」
  l           `ヽ、  ,/  |
  ` ー┬─ ァ- 、  、 トJ,ィ<     l   メーテル「ライバルの出現は店の営業に差し
      /j.  /    `ヽ_y'^'´ l ヽ  /    支えるものね…」
    / ハ__/     /     l  '、 !
    ,' l. l/ `ヽ、_/     l.  l'′
   l  |,/     ,イ       |  l
   l,/{   /! l      |  /
  / <ヽ` ーチニ′ |     ,ノ! /
/   `′/−'´  |─− ´ 〃
{     /ヾ     !    /
` − ´   ヽ _ ,ノ__ - ´

256 :水先案名無い人:03/11/26 23:20 ID:wdx88yI8
(惑星 ヌケドナルド の続き)
                .人
               (・・・・)  ミスバーガー【みすばーがー】
               (・・・・・・)  ヌケドナノレドのライバル。
              (・・・・・・・・)  頭に乗っけてるのは、ライスバーガー囃子。
             . : : : : : : : : : : .
           . : : : : : : : : : : : : : :
           . : : : : : : : : : : : : : : : : :
           : : : : :,,…-川川ミ: : : : : :
          : : : : : i:'⌒'  '⌒'i: : : : : :
          : : : : : |:: <・> <・> |: : : : : :
     , 、    : : : : :|:: V ●V |:: : : : :
    ヽ::\, ...-┐ : :: :(:::r‐-ニ-┐ ) : : : :
      ):/:::::;;::_)、ゞイ!::ヽ 二ノ 人: : :
     |::::::::::;::::_):::  ::\:`'ー一'´丿 \_
     ノ::::::::: :;::_)::: \  \___/   / \_
    /:\::::::/ :::  \   /Aト、  /::   :/\
   /:ゝ、__ソI::  :::   \/l::::|∩/ :::  :::|-7_ヽ
  /:\  ,へi:::  : ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、:::  ::::|_厂 _\
  ∧:::::  ̄ ,ト |:::    三- ̄`::::::::::::::::ヽ:::::::::|:r'´::: ^ヽ、
 /:ヘ \_,./| ‖    ⊂二_::::::::::::  7ヽ:イ::: _/ ̄ \
(;::  \  / ヘ|::::       |:::|`''ー-、,_/ /\_::::: ::/⌒ )

ヌケドナルド「こういうライバルが出現して販売競争が激化しているんだ」
鉄郎「なるほど。それは大変だ。僕たちは食べるだけだから気楽だけど、売る側からして
  みれば、一大事だもんね」メーテル「何か新製品を出して対抗した方がいいと思うわ…」

257 :水先案名無い人:03/11/26 23:29 ID:wdx88yI8
(惑星 ヌケドナルド の続き)
            ,..-──- 、
            /: ・ . . . . . . . .・:ヽ
             |: : :,-…-…-ミ: :',  口ッ〒ノレア【くちってのれあ】
       .    |: :i '▲'  '▲' i: :::}  ヌケド、ミスのライバル。
              |: :| ェェ  ェェ |: ::}  必殺技はエビヴァーガー!
   , 、     .   |: :|   ,.、   |:: ;!
   ヽ ヽ.  _ .  |:: :i r‐-ニ-┐ |:::ノ
     }  >'´.-!、 ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ′
    |    −!   \` ー一'´丿 \
    ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
   /\  /::::::::::::::\   /~ト、   /::::::::::::l \
  / 、 `ソ!:::::::::::::::::::::\/l::::|ハ/::::::::::::::::::l-7 _ヽ
 /\  ,へi:::::::::::::::⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ::::::::::::::::|_厂 _゙:、
∧   ̄ ,ト |:::::::::::::::>‐- ̄`    \::::::::| .r'´  ヽ、
,ヘ \_,. ' | |:::::::::::::::丁二_     7\::|イ _/ ̄ \
i   \   ハ::::::::::::::::::::::|::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ

ヌケドナルド「口ッ〒ノレアまでライバルになってしまって…新たな販売戦略を考えなくては
 ならなくなってしまったんだ」 メーテル「ヌケドナルドさん、何か将来的な展望は持って
 いらっしゃいますか?」 ヌケドナルド「そう言われても…急には出てこないです」
鉄郎「なるとヴァーガーなんてどうかなあ?」ヌケドナルド「そ、それは面白い! 今度社長
  に提案してみるよ。ヌケドナルトヴァーガー かあ」
メーテル「鉄郎、なかなか面白いアイデアを出すわね…ヌケドナルドさん、あと他の惑星に
  出店してみてはどうかしら? これだけライバルが増えてきたら、柔軟な発想と販売
  先の開拓をすることが大事だと思うの」
ヌケドナルド「分かりました。鉄郎さん、アイデア、どうも有り難うございました」

258 :水先案名無い人:03/11/26 23:29 ID:wdx88yI8
(惑星 ヌケドナルド の続き)
                       ,..-──- 、
                    /. : : : : : : : : : \
                    /.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
              . .    ,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :'
                   {:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}
           .          {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}
                     { : : : :|   ,.、   |:: : : :;!
                   ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ    これからも僕を応援してくださいね
                     ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐′
                ,.、───  ` ー一'´丿───-、
                /      -─-    -──      \
              /            Υ       |    │
           ─ │  (  |──――――――──――――-、
          │  |   |           .     .     │
   ____  |  |─---    /         .     . .  │ 
   ____  |  │    (ヽ  ☆ !            .   │
          |  │   _ノ ∪                    │
           \  \__ソヽソ  \                /
   ____    ,, -−-  ̄                 ,, -−- 、
   ____   /  , -  \              /  , - 、\
          | |   | |―――――――――|  |   | |
           ヽ、`ー-‐'__ノ               ヽ、`ー-‐'__ノ

鉄郎「これで、ヌケドナルドの店が繁盛するといいね」
メーテル「そうね…あと他の惑星にも出店できるといいわね…さあ、駅へ戻りましょう」

259 :水先案名無い人:03/11/27 18:27 ID:M2j75DUw
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ハゲ ハゲ です」鉄郎「ハゲ??」
メーテル「惑星 ハゲ…頭が禿でカツラをかぶって困っている人がいる星…その人、ちょっと
  気の毒に思うわ…」 鉄郎「どんな人なんだろう?」
車掌「私も人のことは言えませんが、もともとPC自作星系にいた人らしいですよ。
  こちらまで出張してきた様です」
鉄郎「とりあえず惑星の様子を見てみよう」 メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 ハゲ に到着した。色々な歌が聞こえてくる)
95の正体はザ・_ゲスターだった! 輝く太陽_ゲスター 歌:水木一郎
_ゲ _ゲ _ゲ ギュッギューン ハ_スター 輝く太陽 登るとき ギュルルー
ギュルルー 光の中に_ゲスター ズバッと禿が バキッと禿が 悪い奴らをぶちのめす
ギュッギューン ギュッギューン 禿の技 アタック 魔力の_ゲ車輪
ハ_ ハ_ ハ_ ギュッギューン _ゲスター禿の魔人だ _ゲスター
ズラッと参上! ズラッと解決!95タンは〜快傑 ズラット〜! ちっちっちっ
カウボーイハットの下は見せられないぜ

鉄郎「どうやら95さんが禿みたいだね。でも本人はどこにいるんだろう?」
メーテル「探してみないと分からないわ…でもこの歌を聴いてると面白そうな人のようね」
+   +
  ∧_∧  +
 (0゜・∀・) ツヤツヤ   やれ目出度い 目出度い ん?なんの事かな?
 (0゜∪ ∪ +  規制解除 キタ━━━━(゚∀゚)━━━━  よかったよかった。
 と__)__) +

鉄郎「あの人が95さんかなあ? 確かにキラキラしてるし」
メーテル「悲壮感がなくて良さそうな人ね…どんな話をするのかしら?」
鉄郎「見てて面白そうな人だなあ」メーテル「とりあえず様子見ってところね…」

260 :水先案名無い人:03/11/27 18:27 ID:M2j75DUw
(惑星 ハゲ の続き)
  ヽ、.三 ミニ、_ ___ _,. ‐'´//-─=====-、ヾ       /ヽ
        ,.‐'´ `''‐- 、._ヽ   /.i ∠,. -─;==:- 、ゝ‐;----// ヾ.、
       [ |、!  /' ̄r'bゝ}二. {`´ '´__ (_Y_),. |.r-'‐┬‐l l⌒ | }
        ゙l |`} ..:ヽ--゙‐´リ ̄ヽd、 ''''   ̄ ̄  |l   !ニ! !⌒ //
         i.! l .:::::     ソ;;:..  ヽ、._     _,ノ'     ゞ)ノ./
         ` ー==--‐'´(__,.   ..、  ̄ ̄ ̄      i/‐'/
          i       .:::ト、  ̄ ´            l、_/::|
          !                           |:    |
             ヽ     ー‐==:ニニニ⊃          !::   ト、
俺達はとんでもない勘違いをしていたんだ。これを見てみろ。
「OMEGADRIVER」に95の間違えたコテハン「DH」を加えると「OMEGADRIVERDH」。
これを並べ替えると「MODHAGERDRIVE」になる。
「D」はなんとなく「T」にしたい気分だから「MOT HAGERT RIVE」。
「もっとはげるとリーヴ」というメッセージになる。
95の髪の毛はまだ少しはあるのかも!!

鉄郎「こんなところでキバヤシさんと会えるなんて…思ってもいなかったよ。キバヤシ
  さん、お久しぶりです」
メーテル「私も鉄郎と同感だわ…キバヤシさん、お会い出来て光栄です…」
キバヤシ「メーテルさん、鉄郎さん、お久しぶりです。95さんに希望を与えるために惑星 
  MMRからやって来たんですよ」
メーテル「キバヤシさんの推理能力も相変わらず衰えませんね…」
鉄郎「キバヤシさんに人気があるってことが改めて感じたよ」
キバヤシ「私も色々な惑星で推理させられるので忙しいですが、またメーテルさんや鉄郎
  さんと会えるといいものです」
鉄郎「また会おうね。キバヤシさん」メーテル「また会いましょう…キバヤシさん」

261 :水先案名無い人:03/11/27 18:28 ID:M2j75DUw
(惑星 ハゲ の続き。CMが流れてきた)
つやつやな人たちへ
ハゲのコンプレックスを持つ暗い男が一念奮起でヅラを購入し、ヅラットピットに変身!
各地のイベントパーティーを荒しまわり結婚詐欺師に弟子入り。しかしそのヅラの秘密が
ついにバレる日が・・・どうする!?ヅラットピット!? というヅラサスペンス小説
<ヅラが彼女にバレたとき>好評発売中

鉄郎「この惑星は謎だらけだよ。いったいどういう惑星なんだ?」
メーテル「禿じゃない人もいそうね…あっ、あそこにパソコンショップがあるわ…行ってみま
  しょう」 そこにはパソコンショップの店長がいた。
店長「ようこそ惑星 ハゲ のパソコンショップへ。禿の95さんはよくここへ来ますよ」
鉄郎「僕、鉄郎と言います。宜しくお願いします」
メーテル「私はメーテル…宜しくお願いします…この惑星について説明して頂けませんか?」
店長「まあ、気楽にしてください。95さんが来たらお話しますから」
鉄郎「それじゃあ95さんが来るまで待ってるか?」メーテル「ええ、そうしましょう…」
そこへ95さんが現れた。95「やあ、店長。お久しぶり」
店長「ここでゆっくりお話しようや」95「分かった。そうしよう」
店長「ヒカシューの巻上公一氏のやたらテンションの高い怪しい歌い方が好きです。
  ミュージシャン!?・・・95さんはアリス! それとも泉谷しげる!? まさか
  リッチー・ブラックモア!? とっておき情報! アリスのアルバムのジャケットを
  古い順からパラパラ漫画にしてみよう!するとボーカルの頭がどんどんどんどん…」
95「ttp://ime.nu/www.geocities.co.jp/Hollywood-Stage/9571/index.html
  ここは知ってるかな。「民族の祭典」、好きだったなぁ。ちなみに、80年代のニュー
  ウェイヴとかの記憶があって宝島読者とかだったら知ってる奴は知ってる(アタリマエダ!)
  程度の小物ですわ。。。これ以上はノーコメント」

鉄郎「面白そうなお話だね。どんな展開になるんだろう?」
メーテル「とても面白いお話ね…まだまだ期待できるわ」(まだまだ続くのよ…)

262 :水先案名無い人:03/11/28 07:52 ID:U1FBd9iX
私の名はメーテル……
新スレを立てたので報告に来た女……

「わたしの名はメーテル@懐かしアニメ板 2 」
http://comic2.2ch.net/test/read.cgi/ranime/1069973088/l50

263 :水先案名無い人:03/11/28 22:56 ID:z4qwjWLh
(惑星 ハゲ の続き)
店長「いえ、このサイトは知らなかったですね、これはどうもどうも! 巻上さんの
  インタビューとか読んでるとやっぱりこの人は声という物にこだわりが非常に強い
  みたいですね。私はあの歌い方が凄く好きなんですが、巻上さんのあまりに独自
  すぎる歌に拒絶反応を示す人も居ますね。昔、ヒカシューがサントラを手がけた
  OVA<超時空世紀オーガス02>でも、当時「あの主題歌を何とかしてくれ!」と
  雑誌の読者欄でも話題になってましたから。しかし<ニューウェイヴ><宝島>と
  いう単語が懐かしすぎ!私はあの頃はDEVOなんかもお気に入りでした」
95「TuxedomoonとかYelloとかPyrolatorとかコントーションズ→TheBlacksとか
 原マスミとかEP-4とか、あと全然関係ないけどカルメンミランダとか。。。って年代
 メチャクチャだけどw,すげー好きだったのに名前が出てこないのも多数」
店長「Pyrolator、ワタシD.A.F(ホモ)が好きなんでこちらの方も知っておりますよ。
 日本でここらへんのATA TAKの作品をリリースしているキャプテントリップレコード
 の小柳さんがピロやんって呼んで親しまれてますね。ワタシもニューウェイブとか
 サイケデリックはドイツ方面のがいろいろ好きでD.A.F何かはビデオが大爆笑の出来で
 面白いです。ガビが上半身裸でクネクネとダンスして、それをひたすらホモい視線で
 追うロバート、間髪入れず闇の中に謎の平均台が登場し、アハーン、ウフーンとホモい
 喘ぎ声を出して平均台で踊るガビ・・・」
95「やヴぁいな。。。バレそうな余寒がするのでこの辺でお茶を濁すか」

メーテル「こ、この話題って同性愛系、801系で受けそうな話題ね。曲の内容は全然分から
 ないけど…」 鉄郎「僕が若いせいかなあ? 全然知らない曲ばかりだよ」

店長「あーあ、しかし夏休みだねー、ラデスレでは9600買った奴が負けだとかFX5200
 以下だとか、同じビデオカードのユーザー同士でアレは勝ちだとか負けだとか
 夏まっさかり」
95「ビデオカード如きで勝ちだの負けだのどうでもいいっつーの。まぁ、9月末までは
 こんな感じか。秋が一番好きだな、俺は」


264 :水先案名無い人:03/11/28 22:56 ID:z4qwjWLh
(惑星 ハゲ の続き)
95「店長の店は品揃えが凄いとか、ここでしか手に入らないものがあるとか、そういう所
 ではないよ。値段は、そこそこ安い程度。他店との違いは、店長の人柄。そこだけ
 見れば間違いなく惑星ではトップクラス。俺は、気持ちよく買い物が出来て、買った後
 何かあっても本当にきちんと対応してくれるから、店長がどうしても用意できないと
 いう物以外は全部店長から買う事にしてる」 そこへ客からの連絡が入った。
客「イナカ住まいなので専ら通販ばかり。値段より、信頼できるショップでお買い物
 したかったので。で、通販フォームの連絡欄のところに「ハ_様からご紹介していただ
 きますた。」といれとけばイイのかな?」
95「( ゚ Д゚) ハ_はやめていただきたい。いや、通じるだろうけどさ。。。せめてコテの
 ほうでプリーズ!あと、通販だとブツも大して載ってないので、電話なり問い合わせ
 メールで希望の商品と金額を問い合わせたほうが良いかと。。。」
店長「毎度お世話になっております、店長です。トリップ付けてみました!95さん
 ありがとうございます。こちらでは少しお仕事が絡みますので、口調はお仕事
 バージョンで行かさせて頂きます。煽らないで下さいね。さて、お客さん!ご連絡方法
 ですが当店のサポートにメールを入れて頂いても構わないのですが、サポートメールは
 私以外に社長や事務の女性等の人間もチェックしてますのでそっちは避けたいのです。
 出来ればお客さんの方でここにHotmail等の捨てアドを晒して頂ければ、私のほうから
 個人の(会社)メールにてご連絡差し上げます。このスレ上でやっても構わないのです
 が、それだとスレ違いとなり、95さんにご迷惑をかけてしまいますので、それは避け
 たいと思います。たまにはメール欄に載せるのも面白いかなとは思ってはいますが」
客「店長さん、どうも有り難うございました。掲示板以外で一面識もない95様の紹介と
 言うのも本当に失礼な話ですので。ショップのH・Pを見た一般客として、お買い物
 させて頂きたいと思っておりますので何卒宜しくお願い致します。お忙しい中、ありが
 とうございました。近々必ず商品発注致します」

265 :水先案名無い人:03/11/28 22:59 ID:z4qwjWLh
(惑星 ハゲ の続き)
客「ワタシが自作初心者だった頃、初めてショップの人に組んでもらったのですが、
 その時BTOを担当してくれた人が、ワタシの要望を初心者だからと馬鹿にせず丁寧に
 相談に乗ってくれて、予算7万円で3Dのゲームがしたいという事でDuron600MHz
 MEM:PC100-256MB VGA:Voodoo3というマシンを組んでくれました。このマシンは
 今考えてもバランスが良かったと思います。他の店でパーツをバラで買うほうが少し
 ばかり安かったのですがしばらくそのマシンでの判らない事やトラブルにも嫌な口ぶり
 もせず付き合ってくれました。そういう経験もあって、サービスやサポートも価格の内
 と思うようになりました。なので他のお客さんも良い買い物ができるといいですね」
店長「毎度お世話になっております、店長です。レスありがとうございます。皆様にそう
 いっていただけると一層力が湧いてきます。あと、誠にお恥ずかしいのですが当店の
 WEBは種類も少なく価格もちょっと高めのものが多いと思います。(すいません私が
 サボってるんです)ここに居られる方々ですのでPCパーツには詳しい方たちだと思い
 ますので出来ればパーツ指定でご用命いただけますでしょうか?そうすれば私のほう
 でも価格を出し易いので。また、私のほうでも新製品の情報や購入のタイミング等、
 お客様が損した気分にならない様アドバイスさせて頂きます」
95「遅くなりますたが、店長Thx! 午前中に届いてます。換装してプチOCもしてみた。
 166*14で3200+表記にして、π47秒。しかし、前回豚2500+に換えてから原因不明の
 メモリ速度低下が起きてて、色々やってるが直らない。。。チプセトドライバのせい
 かも知れないが、この際だからOSクリーンインスコからやろうかと思ってる。今日は
 このまま徹夜なんで、明日ですな。。。あと、PALのベースナットを金属製のほうに
 換えたんだけど、ちょっと締め過ぎたかも。まぁ、42度位で普通に動いてる様だから
(゚ε゚)キニシナイ!!」

鉄郎「メーテル、この店って雰囲気良さそうだね」
メーテル「そうね…真面目にパソコンのパーツの話もしていたしね…この店が発展することを
 お祈りします…さあ、駅へ戻りましょう」(262メーテルさん、ご連絡ありがとう…)


266 :水先案名無い人:03/11/29 01:26 ID:qY/5qdqB
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 昔は良かったなんて言わないで 昔は(略 です」
鉄郎「昔は良かったなんて言わないで??」
メーテル「惑星 昔は良かったなんて言わないで…アンニュイな言葉を呟く人達の星…
  私達にも当てはまることがあるかも知れないわ」
鉄郎「どんな人がいるのかなあ?」
車掌「この惑星の人達の言葉遣いはとても美しいです。聞くだけの価値はあると
  思いますよ」 鉄郎「それなら、惑星に着いたらここの人達に会いに行こう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 昔は良かったなんて言わないで に到着した)
住人1「昔は良かったなんて言わないで
  足りない言葉並べても本当の事は伝わらない 優しいだけじゃ守れない
  正しいだけじゃ伝わらない 写真には写らない 作り笑顔の下の気持ちなんて絶対に
 聞かせないで ずっと 壊さないで そっと それがあなたたちの望んだ世界さ
  昔は良かったなんて言わないで あのキラめく時の中の何を知ってるっていうのさ」

鉄郎「この言葉は人ごとのように思えないよ。まさに僕たちにも当てはまる言葉だよ」
メーテル「言葉遣いが綺麗ね…鉄郎の言うとおり、人ごとの様には思えない…私も作り笑顔
  は使えないって思ったわ」
車掌「まさに私達のために作った言葉という感じがします」

住人2「元彼女の方が良かったなんて言わないで
 頼りない化粧をしても彼の心には伝わらない 優しいだけじゃ物足りない
 激しいだけじゃ伝わらない 口からは出てこない 作り笑顔の下の気持ちなんて絶対に
聞かせないで ずっと 壊さないで そっと それがわたしの望む世界だから
 元彼女の方が良かったなんて言わないで このトキめく胸の中の何を知ってるっていうの…」
メーテル「このお姉さんは、失恋でもしたのかしら…ちょっと心配だわ」

267 :水先案名無い人:03/11/29 01:26 ID:qY/5qdqB
(惑星 昔は良かったなんて言わないで の続き)
鉄郎「僕も心配だよ。でも女心は難しいからなあ。こういう話題だと話しかけにくいよ」
車掌「私も鉄郎さんと同感です。確かに難しい話題です」
メーテル「私がちょっと話しかけてみるわ…私はメーテル…お姉さん、ちょっと失礼します…
  何か彼氏とうまく行かなかったことでもあったのかしら?」
住人2「今の彼の気持ちがどうか心配なんです」
メーテル「もし彼の居場所を教えてくれたら、私が聞いてきてあげる…」
住人2「彼は今、隣町にいます。でも…彼が私のことをどう思っているのか、なんか躊躇
  しちゃって…足が出ないんです」
メーテル「分かったわ、お姉さん…私達が聞いてきてあげる…鉄郎、車掌さん、隣町へ行きま
  しょう」鉄郎「分かったよ、メーテル」車掌「分かりました。行きましょう」
メーテル達は隣町へ向かった。そこで、お兄さんが呟いていた。

住人3「元彼の方が良かったなんて言わないで
 頼りなく胸を張っても彼女の奥には伝わらない 優しいだけじゃ物足りない
  激しいだけじゃ伝わらない 口からは出てこない 作り笑顔の下の気持ちなんて絶対
  に聞かせないで ずっと 壊さないで そっと それがわたしの望む世界だから
  元彼の方が良かったなんて言わないで このトキめく胸の中の何を知ってるっていうのさ」

鉄郎「あのお兄さんがそうかなあ? さっきの彼女と同じ様なことを呟いているよ」
メーテル「ちょっと聞いてみるわ…私達、隣町から来たんだけど、同じ様なことを呟いていた
  お姉さんがいるの…お兄さんも彼女と失恋…したのかしら?」
住人3「彼女が俺のことをどう思っているのか、なんか躊躇しちゃって…足が出ないん
  です」鉄郎「うわあ、さっきの彼女と同じ事を言ってるよ」
車掌「もし、宜しければ隣町の同じ様なことを呟いていた彼女の所へ、一緒に行きませんか?」
住人3「皆様がそうおっしゃるのなら、行きますよ」

268 :水先案名無い人:03/11/29 01:27 ID:qY/5qdqB
(惑星 昔は良かったなんて言わないで の続き。一同お兄さんを連れてきた)
メーテル「あそこにお姉さんがいるわ…お兄さん、彼女はあの人ですか?」
住人3「ええ、そうです」
メーテル「私達、さっきあの人とちょっとお話ししたの…今のお互いの状況からすると、
  他に交際している人がいないかどうか疑心暗鬼になっている…ってとこかしら?」
車掌「お姉さん、彼を連れてきましたよ。ちょっとこちらへ来て頂けますか?」
住人2「えっ、もう来たの? 大変早かったですね。○雄さん、元彼女のことを今でも
  想ってるの?」住人3「○子さん、そ、そんなことはないよ」
住人2「ああ、良かった。メーテルさんのおかげで余計な誤解がとけたわ…メーテルさん
  どうもありがとうございました」
メーテル「いえ、どういたしまして…お互い、誤解がとけて良かったわね」
鉄郎「ここの人達ってちょっと心配性なのかもね」
車掌「私も人のことを言うほど立派ではありませんが、そうかも知れませんね」

住人4「前スレは良かったなんて言わないで
 足りない言葉並べても本当の事は伝わらない 優しいだけじゃ守れない
 正しいだけじゃ伝わらない ウインドウには写らない 繕った言葉の下の気持ちなんて
 絶対に聞かせないで ずっと 壊さないで そっと それがあなたたちの作った世界さ
前スレは良かったなんて言わないで あのキラめく時の中の何を知ってるっていうのさ」

車掌「この言葉も私達にピタリと来ますよ。未来志向の心を持ってて、言葉遣いも綺麗
  なところが、何とも言えないくらい立派です」
鉄郎「メーテル、ここの人達って本当に言葉遣いが綺麗だよ」
メーテル「そうね…しかもその言葉が私達の心に響くものね…この惑星が発展することを
 お祈りします…さあ、駅へ戻りましょう」
鉄郎「ここの人達の言葉は記録しておこうっと」

269 :水先案名無い人:03/11/30 09:23 ID:dCyhNoYM
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 明朝マン 明朝マン です」鉄郎「明朝マン??」
メーテル「惑星 明朝マン…謎の明朝マンがいる星…私も明朝マンがどんな人か詳しくは
  知らないわ」 鉄郎「明朝マンってどんな人かなあ?」
車掌「私も詳しくは分かりませんが、フォント(書体)の明朝体が起源の様です。是非見て
  みたいと思います」鉄郎「惑星に着いたら、その明朝マンを探してみよう」
メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 明朝マン に到着した)
  ∧_∧             鉄郎「この人が明朝マンかあ。体に『明朝』って
 (´Д⊂ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      書かれてるけど、普通の人みたいだよ」
⊂明朝 ノ<俺は明朝マン      メーテル「鉄郎の言うとおりね…なぜ泣いているの
  人  Y   \_______       かしら?」
 し (_)

  ∧_∧   ∧_∧ .  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 (´Д⊂ヽ  (´Д⊂ヽ  (´Д⊂ヽ< 明朝トリオ参上!!ちょっと恥ずかしいよ
⊂明朝 ノ ⊂明朝 ノ ⊂明朝 ノ  \_______
  人  Y  .  人  Y  .  人  Y
 し (_)   し (_)   し (_)
鉄郎「今度は3人だ。これだけ出てくると圧巻だね」
メーテル「確かにそう思うわ…この人達の由来を知りたいわね…」

  ∧_∧
 (´Д⊂ヽ  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
⊂明朝 ノ<2ちゃんねるでAA(アスキーアート)を描く時の標準の字体が「MSP明朝12ポイント」
  人  Y   \_______であることが由来なんだ。そうでないと、ずれるんだ。
 し (_)

270 :水先案名無い人:03/11/30 09:24 ID:dCyhNoYM
(惑星 明朝マン の続き)
鉄郎「そうかあ。絵をずらさず描くために、必要な情報だったんだ」
メーテル「私のAAもそれを考慮して作られているのね…」
車掌「確かにAAを掲示板に描くときは苦労しますからね」
                \ │ /
                 / ̄\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )<  明朝明朝!
                 \_/   \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\∩ ∧ ∧ \( ゚∀゚)< 明朝明朝明朝!
明朝〜〜〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /

     \\    明朝ワッショイ!! //
 +   + \\   明朝ワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\  /■\  /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩) ( ´ー`)
 +  (( (つ   ノ(つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)

鉄郎「今度は明るい人達が出てきたよ」メーテル「多分、AAの描き方を知っている人達ね…」
車掌「それほど大騒ぎすることでもないと思いますが。どんなもんでしょう?」
鉄郎「さっきの人も、この惑星でAAの描き方を覚えるといいね」メーテル「ええ、そうね…」

271 :水先案名無い人:03/11/30 09:24 ID:dCyhNoYM
(惑星 明朝マン の続き)
         ∧_∧
        (,, ´∀`)< 明朝マンが助けに来たから安心汁
       __〃`ヽ 〈_   
   γ´⌒´-−ヾvーヽ⌒ヽ    鉄郎「この人はマッチョで褌をつけてるよ。
  /⌒  ィ    `i´  ); `ヽ    面白ーい」
  /    ノ^ 、。__¥_。_人  |   メーテル「体つきが立派な人もいるのね…」
  !  ,,,ノ爻\_ _人 ノr;^ >  ) 車掌「こんな人がいるなんて私も驚きましたよ」
 (   <_ \ヘ、,, __,+、__rノ/  /   鉄郎「明朝マンさん、普段は何をしているん
  ヽ_  \ )ゝ、__,+、_ア〃 /       ですか?」
    ヽ、___ ヽ.=┬─┬〈  ソ、  明朝マン「AAがずれないように初心者に教えて
      〈J .〉、|   |, |ヽ-´       いるんだ。君達にも教えてあげるよ」
      /""  | 明|: |      メーテル「教えていただけると助かるわ…
      レ   :|: 朝| リ         私はメーテル…宜しくお願いします」
      /   ノ|__| |      車掌「私にも教えて下さい。宜しくお願いします」
      | ,,  ソ  ヽ  )   明朝マン「それじゃあ、まず行のずれを起こさず
     .,ゝ   )  イ ヽ ノ         矢印を書いてみてくれ」
     y `レl   〈´  リ  鉄郎「分かりました。下に書きます」
     /   ノ   |   |
     l  /    l;;  |
     〉 〈      〉  |
    /  ::|    (_ヽ \、
   (。mnノ      `ヽnm

│                                                   ↑
└───────────────────────────────────┘
鉄郎「描いてみたよ。これでいいのかなあ?」(まだまだ続くのよ…)

272 :水先案名無い人:03/12/01 00:12 ID:5DksrT0E
(惑星 明朝マン の続き)
明朝マン「うむ。それでO.Kだ。君はなかなかセンスがあるね」
鉄郎「いえいえ、どういたしまして」明朝マン「それでは、他へ行ってくる。達者でな」
メーテル「鉄郎、うまく描けたわね…明朝マンに誉められて良かったわね…」鉄郎「うん」

     . /\          . /\
    /::::::::\._____./ ::::::::ヽ、    ヽ
   / ::        .::::::::::::::::::::::::::::::::::\   つ
 /           :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  わ
 |    ...__.__.__._     __.__.__.__  ::::::::::::::| ぁあ
 |   ノノ  _      :    _  ヽ :::::::::::| ぁぁ
. |     /  ヽ  :   . /  ヽ    :::::::::| あぁ
. |   ヽ__ヽ○ /__ノ:   __ヽ ○ /__ノ  ..::::::::| ああ
. |         ::../             ::::| ぁあ
 |  :::      :::ヽ          ::::::::::| あぁ
 \  ::  / / |:^^^^^^^|:\.ヽ    .::::::丿 ぁぁ
  . \:  /. ヽ |:^| /| |^|: / ヽ   .::/ ああ
.    \     // | |^      ./  ぁあ
    / .ー‐‐‐‐U-‐U---‐‐‐‐―´. \
   /                    \

鉄郎「こ、これは何者だ?」メーテル「うわああぁぁあって何か食べてるわね…」
車掌「私は見ててちょっと怖いです。よそへ行きましょう」
鉄郎「この惑星には色々な人がいるんだね」メーテル「ちょっと奇妙な星ね…」
鉄郎「まだまだ変わった人がいるのかなあ?」
車掌「私は変な人には会いたくないです。もし会ったら駅へ戻りましょう」
メーテル「車掌さん、落ち着いて…私と鉄郎がついてるわ」

273 :水先案名無い人:03/12/01 00:12 ID:5DksrT0E
(惑星 明朝マン の続き)
   ∧_∧ ∩
  ( ´∀`)丿
 ⊂ 明 朝丿  やあ、お待たせ。明朝マンをお呼びかな?
  ノ  γヽ    ボクは明朝マンだよ!みょうちょうマンじゃないから注意してね。
 (__丿\__ノ    それでは、今日は僕の知り合いを紹介するね。

   ____
  <Gothic>
/ i レノノ))) \ この子はゴシック体が大好きなんだ。
  人il.゚ ヮ゚ノ人  それでいてロリな容貌の持ち主だから、
    uiYi     みんなに「ゴスロリ」って呼ばれてるよ。
    く_ :|〉    でも、今、巷で話題の例のものとは一切関係が無いんだよ。
    し'ノ      かわいがってあげてね。

この子の名前はTNR命。        ∧ ∧___
 え?TNRって何かって?       /(*゚ー゚) /\
 Times New Romanのことさ。  /| ̄∪∪ ̄|\/
                      |T N R !|/
                       ̄ ̄ ̄ ̄
鉄郎「ここには、まだまだ人やしぃちゃんがいたんだ。『ゴスロリ』なんて名前と格好が
  合わないよ。しぃちゃんも、ここではTNRなんだ」
メーテル「この惑星って色々な人がいて面白いわね…ゴスロリさんもTNR(しぃ)ちゃんも
  かわいいわ」車掌「こんなかわいい人達がいるなんて思いもよりませんでした」
鉄郎「明朝マンも色々なタイプの人がいるんだね」

274 :水先案名無い人:03/12/01 00:13 ID:5DksrT0E
(惑星 明朝マン の続き)
    N│ ヽ. `                 ヽ
   N.ヽ.ヽ、            ,        }
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \   そうか!
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   >
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  「明朝」は「みょうちょう」
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    /
       l   `___,.、     u ./│    /_  じゃなかったたんだ!!!
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、

      _人人人人人人人人人人人_
        > な なんだってー!! <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
        _,,.-‐-..,,_       _,,..--v--..,_
    /     `''.v'ν Σ´        `、_,.-'""`´""ヽ
    i'   / ̄""''--i 7   | ,.イi,i,i,、 、,、 Σ          ヽ
.     !ヘ /‐- 、u.   |'     |ノ-、 ' ` `,_` | /i'i^iヘ、 ,、、   |
    |'' !゙ i.oニ'ー'〈ュニ!     iiヽ~oj.`'<_o.7 !'.__ ' ' ``_,,....、 .|
.   ,`| u       ..ゝ!     ‖  .j     (} 'o〉 `''o'ヽ |',`i
_,,..-<:::::\   (二> /      !  _`-っ  / |  7   ̄ u |i'/
. |、 \:::::\ '' /        \ '' /〃.ヽ `''⊃  , 'v>、
 !、\  \. , ̄        γ/| ̄ 〃   \二-‐' //`

メーテル「キバヤシさん、出張お疲れさまです」キバヤシ「メーテルさんこそお疲れさまです」
車掌「この惑星はちょっと変わった惑星でしたね。そろそろ駅へ戻りましょう」
鉄郎「また会おうね。キバヤシさん」

275 :水先案名無い人:03/12/02 00:11 ID:tGrvGzFj
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 平家物語 平家物語 です」鉄郎「平家物語??」
メーテル「惑星 平家物語…日本の歴史で出てくる平氏の盛衰を物語る『平家物語』の文章を
  基に色々なことを語る人達の星…」
鉄郎「どんな人達がいるのかなあ? いまいちイメージが掴めないよ」
車掌「鉄郎さん、良ければ平家物語の冒頭を読んでみた方がいいと思いますよ」
メーテル「そうね…あらかじめ読んでおいた方がこの惑星の様子の理解が早いかもね…
  鉄郎、本を持ってきなさい」鉄郎「はーい。持ってきます」鉄郎は本を持ってきた。
メーテル「それじゃあ、早速読みましょう…」

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。紗羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。
おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者もつひには滅びぬ、
ひとへに風の前の塵に同じ。

鉄郎「文語体で読みにくいけど、おごりを持つと最後には滅びるってことを言いたいのか
  なあ?」 メーテル「そうね…鉄郎もおごった心を持たないように行動することが大事よ」
鉄郎「そうだね。メーテルのいうとおりだね」

(惑星 平家物語 に到着した)
住人1「2ちゃんねるの壷の声、オマエモナーの響きあり。>1の立てたのスレの数、
厨を呼ぶの前兆をあらはす。ポルノサイトやウイルスやブラクラも久しからず、
ただ一年中の朝昼夜の地獄のごとし。どんな荒らしもつひにはカキコ規制、
ひとへにひろゆきさんの目の前のうまい棒に同じ」
鉄郎「こんにちは、お兄さん。僕は鉄郎と言います。なかなか面白い文章を考えますね」
メーテル「私はメーテル、お兄さんの話は2ちゃんねる星雲で生きるための教訓みたいね…」
住人1「まだまだお話は有りますよ。聞いて貰えますか?」
鉄郎「聞かせて下さい。お願いします」メーテル「期待しているわ…是非お願いします…」
住人1「それじゃあ、次へ行くよ」

276 :水先案名無い人:03/12/02 00:12 ID:tGrvGzFj
(惑星 平家物語 の続き)
     ______
      |         │
    /⌒ ,■■■   │
   <>==<,*>■■■ │
   |,|i_L_/i|=|■■■  |   御旗楯無、ご照覧あれ!
   .|==='T'' ■■__|   御旗楯無、ご照覧あれ!
   /====||,,ヽ__
__,/'"""""' ~/|________________鉄郎「あそこに、鎧を纏っている人が
 |LLLLLLL_|/////////////////   いるよ」

メーテル「鉄郎、平氏は歴史上の人物だから…ああいう人がいても不思議ではないわ」
住人1「まあ、ここはそういう惑星ですから。では次の文を読みますよ」

夜勤さんの夜の声、緊急事態の響きあり。>1の立てたの糞スレの数、鯖負担の恐れあり。
騙されホストを晒されて、ただ一年間の悪徳商法の悪夢のごとし。
どんな名スレもつひには>1000、ひとへに吉野屋の牛丼の売り切れに同じ。
鉄郎「これって例えが面白ーい」メーテル「ただ、糞スレ乱立は良くないと思うわ…」

2chの神の声、名言の響きあり。8頭身の愛の形、>1に嫌われる原因をあらはす。
しぃ虐殺も久しからず、ただコテハンの心の傷のごとし。モララーもつひには滅びぬ、
ひとへにオカルト宗教の解散に同じ
    /\___/ヽ    ヽ
   /    ::::::::::::::::\ つ   鉄郎「お兄さん、あそこに驚いている人がいるよ」
  . |  ,,-‐‐   ‐‐-、 .:::| わ  住人1「この文に馴染めない人は驚いても不思議
  |  、_(o)_,:  _(o)_, :::|ぁぁ       では無いと思いますよ」
.   |    ::<      .::|あぁ  メーテル「お兄さん、これってちょっと文章が拙作な
   \  /( [三] )ヽ ::/ああ       気がするわ…」
   /`ー‐--‐‐―´\ぁあ

277 :水先案名無い人:03/12/02 00:12 ID:tGrvGzFj
(惑星 平家物語 の続き)
生麦生米の巫女みこナース、蛙ピョコピョコの巫女みこナースあり。
セクシャルバイオレットの巫女みこのナース、ソウルトレインの巫女みこナースをあらはす。
姉三六角も巫女みこナース、ただ立直の一発の巫女みこナース。
巫女みこナースも巫女みこナースには巫女みこナース、
ひとへに巫女みこナースの前の巫女みこナースに巫女みこナース。

鉄郎「巫女みこナースって人気があるんだね。この惑星で聞けるなんて思わなかったよ」
メーテル「これはワラタわ…面白い文章ね」住人1「誉めてくれてありがとうございます」
鉄郎「あっ、あそこに見覚えがある人が…」

  ァ'⌒ ⌒ノ)      はにゃはにゃはにゃ〜ん♪ さくらたん♪
 \8イ/从从〉      新スレを告げに来たさくらたん♪
 レゝノ ^ ヮ^∩     2chのアイドルさくらたん♪ キターと喜ぶさくらたん♪
(( (⌒) ⊃ノ  ))   Windyを使って大人気に♪ 夢を忘れないさくらたん♪
    (_)      私を覚えててくれる人がいれば♪ あなたの心の中で
              生き続けるさくらたん♪

鉄郎「こんなところで、さくらたんに会えるなんて、感激だよ」
さくら「お久しぶりです。鉄郎さん」メーテル「さくらたんもお元気そうで何よりです…」
さくら「また会いましょうね、皆さん」鉄郎「うん、その時は宜しくね」
メーテル「私も記念に一文考えてみるかしら?」

私の名はメーテル… 諸行無常の旅をする女… あなたの思い出の中にだけいる女と呟き
数多の仲間相手がいて嬉しい女… 決まった相手は特にいないけど…
精神的に強い人が好きだわ… 最終回はどうなるか分からないけど…
貴方も私なのかもしれないわね… 鉄郎…
鉄郎「ちょっとヒク言葉があるけど、なかなか面白い文章だよ。メーテル」
メーテル「私のプロフィールも平家物語の様なものかもね…さあ、駅へ戻りましょう」

278 :水先案名無い人:03/12/02 22:16 ID:mTzkpcQJ
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 障害者の投稿を無断削除 障害者の(略 です」
鉄郎「障害者の投稿を無断削除??」
メーテル「惑星 障害者の投稿を無断削除…漫画の内容について苦言を言う人達の星…
  もとは山本先生の漫画『ゴッドハンド輝』について、耳の聞こえない人がホームペー
  ジに苦言を書き込んだことが由来よ…ちなみに『ゴッドハンド輝』の本名は真東 輝
  っていうのよ」
鉄郎「どんなことを言っているんだろう?」
車掌「漫画の内容はフィクションなので、善し悪しは一概に言えませんが、作者と読者の
  コミュニケーションは旨くとってもらいたいものですね」
鉄郎「それじゃあ、惑星に着いたら様子を見てみよう」メーテル「ええ、そうしましょう…」

(惑星 障害者の投稿を無断削除 に到着した)
住人1「山本先生、初めまして。私は兵庫に住む耳が聞こえない女性です。今回の「ゴッ
 ドハンド輝」を読んで少しがっかりさせられました。輝が電話を通して風鈴の音をも
 聞き取る場面、あれを耳が聞こえない人が読んだらどう思うのか、考えられたのでしょ
 うか? 私は少し心が傷つきました。日頃から周囲の音声を聞き取ることも出来ない、
 電話さえもできないのですよ。まるで耳が良過ぎることを逆自慢されているようで、
 少し悲しくなってきます。出来れば今後は障害を持った人間のことも描いて欲しいです。
 例えば耳が聞こえない高校生が安田記念病院へ入院して、輝がコミュニケーションに
 苦労しながら最後には手話も覚えて健常者と障害者のコミュニケーションの楽しさを描
 き出していく・・・こういう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになるで
 しょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。でも
 耳の障害を持った読者もいるということを山本先生にも知って頂きたかったのです。
 それでは失礼します」

メーテル「確かに一読者の意見としては分からなくはないけど、作者がすぐにこの意見を反映
  した内容を描くかどうかは、何とも言えないわ…」

279 :水先案名無い人:03/12/02 22:17 ID:mTzkpcQJ
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人2「デギン公王、初めまして。私は連邦に所属するモビルスーツが操縦できない
 二等兵です。ジオン兵がMSを操縦して戦艦をも撃墜する場面、あれをMSを持たない
 連邦兵が見たらどう思うのか考えられたのでしょうか?私は少し心が傷つきました。
 連邦はミノフスキー粒子で味方の通信を聞き取ることも出来ない、誘導兵器さえも
 使えないのですよ。まるでMSが操縦できることを逆自慢されているようで、少し
 悲しくなってきます。出来れば、今後はMSに乗れない兵士も参戦させて欲しいです。
 例えばマゼラトップしか操縦できない新兵がジオンへ入隊して、上官がコミュニケー
 ションに苦労しながら最後にはマゼラベースの操縦も覚えて上官と部下でサラミスへ
 仲良く特攻する・・・こういう展開をして下されば、私ももっとこの戦争が好きになる
 でしょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。
 でもMSの操縦を出来ない兵士もいるということをデギン公王にも知って頂きたかった
 のです。それでは失礼します」
鉄郎「これは、ガンダムに出てくる連邦軍兵士の言葉かなあ?」

住人3「山川先生、初めまして。私は予備校に通うごく普通の男の子です。「なにぃ、
 今度はウンコォ?」「お前、俺をバキュームカーと間違えてるんじゃねぇのか」言う
 場面、あれを重度の便秘の人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私は少し心が傷つきました。まるで糞の通りが良すぎることを逆自慢されているようで、
 少し悲しくなってきます。出来れば、今後は便秘の人間のことも描いて欲しいです。
 例えば宿便が溜まりに溜まった高校生が安田記念病院へ入院して、輝が排便に苦労しな
 がら最後には浣腸も覚えて健常者と便秘者のコミュニケーションの楽しさを描き出して
 いく…こういう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、
 感情移入も出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。でも重度の便秘
 を持った読者もいるということを山川先生にも知って頂きたかったのです。
 それでは失礼します」

280 :水先案名無い人:03/12/02 22:17 ID:mTzkpcQJ
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
鉄郎「これって、惑星 くそみそテクニック で出てきた言葉だね。メーテル」
メーテル「ちょっとヒク文章ね…本人が便秘の治療をするべきだと思うわ」

住人4「宮下先生、初めまして。私は東京に住む目が見える男性です。今回の「魁!男塾」
 を読んで少しがっかりさせられました。月光が聴力を活かして透明のブーメランをも
 聞き取る場面、あれを目が見える人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私は少し心が傷つきました。日頃から周囲のブーメラン音を聞き取ることも出来ない、
 大威信八連制覇に参加さえもできないのですよ。まるで耳が良過ぎることを逆自慢され
 ているようで、少し悲しくなってきます。出来れば、今後は障害を持たない塾生のこと
 も描いて欲しいです。例えば何の不自由もない高校生が男塾へ入塾して、月光がコミュ
 ニケーションに苦労しながら最後には塾歌も覚えて障害者と健常者の油風呂の楽しさを
 描き出していく…こういう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになる
 でしょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。
 でも目の見える読者もいるということを宮下先生にも知って頂きたかったのです。
 それでは失礼します」
住人5「キユ先生、初めまして。私は兵庫に住む漫画家の女性です。今回の「ロケットで
 つきぬけろ!」を読んで少しがっかりさせられました。最終話のジャンプ本誌の先生の
 コメント、あれを売れっ子の人気作家が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私は少し心が傷つきました。日頃から連載すら持てない、読みきりさえもできない人が
自分の実力の無さをまるで編集部が悪いみたいに言っているようで少し悲しくなって
 きます。出来れば、今後は実力が認められ、連載を持てた人にもわかるようなコメント
 を書いて欲しいです」

鉄郎「色々な漫画家に苦言を言ってるね」
メーテル「読者もいろいろ考えを持ってるってことね」(まだまだ続くのよ…)

281 :水先案名無い人:03/12/03 07:11 ID:gp2cKZeq
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人6「鳥山先生、初めまして。私は大阪に住む戦闘能力の低い女性です。今回の「ドラ
 ゴンボール」を読んで少しがっかりさせられました。ベジータが軌円斬を見て「ナッパよけ
 ろーッ!!」と言う場面、あれを軌円斬が見切れない人が読んだらどう思うのか考えら
 れたのでしょうか?私は少し心が傷つきました。日頃から周囲の気を感じ取ることも
 出来ないのですよ。まるで戦闘能力が高過ぎることを逆自慢されているようで、少し
 悲しくなってきます。出来れば、今後はヤムチャにも負けるような人間のことも描いて欲し
 いです。例えば戦闘能力の低いの高校生が天下一武闘会へ出場して、対戦相手に悪戦
 苦闘しながもら最後には魔貫光殺砲も覚えてナメック星人とサイヤ人のコミュニケーションの楽しさを
 描き出していく…こういう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになるでし
 ょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。 突然の苦情、すいません。でも
 ヤムチャ以下の戦闘能力の読者もいるということを鳥山先生にも知って頂きたかったの
 です。それでは失礼します」
メーテル「この人は本当に戦闘能力を高くしたいと思って言ってるのかしら? 疑問だわ…」

住人7「雁屋先生、初めまして。私は兵庫に住む気の弱い男性です。今回の「美味しんぼ」
 を読んで少しがっかりさせられました。海原雄山が女将を呼んで料理を作り直させる
 場面、あれを気の弱い人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか? 私は少し
 心が傷つきました。まるで態度が高慢過ぎることを逆自慢されているようで、少し悲し
 くなってきます。出来れば、今後は気の弱いダメ人間のことも描いて欲しいです。例え
 ば気の弱い少年が美食倶楽部へ弟子入りして、良三との修行に苦労しながら最後には
 料理も覚えて権力者と美食家のコミュニケーションの楽しさを描き出していく…こういう展開を
 して下されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も出来るのでは
 ないかと思います。突然の苦情、すいません。でも他人に苦情も言えない読者もいると
 いうことを雁屋先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「僕が成長していく様な料理漫画になればいいね」

282 :水先案名無い人:03/12/03 07:12 ID:gp2cKZeq
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人8「北条先生、初めまして。私は群馬に住むちんぽが立たない男性です。今回の
 「シティーハンター」を読んで少しがっかりさせられました。リョウが美女を見てもっこりする
 場面、あれをインポの人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか? 私は少し心
 が傷つきました。日頃からAVを見ても勃起しない、オナニーさえも出来ないのですよ。
 まるで勃つことを逆自慢されているようで、少し悲しくなってきます。出来れば、今後
 はインポの人間のことも描いて欲しいです。例えばインポの高校生がいきなり美青年に
 「やらないか」といわれて、勃たないながらも苦労しながら最後にはホモ同士のアナルセックス
 の楽しさを描き出していく…こういう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好き
 になるでしょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいませ
 ん。でもインポの読者もいるということを北条先生にも知って頂きたかったのです。それ
 では失礼します」
メーテル「こんな読者の言うとおりになったら漫画がつまらなくなってしまうわ…」

住人9「財務省造幣局の皆さん、初めまして。私は兵庫に住む手の指が五本ある女性です。
今回の「新1000円札」を見て少しがっかりしました。野口先生が手が不自由なのに
 立派な医学者になった場面、あれを医学部に合格出来ない浪人生が見たらどう思うのか
 考えられたでしょうか? 私は心が傷付きました。手の指が5本あるのに頭が悪くて
 合格もできない、カネを積んでも駄目なのですよ。まるで指がくっついたおかげでアメリカ
 まで行けたことを逆自慢されている様で、悲しくなってきます。出来れば、今後は研修 医もお札に描いてほしいです。例えば頭が悪い浪人生が慈恵医大付属病院へ入院して、
 賄賂工作に苦労しながら、最後には腹腔鏡手術のしかたも覚えて浪人生は実験台になる
 ことと引き換えに大学合格を果たす…こういう研修医を1000円札にして下されば私も
 もっと1000円札が好きになるし、すぐ使わずとっておくので貯金も出来るのではない
 かと思います。突然の苦情すいません。でも1億献金しても帝京医学部に入れない国民
 もいると言うことを知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「こんなことが実現したら恐ろしいよ」

283 :水先案名無い人:03/12/03 07:12 ID:gp2cKZeq
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人10「野中先生、初めまして。私は兵庫に住む動物が嫌いな女性です。今回の「魁!!
 クロマティ高校」を読んでがっかりさせられました。ゴリラが寿司屋で働いている場面、あれ
 を動物が嫌いな人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか? 私は心が傷つき
 ました。日頃から動物に触れない、写真さえも見れないのですよ。まるで動物が好き過
 ぎることを逆自慢されているようで、少し悲しくなってきます。出来れば、今後は動物
 が苦手な人間のことも描いて欲しいです。例えば動物が嫌いな高校生が近所で猫を捕ま
 えて、彼が2chで苦労しながら猫を解体するところを晒して最後にはNステで彼が立て
 たスレが晒され、社会に大反響を起こしていく…こういう展開をして下されば、私も
 もっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も出来るのではないかと思います。
 突然の苦情、すいません。でも動物が嫌いな読者もいるということを野中先生にも知っ
 て頂きたかったのです。それでは失礼します」
メーテル「動物が嫌いでも虐待はいけないわ…」

住人11「荒木先生、初めまして。私は兵庫に住むスタンド能力を持たない女性です。今回の
 「ジョジョの奇妙な冒険」を読んでがっかりしました。ポルナレフが館でDIOに会い、階段
 を上ろうとする場面、あれを時を止めれない人が読んだらどう思うのか考えられたので
 しょうか? 私は心が傷つきました。日頃から時を止められない、オラオラさえもできない
 のですよ。時を止めれること逆に自慢されている様で、悲しくなってきます。出来れば
 今後は夢を持ったイタリア人のことも描いて欲しいです。例えばギャングに憧れる高校生が
 「パッショーネ」へ入団して、その高校生が次々現れるスタンド使いに苦労しながら最後には
 「全てをゼロに戻す能力」を覚えて「未来」と「今」の間に相手の存在を閉じ込める
 様子を描き出していく…こういう展開をして下されば、もっとこの作品が好きになるし、
 感情移入も出来ると思います。突然の苦情すいません。でもスタンド能力を持っていない
 読者もいることを荒木先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「ジョジョの奇妙な冒険 の世界が怖いことが分かる内容だよ」(まだまだ続くのよ…)


284 :水先案名無い人:03/12/04 00:56 ID:6zddiqZh
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人12「初めまして。私は兵庫に住むスナッチできない女性です。今回の
「スナッチャー窃」を読んでがっかりさせられました。窃が制御ボルトを外してパルスショックウェーブ
 出す場面、あれをデジタリアンで無い人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私は少し心が傷つきました。日頃からコンピューターに侵入する事も出来ない、404さえも
 できないのですよ。まるでデジタリアンであることを逆自慢されているようで、少し悲しく
 なってきます。出来れば、今後はデジタリアンで無い人間のことも描いて欲しいです。例え
ばタイムロック金庫内で睡眠ボードで補完されてて、窃がスナッチに苦労しながら最後に0101011
 で全世界にどのチャンネルでも放送されて何気に世界も救ってlZl・・・こういう展開をして下
 されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も出来るのではないか
 と思います。突然の苦情、すいません。でもスナッチャーでない読者もいるということを知っ
 て頂きたかったのです。それでは失礼します」
メーテル「スナッチャーになるのは大変なことよ… 本気なら必死に修行しなければいけないわ…」

住人13「福本先生、初めまして。私は関西に住む中卒のチンピラです。今回の「天」を読ん
 でがっかりさせられました。アカギが流局を通して王牌の中の上がり牌をも予言する場面、
 あれを読み取ることが出来ない人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?
私は少し心が傷つきました。日頃から周囲のロン牌を読み取ることも出来ない、止める
 ことさえもできないのですよ。まるで麻雀がうますぎることを逆自慢されているようで、
 少し悲しくなってきます。出来れば、今後は麻雀センスのない人間のことも描いて欲し
 いです。例えば麻雀のセンスのないチンピラが東西対決の東側チームへ入って、敵の大将に
苦戦しながら最後にはイカサマで役満を振り込まさせ麻雀の楽しさを描き出していく…こう
 いう展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も
出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。でも麻雀のセンスのない
 読者もいるということを福本先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
メーテル「麻雀の実力をつけるなら自牌、捨て牌を見て、打ち方を考えなければいけないわ」

285 :水先案名無い人:03/12/04 01:00 ID:6zddiqZh
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人14「ながい先生、初めまして。私は誠実なポーシェのカブリオーレのオーナーです。
「電光石火供えガイ」を読んでがっかりさせられました。供えガイがビックマンの
 部下を退治する場面、あの後Matrix Reloadedを観たらどうなるのか考えられた
 のでしょうか?私は既視感が拭えませんでした。日頃から押井監督の影響を隠すこと
 もしない、ウォシャウスキー兄弟なのですよ? まるで閣下へのオマージュを自慢されているようで、
 少し悲しくなってきます。出来れば、今後はモテモテ王国の続きを描いて欲しいです。例え
 ば耳が突起物の宇宙人がみんなの町へ侵入して、建国に苦労しながら最後には桑田と
 清原の友情物語を延期していく…こういう展開をして下されば、ノーベル快男児賞も受賞
 出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。でも閣下の復帰を心待ちに
 している読者もいることをながい先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「この読者の言うような漫画ってどんな展開になっていくんだろう? 不気味だなあ」

住人15「山本先生、初めまして。私は日本ブレイク工業に勤める一役買いたい女性です。
今回の「ジャパンブレイク輝」を読んでがっかりさせられました。輝がユンボをかざして欠陥
 住宅の壁をも壊してしまう場面、あれを杭頭処理ができない社員が読んだらどう思うの
 か考えたのでしょうか?私は少し地球の平和を阻み過ぎました。日頃からコンプレッサー
 が大地を揺らすことも出来ない、モルタルさえも壊せないのですよ。まるでケミカルアンカーが良過
 ぎることを逆自慢されているようで、少し悲しくなってきます。今後はコンクリートが落ちて
 ゆく会社のことも描いて欲しいです。例えば東へ西へ走る!走る!高校生が日本ブレイク
 工業へ入社して、輝がダイヤモンドカッターをDa Da Daしながら最後には協力サポートもして
 社長と社員がペンシルビルの脆さを暴き出していく…こういう展開をして下されば、私も
 もっとこの会社が好きになるでしょうし、愛社精神も湧くのではないかと思います。
突然の苦情、すいません。でもスチールボールを持った読者もいるということを知って頂き
 たかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「この人は日本ブレイク工業を漫画にしてもらいたいのかなあ?」

286 :水先案名無い人:03/12/04 01:08 ID:6zddiqZh
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人16「堀井先生、初めまして。私は兵庫に住む独身の男性です。私は昔「ドラゴンクエスト
 X 〜天空の花嫁〜」をやってがっかりさせられました。主人公がビアンカかフローラを選ぶ場
 面、あれを結婚相手が居ない人がやったらどう思うのか考えられたのでしょうか?私は
 心が傷つきました。日頃から女性とまともにしゃべることも出来ない、顔をまともに見
 る事さえもできないのですよ。まるでモテることを逆自慢されているようで、少し悲し
 くなってきます。出来れば、リメイクの5では結婚はなくして欲しいです。例えば
 ビアンカやフローラがモンスターとして出てきて、主人公がを倒したら仲間になる…こういう展開を
 して下されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も出来るのでは
 ないかと思います。突然の苦情、すいません。でも独身のプレイヤーもいるということを
 堀井先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
メーテル「ゲームの内容については何とも言えないわね…」

住人17「雷句先生、初めまして。私は大阪に住む仏教の女性です。「金色のガッシュ」を
 読んでがっかりさせられました。清麿とやさしい魔物の子ガッシュが戦って成長していく、
 あれを魔物を良く思わない人が読んだらどう思うのか考えられたのでしょうか?私は心
 が傷つきました。魔界は、私はずっと地獄だとおもったのに。まるで魔物=天使と意識
 されているようで、少し悲しくなってきます。出来れば、今後は天使とか天界とかの
 ことも描いて欲しいです。例えば天使の子達が人間界に現れて突然戦いになり、ガッシュ
 が戦いに苦労しながら最後には大切なものを思い出して天使達と仲良くなる…こういう
 展開をして下されば、私ももっとこの作品が好きになるでしょうし、感情移入も出来る
 のではないかと思います。突然の苦情、すいません。でも魔物を良く思わない人もいる
 ことを雷句先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
鉄郎「やさしい魔物がいてもいいと思うけどなあ」

287 :水先案名無い人:03/12/04 01:09 ID:6zddiqZh
(惑星 障害者の投稿を無断削除 の続き)
住人18「神様、初めまして。私は塔の一階に住む人間です。今回の壮大なストーリーのゲームに
 少しがっかりさせられました。神様がアシュラをよびだして世界を乱し面白くする場面、
あれをちっぽけな人間が見たらどう思うのか考えられたのでしょうか? 私は心が傷つ
 きました。多くの者達がヒーローになれず、消えていったのですよ。まるでどんな望みでも
 叶えてあげることを逆自慢されているようで、悲しくなってきます。出来れば、今後は
 ゲームをかちぬいたにんげんのことも描いて欲しいです。例えば視すべき運命をせおっ
 たちっぽけな存在が必死にいきぬいていき、最後には神様をチェンソーでまっぷたつ、こう
 いう展開をして下されば、私ももっとこのゲームが好きになるでしょうし、感情移入も
 出来るのではないかと思います。突然の苦情、すいません。でもちっぽけな人間もいる
 ということを神様にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」
メーテル「神様をまっぷたつ、って言うのはゲームとして見ても、どうかと思うわ…鉄郎、
 私達も零士先生宛に書いてみましょう…」 鉄郎「うん、書こう書こう」

「松本先生、ご無沙汰してます。私達はもう長いこと999号に乗ってます。「エターナル
 編」を体験して将来が心配です。太陽系が消滅してから暫く立つというのに、あれを
 描きかけのまま『銀河鉄道物語』を描かれたら、読者がどう思うのか、考えられたので
 しょうか? 私達は将来が心配です。日頃から太陽系を見ることが出来ない、連絡さえ
 も出来ないのですよ。まるで私達が永遠の旅を続けられることを逆自慢されている様で、
 少し悲しくなってきます。出来れば「終着駅エターナル」も早く描いて欲しいです。
 エターナルへ到着してダークィーンと対決し、私達が苦労しながら、最後には光の女神
 とダークィーンが和解して太陽系を復活させる…こういう展開をして下されば、私達も
 もっと銀河鉄道999が好きになるでしょうし、感情移入も出来るのではないかと思いま
 す。突然の苦情、すいません。でも、作品を描きかけにして不満を持っている読者も
 いるということを松本先生にも知って頂きたかったのです。それでは失礼します」


288 :水先案名無い人:03/12/05 01:55 ID:N1OwsQdY
車掌「え〜、次の停車駅は〜 惑星 ちょっと通りますよ ちょっと通りますよ です」
鉄郎「ちょっと通りますよ??」
メーテル「惑星 ちょっと通りますよ…とても面白いキャラクターがいる星…噂では前立腺の
  中の人なんて言われているわ…」 鉄郎「どんなひとがいるんだろう?」
車掌「私も人のことは言えませんが、とても変わったキャラクターです。見るだけの価値
  はあると思います」 鉄郎「この惑星の人たちに会うのが楽しみだなあ」

(惑星 ちょっと通りますよ に到着した)
  /⌒ヽ
 / ´_ゝ`)すいません、ちょっと通りますよ…
 |    /
 | /| |   鉄郎「ふーん。確かに変わった人だね」メーテル「大人しく通って下さいね…」
// | |
U  .U   それでは通ります…

 /⌒ヽ
/ ´_ゝ`) ちょっとお茶頂きますよ…
|    / 旦    鉄郎「この人はマターリしているね」
と__)__)     メーテル「中には変わった人もいるのよ…」

 /⌒ヽ
/ ´_ゝ`)  あ…
|    /    ..__      鉄郎「あっ、この人大丈夫かなあ?」
と__)__)   (__()、;.o:。    メーテル「また、お茶のくみなおしね…」
               ゚*・:.。

 ミ ∩   /⌒ヽ  鉄郎「この人大丈夫かなあ?」
ミて `⌒  ´_ゝ`)  メーテル「確かに心配だけど、また起きあがるわよ…」
   ~ ~~ ~ ~~

289 :水先案名無い人:03/12/05 01:55 ID:N1OwsQdY
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
 | ̄正 ̄|  /////‖ミ ∧_∧ ∧_∧  γ」」」」ヽ
 | ■ ■..| ||||´_ゝ`)||/ ・3╂)/ ;`e´) / ´_!_`) すいません、
 |    /  |   /  |   /  |   /  |    /   ヴィジュアル系が
 | /| /   | /| |  | /| |   | /| |    | /| |       通りますよ。
// | |  // | |  // | |   // | |   // | |
U  U  U  U  U  U   U  U   U  U

鉄郎「うわあ、今度は五人組だ。これは驚いたよ」
メーテル「こういう人達もいるからこの惑星は賑やかなの…見てて面白いわ」

   /⌒ヽ   / ̄ヽ
  / ´_ゝ`)  (´く_ ` | 流石ですね。
  |   / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ /  FMV  /_  |_  鉄郎「ここには兄弟もいるんだ」
  \/____/      メーテル「ここの人が色々な活動をしてることが良く分かるわ」
    _,,...,,_
   r'   ヽ
  / ,,  , .キ
. /  ' _ゝ ' ノすみませんかなり偽者かもよ
. |     /
. |  /|.  |   鉄郎「この惑星で偽者もへったくれも無いと思うけど」
. |. / |. |    メーテル「確かに、鉄郎のいうとおりね…バラエティーがあっていいわ」
. 〜  〜

 ミ ∩   /''''ヽ  鉄郎「うわあ、偽物も転んだよ」メーテル「大丈夫かしら?」
ミて `⌒  ´_ゝ`)
   ~ ~~ ~ ~~

290 :水先案名無い人:03/12/05 01:56 ID:N1OwsQdY
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
,..., ;:; *;   ,..., ;:; *;   ,..., ;:; *;   ,..., ;:; *;   ,..., ;:; *;   ,..., ;:; *;
                    :., : ., :"*
              ,..., ;:; *;
        ,, ; ,:*;
                           , . ' *;
                , ," ,*
       ,..., ;:; *;
          ∧_∧          ∧_∧
         (    )         (    )  
          )::::::::(           ):::::::(  すいません、
        /::::::::::::;\        /::::::::::::; \    すぐ連れて
       // |:::::::::::: l |       //´|:::::::::::: l |    帰ります。
       | | .|:::::::::::: | |       | | |:::::::::::: | |
        | | /::::::::::::/| |      // /::::::::::::/| |    :., : ., :"*
        U |::::::::::/ U      U  |::::::::::/ | |
         |::::||:::|  | |    | |  |::::||:::|  U      ,..., ;:; *;
         |::::||::|   |/⌒ヽ// |::::||::|
          | / | |   ( ´_ゝ`)   | /.| |   ,..., ;:; *;
         // | |   |    /   //  | |
        //  | |   | /| |   //   | |      ,..., ;:; *;
       //   | |   // | |   //   | |
       U    U  U  U   U     U

鉄郎「この人は2人組に連れられているよ」メーテル「何か事件でも起こしたのかしら?」
鉄郎「そんな風には見えないけど」メーテル「鉄郎、心配しなくてもまた来るわよ…」
(まだまだ続くのよ…)

291 :水先案名無い人:03/12/05 03:18 ID:1Zn0Y7pp
私の名はメーテル……
新しいAAを発見したので報告に来た女……

第十一回顔文字選手権大会
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1051975521/
★【懐】★☆★☆ 懐かし漫画・アニメ・特撮 ☆★☆★【古】★
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1041680543/
【懐】☆★☆ 懐かし漫画・アニメ・特撮 ★☆★ Part2 【古】
http://aa.2ch.net/test/read.cgi/kao/1065867501/


292 :水先案名無い人:03/12/06 13:44 ID:8igfCpR2
今夜の実況は こちらで

アニメ感動の名場面知られざる謎99連発
http://live6.2ch.net/test/read.cgi/liventv/1070681611/

293 :水先案名無い人:03/12/06 22:56 ID:RD4LY6/r
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
|  すいませんがここは昔、墓でしたか?
 \____  ________________/
    /||ミ  V
   / ::::||
 /:::::::::::||____ 
 |:::::::::::::::||       ||        鉄郎「そう言われても…僕は分からない
 |:::::::::::::::||    _,,....,,_ ガチャッ         です」
 |:::::::::::::::||  /::   ::ヽ       メーテル「お墓はこの惑星には無いんじゃ
 |:::::::::::::::|| /:: _;: ,_, i            ないかしら?」
 |:::::::::::::::||::    r_ 〉、. }
 |:::::::::::::::||::   :/-‐, i ノ       それは失礼しました。それではここを
 |:::::::::::::::||::     " / ⌒ヽ       ちょっと通りますよ。
 |:::::::::::::::||::  /|::.   | ´_ゝ`)
 |:::::::::::::::||:: /  |::  |    /     鉄郎「どうぞ、通って下さい」
 |:::::::::::::::||:: /   |::. | /| |       メーテル「穏やかに、落ち着いて通るのが
 |:::::::::::::::||./    |:: | / | |           ここでの礼儀のようね」
 |:::::::::::::::||ノ    i:_.j.j  U
 \:::::::::::|| ̄ ̄ ̄ ̄
   \ ::::||

   @@@
  @#_、_@ すいません、こちらに兄者と弟者は来ませんでしたか?
  /   ノ`)
  |  ^ /   メーテル「先ほどいらした方がそうかしら? 後を追うことをお勧め
  | /| |        するわ」鉄郎「メーテルの言うとおりだと思うよ」
  // | |
 U  .U   それでは、後を追うように通りますよ。

294 :水先案名無い人:03/12/06 22:56 ID:RD4LY6/r
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄」
―――――――――――――‐┬┘
                        |
       ____.____    |
     |        |        |   | うわあああぁぁー
     |        | ∧_∧ |   | ミ
     |        |.(;´∀`) | ミ |  ミ   /⌒ヽ
     |        |/     ノ |   | ミ   / ´_ゝ`) すいません、
        ̄ ̄ ̄ ̄' ̄ ̄ ̄ ̄    |   ミ |    /     捨てられる前に
                        |     ノ ノ ノ自ら飛び降りますよ…
                         ∪ ∪

鉄郎「うわああ、あの人飛び降りちゃってるよ、大丈夫なのかなあ?」
メーテル「ここの人達は体が柔軟だから、飛び降りても死ぬことはないと思うわ…」

  +  へ    へ
    //',',\ /,⊂⊃ヽ  :+
+_//〃',〃ヽ/⌒ヽ   霊界はココですか?
 ゝ'〃',〃.,/';"/ ´_ゝ`)
   〃///〃|    /       鉄郎「遂に空を飛ぶ住人を見つけたよ」
    :    | /| |    :☆ メーテル「ここの人達は色々な形態をとれるのよ…」
  +     //  | |      鉄郎「この惑星に来て、驚くことばかりだよ」
       U   U     メーテル「鉄郎、世の中にはこういう惑星もあるのよ…」

   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)  まあ、皆さん、お茶を飲みながらウォッチしましょう
  |    /
  と__)__) 旦 鉄郎「分かりました。ここの様子をゆっくり見ようと思います」

295 :水先案名無い人:03/12/06 22:58 ID:RD4LY6/r
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n’∀’)η゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!!☆
  キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!! 
               /⌒ヽ キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─ !!!
              / ´_ゝ`)
キタ━(゚∀゚)━!!!      .|    / みなさんエキサイトしてる最中失礼ですが、
               | /| |  通りますよ…
               // | |  
 キタ━━(゚∀゚)━━!! U  .U  鉄郎「惑星キター からも住人が来ているよ」
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!

ムッハー                 モーレツに通りますよ・・・
     /⌒ヽ∩                  /⌒ヽ
    /  =゚ω゚)=3                / ´_ゝ`)
   ⊂ノ   /                   |    /
    ( ヽノ                    | /| |
     ノ>ノ  ヒタヒタ     ⌒`)        // | |  
 三  しU            ⌒`)     U  .U

ヽ\\ヽ(m /⌒ヽ/m)//
 \ (m ヽ/ ´_ゝ`)   /m)/オラオラオラオラオラオラオラオラ!!!!
   丶\(m\  m)//    
    (m\(m (m m)/
       (    /⌒ヽ
    ミヘ丿 ∩(    |
     (ヽ_ノゝ  __ノ

鉄郎「ここの人は見てても飽きないね」メーテル「でも、オラオラはちょっと引くわ…」
(まだまだ続くのよ…291,292メーテルさん、連絡ありがとう)


296 :水先案名無い人:03/12/07 00:40 ID:UJMSy3az
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
ヽ=@=ノ  暴力はいけませんよ・・・
/ ´_ゝ`)
|    /  鉄郎「ここの惑星にもお巡りさんがいたんだ。やっぱオラオラはいけないね」
| /| |    メーテル「鉄郎のいうとおりね…あまり変なことをすると捕まっちゃうわよ」
// | |
U  .U

/ ̄ ̄ヽ
ヽ=@=ノ
/ ´_ゝ`) すいません、ちょっとインド人に見えましたよ・・・
|    /
| /| |   鉄郎「言われてみれば、この人の帽子はターバンに見えるなあ」
// | |   メーテル「車掌さんにも似ているわね…後で報告しましょう…」
U  .U

      ヽ=@=ノ  ヽ
     /-‐ ‐‐-、  つ ウプロダにウプすればいいんじゃないのかな
    /、_(o)_,: _(o)_,i  わ  うわぁぁぁぁ
   /::    r_ 〉、. } ぁぁ
   |::  /( [三] )ヽノ あぁ
   |::     "  /  ああ 鉄郎「うわぁああぁぁあ。この人は大きいよ」
   |::  /|::.   |   ぁあ  メーテル「鉄郎、この位のことで驚いてはいけないわ…
   |:: /  |::  |           まだまだ、バリエーションが有りそうね」
  /:: /   |::. |       鉄郎「そう言われても…落ち着いて欲しいよ」
 /: _/    |:: |
 i::_ノ    i:_.j

297 :水先案名無い人:03/12/07 00:40 ID:UJMSy3az
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
すいません通過するのでちょっと失礼しますよ・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄._______
    _,:--┸--ミ-===┴─┴────┴─===┸─-、
   l"─/ ̄/l ─゙l=__=========== __ヽ  ̄──
 ┌|| ̄|l ̄l| ´_ゝ`)|.「||‖| | ̄| | ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| ̄| 「| |‖|.|┐──
  ロ||___.|l_l|.l|___|| iヨ|‖| |_| |_|_|_|_|_|_| iヨ |‖| |.ロ  ̄ ̄ ̄
.  |  |  |.|  |. .|‖|───────────.|‖| | ──
.  |四..|゙,-、|l 四 |. .|‖|三三三三三三三三三三三.|‖| | ───
    | ̄{l<コ|二二|フ王呂五 ̄|]|]町lニll二l ̄ ̄王呂五ハ]  ̄ ̄
     ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄ ̄ ̄v≡≡v─v──v' ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
鉄郎「この惑星には電車が通っているんだね。あの顔は目立つなあ」
メーテル「あの顔は目立つわね…でもこの星は設備も色々整備されていることが良く分かるわ」
   .. _,,....,,_        _,,....,,_
   /::   ::ヽ     /::   ::ヽ
  /::  |ー□--□   /:: ー◎-◎-)  アキバ逝くから
(6  | \ J/  (6     (_ _)) ちょっと通るよ・・・
|:: ∴  | ロ|/   |:: ∴ ノ  3ノ
|::  \ .|__|    |::     "  / 鉄郎「この惑星は見てて飽きないよ」
|::  /|::.   |     |::  /|::.   |  メーテル「確かに飽きないわね…次から次へ色々
|:: /  |::  |     |:: /  |::  |      な人が出てくるから面白いわ…」
/:: /   |::. |    /:: /   |::. |
i::_ノ   i:_.j   i::_ノ    i:_.j

/ ´_ゝ`) まあ、お茶でもどうぞ…
|    /     鉄郎「わーい。ありがとう」メーテル「お言葉に甘えて頂きます…」
と__)__) 旦

298 :水先案名無い人:03/12/07 00:42 ID:UJMSy3az
(惑星 ちょっと通りますよ の続き)
   ,,,,,,,,,,,,
  |;;;;;;;;;;;;|
  |;;;;;;;;;;;;| ちょっと通りますよ…メーテルさんの真似をしてみました
 / ´_ゝ`)
 |    /  メーテル「帽子は確かに合わせてるって良く分かるけど、顔はちょっと…
 | /| |       でも真似してくれてありがとう…」
// | |    鉄郎「この顔はユニークだから無理にメーテルに合わせなくても
U  .U       いいと思うよ」メーテル「鉄郎、そろそろ駅へ戻りましょう…」

        。   .   。  . .゚o 。 *. 。 .. ☆ . +. .  .
 。 .  . .   .   .  。 ゚。, ☆ ゚. + 。 ゚ ,。 . 。  , .。
    ゚  。   ゚  .  +。 ゚ * 。. , 。゚ +. 。*。 ゚.   . . .
 。  .   . 。 。゚. 。* 。, ´。.  ☆。。. ゚。+ 。 .。  .  。 
  .   。  ゚ ゚。 。, .。o ☆ + ,゚。 *。. 。 。 .    。    .
 ゚ .゚ ゚  。゚ + 。. +。 * 。゚。゚., ,+ 。゚. 。 . .   ,    ,  
゚。゚+゚`, o。。.゚*。゚ 。.゚ 。 ☆+。。゚. ° 。 .   ,      ゚    ゚
 。, .゚。 + ☆。,゚. o。 。+ 。゚.,  . ゚   ,   。     。  ゚ .
 ゚. o * 。゚。゚.。゚。+゚ 。 。 ゚。 ゚ 。  ゚   .  ,  .
゚` .゚ .゚. ゚. . ゚  .  ゚  .   ,  .
 .  .     . ,     。       .   ゚    +    .  , 
 , .  +      .      ___
         ,  。     /;;;;;:ヽあの夜空のどこかにメーテルさんが
     。           |:;;;;;;:::: )いるのですね…
             .    ヾ;;;:: / さすがに銀河は通れません…
.   .      .        //| |
                 // | | (メーテル:私達は次の惑星へ旅立ちよ)
   ‐''"´''"''''"""''"`'''""`""""''''''"´'''"""''"`''"""'''"'''''"`""''''``''‐


299 :水先案名無い人:03/12/07 01:22 ID:FZg0OdpO
     }                      }
     }                    /  o ゚. 私はメーテル…
.     〉'' ,、,,,__               ノ} 。 :∴ 遂にスレを使い
     i ムツッ=,ニ_゙゙"''‐- 、、,,,__,,..,,,.. -‐'''"/ 。 X,,       切ったわね…
     l {{ ハ` `゚'~`  ,‐-,ニ二ヾ,,_ヽ   /   i'(_,.l\ 203以降のスレの流れを
      〉、`ハ    }  ` `゚'゙゙” }}'゙   ,'    ti=ti、iiヽ紹介するわ…
.     / ハヽハ  ノ       //    {      ゙ヾヽ}
    / /ハヽヘ  `、_   (Cノ/  /  ハ      ノラ
   / // } Y゙\ `   Cノイ  /    \    〆'
. / / / /  ,ゞ,, `-‐ ''´〆⌒ヽ{  ,' ハ   \
 ;''"''ヾノ /_,/  `'' ァ''7/     \l l ヽヾ   \
 ゞ..,,.'' ̄//    ''´ //       \  \ヾ   \

スレ紹介物語形式(メーテルスレでは惑星よ…)
204-212(ムスカ),213-216(そんなカキコで何を満足),217-219(どんな本でも面白い)
221-223(そのせいで傷つきました),224-229(罠),230-238(日本ブレイク工業)
239-241(ボトムズ次回予告),242-248(あっあっあっあっあっ)
249-251(私の話を聞いて貰いたいとき),252-258(ヌケドナルド),259-261,263-265(ハゲ)
266-268(昔は良かったなんて言わないで),269-274(明朝マン),275-277(平家物語)
278-287(障害者の投稿を無断削除),288-290,293-298(ちょっと通りますよ)

そして「私はメーテル…」のガイドラインも第3部へ移行よ…
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1070724317/l50
メーテルズ他の皆さんご連絡ありがとう…これからもよろしくお願いします…
203,220(ヤンヤン@お笑い板),262(懐かしアニメ板),291(AA紹介),292(実況スレ紹介)

300 :水先案名無い人:03/12/07 01:58 ID:Bs8juEsr
車掌「私も第2部に入って、メーテルスレをガイドラインで続けられるか心配でした。
  ガイドライン板のスレだけでネタを出し続けられるかどうか、はっきり言って不安
  でした。キャラネタ系のガイドラインスレが無かったら、維持できたかどうか分かり
  ませんでした。今回は、それらのスレでかなりレスを伸ばしていたと思います。
  女性人口率は少ないと思われるガイドライン板ですが、私(職人としてはまだまだ
  修行の余地が有ると思いますが)を含めた改変コピペ職人の物語形式カキコが、ここ
  までスレを支えてくれたと思ってます。他板メーテルズの皆さん、ネタについての
  コメント、新スレ報告等、気軽に書き込んで頂けたらと思います。私も、書き込む
  ネタがまだあるので、ネタ切れするまでもう暫く書き込みを続けるつもりです」
  |;;;;;;;;;|        ゝ=@=ノ
  ノゝ・_・)_| ̄ ̄|_(ゝ;O;;O;;フ  鉄郎「これからも応援お願いします」
  ノ"'''πヾ  彡´д`)  ( ̄~ゝ>~) メーテル「新スレも応援宜しくお願いします…」
_ノ;;;;;;;;;|  ノ# ̄ ̄ヽ ノ__:_|
|__|;;;;;;;;;| ノ__#_ヾ (_)_)

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)